iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫?注意点は?

iPhoneの中で一番古い現役機種であるiPhone5sをiOS12にアップロードする場合は、古いiPhone5sはiOS12に対応できるのか心配になりますよね?ここでは、iPhone5sをiOS12にアップデートするときの注意点を紹介していきます。

iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫?注意点は?のイメージ

目次

  1. 1iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫?
  2. 公式にサポートしているため問題ない
  3. 高速動作やセキュリティ対策につながる
  4. 2iPhone5sをiOS12にした時のパフォーマンス
  5. ベンチマーク
  6. 本体の起動時間
  7. アプリの起動時間
  8. キーボードの表示
  9. 3iPhone5sをiOS12にした時に使える新機能
  10. スクリーンタイム
  11. バッテリーのデータ確認
  12. 通知のグループ化
  13. デフォルトアプリの削除
  14. Siriショートカット
  15. グループFaceTime
  16. コントロールセンターのカスタマイズ
  17. 4iPhone5sをiOS12にアップデートする際の注意点
  18. ストレージの空き容量を確認する
  19. バックアップを取る
  20. 使いたいアプリがiOS12対応か確認する
  21. 5iPhone5sをiOS12にアップデートする方法
  22. アップデート手順
  23. 6iPhone5sをiOS12にした時の不具合情報
  24. au系の格安SIMで通信できない
  25. バッテリーの消費が早い
  26. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫?

iPhoneのロック画面

iPhone5sは最新のiPhone Xよりもとても古い機種ですが、iPhone5sのサイズ感が気に行っていて、ずっと使い続けている人もいます。iPhone5sを使い続けている人にとって、最新のiOS12は、iPhone5sでも対応できるのか不安になりますよね?

古い機種のiPhoneに最新バージョンをインストールしてしまうと、iOS12の高速動作にiPhoneが付いていけず、パフォーマンスに不具合が生じ、新機能が正常に作動しないなどのトラブルが起こると誤解している人もいます。

公式にサポートしているため問題ない

iPhoneのホーム画面

iOS12に対するAppleの公式サポートは、iPhone5sも対象にしています。もしiOS12にアップロードして、向上したパフォーマンスや新機能などの不具合が起こった場合も大丈夫です。

最新のiOS12の公式サポートがあるということは現役ということなので、iPhone5sは現役最古の機種ということになります。

高速動作やセキュリティ対策につながる

iPhoneのアイコン画面

iPhone5sをiOS12にアップデートすることで端末の操作性が早くなったり、便利になったりするだけではなく、ウイルスなどへの対策も強化されます。

その理由は、iOS12に最新のウイルス対策も含まれているからです。毎日使うiPhone5sが危険にさらされる可能性が低くなるのです。

iPhone5sにiOS12のをアップデートするときの注意点は普通のアップデートの注意点と同じですし、不具合が起こった場合もサポートに相談できます。

iPhone5sをiOS12にした時のパフォーマンス

iPhone5sをiOS12にアップデートすると高速動作が実現し、さまざまな機能が速く使えるようになります。ここからは、iPhone5sをiOS12にアップデートした場合のパフォーマンスについて紹介していきます。

ベンチマーク

iCloudの画面

iOS11.4.1とiOS12は構成がほとんど同じなので、ベンチコマークはシングルコアもマルチコアも数値はほとんど同じです。

iOS11.4.1 シングルコア1285 マルチコア2211
iOS12 シングルコア1298 マルチコア2200

iPhone5sの構成はパソコンと同じようにハードウエアとソフトウエアの2つでできています。ベンチマークで比較できるのはハードウエアに関する数値です。数値がほぼ同じ理由は、iOS11.4.1もiOS12もハードウエアの基本的な構造が同じだからです。

カメラの起動時間

カメラの起動時間

同じiPhone5sでもiOS11.4.1よりもiOS12の方が、起動時間が短くなります。その理由はパフォーマンスが向上し高速動作が実現するためです。

iOS11.4.1のロック時に
カメラを起動する時間
5回平均0.97秒 最速0.84
iOS12のロック時に
カメラを起動する時間
5回平均0.91秒 最速0.82
iOS11.4.1のホーム画面から
カメラを起動する時間
5回平均1.14秒 最速1.04
iOS12のホーム画面から
カメラを起動する時間
5回平均1.19秒 最速1.14

iPhone5sのロック画面からカメラを起動する時間は、iOS11.4.1よりもiOS12の方が平均で0.03秒速いです。その理由はパフォーマンス向上による高速動作が実現したからです。

ただホーム画面からカメラを起動する時間はiOS12では1.19秒かかってしまうのに対してiOS11.4.1では1.14秒なので、iOS11.4.1の方がiOS12よりも速いことが分かりました。

本体の起動時間

iPhoneのパスコード入力画面

iOS12はiPhone5sにアップデートしても大丈夫なだけではなく、iPhone5sの起動時間やアプリの起動時間などさまざまな部分で改善がみられます。

iOS11.4.1の起動時間 31.34秒
iOS12の起動時間 22.11秒

iOS11.4.1電源がオフになっている状態からボタンを長押ししてAppleロゴが表示され、ロック画面が表示されるまでに31.34秒かかっていました。

しかしiPhone5sでもiOS12にアップロードした場合はパフォーマンス向上による高速動作の実現で、完全に電源オフの状態からの起動に22.11秒しかかからないのです。

アプリの起動時間

LINEのログイン画面

iOS12へのアップデートによるiPhone5sのパフォーマンス向上は本体起動だけではなく、アプリにもいい影響を与えます。

iOS11.4.1 5回平均14.84 最速13.28
iOS12 5回平均14.23 最速13.51

ポケモンGOの場合、iOS11.4.1で起動すると平均で14.48秒かかっていたのですが、iOS12にアップデートすると、平均で14.23秒になります。0.6秒前後速くなると、iPhone5sの操作感としてはとても快適に感じる人が多いです。

キーボードの表示

キーボード画面

iPhone5sのSafariでキーボードを起動するときは今までのバージョンだと起動に時間がかかっていたのですが、iOS12だとパフォーマンスが向上し、とても速く起動できます。

iOS11.4.1 5回平均0.64 最速0.63
iOS12 5回平均0.57 最速0.46

これまでのiOS11.4.1の場合は平均で0.64秒かかっていたSafariのキーボード起動時間が、iOS12だと平均が0.57秒になりますし、最速で0.46秒になります。この理由もiOS12のパフォーマンス向上により、高速動作ができるようになったためです。

ThumbiOS12「Siriショートカット」の便利な使い方!操作を自動化しよう
iPhoneiOS12に対応したSiriショートカットというものをご存知でしょうか?仕事効率...

iPhone5sをiOS12にした時に使える新機能

iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫ですし、今までの機能が高速動作するようになるだけではなく、新機能も使えて全体のパフォーマンスが向上します。

スクリーンタイム

設定の画面

どのアプリをどれだけの時間使ったのかが分かるスクリーンタイムという新機能は、設定アプリを起動して下にスクロールすると、項目が出てきます。

スクリーンタイムの画面

その項目をタップするとスクリーンタイムの画面に切り替わり、その日のiPhone5sの使用状況や過去7日間の使用状況などをグラフで確認できます。

バッテリーのデータ確認

バッテリー画面

iPhone5sは設定アプリからバッテリーが確認できます。以前はアプリごとに消費したバッテリーだけでしたが、最新バージョンはその日に使ったバッテリーと、過去10日以内に消費した分も確認できます。

アプリごとのバッテリー画面

また以前のようにアプリごとに消費したバッテリーも確認できるので、便利な機能はそのままです。

通知のグループ化

「通知のグループ化」の画面

定期的にiPhone5sに届く通知をアプリごとに表示できる新機能もあります。設定アプリの「通知」から設定できるのですが、iOS12にアップデートすると「自動」に設定されます。

デフォルトアプリの削除

FaceTimeの起動画面

iPhone5sにはデフォルトアプリがたくさんあります。時計やコンパス、FaceTime、ボイスメモなどです。

今までのiOSではこれらデフォルトアプリを削除することができませんでしたが、iOS12にアップデートすると削除できるようになります。削除の方法は、自分でAppStoreからインストールしたアプリを削除するのと同じ方法です。

Siriショートカット

Siriの画面

Siriで1回タップするだけでさまざまな機能を使うことができます。その理由は、高速動作が実現できるようになっただけではなく、新機能では操作の簡易化もされているからです。

グループFaceTime

FaceTimeの検索画面

iOS12の新機能には、FaceTimeのグループ機能もあります。最大で32人と同時に会話ができるようになるのです。

ただiPhone5sでiOS12にアップデートすると、FaceTimeの新機能自体は問題なく使えて大丈夫なのですが、音声だけの会話になります。32人同時に会話ができる理由は、高速動作により複雑な通信に対応できるようになったからです。

コントロールセンターのカスタマイズ

カスタマイズ画面

iPhone5sのホーム画面を上にスクロールするだけで表示されるコントロールセンターは、自分の好きな内容にカスタマイズできるようになりました。

その理由はデフォルトアプリも自由に操作できるようになったからです。あなたがよく使う機能を紺のロールセンターに設定して、使わない機能はコントロールセンターから削除しょう。

ThumbiPhoneの計測アプリの使い方!気になる精度は?【iOS12】
iPhoneのiOS12から加わった「計測アプリ」って何?iPhoneの計測アプリの機能や使...

iPhone5sをiOS12にアップデートする際の注意点

iPhone5sをiOS12にアップデートする際には新機能が追加されたり、パフォーマンスが向上したりとメリットがあります。しかしいくつかの注意点があるのでそれに気を付けてアップデートしましょう。

ストレージの空き容量を確認する

iPhoneストレージの項目

iPhone5sにiOS12をアップデートするための注意点は、まずiOS12をアップデートしても大丈夫かiPhone5sの空き容量を確認する必要があります。

iPhone5sの空き容量を確認するためには設定アプリを起動して、「一般」から「iPhoneストレージ」をタップしましょう。

iPhoneのストレージ画面

iPhoneストレージの画面で上部に表示されているバーを確認します。色が付いている部分が使用している容量で、色がついていない部分が使用していない容量です。

この使用していない容量が空き容量になります。空き容量がある場合は、iOS12をアップデートしても大丈夫です。

しかし空き容量がとても少ない場合は写真や動画などをiTunesに移して、iOS12をアップデートしても大丈夫なくらい空き容量を確保しましょう。

バックアップを取る

iCoudの画面

iPhone5sでiOS12にアップデートしても大丈夫な空き容量を確認できたら、今度はバックアップをとります。その理由はデータが失われる可能性があるからです。バックアップは設定アプリの「iCloud」から操作していきます。

iCloudバックアップの項目

「iCloudバックアップ」という項目があるので、ここをタップします。

バックアップの画面

iCloudバックアップの画面になったら、バックアップ項目のチェックアイコンをオンにします。

バックアップの開始画面

iCloudバックアップを開始するポップアップが表示されて、iTunesでのバックアップができなくなるという注意が提示されるので、「OK」をタップします。

使いたいアプリがiOS12対応か確認する

アプリの互換性項目

またiPhone5sの機能だけではなく、インストールしているアプリに関しても注意点があります。今使っているアプリがiOS12に対応しているかどうかを確認しておきましょう。

もしiOS12に対応していないアプリだと、アップデートしたら使えなくなってしまうので注意してください。

対応機種の項目

iOS12に対応しているかどうかを確認する方法は、AppStoreのアプリ詳細画面で「互換性」という項目をタップします。互換性の欄に「iOS12」と記載されていれば、iOS12にアップデートした後も今まで通り使えるので大丈夫です。

iPhone5sをiOS12にアップデートする方法

iOS12にアップデートするための空き容量を確認したら、いよいよiPhone5sをiOS12にアップデートしていきます。アップデートする方法は簡単ですが、WiFi環境で行わないと通信量を大きく消耗するので注意しましょう。

アップデート手順

ソフトウエア/アップデートの画面

iPhone5sをiOS12にアップデートする方法は設定アプリを起動して、「一般」から「ソフトウエア/アップデート」の項目をタップしてください。

アップデートの画面

更新できるバージョンがある場合は、アップデートの画面にメッセージが表示されるのでその指示に従ってアップデートしましょう。

アップデートを行っている最中は再起動などが自動で起こりますが、完了するまでバッテリーが切れないようにしながら待ってください。

Thumb【iOS12.2】アップデートの新機能や変更内容は?不具合は?
iPhoneを使っている皆さんであればiPhoneのiOS12.2アップデートがあったことは...

iPhone5sをiOS12にした時の不具合情報

iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫ですが、不具合の報告があるのも事実です。ここからは報告があったiPhone5sをiOS12にアップデートした場合の不具合を紹介していきます。

au系の格安SIMで通信できない

iPhoneは格安SIMを差し込んで使うこともできます。おさがりスマホと呼ばれているこの方法は、親の古いiPhoneに格安SIMを差して子供が使うことが多いです。

しかしiPhone5sをiOS12にアップデートすると、au系の格安SIMが使えないという不具合が報告されています。その理由はiPhone5s側ではなく、iOS12側にあります。ソフトバンク系やドコモ系の格安SIMを使いましょう。

バッテリーの消費が早い

iPhone5sをiOS12にアップデートすると、バッテリーがすぐなくなる不具合が起こりやすいです。その理由は新機能が使えるようになったり、高速動作が実現したりするため必要なバッテリーが増えているからです。

この不具合を解消するためには、こまめに充電をして、バッテリーを多く消耗する新機能はオフにしておきましょう。

最後に

いかがでしたか?iPhone5sをiOS12にアップデートしても大丈夫ですが注意点があったり、不具合が生じたりすることもあります。事前に準備をしてからアップデートしましょう。

iOS 12 へのアップデート方法 - Apple サポート 公式サイト

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

Thumb【iPhone】ウィジェットの設定方法!使い方を解説!
iPhoneにはウィジェット機能が搭載されています。みなさんはiPhoneのウィジェット機能...
ThumbiPhoneにメールアカウントを追加できないときの対処法!
皆さんiPhoneにメールアカウントを追加できないようになったことはありませんか?設定アプリ...
ThumbiPhoneで削除してしまった写真を復元する5つの方法!
iPhoneで誤って写真を削除してしまった場合、復元する方法が5つあります。今回の記事では、...
ThumbiPhoneの保存動画が見れないときの対処法!ビックリマークを消すには?
iPhoneで動画を見ようとしたら、ビックリマークが表示されて動画が見れないということになっ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ネロ
不定期で記事を執筆していきます。犬と料理が好きです。よろしくお願いします!
インステ