「LINE WORKS」のアカウントについて解説!

LINE WORKSのメンバーアカウントや管理者アカウントの仕組みを解説します。LINE WORKSはプライベートのLINEを使わないでサービスや機能を使えます。LINEと提携する方法や、セキュリティなどについてもご紹介していきます。

「LINE WORKS」のアカウントについて解説!のイメージ

目次

  1. 1LINE WORKSとは
  2. 2LINE WORKSアカウントの仕組み~メンバーアカウント~
  3. 3LINE WORKSアカウントの仕組み~管理者アカウント~
  4. 4LINE WORKSアカウントの仕組み~LINEとの連携~

LINE WORKSとは

「LINE WORKS」は、数あるビジネスチャットサービスの中でも、プライベートで多くの日本人が使い慣れている「LINE」と提携可能なアカウントが使えることで注目されています。

ビジネスチャットサービスには多くの種類がありますが、LINE WORKSは2017年にリリース後わずか1年で1万社以上の導入を可能にしました。今後も導入企業が増えることが予想されるLINE WORKSですが、どのような特徴があるのでしょうか。

LINEと提携したビジネスチャットサービス

LINE WORKSは、LINEと提携したビジネスチャットサービスという点で広く受け入れられています。お持ちのLINEアカウントとの提携も簡単です。まず始めに、LINE WORKSにはどのようなプランがあるのかご紹介していきます。

LINE WORKSは、さまざまなプランが用意されているため、自分に合ったプランを選択することでチャット機能やメール、カレンダー、グループウェア機能などを有効に使えます。プランによっては、PCだけでなくスマホでも全ての機能が使えます。

選べるプランは4つ

LINE WORKSでアカウントを作る際に、選べるプランは4つあります。「フリープラン」「ライトプラン「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」に分かれています。

こちらのプランの選択によって使える機能は異なります。リリース当初は有料プランのみでしたが、2018年11月に無料で使える「フリープラン」が導入されました。ビジネス版LINEとも呼ばれるLINE WORKSで、ご自身に合ったプランを見つけてみましょう。

月額無料のフリープラン

2018年11月に導入されたLINE WORKSフリープランは、LINE WORKSを試してみたい方に向いています。少人数のチームメンバーとやり取りにしたい方に使われています。

基本容量は5GBです。トーク(無料通話・ビデオ通話・ノート・予定・フォルダ機能)、アドレス帳、ホーム(基本機能)が利用可能です。管理者アカウントの機能も簡易的に利用できます。ただし、SLA(サービス品質保証)は対象外となります。

月額360円のライトプラン

LINE WORKSのライトプランは、月額360円です。お試しではなく、LINE WORKSをビジネスで利用していきたいという方に向いています。基本容量は100GBで、1ユーザーあたり1GB追加されます。

トーク(無料通話・ビデオ通話・画面共有・ノート・予定・フォルダ機能)、アドレス帳、ホームが利用可能です。管理者アカウントは、セキュリティ機能、監査ログ、モニタリング機能の利用が可能です。

月額600円のベーシックプラン

LINE WORKSのベーシックプランは、月額600円です。基本容量は1TBで1ユーザーあたり1GB追加されます。グループウェア機能をまとめて使いたいという方に向いています。

トーク(無料通話・ビデオ通話・画面共有・ノート・予定・フォルダ機能)、アドレス帳、ホーム、メール(30GB)、Drive(30GB)、グループフォルダ(1TB)が利用で可能です。管理者アカウントは、セキュリティ機能、監査ログ、モニタリング機能が利用できます。

月額1200円のプレミアムプラン

LINE WORKSのプレミアムプランは、月額1200円です。メールやストレージで十分なデータ容量を確保したという方に向いています。基本容量は10TBで、1ユーザーあたり1GB追加されます。

トーク(無料通話・ビデオ通話・画面共有・ノート・予定・フォルダ機能)、アドレス帳、ホーム、メール(容量無制限)、Drive(1TB)、グループフォルダ(10TB)が利用可能です。

管理者アカウントは、セキュリティ機能、監査ログ、モニタリング機能、アーカイブ機能が利用できます。

Thumb「LINE WORKS」の料金プランと支払い方法を解説!
LINE WORKSの料金プランと支払い方法をご存知ですか。月額プランや年額プランにも特徴が...

LINE WORKSアカウントの仕組み~メンバーアカウント~

LINE WORKSには、管理者アカウントとメンバーアカウントの2つが用意されています。具体的にどのようなものなのかを見ていきましょう。

ここからは、LINE WORKSアカウントの仕組みをご紹介していきます。LINE WORKSで使えるメンバーアカウントの仕組みや、使える機能について解説します。

使える機能

LINE WORKSのメンバーアカウントでは、どのような機能が使えるのでしょうか。LINEと同じようなトーク機能が使える一方で、LINEにはない機能も用意されています。

トークや掲示板などのホーム機能、アドレス帳やカレンダーなどグループウェア機能、利用開始方法をご紹介していきます。

トークや掲示板などのホーム機能

チャット画面をタップ

LINE WORKSのメンバーアカウントでは、チャット画面が用意されています。LINEと同じようにトークを行うことができます。

ホーム画面をタップ

LINE WORKSのメンバーアカウントでは、ホーム画面が用意されています。こちらでは、基本機能としてさまざまな機能を確認できます。疑問点なども簡単に解決します。

アドレス帳やカレンダーなどグループウェア機能

カレンダー画面をタップ

LINE WORKSのメンバーアカウントには、アドレス帳やカレンダーなどグループウェア機能も搭載されています。こちらのカレンダータブをタップすることで、カレンダー機能を利用できます。

アンケート画面をタップ

LINE WORKSのメンバーアカウントに、管理者からアンケートを送ることもできます。アンケートを実施することで業務も円滑に進むでしょう。LINEとは異なるビジネスLINEとしての機能も十分に備わっています。

管理者アカウントが追加する形で利用開始

招待番号を入力をタップ

メンバーアカウントを利用するためには、管理者アカウントがメンバーアカウントを承認する必要があります。管理者アカウントが追加する形で利用開始となります。LINE WORKSアプリの「招待番号を入力」という項目をタップします。

招待番号を入力

メンバーアカウントを承認してもらうには「招待番号」が必要です。招待番号を入力します。

Thumb【LINE WORKS】PCのブラウザ版で使う方法を解説!
LINE WORKSは仕事で活用できる充実した機能を備えたビジネス版LINEです。LINE ...

LINE WORKSアカウントの仕組み~管理者アカウント~

ここからは、LINE WORKSアの管理者アカウントについて解説します。管理者アカウントで使える機能とメンバーアカウントが使える機能との違いはどのような点なのでしょうか。LINE WORKSでは、グループを設立した人が管理者という扱いになります。

使える機能

管理者アカウントで使える機能は、さまざまです。メンバーアカウントが使える全機能からセキュリティ管理まで及びます。管理者専用の機能を理解して活用してみましょう。

メンバーアカウントが使える全機能

管理者アカウントは、メンバーアカウントが使える全機能が使えます。そのため、メンバーアカウントとして参加している方が操作に悩んでいる際、疑問点に答えることがきます。同じ操作ができるというのはメリットです。

メンバーアカウントの利用状態の管理

管理者アカウントは、メンバーアカウントの利用状態の管理もできます。管理者アカウントでは、メンバーアカウントの利用日時や操作内容、IPアドレス、メールアドレスなどの条件で状況の検索が可能です。

アカウントやトークの利用状況を確認することができます。これらは、報漏洩の防止につながります。

LINE WORKSの各機能の設定

管理者アカウントは、LINE WORKSの各機能の設定が可能です。管理者は、メンバーアカウントのユーザーに対して設定を行えます。個人によって、LINE WORKSの機能やサービスを制限できます。

セキュリティ管理

管理者アカウントでは、セキュリティ管理も可能です。LINE WORKSは、会社が設立された2015年にSOC2・SOC3を取得しています。情報セキュリティ認証がしっかりとしています。

Thumb「Slack」と「LINE WORKS(ラインワークス)」の機能を比較!
SlackやLINE WORKS(ラインワークス)といった無料のビジネスチャットは知っていま...

LINE WORKSアカウントの仕組み~LINEとの連携~

ここからはLINE WORKSアカウントの仕組みとして、LINEとの連携についてご紹介していきます。

LINEユーザーは非常に多いため、ご自身のLINEアカウントと提携することで初期設定が簡易的になります。連携することで、どのようなことができるのでしょうか。

LINEとの連携でできること

LINEとの連携でLINEユーザーだけはなく、外部ユーザーともトークが可能になります。連携方法もご紹介します。

LINEユーザーや外部LINE WORKSユーザーとのトーク

連携することで、LINEユーザーや外部LINE WORKSユーザーとのトークが可能となります。これは大きなメリットです。

プライベートなLINEアカウントを使わないでのやりとり

また、プライベートなLINEアカウントを使わないでのやりとりも可能です。LINEはプライベートでしか使わないという人も多いでしょう。

職場の人とLINEグループを作る機会も多いですが、LINE WORKSを使うことでプライベートなLINEアカウントを使わないことが可能です。プライベートのLINEを使わないメリットは思っているよりも大きいです。

LINEとの連携方法

管理者として新規開設をタップ

LINEとの連携方法です。「管理者として新規開設」をタップします。

管理者アカウントのサービス設定を選択

管理者アカウントのサービス設定を選択しましょう。次へ進みます。

LINEでログインをタップ

ログイン方法を選択します。「LINEでログイン」という項目があります。こちらをタップします。

許可するをタップ

許可を求められます。「許可する」という項目があります。こちらをタップします。

連携はメンバーアカウントごとに行う

新規メンバー招待をタップ

連携はメンバーアカウントごとに行います。「新規メンバー招待」という項目があります。こちらをタップします。

LINE WORKSに新規メンバーを招待

招待方法は、さまざまなものが選べます。LINE・メール・QRコード・他のアプリから任意の項目を選択しましょう。

LINE WORKSのIDが発行される

管理者アカウントで登録を行うと、LINE WORKSのIDが発行されます。こちらを元に招待します。

LINE WORKSのIDをLINEのユーザに友達登録してもらう

自分のトークIDから友達登録

LINE WORKSのIDをLINEのユーザに友達登録してもらいましょう。「マイプロフィール」に「自分のトークID」があります。こちらを教えましょう。

招待用リンクやQRコードでも友達登録できる

招待用リンクから友達登録

LINE WORKSでは、招待用リンクも使えます。こちらを教えましょう。

自分のQRコードから友達登録

LINE WORKSには、自分のQRコードを使えます。こちらを教えましょう。プライベートでLINEを使わないユーザーにもメリットが多いLINE WORKSを活用してみてはいかがでしょうか。

ThumbLINE@(ラインアット)とは?LINE@でできることやLINEとの違いを解説!
皆さんは、もちろんLINEとは何か知っていて、使っていますよね?しかしながらLINE@(ライ...

合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

Thumb【WeChat】LINEとの共通点と違いをくわしく解説!
WeChatとは「中国版LINE」とも言われており、コミュニケーションツールとして使われてお...
ThumbLINE Pay サポートへの問い合わせ方法を解説!
LINE Payを使っている人は多いと思います。LINE Payを使っていて、困った事がある...
Thumb【LINE Pay】ロゴをリニューアル!7月末から順次移行!
LINE Payがサービスのロゴをリニューアルすることを発表しました。今回リニューアルが決ま...
ThumbLINE PayとLINEが情報連携「LINE Checkout」開始!
「LINE Pay」と「LINE」が情報連携し、ショッピングに必要な情報を加盟店向けに提供す...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
絵理
http://eri.blue/

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ