【Kyash】モバイルSuicaに登録するときの注意点!デメリットも解説!

Kyashをモバイルsuicaに登録することができます。Kyashをモバイルsuicaに登録する際の注意点やKyashを使うメリットとデメリットや還元率など紹介していきます。クレジットカードの比較や1円だけ引き落としされる理由まで説明していきます。

【Kyash】モバイルSuicaに登録するときの注意点!デメリットも解説!のイメージ

目次

  1. 1Kyashとは?
  2. 2Kyashのメリット/デメリット
  3. 3【Kyash】モバイルSuicaに登録する方法
  4. 4【Kyash】モバイルSuicaにチャージする方法
  5. 5【Kyash】モバイルSuicaに登録するときの注意点
  6. 6【Kyash】モバイルSuicaで使える代替候補の比較
  7. 7合わせて読みたい!Suicaに関する記事一覧

Kyashとは?

Kyashとは、耳にしたことがないでしょうか。スマートフォンひとつで誰でも簡単に、モバイルでキャッシュレス決済をしたい場合に利用できるのが「Kyash」です。Kyashとは、どういったものなのかを徹底的に紹介をしていきたいと思います。

Kyashは、簡単に説明をしますとiPhoneで「Kyash Visaカード」が発行できるモバイル決済アプリです。キャッシュレス決済やKyashをiPhoneで使ったことが無い。という人もいることでしょう。Kyashの使い方は簡単で、誰でも使用することができるのです。

複雑な本人確認手続きが不要ですので、本人確認書類で困っている人でもKyashを利用することができます。それでは、KyashをモバイルSuicaの登録方法やメリット・デメリットや還元率、1円の引き落とし理由など、徹底的に紹介していきます。

‎「Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ」をApp Storeで
Kyash - ウォレットアプリ - Apps on Google Play

スマホで発行できるウォレットアプリ

Kyashについて、もう少し説明していきます。Kyashは、誰でも簡単にVisaカードが発行できます。詳しく説明をすると、VISA加盟店で使用可能なプリペイドカードのことを言います。 Visaカードをこれから使おうとしている人におすすめをします。

Kyashの基本的な使い方の流れは、事前にクレジットカード、ATMからチャージしておくことで、VISA加盟店で利用をすることができます。Kyashは、ポイント還元率が高いので、お得で便利に利用したいと思っている人はsuicaに登録をしてください。

suicaにKyashさえ登録していれば、お店で気軽に支払いが可能となりますので、これを機会にKyashはsuicaに登録してみてください。それでは、次のステップでは、Kyashのメリットとデメリットについて詳しく説明をしていきます。

モバイルSuicaにチャージしたい – Kyash FAQ
Thumb【簡単】Androidスマホで画面録画する方法とおすすめアプリ!root化不要/内部音声も動画キャプチャ
Android(アンドロイド)のスマホ画面を録画(動画キャプチャ)方法を知っていますか?ro...

Kyashのメリット/デメリット

それでは、Kyashをsuicaで利用する場合のメリットとデメリットを紹介して行きたいと思います。Kyashをsuicaを実際に使ってみて、良かったところと悪いところをピックアップしていきますので、参考にしてみてください。

それでは、Kyashをsuicaで利用する際に受けるメリット・デメリットについて一つ一つ説明をしていきます。

主なメリット

Kyashをsuicaで利用するメリットは、Kyashの「リアルカード」を常にアプリ内で所有していますので、外に現金を持ち歩く必要が無くなるというメリットがあります。荷物になりますし、万が一財布を無くすということを防止することもできます。

また、これからKyashをsuicaで利用するメリットについてはKyashをsuicaの仕組みについてのメリットですので、Kyashをsuicaに登録してこれかた使っていく上では知っておくべきものばかりですので、よく理解していくようにしてください。

それでは、Kyashをsuicaで利用するメリットである。還元率や自動チャージ、クレジットカードを登録メリットについて詳しく説明をさせていただきます。

還元率2.0%

つづきまして、Kyashをsuicaで利用するメリットは、利用金額の2.0%がキャッシュバックされるというメリットです。還元率2.0%ですので、他のクレジットカードの還元率と比較をしてもかなりの還元率だと思われます。還元率は最強だと自信をもって言えます。

リアルカードとバーチャルカードをしっかり使い分けておけば、お得に金額の2%が自分の手元に戻ってくるという還元率が高いというメリットがありますので、お得に利用したい人はKyashをsuicaに登録して使ってみてください。

登録カードからの自動チャージが可能

モバイルsuicaにKyashを登録して、ビューカードを利用している場合は、自動チャージが可能となります。注意点としては、モバイルsuicaでオートチャージが使えるのは、ビューカードを利用している場合のみですので、この注意点には気を付けてください。

suicaにKyashを登録して、ビューカードを利用している際は、suica残高が一定以下になりますと、自動的にクレジットカードからチャージされますので、いちいち手動でチャージする必要がないとうことがメリットです。

還元率の高いクレジットカードを登録するとお得

モバイルsuicaにKyashを登録して、さらにKyashのチャージ用にクレジットカードを登録するとポイント三重取りによって実質還元率を引き上げすることが可能です。これがsuicaにKyashを登録して利用して欲しい、おすすめする理由でもあります。

Kyashのチャージ用に還元率の高いクレジットカードを登録すると、さらにお得になることが可能です。

主なデメリット

つづきましては、モバイルsuicaにKyashを登録して使う際のデメリットについて説明をしていきたいと思います。デメリットもsuicaにKyashで使う際の仕組みのデメリットの一部でもありますので、しっかりとデメリットを理解しておいてください。

利用限度額の低さ

suicaにKyashで利用するデメリットについて詳しく説明をします。デメリットのとして「利用限度額が低い」というデメリットがあります。1回あたりの利用限度額はリアルカードが3万円、バーチャルカードが5万円と低いというデメリットがあります。

利用限度額が低いので、高額な商品を購入することはできません。注意点は24時間あたりの利用限度額もバーチャルカードが3万円以下、リアルカードが5万円以下となっていますので、気を付けて利用して行かなければすぐに利用限度額を超えてしまいます。

キャッシュバック対象外の取引がある

最後に、suicaにKyashで利用する注意点・デメリットを紹介します。その注意点とは、Kyashからモバイルsuicaにチャージする時、1回のチャージが6,000円以上でないと2.0%のKyashキャッシュバックが受けられません。

このように、suicaにKyashで利用する場合はキャッシュバック対象外の取引があるという注意点を頭に入れておいてください。

Thumb【AppCleaner】アプリと関連ファイルを完全削除!Mac用アンインストールツールAppCleanerが便利
Macでアプリを削除する時、みなさんはどのような方法で消していますか?AppCleanerな...

【Kyash】モバイルSuicaに登録する方法

モバイルsuicaに登録する方法について紹介していきます。Kyashにクレジットカードを登録する方法とモバイルsuicaにKyashバーチャルカードを登録する方法の二つを行っていきます。

Kyashにクレジットカードを登録する手順

さっそくKyashにクレジットカードを登録する方法を行います。Kyashアプリを起動させておいてください。

カード(Visa/Mastercard)から登録できます

そしたら「カード(Visa/Mastercard)」をタッチします。そして「クレジットカード/デビットカード」をタッチしてください。するとカード情報画面が開くので、ご自分のクレジットカードを登録してください。

モバイルSuicaにKyashバーチャルカードを登録する手順

つづきましては、モバイルsuicaにKyashバーチャルカードを登録する方法を行います。まずは、suicaアプリを起動しておいてください。suicaアプリを起動し「チケット購入 Suica管理」をタッチしてください。

登録クレジットカード情報変更から行います

つづいて「登録クレジットカード情報変更」をタッチします。クレジットカード入力画面になりますので、Kyashバーチャルカードの情報を入力してください。これで登録完了します。

ThumbXperiaのLINEアプリで「LINEが停止しました」「繰り返し停止しています」と表示される原因・対処法【Androidスマホ】
XperiaのLINEアプリで「LINEが停止しました」「LINEが繰り返し停止しています」...

【Kyash】モバイルSuicaにチャージする方法

では、モバイルsuicaにチャージをする方法について説明をさせていただきます。

チャージの手順

モバイルsuicaにチャージをする方法は、簡単です。まずは、suicaアプリを起動させておきます。

チケット購入 Suica管理から行います

最初に「チケット購入 suica管理」をタッチします。次の画面ではオートチャージ設定で、チャージする設定を入力しください。直接suicaにチャージをしたいのならば、入金(チャージ)をタッチして、suicaにチャージをしてください。

1円だけ引き落としされる理由は?

suicaに初回登録時に、1円だけ引き落としされる理由について紹介します。登録の時にカードの有効性確認で、1円だけ引き落としされるのです。なぜ?1円だけ引き落としされるのか理由を言いますと「カードが使用できる状態か」を確認する理由があるのです。

カードが利用停止になっているなど、有効ではない場合は引き落とすことができないので、1円だけ引き落としされるようになっています。ですから、1円だけ引き落としされることに対して不信感を抱く心配はしなくていいのです。

逆に1円だけ引き落としされなければ、あなたのカードに問題があるということです。1円だけ引き落としされたことが確認できれば、正常に利用できる証でありますので利用開始の合図です。1円だけ引き落としされたものは後日返金されます。

ThumbAndroidのファイルマネージャーのおすすめアプリは?ファイル管理を便利に【2018年最新版】
ファイルマネージャーがなかったり、試用版ファイルマネージャーしかなかったりするAndroid...

【Kyash】モバイルSuicaに登録するときの注意点

ここからは、モバイルsuicaに登録する際の注意点を紹介していきます。このモバイルsuicaの注意点を理解しておかなければ損をしてしまう可能性がありますので、注意点を確認してください。

注意点

モバイルsuicaを使う上での注意点について説明させていただきます。注意点とは、

ポイント還元が改悪されモバイルSuicaが対象外に

モバイルsuicaは、チャージが2%キャッシュバックとうたっていましたが、2019年2月3日よりキャッシュバック対象外になりました。対象外になった理由は、分かりませんが6,000円以上のチャージすると2%キャッシュバックを受けることができます。

ThumbGoogleフォトのiPhoneでの使い方!アプリの初期設定・写真のアップロードなど初心者向けに解説
Googleフォトは写真や動画の保存・共有に適したアプリです。しかしiPhoneにおけるGo...

【Kyash】モバイルSuicaで使える代替候補の比較

最後にモバイルsuicaで使える代替候補の比較をしていきます。比較していって、どれがおすすめするカードなのか理由もつけて紹介していきます。比較する際は、年会費や還元率なども重要ですので、しっかりと比較してください。

それでは、モバイルsuicaで使える代替候補の比較おすすめする理由について説明します。

代替候補のカード

代替候補のカード一覧


カード名

年会費(税込)

一般加盟店

Suicaチャージ

ビックカメラSuicaカード

515円(年1度の利用で無料)

1.0%

1.5%

「ビュー・スイカ」カード

515円

0.5%

1.5%

JRE CARD

515円

0.5%

1.5%

ルミネカード

1,030円

0.5%

1.5%

ビューゴールドプラスカード

10,800円

0.5%

1.5%

大人の休日倶楽部ミドルカード

2,575円

0.5%

1.5%
大人の休日倶楽部
ジパングカード
4,285円
(夫婦会員7,320円)

0.5%

1.5%

JALカードSuica

2,160円

0.5-2%

0.5-1%
JALカードSuica 
CLUB-Aカード

10,800円

0.5-2%

0.5-1%
JALカードSuica 
CLUB-A ゴールドカード

20,520円

0.5-2%

0.5-1%

ビューカード

ビューカードは、ビックカメラSuicaカードは年1回の利用で無料となります。おすすめする理由は、年1回の利用にはモバイルSuicaチャージも含まれるので、完全無料で利用することができます。

エポスゴールドカード

エポスカードは丸井での年数回の10%OFFや自動付帯の海外旅行傷害保険、幅広い店舗で受けられる優待特典が魅力のカードとなっています。おすすめする理由はm、モバイルSuicaへのチャージが1.5%還元になるということです。

JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールドをおすすめする理由は、モバイルSuicaチャージでJRキューポを獲得できるということです。年100万円ピッタリ利用した際には、ボーナスポイントと合わせて1.5%還元することが可能です。

リクルートカード

リクルートカードは年会費無料で、ポイント還元率1.2%となっています。電子マネーチャージでのポイント付与が月3万円となっているカードです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、カードを利用すると100円につき1ポイントのTポイントが貯まり、Tカードとしても利用可能という仕組みがあるカードです。Tポイントが貯めやすいクレジットカードとして人気です。

どれが一番おすすめ?

さまざまなカードを比較してきましたが、結局どれがおすすめなのかと言いますと「ビューカード」がおすすめです。さまざまなカードと比較をしても、年会費は、モバイルSuica特急券やエクスプレス予約も利用可能という使いやすさがあります。

JR東日本でのSuicaチャージ/オートチャージ/窓口での切符購入・定期券の購入では、還元率が1.5%と歴代級です。このように、Suicaとの相性や使いやすさを考慮するとビューカードをおすすめするという結果になりました。

まとめ

以上が、【Kyash】モバイルSuicaに登録するときの注意点!デメリットも解説!の記事でした。

Kyashをモバイルsuicaに登録する際のメリットや注意点、カードの比較は、しっかり頭に入れておいてください。それでは、この記事を参考にして、モバイルSuicaを使ってみてください。

合わせて読みたい!Suicaに関する記事一覧

ThumbLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージしてお得にポイントを還元する方法
ポイント還元率が高いLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージすると、...
Thumb【ApplePay】Suicaの使い方!メリット・デメリットは?
みなさんはApple PayのSuicaの使い方はご存知でしょうか。Apple PayのSu...
ThumbiPhoneでSuicaの使い方!設定方法や注意点も解説!
みなさんはiPhoneのSuicaの使い方をご存知でしょうか。iPhoneのSuicaの使い...
ThumbGoogle PayのSuicaの使い方!登録・チャージ方法も解説!
Google PayでSuicaに登録すると、スマホでSuicaが簡単に使用できて便利になり...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ