Google Payに「楽天カード」が対応!QUICPay店舗で決済可能に!

楽天カードは、国内の店舗でGoogle Payでの決済に対応したことを発表しました。Androidのおサイフケータイ対応スマホに楽天カードを登録すると、Google Payを利用して全国のQUICPay加盟店で決済することが可能となります。

Google Payに「楽天カード」が対応!QUICPay店舗で決済可能に!のイメージ

目次

  1. 1. 楽天カードがGoogle Payに対応
  2. 2. Google Payで「楽天カード」のQUICPayを利用する方法
  3. 2-1. 合わせて読みたい!支払いに関する記事一覧

楽天カードがGoogle Payに対応

楽天カードがGoogle Payに対応

楽天カードは7月23日、同社の発行するクレジットカードが「Google Pay」に対応したことを発表しました。おサイフケータイに対応するAndroidスマホに楽天カードを登録すると、全国の「QUICPay」が使える店舗で利用可能となります。

「Google Pay」とは、Androidスマホで店舗での買い物やインターネットショッピングに利用できるGoogleの支払いサービスです。「Google Pay」対応の店舗は、2019年3月末時点の対応端末台数ベースで約90万台あります。

おサイフケータイに対応するAndroidスマホに楽天カードを登録すると、全国のQUICPay加盟店で楽天カードを取り出すことなくスマホをかざして支払うことが可能です。

Google Payで楽天カードのQUICPayを利用するには、おサイフケータイ対応のAndroidスマホでAndroid5.0以降の端末、かつバージョン6.1.5以降の「おサイフケータイ」アプリ、そして最新バージョンの「Google Pay」アプリが必要です。

そして対象のカードはMastercard、Visa、JCBが付帯されている楽天カードで、利用金額の1%を楽天スーパーポイントで還元するとしています。Google Payに登録した楽天カードで支払う場合も通常のカード払いと同様に還元されます。

ただ、楽天VIP Loan Card、楽天バーチャルプリペイドカード、楽天ETCカード、Homesカードでは Google Payを利用できませんので注意しましょう。

関連記事
Google PayのQUICPay使い方!設定方法も解説!

Google Payで「楽天カード」のQUICPayを利用する方法

Google Payで「楽天カード」のQUICPayを利用する場合は、まず楽天カードをGoogle Payに登録しましょう。Google Pay アプリを起動し、画面下の「支払い」をタップし「+お支払い方法」ボタンをタップします。

「クレジット/デビット/プリペイド」をタップし、楽天カード情報をデバイス上に入力しましょう。そのまま画面の指示に従って、本人認証を行えば設定完了となります。

カード発行会社の規約確認

そして再び「支払い」画面から登録済みの楽天カードを選択し「非接触決済用に選択する」をタップします。セキュリティコードなど必要事項を入力し「次へ」をタップしましょう。

ダイアログボックスが出たら「続行」をタップし、カード発行会社の規約を確認して「同意して続行」をタップして登録完了画面が出るのを待ち設定完了となります。

決済時の使い方は、レジ担当者にQUICPayで支払うことを伝えてスマホをリーダーにかざすだけです。「QUICPay(クイックペイ)」の音が鳴ったら決済完了となります。

楽天カードにおけるQUICPayの1回当たりの決済限度額は以下の通りで、総利用限度額は紐付けしているカードと共有されることになります。QUICPayでの利用分は通常の楽天カードと同様に「楽天スーパーポイント」の付与対象となります。
 

  • 「QUICPay+」加盟店:2万9999円(税込)
  • 「QUICPay加盟店」:2万円(税込)

関連記事
【Google Pay】電子マネー「iD」に対応!
関連記事
Google Payは凄かった!ポイントカードをまとめて管理できる!

合わせて読みたい!支払いに関する記事一覧

関連記事
【メルペイ】iD/コードでの支払い方法をくわしく解説!
関連記事
【LINE Pay】オンライン決済方法!支払いできるお店も紹介!
関連記事
「モバイルモスカード」の使い方!発行から支払いまで解説!
関連記事
【Steam】ゲームをコンビニ支払いで購入する方法!

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
usagifwfw

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ