iPhoneのデータのバックアップをパソコンなしでする方法を解説!

iPhoneのデータをバックアップするとき、パソコンが必要と誤解している人が多いですが、パソコンなしでもできるようになっています。ここでは機種変更の際にiPhoneのバックアップをパソコンなしでする方法を具体的に説明していきます。

iPhoneのデータのバックアップをパソコンなしでする方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1. iPhoneのバックアップをパソコンなしで取る前の準備
  2. 1-1. 不要なアプリをアンインストール
  3. 1-2. 不要な写真を削除
  4. 1-3. LINEの不要なデータを削除
  5. 1-4. ブラウザの履歴を削除
  6. 1-5. Googleマップのキャッシュを削除
  7. 2. iCloudでiPhoneのバックアップをパソコンなしでする方法
  8. 2-1. iCloudでバックアップする手順
  9. 2-2. iCloudの料金
  10. 2-3. iCloudのメリット
  11. 2-4. iCloudのデメリット
  12. 3. Googleフォトで写真データをバックアップする方法
  13. 3-1. Googleフォトでバックアップする手順
  14. 3-2. Googleフォトのメリット
  15. 3-3. Googleフォトのデメリット
  16. 4. Amazonプライムフォトで写真データをバックアップする方法
  17. 4-1. Amazonプライムフォトでバックアップする手順
  18. 4-2. Amazonプライムフォトのメリット
  19. 4-3. Amazonプライムフォトのデメリット
  20. 5. Yahoo!かんたんバックアップを利用する方法
  21. 5-1. Yahoo!かんたんバックアップの利用手順
  22. 5-2. Yahoo!かんたんバックアップのメリット
  23. 5-3. Yahoo!かんたんバックアップのデメリット
  24. 6. 外部メモリでiPhoneをバックアップする方法
  25. 6-1. 外部メモリiXpandでバックアップする手順
  26. 6-2. iXpandのメリット
  27. 6-3. iXpandのデメリット
  28. 7. 「データお預かり」アプリを利用する方法
  29. 7-1. 利用条件
  30. 7-2. バックアップ手順
  31. 7-3. 「データお預かり」アプリのメリット
  32. 7-4. 「データお預かり」アプリのデメリット
  33. 7-5. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

iPhoneのバックアップをパソコンなしで取る前の準備

スマホの機種変更の際にiPhoneのデータのバックアップをとる場合は、パソコンなしでもできるようになっています。パソコンなしでiPhoneのデータのバックアップをとるためには、事前に準備をしておきましょう。

パソコンなしでiPhoneだけでバックアップをとる方法はとても簡単ですが、バックアップをとれるデータ容量に限りがあったり、データ容量が多すぎると時間がかかりすぎてしまったりしてしまいます。

パソコンなしでバックアップをする場合は事前にiPhoneでしっかりバックアップの準備をしておいてから、機種変更を行いましょう。

不要なアプリをアンインストール

アプリのアンインストール画面

機種変更のためにバックアップをとる必要があるのは、新しいスマホに移行するデータだけです。機種変更の前に移行する必要がないデータをiPhoneから削除しておきましょう。

iPhoneでアプリをアンインストールする方法は、ホーム画面でいらないアプリアイコンを長押しして、アイコン左上に表示される×マークをタップしてください。削除の確認ポップアップが表示されるので、「削除」を選択します。

不要な写真を削除

写真の削除アイコン

いらない写真や動画もバックアップを取る前にiPhoneから削除しておきましょう。削除する方法は、iPhoneのホーム画面で写真アイコンを選択して、画面右上に表示される「選択」という文字をタップします。

iPhone内の削除したい写真が動画を選択して、画面の右下に表示されるごみ箱アイコンをタップしましょう。

LINEの不要なデータを削除

LINEのログイン画面

iPhoneでいらないデータが多く入っていることが多いのはLINEです。いらない無料スタンプや着せ替え、残す必要がないトーク履歴やKeep機能に保存されているデータなどをチェックして、必要のないデータは削除してしまいましょう。

また友だちリストに入っている人を削除しても相手には知られないので、iPhoneの機種変更の際に最近連絡をとってない人でアカウントを残しておく必要がない人は削除してください。

ブラウザの履歴を削除

設定の画面

iPhoneデータのバックアップをとるときにいらないのは、ブラウザアプリの閲覧履歴です。新しいiPhoneでブラウザを閲覧する際には関係ないデータなのですが、そのままiPhoneのバックアップをとるときにその対象になってしまいます。

ブラウザアプリの履歴を削除する方法は、iPhoneの設定アプリを起動して、Safariという項目をタップしましょう。

「履歴とWebサイトデータを消去」の画面

「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすると、ブラウザアプリの履歴データ消去が始まります。

Googleマップのキャッシュを削除

Googleマップの画面

iPhoneにGoogleマップをインストールしている場合は、履歴データもバックアップの対象になってしまうので、削除しておきましょう。

Googleの設定メニュー

Googleマップの画面左上にある三本線アイコンをタップして、「設定」メニューを選択します。

Googleマップの履歴メニュー

設定画面で「マップの履歴」というメニューをタップして、次の画面で削除しましょう。

関連記事
iCloudバックアップから写真を復元できない理由と対処法【iPhone】

iCloudでiPhoneのバックアップをパソコンなしでする方法

iPhoneのロック画面

iPhoneのバックアップを取る準備が終わったら、次はパソコンなしでバックアップをとっていきます。ここからはパソコンなしでバックアップをとる手順を紹介していきます。

iCloudでバックアップする手順

コントロールセンターの画面

iPhoneのホーム画面下部分を上にスクロールすると、表示されるコントロールセンターの画面からWi-Fiをオンにします。

アカウントの画面

次に設定アプリを起動して、あなたの名前が書かれている項目をタップしましょう。

iCloudの項目画面

AppleIDの画面になったら、iCloudの項目をタップしましょう。

iCloudの上部画面

iCloudの画面を下にスクロールしていきます。

iCloudの下部画面

iCloudの画面下部に「iCloudバックアップ」という項目があるので、タップしましょう。

バックアップの画面

「今すぐバックアップ」という青い文字をタップして、iPhoneのバックアップをはじめます。

バックアップ中の画面

iCloudにiPhoneのデータのバックアップをとるには、1分前後かかります。

バックアップ完了の画面

iCloudへのバックアップが完了すると、「最後に作成されたバックアップ」という項目が表示されるようになり、そこに日時が表示されます。

iCloudの料金

iCloudのストレージプラン

iCloudのストレージ容量は5GBまでは無料です。でもiPhoneのストレージは64GBや256GBなど膨大ですので、5GBでは足りないことが多いです。

そのためバックアップを取る前に、いらないデータをできるだけ削除しておく必要があるのですが、もし5GBに収まらない場合は、iCloudの有料プランに切り変えましょう。

ストレージプランの選択画面

iCloudの有料ストレージプランは50GBだと月額130円、200GBだと月額400円、2TBだと月額1,300円です。プランを変更する方法は、まずiCloudの画面上部にある「ストレージを管理」という項目をタップします。

次の画面で必要な容量のストレージプランを選択したら、画面右上にある「購入する」という文字をタップしましょう。

iCloudのメリット

iPhoneのロック解除画面

iPhoneのデータのバックアップをとることができるiCloudにはメリットとデメリットがあるので、使用する前に把握しておきましょう。

iCloudのメリットは無料で使えるプランがあること、iPhoneの公式クラウドサービスであること、設定が簡単であること、iPhoneを探す機能があることです。設定も購入も簡単なので、一度もiCloudを利用したことがない人でもすぐに使うことができるのです。

iCloudのデメリット

iPhoneのアイコン画面

iPhoneのデメリットは使用するためにはWi-Fiが必要であること、有料のストレージプランでも制限があること、バックアップに時間がかかることです。

パソコンでバックアップを取る場合は大容量のバックアップでも時間があまりかかりませんが、iCloudの場合は容量が増えれば増えるほど、バックアップにも時間がかかります。

iCloudのメリット iCloudのデメリット
無料で使えるプランあり Wi-Fi環境が必要
設定が簡単 バックアップに時間がかかる
自動でバックアップもできる 無制限プランはなし
連絡先の移行ができる データ保証なし

iCloudはiPhoneの機種変更をする際に、連絡先の移行方法に推奨されています。信頼できるクラウドサービスなのですが、もし万が一iCloudのサーバーで不具合が生じてデータが紛失してしまった場合の保証が一切ありません。

機種変更のためにiPhoneのデータをすべてiCloudに預けているときにサーバーで不具合が生じると、バックアップを取ったにもかかわらず、すべてのデータを失う可能性もあります。こうしたデメリットを理解したうえでiCloudを使用しましょう。

関連記事
iPhoneのデータをパソコンにバックアップ・保存する方法!
関連記事
iPhoneに機種変更するときのバックアップ方法を解説!

Googleフォトで写真データをバックアップする方法

Googleフォトの購入画面

iCloudは無料で使えるストレージプランが5GBまでなので、必要ないデータを削除する必要があります。しかし必要ないデータを削除しても5GB以下にならないことが多いです。

そういう場合は無料で使える写真データのバックアップがとれるiPhoneアプリを活用しましょう。Googleアカウントを持っている人におすすめの写真バックアップアプリは、Googleフォトです。

Googleフォトで写真データをバックアップする方法は、まずiPhoneにGoogleフォトのアプリをインストールします。Googleフォトは無料でインストールできます。

Googleフォトでバックアップする手順

写真の許可画面

GoogleフォトをiPhoneへインストールしたら、iPhoneの写真へGoogleフォトがアクセスすることを許可します。

通知の許可画面

次にGoogleフォトの通知設定を行いますが、通知設定は許可しても、許可しなくても使えるので好きな方を選択します。

Googleフォトのバックアップ画面

次の画面であなたのGoogleアカウントが表示されていることを確認して、「バックアップと同期」をオンにし、画面下にある「確認」をタップします。

Googleフォトのメニューアイコン

Googleフォトのメイン画面が表示されるので、画面右上にある点線アイコンをタップしましょう。

Googleフォトの写真選択メニュー

表示されるメニューの一番上にある「写真を選択」をタップしてください。

Googleフォトの写真選択画面

GoogleフォトにバックアップをとりたいiPhone内の写真を選択します。

Googleフォトのバックアップメニュー

もう一度画面右上にある点線アイコンをタップすると、表示されるメニューの中から「バックアップ」をタップします。

Googleフォトのメリット

Googleフォトのメイン画面

Googleフォトは、パソコンなしでiPhoneの写真データをバックアップできます。高画質で写真のバックアップをとることもできるので、バックアップ後に画質が悪くなってしまう心配もありません。

Googleフォトの設定メニュー

また操作方法も簡単なので初めてiPhoneの機種変更をする場合でも、安心してバックアップを取ることができます。そしてGoogleフォトの容量は無制限なので、たくさんの写真のバックアップをとりたい場合にもおすすめです。

Googleフォトのデメリット

アルバムのタイトル画面

GoogleフォトのデメリットはWi-Fi環境がないとiPhoneのデータ通信量を大幅に消費してしまうことと、無線でバックアップを取るので時間がかかってしまうことです。

Googleフォト
‎「Google フォト」をApp Storeで

Amazonプライムフォトで写真データをバックアップする方法

iPhoneユーザーはGoogleアカウントを持っていない人が多いですが、Amazonプライムのアカウントを持っている人はスマホのOS関係なく多いです。

Amazonアカウントを持っている人におすすめなのが、Amazonプライムフォトです。Amazonプライムフォトは音楽やバラエティ番組が楽しめたり、音楽が頼めたり、翌日発送のお急ぎ便送料が無料になったりとお得な特典が豊富な有料プランです。

このAmazonプライムに加入しているiPhoneユーザーなら、Amazonプライムフォトアプリを使うことができます。

Amazonプライムのログイン画面

Amazonプライムフォトは、iPhoneに無料でインストールできるアプリで、写真のバックアップができます。インストールも無料ですが、使用も無料なので料金を気にせず安心してiPhoneの機種変更の際にバックアップをとることができます。

Amazonプライムのパスワード入力画面

Amazonプライムフォトにログインするには、Amazonプライムに登録しているメールアドレスとパスワードが必要になります。

Amazonプライムアプリのトップ画面

もしAmazonプライムに登録したメールアドレスとパスワードを忘れてしまった場合は、Amazonプライムのアプリをインストールして、パソコンなしでも確認できるようにしておきましょう。

Amazonプライムフォトでバックアップする手順

Amazonプライムフォトの起動画面

AmazonプライムフォトのアプリをAppStoreから無料でインストールしたら、自動で起動画面になります。

Amazonプライムフォトのメールアドレス入力画面

起動したらAmazonプライムやAmazonの公式サイトと同じログイン画面が表示されるので、Amazonプライムに登録しているメールアドレスを入力します。

Amazonプライムフォトの指紋認証画面

メールアドレスを入力後にパスワードを入力しますが、パスワード入力の代わりに指紋認証もできます。

Amazonプライムフォトのログイン画面

Amazonプライムに登録しているメールアドレスとパスワードの入力し終えたら、画面下にある「ログイン」をタップします。

Amazonプライムフォトの写真許可

次の画面でAmazonプライムフォトが写真へアクセスすることを許可するポップアップが表示されるので、「OK」をタップします。

自動バックアップの許可画面

自動でバックアップをとることを許可する画面になるので、画面下にある「OK」をタップしましょう。

Amazonプライムフォトの開始画面

Amazonプライムフォトに関する許可を一通りしたら、開始画面が表示するので、「それでは始めましょう」をタップしてください。

通知の受信許可画面

Amazonプライムフォトを開始した後に、もう一度ポップアップが表示されて通知を受信するかどうか確認されるので「OK」をタップしましょう。

通知の送信許可画面

通知を送信することを許可するかどうかのポップアップも表示されるので、「許可」をタップしてください。

バックアップ画面

ここまでの設定が終わると、あとはiPhoneの写真データがAmazonプライムフォトに自動でバックアップされます。

Amazonプライムフォトのメリット

Amazonプライムフォトのトップ画面

AmazonプライムフォトのメリットはAmazonプライム会員ならログインも簡単で、無料で使えるということです。また自動でバックアップを定期的にする設定にしておけば、機種変更の際にいちいちバックアップを取る必要がありません。

Amazonプライムフォトはバックアップできる写真のデータ容量は無制限なので、iPhoneにたくさんの写真を保存している人でも安心して使えます。

Amazonプライムフォトのデメリット

Amazonプライムフォトの検索画面

Amazonプライムフォトのデメリットは検索席が低いということです。Amazonプライムフォトは無制限で写真を保存できるので、観たい写真をすぐに発見できるように検索機能が付いています。

しかしこの検索機能に「犬」や「花」などのキーワードを入力しても、それに該当する写真が検索されないことが多いのです。膨大な写真を保存しておいて、見たいときにすぐに見つけるのは難しいです。

Amazon Photos
‎「Amazon Photos」をApp Storeで

Yahoo!かんたんバックアップを利用する方法

Yahoo!かんたんバックアップのインストール画面

iPhoneの機種変更をするときに写真のバックアップをする際、Yahoo!アカウントを持っているならYahoo!かんたんバックアップがおすすめです。Yahoo!ユーザーなら誰でもすぐに使うことができます。

Yahoo!かんたんバックアップの起動アイコン

Yahoo!かんたんバックアップをiPhoneにインストールしたら、「開く」をタップして起動しましょう。

Yahoo!かんたんバックアップの利用手順

Yahoo!かんたんバックアップのログイン画面

Yahoo!かんたんバックアップを起動したら、ログイン画面が表示されるので「ログイン」をタップしましょう。

Yahoo!JAPANのログイン画面

Yahooo!かんたんバックアップのログイン画面が表示されるので、「ログイン」をタップしてください。

Yahoo!JAPANのメールアドレス入力

Yahoo!かんたんバックアップにログインするためにYahoo!JAPANにログインする際は、通常と同じように登録してあるIDか電話番号かメールアドレスを使用します。

Yahoo!JAPANのログインボタン

IDか電話番号、メールアドレスを入力したら、青いバーの「次へ」をタップしましょう。

Yahoo!かんたんバックアップの設定中画面

ログイン情報を入力すると、Yahoo!かんたんバックアップの設定画面に切り替わります。

写真へのアクセス許可

Yahoo!かんたんバックアップで写真や動画、連絡先の設定することを説明される画面が表示されるので、「設定する」をタップします。

写真へのアクセス許可画面

バックアップで写真を使用する許可を求められるので、「OK」をタップします。

連絡先へのアクセス許可

バックアップで連絡先を使用することの許可を求められるので「OK」をタップします。

位置情報の設定画面

次の画面で位置情報と通知に関する許可を求めることが説明されるので、「設定する」をタップします。

位置情報の許可ポップアップ

バックアップに位置情報の許可を求めるポップアップが表示されるので、「このAppの使用中のみ許可」をタップしてください。

バックアップの通知送信許可

バックアップで通知を送信する許可を求められるので「許可」をタップします。

バックアップ開始画面

次の画面でバックアップを開始するボタンが表示されるので、タップしてください。

バックアップ開始の通知画面

Yahoo!かんたんバックアップで今すぐにバックアップが始まるポップアップが表示されるので、「閉じる」をタップします。

バックアップ中の画面

バックアップ中の画面は中央にサークルが表示されて、バックアップが終了した割合がバーで表示されます。

バックアップ完了の画面

バックアップが完了すると、100%と表示されます。

Yahoo!かんたんバックアップのメリット

写真のサムネイル一覧

Yahoo!かんたんバックアップのメリットはAndroidにもiPhoneにも対応していることです。これは他の写真バックアップアプリにも言えることですが、OSが違うスマホに機種変更する場合に便利です。

また設定が終わればすぐに自動でバックアップが始まるので、面倒な操作がいらないのもメリットです。

Yahoo!かんたんバックアップのデメリット

Yahoo!かんたんバックアップの設定画面

Yahoo!かんたんバックアップのデメリットは容量が5GBしかないことです。iCloudの無料プランと合わせた場合は合計で10GBのデータしかバックアップがとれません。GoogleフォトやAmazonプライムフォトは無制限なので、容量を比較すると少ないのです。

またYahoo!かんたんバックアップはバックアップに時間がかかります。他の無料バックアップアプリも時間がかかりますが、それ以上に時間がかかってしまうのです。

あなたのスマホをバックアップ。Yahoo!かんたんバックアップ (無料)
‎「Yahoo!かんたんバックアップ」をApp Storeで

外部メモリでiPhoneをバックアップする方法

iPhoneのバックアップ画面

GoogleフォトやAmazonプライムフォト、Yahoo!かんたんバックアップなどのアプリで写真や動画などのバックアップを行う場合は、Wi-Fi環境が必要です。

もしWi-Fi環境以外でバックアップをすると、あっという間にiPhoneの通信制限にひっかかってしまいます。ただパソコンなしの人はWi-Fi環境もない場合が多いので、そういう場合はWi-Fi環境がいらないiXpandなどの外部メモリを使いましょう。

外部メモリiXpandでバックアップする手順

iXpandのインストール画面

外部メモリであるiXpandは専用アプリと外部メモリ本体を購入して、iPhone接続することで使えるようになります。

iXpandの起動画面

外部メモリ専用のアプリであるiXpandをインストールして起動すると、まず使用許諾契約書を読む画面になります。

iXpandの使用許諾契約画面

使用許諾契約書を読んだら、画面右上の「了解」をタップしましょう。

iXpandの規約同意画面

次の画面で外部メモリ専用アプリの利用規約に同意する意向を示すために、「同意する」をタップします。

iXpandの写真許可画面

写真へのアクセス許可を求められるので、「OK」をタップしてください。

iXpandのビデオ許可画面

iXpandで音楽や動画へのアクセス許可を求められるので、「OK」をタップしましょう。

iXpandの通知画面

最後にiXpandからの通知の許可を求められるので、「許可」をタップしてください。

iXpandの接続画面

次に外部メモリであるiXpandをiPhoneの電源ポートに差しこみ、接続します。

iXpandのファイル画面

ファイル画面を開くとiPhoneに入っているファイルをサムネイル一覧で確認できるので、バックアップするものを選びましょう。

iXpandの音楽画面

外部メモリのiXpandは音楽データもバックアップがとれるので、データを保存したいものを選びます。

iXpandの動画画面

動画データもiXpandでバックアップをとることができます。

iXpandの写真画面

iXpandにバックアップをとるために、iPhone内の写真データを選択していきます。

iXpandのヘルプ画面

外部メモリを使うのが初めてで使い方が分からないという場合でも、iXpandの専用アプリ内で機能や使い方など基本的な外部アプリの情報をいつでも確認することができます。

また外部メモリなのでiPadなどにデバイスに差しこむだけでデータを観られたり、他のデバイスへ転送したりすることができます。iPhoneアプリにはない使い方ができるのが外部メモリのメリットです。

iXpandの選択アイコン

外部メモリのiXpandにバックアップしたいデータを選択するときは、画面右下にある「選択」アイコンをタップして選びます。

iXpandの追加アイコン

バックアップをとりたいデータを選んだら、画面左下にある「追加」アイコンをタップしましょう。

iXpandのメリット

iXpandのアイコン画面

外部メモリのiXpandのメリットはWi-Fi環境なしでもiPhoneのバックアップができることです。またアプリではなく外部メモリなので、写真データだけではなく音楽データや動画データのバックアップもとることができます。

iXpandのデメリット

iXpandの通販画面

iXpandのデメリットは外部メモリであるiXpandの本体を購入しないといけないことです。iXpandの本体はAmazonなどの通販サイトでも購入できますが、8,000円代と少し高額です。

GoogleフォトやAmazonプライムフォトは完全無料で使えるので、それらと比較するとちょっとした出費になります。

サンディスク iXpand フラッシュドライブ
‎「SanDisk iXpand™ Sync」をApp Storeで

「データお預かり」アプリを利用する方法

キャリア以外のバックアップアプリを使ってiPhoneのデータを保存することに抵抗がある人でauのiPhoneユーザーの場合は、au公式のバックアップアプリを利用しましょう。

利用条件

データお預かりの起動画面

データお預かりを起動すると、まずiPhoneホーム画面の編集をすすめられますので、「了解」をタップします。

データお預かりの利用開始画面

次の画面で「利用を開始する」をタップして、iPhoneでデータお預かりを起動します。

auIDの設定画面

iPhoneに無料で誰でもインストールできるデータお預かりですが、auIDがないと設定ができず、使用できません。

バックアップ手順

連絡先のアクセス許可

auIDを設定してデータお預かりにログインすると、iPhoneの連絡先にデータお預かりがアクセス許可を求めるポップアップが表示されます。

写真へのアクセス許可

iPhoneの写真へのアクセスが求められるので、「OK」をタップします。

カレンダーへのアクセス許可

iPhoneのカレンダーへのアクセス許可が求められるので、「OK」をタップしましょう。

リマインダーへのアクセス許可

iPhoneへのリマインダーへデータお預かりからのアクセス許可が求められるので、「OK」をタップします。

通知の許可画面

最後にiPhoneへデータお預かりからの通知許可が求められるので、「許可」をタップしましょう。

データお預かりのメイン画面

次にデータお預かりのメイン画面が表示されるので「預ける」をタップしてデータを選択して、手順に沿ってバックアップしてください。

「データお預かり」アプリのメリット

データお預かりの利用規約

データお預かりのメリットはパソコンなしでもiPhoneだけでデータのバックアップがとれることと、非会員であっても1GBまでならデータを無料で預けることができるところです。

auスマートパスやauスマートパスプレミアのiPhoneユーザーなら無料で50GBまで、データを預けることができます。外部メモリも必要ないですし、データお預かりのインストールは無料です。

「データお預かり」アプリのデメリット

プライバシーポリシーの画面

データお預かりのデメリットはauのiPhoneユーザーじゃないと使えないところと、auのiPhoneユーザーでもauスマートパスやauスマートパスプレミアの会員じゃないと1GBしかバックアップできないことです。

無料で使えるGoogleフォトやAmazonプライムフォトなら無制限なので、比較するとお得とは言えません。またGoogleやAmazonなどのように、自分ですぐに契約してアカウントを作成することができないところもデメリットです。

最後に

いかがでしたか?iPhoneのバックアップは専用のアプリをインストールすれば、お金をかけずにiPhoneだけでバックアップをとることができます。初心者でも簡単なのでiPhoneだけでバックアップをしてみましょう!

データお預かり | サービス・機能 | au
‎「データお預かり」をApp Storeで

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

関連記事
iCloudバックアップから写真を復元できない理由と対処法【iPhone】
関連記事
【iPhone】Apple ID(iCloud)のサインアウト方法!データはどうなる?
関連記事
iPhone7の耐水性能は?耐水と防水の違いは?
関連記事
iPhoneの画面が割れたときの対処法!放置するとどうなる?

関連するまとめ

Original
この記事のライター
saori..
ライターのsaori..です。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ