Google Payに「Visaデビット」が対応!スマホでタッチ決済が可能に!

Google Payでは、「Visaデビット」が対応可能となりデビットカードを登録したAndroidのスマホにて利用することができるようになります。スマホでタッチ決済が可能になったGoogle Payの「Visaデビット」対応についてご紹介します。

Google Payに「Visaデビット」が対応!スマホでタッチ決済が可能に!のイメージ

目次

  1. 1. Google Payで「Visaデビット」が対応し、デビットカードを登録したAndroidのスマホにて利用可能に
  2. 2. Google Payで「Visaのタッチ決済」の利用条件について
  3. 3. Google Payで対応可能な条件となる「Visaデビットカード」について
  4. 4. Androidのスマホにて利用可能になった「Visaのタッチ決済」の特徴について
  5. 4-1. 「Visaタッチ決済」のセキュリティについて
  6. 5. Google Payに対応カードを新規に登録する方法について
  7. 5-1. 合わせて読みたい!Google Payに関する記事一覧

Google Payで「Visaデビット」が対応し、デビットカードを登録したAndroidのスマホにて利用可能に

Google Pay

11月14日、米Visaの日本法人であるビザ・ワールドワイド・ジャパンでは、Google Payに登録した対象のVisaデビットカードをGoogle Payに登録することで、NFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」が利用可能になったことを発表しました。

Google Payでは、登録対象のVisaデビットカードで、NFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」が対応可能になったことで、デビットカードを登録したAndroidのスマートフォンにて利用することができるようになります。

「Visaのタッチ決済」機能については、レジの決済端末にデビットカードを登録したAndroidスマートフォンをかざすだけで決済することができるようになります。

Google Pay(日本)– ポイントも支払いもこれ 1 つで
Google Pay - これからのお財布 - Google Play のアプリ

Google Payで「Visaのタッチ決済」の利用条件について

タッチ決済が利用可能に

Google PayにてVisaデビットカードで「Visaのタッチ決済」の利用できる条件について確認しておきましょう。

Google PayにてVisaデビットカードで「Visaのタッチ決済」を利用する条件が設定されており、設定された3つの条件がすべてクリアされた場合にGoogle Payで「Visaのタッチ決済」を利用することができます。

また、「Visaのタッチ決済」では、スマホにおサイフケータイのモバイルFeliCaに対応していなくても、NFC通信機能が搭載されていることで対応することができます。

なお、Google PayにてVisaデビットカードで「Visaのタッチ決済」の利用できる条件については以下の3項目となっています。
 

タッチ決済に対応するVisaデビットカード
NFC対応のAndroid 5.0以降バージョンのAndroid端末
最新バージョンの「Google Pay」アプリ

関連記事
【GooglePay】「QUICPay」の登録方法をくわしく解説!

Google Payで対応可能な条件となる「Visaデビットカード」について

利用可能なデビットカード

Google Payで対応可能な条件の一つとなっている「Visaデビットカード」についてご紹介しておきます。

国内初となる「Visaのタッチ決済」に利用可能となっている対象のVisaデビットカードは、ジャパンネット銀行・ソニー銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行の6つの銀行が発行しているカードとなっています。

実際に店舗でお買い物をして「Visaのタッチ決済」を利用する際には、Google Payにデビットカードを登録することで、「Visaのタッチ決済」対応のお店ではサインや暗証番号の入力は必要なく、スマホを決済端末にかざすだけで支払いが完了となります。

関連記事
JCB設定「Apple Pay」「Google Pay」利用で20%還元キャンペーン開始!

Androidのスマホにて利用可能になった「Visaのタッチ決済」の特徴について

VISA

Androidのスマホにて利用可能になった「Visaのタッチ決済」の特徴についてご紹介していきましょう。

「Visaのタッチ決済」機能の特徴ですが、「Visaのタッチ決済」は、NFCを搭載しているAndroidのスマホであれば「おサイフケータイ」機能が搭載されていなくても利用できる機能となっています。

「Visaのタッチ決済」機能は、NFCを搭載するAndroidスマホを利用しているユーザーであれば、国内、海外問わず、世界約200カ所で利用することができます。

「Visaタッチ決済」のセキュリティについて

サインや暗証番号の入力は必要なく、スマホを決済端末にかざすだけで支払いが完了となる「Visaタッチ決済」のセキュリティについて心配されるユーザーもいらっしゃるかもしれません。

「Visaタッチ決済」のセキュリティですが、今回のサービス提供に際し、Visaのセキュリティ・プラットフォーム「Visaトークンサービス」を活用しています。

Visaのセキュリティ・プラットフォーム「Visaトークンサービス」では、カード番号などの個人情報をデジタル識別子である「トークン」に変換を行い、ユーザーが「Visaタッチ決済」にて支払いを行うときは実際のカード番号を利用せず決済する方法です。

Visaでは、「Visaトークンサービス」を利用することにより、第三者か不正アクセスなどによるカード情報の誤った流出を防ぐことができると説明しています。

関連記事
「Google Pay」についてくわしく解説!【完全ガイド】

Google Payに対応カードを新規に登録する方法について

VISAのタッチ決済

Google Payに対応カードを新規に登録する方法についてご紹介しておきましょう。Google Payに対応カードを未登録の場合、新規に銀行のカードを登録する場合には、以下の手順で登録を行い、登録の途中段階で「タッチ決済」の登録を行います。
 

  1. 最初にGoogle Payアプリのトップ画面から「支払い」タブをタップする
  2. 「+ お支払い方法」をタップする
  3. 「クレジット/デビット/プリペイド」をタップする
  4. カードをカメラでスキャンするかカード情報を手動で入力を行い、「保存」をタップする
  5. 各銀行ごとの利用規約を確認し、「同意」をタップする
  6. 画面ロックの設定が未設定の場合は、画面ロックの設定をする
  7. SMS認証または電話認証など登録銀行の指定する方法で本人確認を実施する
  8. 登録完了画面が出るのを待つ

関連記事
【Google Pay】「iD」を使う方法!セットアップ手順を解説!
関連記事
「Google Pay」の特徴/メリットをくわしく解説!

合わせて読みたい!Google Payに関する記事一覧

関連記事
「Google Pay」と「おサイフケータイ」の違いを解説!
関連記事
Google Payに「楽天カード」が対応!QUICPay店舗で決済可能に!
関連記事
Google Payは凄かった!ポイントカードをまとめて管理できる!
関連記事
Google PayのSuicaの使い方!登録・チャージ方法も解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ