【Windows10 Update】0x800705b4でエラーでアップデートできない時の原因・対処法

Windows10 Update(アップデート)できないエラーコード0x800705b4が出たことはありませんでしょうか。Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出た時の対処法を今回はまとめていきます。

【Windows10 Update】0x800705b4でエラーでアップデートできない時の原因・対処法のイメージ

目次

  1. 1【Windows10 Update】エラーコード0x800705b4が出る原因
  2. 2エラーコード0x800705b4でアップデートできない時の対処法
  3. 3更新を妨げるプログラムを停止して0x800705b4を修正する方法
  4. 4復元コマンドで0x800705b4を治す方法
  5. 5トラブルシューティングツールで0x800705b4を修正する方法
  6. 6システム修復コマンドで0x800705b4を修正する方法
  7. 7コンポーネントリセットツールで0x800705b4を修正する方法

【Windows10 Update】エラーコード0x800705b4が出る原因

みんさんはPCはWindows10をつかっていますでしょうか。もしくは他の物を使っていますでしょうか。Windows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4が出たことはありませんでしょうか。

エラーコード0x800705b4がでる原因はご存知でしょうか。エラーコード0x800705b4が出てもアップデートすることも少ないため、どういった原因でWindows10にアップデートできないかもわからないと思いますので原因についてまとめていきます。


これを見ればWindows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4がでてもすぐに対処できますので、エラーコード0x800705b4の対処法についてしっかりをまとめていきますので参考にしてみてください。

Windows Updateを妨げるプログラムが実行中

Windows10 Updateでエラーコード0x800705b4がでたときは、Windows Updateを妨げるプログラミングが出ていることが原因でエラーコード0x800705b4がでています。エラーコード0x800705b4をつぶせばアップデートできます。

Windows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4がでているときは、妨げになっているプログラムを終了させたりすれば、Windows10へアップデートできますので、何が原因になっているのかを調べる必要があります。

エラーコード0x800705b4の原因を特定して修正すれば、Windows10へアップデートできますので、安心してください。なので、Windows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4の原因をまとめていきます。

セキュリティソフトが作動している

Windows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4がでているときは、セキルティソフトが作動していることが原因でWindows10へアップデートできないことになっている場合があります。

セキルティソフトが作動していることで、アップデートが危険な行為としてセキルティソフトが判断して阻害していることが原因になっていることが考えられますので、セキルティソフトの作動を止める必要が出てきます。

セキルティソフトをチェックしてみるといいかもしれません。原因をチェックしてセキルティがWindows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4をだしている可能性をチェックしましょう。

ドライバやMicrosoft製品のアップデートが実行中

Windows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4がでている原因として、ドライバやMicrosoft製品のアップデートが作動している可能性があります。ドライバやMicrosoft製品のアップデートが作動しているとできません。

ドライバやMicrosoft製品のアップデートが作動中の場合、Windows10へのアップデートが作動できない原因になっているかもしれませんので、Windows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4が出ます。

もしWindows10 Update(アップデート)作動できないエラーコード0x800705b4が出た場合はドライバやMicrosoft製品のアップデートが実行していることが原因と考えられますのでドライバやMicrosoft製品のアップデートしているか確認してください。

プリンタスプールに不要なものがある

Windows10 Update(アップデート)が作動できないエラーコード0x800705b4が出ている場合、プリンタスプールに不要なものがあることが原因になって作動できないことが考えられます。エラーコード0x800705b4がでたときは確認しましょう。

プリンタスプールに不要なものがあるとWindows10へのアップデートはできませんので、エラーコード0x800705b4がでたときはプリンタスプールに不要なものがあるか確認する必要がありますので、プリンタスプールを確認してください。

もしWindows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出て、プリンタスプールに不要なものがない場合は、他のことが原因になってWindows10へのアップデートができない原因になっている可能性があります。

更新に長時間かかりタイムアウト

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出て、Windows10へのアップデートができない場合は、他の原因を考えていきましょう。アップデートが作動できない原因として更新に長時間かかりタイムアウトになっている場合があります。

更新に長時間かかりタイムアウトとは、Windows10へのアップデートに時間がかかってしまってもエラーコード0x800705b4はでますので、どれだけアップデートに時間がかかっていたかチェックしましょう。

時間がかかっていることが原因でWindows10へのアップデートが出来ずにエラーコード0x800705b4がでている場合は、Windows10へのアップデートを再度実行することで解決する場合がありますので再度実行してみてください。

Thumb【Windows10】Windows Media Playerをダウンロード&インストールする方法
音楽を再生したり、CDの取り込みや書き込みができるWindows Media Playerを...

エラーコード0x800705b4でアップデートできない時の対処法

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出てアップデートができない場合の対処法についてまとめて行きます。エラーコード0x800705b4が出たら、修正する必要がありますので、しっかりエラーコード0x800705b4を修正しましょう。

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出る原因については、先ほどまとめていきましたので、エラーコード0x800705b4が出たらいかの対処法をいくつか試してみてください。

再起動のみで治る場合がある

再起動はここをクリック

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出たときの対処法として、とっても簡単な対処法からまとめていきます。まずWindows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出たら再起動してみてください。

Windows10で問題がでたら、だいたいPC(パソコン)の先起動で直ってしまうことがほとんどです、なぜ直ってしまうのかは分かりませんが、エラーコード0x800705b4をチェックしたら、まずはPC(パソコン)の先起動を試してみてください。

クリーンブートを試す

クリーンブートをクリック

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出たときの対処法として次にご紹介するのは、クリーンブートを試してみてください。これでエラーコード0x800705b4を修正して対応していきます。

ちなみに、クリーンブートとはOSの起動モードの一つで、後から組み込まれた周辺機器のデバイスドライバなどのソフトウェアを無効にして、最小限の構成で起動することをクリーンブートといいます。

これはPC(パソコン)が通常の方法で起動できなくなってしまった際に、原因の診断や修復などを行うために利用するもので、今回のWindows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出たときにも有効です。

セーフモードでの起動を試す

セーフモードを起動

次に、Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出たときの対応として、セーフモードでの起動を試すという方法があります。これは、さきほどのPC(パソコン)をクリーンブートするものと似ています。

チェックを入れて再起動

セーフモードでの起動を試すことで、PC(パソコン)がクリーされて、Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が直る場合がありますので、エラーコード0x800705b4が出た場合はこれを試してみてください。

ThumbPCに動く壁紙を設定できるソフトを紹介!【Windows10/Mac OS】
デスクトップ画面を彩りたい、自分の趣味や好きなキャラクターをデスクトップPCやノートPCのデ...

更新を妨げるプログラムを停止して0x800705b4を修正する方法

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出てWindows10へのアップデートが出来ない原因として、更新を妨げるプログラムが原因になっている可能性をお伝えしました。これについてまとめていきます。

セキルティソフトなどのプログラムが原因となってしまってWindows10へのアップデートがができない場合は、更新を妨げるプログラムを停止して0x800705b4を修正する方法がありますので、これをご紹介していきます。

Windows Defenderの停止

Windows Defenderの停止

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出ている場合、Windows10のアップデートを更新を妨げるプログラムを停止して0x800705b4を修正する方法をご紹介していきます。プログラムはいくつかあります。

まず更新を妨げているプログラムとして考えられるのは、Windows Defenderというプログラムです、これはセキルティソフトと似たようなもので、PC(パソコン)を守るためのプログラムですが、Windows Defenderが妨げになっている可能性があります。

Windows Defenderを停止する場合はクリッすれば、停止することができますので、停止してください。しかし、プログラムの更新が終わったら、元通りにWindows Defenderを有効にしておいてください。ここだけ忘れないようにしてください。

Microsoft製品の更新を停止

Microsoft製品の更新を停止

次に、Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出た場合に、更新を妨げるプログラムを停止して0x800705b4を修正するには、Microsoft製品の更新を停止する方法があります。

Microsoft製品の更新を停止するには該当のプログラムを探し出して、停止すれば対応が完了します。Microsoft製品の更新を停止してから再度Windows10 Update(アップデート)を行ってエラーコード0x800705b4がでるか確認してください。

もし、Microsoft製品の更新を停止して再度Windows10へアップデートしてもエラーコード0x800705b4が出る場合は、他の方法を試していきましょう。

自動アップデートを一時的に停止

自動アップデートを一時的に停止

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出てしまう原因の一つとして、更新プログラムが原因になっている場合が考えられますので、該当のプログラムの更新を停止すればWindows10へアップデートできるかもしれません。

エラーコード0x800705b4が出てWindows10へのアップデートが出来ない場合は、自動でアップデートを行っているから出来ない場合ありますので、手動で行うために自動アップデートを一時的に停止していきます。

停止するには設定からWindows10へのアップデートの場所を出します。Windows10アップデートの自動更新を停止をクリックします。これでWindows10への自動アップデートが一時的に停止しましたのでこれで終了になります。

プリンタスプールを空にする

ここにコマンドを流す

プリンタスプールには、プリンタが正常度刺しないために大量に印刷ジョブがたまってしまうことがあります。こんなときはジョブのキャンセルも正常に動作しないためにプログラムが停止している場合がありますのでここを対処していきます。

プリンタスプールを空にするには、「コンピュータの管理」からプリンタスプールを空にしていきます。サービスの一覧が表示されていますので、その中から「Print Spooler」を選択します。コマンドメニューから「停止」を選択してサービスを停止します。

後は、コマンドプロンプトを起動させて、「net stop "Print Spooler"」と打ち込めば、プリンタスプールを空にすることができますので、以上になります。

ドライバが正常かチェック

ドライバが正常かチェック

更新を妨げるプログラムを停止して0x800705b4を修正するには、ドライバが正常かチェックしてください。ドライバが正常かチェックすることによって、ドライバが正常に起動していないことが原因になっていないかを確認していきます。

ドライバが正常かチェックには、ここを確認すればドライバが正常どうかを確認することができますので、ここを見てドライバが正常かチェックしてください。ドライバが正常であることがチェック出来たら再度Windows10へアップデートしてください。

Thumb【Windows10】ディスククリーンアップで不要ファイルを削除する方法
PCを使っている時に容量が足りなくなって困ったことはありませんか?Windows10にはディ...

復元コマンドで0x800705b4を治す方法

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出たときの対処法として、復元コマンドで0x800705b4を治す方法がありますので、ここからは復元コマンドで0x800705b4を治す方法についてまとめていきます。

復元コマンドの実行手順

コマンドプロンプトで実行

復元コマンドの実行手順についてまとめていきます。まずは、コマンドプロンプトを開けてください。コマンドプロンプトを開けられたら、画像のような黒い画面がでてきますので、以下のコマンドを管理者特権があるコマンドプロンプトで実行してください。 

「Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth 」「Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」これでエラーコードが出た場合は、「Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」「Sfc /scannow」を打ち込みます。
 
修復が成功した場合には、修復を完遂するためにWindowsを再起動してください。 これで終了になります。

Windows Updateを再試行

Windows Updateを再試行

Windows10のパソコンが再起動から立ち上がってきたら、後は、Windows10へのアップデートを再度実行してみてください。これでWindows10へのアップデートが起動して、始まったらエラーコードが出ないか確認して終了になります。

トラブルシューティングツールで0x800705b4を修正する方法

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4が出てしまった時の対処法をまとめていきます。トラブルシューティングツールで0x800705b4を修正する方法がありますので、エラーコード0x800705b4を修正していきます。

トラブルシューティングツールの利用手順

トラブルシューティングツールのダウンロード

トラブルシューティングツールで0x800705b4を修正する方法をまとめていきます。まずはトラブルシューティングツールをダウンロード・インストールしていきます。以下のURLからOSに合ったトラブルシューティングツールをダウンロードします。

ダウンロード・インストールが完了したら、トラブルシューティングツールをクリックして起動させていきます。起動したらトラブルシューティングツールを実行して問題がないかをツール内で確認していきます。問題がなければ狩猟になります。

トラブルシューティングツール

Windows Updateを再試行

Windows10のトラブルシューティングツールでPC(パソコン)に問題がないことが確認できましたら、後は、Windows10へのアップデートを再度実行してみてください。

これでWindows10へのアップデートが起動して、始まったらエラーコードが出ないか確認して終了になります。

システム修復コマンドで0x800705b4を修正する方法

次にWindows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4がでてしまってWindows10へのアップデートができない場合の対処法としてシステム修復コマンドで0x800705b4を修正する方法をまとめていきます。

システム修復コマンドの実行手順

Windowsキーとcmdで起動します

コマンドプロンプトを起動してチェックしていきます。コマンドプロンプトが立ち上がったら、「
dism /online /cleanup-image /restorehealth 」を打ち込んでください。これで実行終了になります。

Windows Updateを再試行

後は、Windows10へのアップデートを再度実行してみてください。これでWindows10へのアップデートが起動して、始まったらエラーコードが出ないか確認して終了になります。

コンポーネントリセットツールで0x800705b4を修正する方法

Windows10 Update(アップデート)でエラーコード0x800705b4がでたときの対処法として、コンポーネントリセットツールで0x800705b4を修正する方法についてまとめていきます。困ったときはここをチェックしてください。

コンポーネントリセットツールの利用手順

ここに必要なコマンドを入れていきます

まずはコマンド プロンプトを起動します。 「net stop bits」「net stop wuauserv」「net stop appidsvc
」「net stop cryptsvc」を打ち込んでください。後は、下記URLから必要なコマンドがありますので、それを流してください。

コンポーネントリセットツール

Windows Updateを再試行

コンポーネントリセットツールの利用手順をすべて実行し終わったら、Windows10へのアップデートを再度実行してみてください。これでWindows10へのアップデートが起動して、始まったらエラーコードが出ないか確認して終了になります。

最後に

【Windows10 Update】0x800705b4でエラーでアップデートできない時の原因・対処法についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。エラーコードは読み取ることが難しいですが、坦々と対処していきましょう。

他のエラーに関する記事一覧

Thumbフォローチェック for Twitterの使い方とエラー対処方法!
Twitterのフォロー・フォロワーが簡単にチェックできるフォローチェック for Twit...
ThumbiPhone「確認が必要です」エラーで「続ける」が表示されない原因・対処法
「iPhoneでアプリのアップデートやダウンロードをした時『確認が必要です』というエラーが出...
ThumbdTVが見れない・通信エラーの時の対処法まとめ【iPhone/Android/PC】
dTVが通信エラーで何かしらの接触不良や不具合で見れない・繋がらないことがあります。dTVが...
ThumbWindowsリモートデスクトップ認証エラーの対処法「要求された関数はサポートされていません」
Windowsをお使いの皆さんは、Windowsリモートデスクトップ認証エラーが出てしまった...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Shige0352
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ