【自動作曲ソフト】「Band-in-a-Box」の作曲チュートリアルを解説!

この記事では、自動作曲ソフトである「Band in a Box」の作曲チュートリアルの方法を解説します。「Band in a Box」をインストールしたばかりで使い方や作曲方法が分からないという人は、この記事を参考にしてみてください。

【自動作曲ソフト】「Band-in-a-Box」の作曲チュートリアルを解説!のイメージ

目次

  1. 1. Band in a Boxとは
  2. 1-1. 自動作曲/伴奏作成の定番ソフト
  3. 2. Band in a Boxの特徴
  4. 2-1. 好みのスタイルからコード進行を自動作成可能
  5. 2-2. コード進行から伴奏を自動作成可能
  6. 2-3. 作成した楽曲は編集可能
  7. 2-4. メロディーからコードを自動作成可能
  8. 3. Band in a Boxチュートリアル~インストール/セットアップ~
  9. 3-1. インストールされるもの
  10. 3-2. 自動セットアップで操作は必要なし
  11. 4. Band in a Boxチュートリアル~基本の流れ~
  12. 4-1. Band in a Boxの使い方とは
  13. 5. Band in a Boxチュートリアル~曲構成の決定方法~
  14. 5-1. 曲構成とは
  15. 5-2. 小節とパートを選択する
  16. 6. Band in a Boxチュートリアル~スタイルの選択方法~
  17. 6-1. スタイルとは
  18. 6-2. アレンジを選択する
  19. 7. Band in a Boxチュートリアル~メロディ/コードの生成方法~
  20. 7-1. 自動生成の流れ
  21. 7-2. アレンジをやり直す方法
  22. 8. Band in a Boxチュートリアル~コードからアレンジの生成方法~
  23. 8-1. コード進行を入力する
  24. 8-2. アレンジを選択する
  25. 8-3. まとめ
  26. 8-4. 合わせて読みたい!音楽に関する記事一覧

Band in a Boxとは

Band in a Boxとは

この記事では、自動作曲ソフトである「Band in a Box」の作曲チュートリアルの方法を解説します。「Band in a Box」をインストールしたばかりで使い方や作曲方法が分からないという人は、この記事を参考にしてみてください。

この記事は、「Band in a Box」とは何かについて知りたい、「Band in a Box」のインストールやセットアップ方法を知りたい、「Band-in-a-Box」を使って作曲や曲のアレンジをするチュートリアルを知りたいという人に参考になる内容となっています。

「Band in a Box」は、音楽ソフトとして有名なソフトです。「Band in a Box」のインストールやセットアップを行えば、初心者でも簡単に作曲やアレンジをすることができます。この記事を参考にして、ぜひ、作曲をしてみてください。

「Band in a Box」の作曲チュートリアルの方法を解説する前に、まずは、「Band in a Box」とは何かについて解説します。「Band in a Box」をインストールしたばかりの初心者の人は、ぜひ、最初から読んでみてください。

Band in a Box公式サイト

自動作曲/伴奏作成の定番ソフト

自動作曲/伴奏作成の定番ソフト

まず、「Band in a Box」の作曲チュートリアルやセットアップ方法を解説する前に、「Band in a Box」とは何かについて解説します。「Band in a Box」とは、自動作曲、伴奏作成の音楽ソフトのことで、自分だけのアレンジを作ることもできます。

「Band in a Box」は、自動作曲や伴奏作成のための定番ソフトで、「Band in a Box」を使えば自分だけの音楽を作ることも難しくありません。アレンジャーと呼ばれる音楽テンプレートが用意されているため、簡単に作曲をすることができます。

作曲や曲のアレンジをしたいという人は、自動作曲・伴奏作成の定番ソフトである「Band in a Box」をインストールしてみてください。初心者でも、簡単に自分だけの音楽を作ることができるはずです。

次に、「Band in a Box」の特徴について解説していきます。

関連記事
Androidで使えるGarageBandのような作曲アプリは?
関連記事
作曲アプリのおすすめ10選!iPhone/Androidで作曲しよう
関連記事
【Google Play Music】音楽をアップロードできないときの対処法!

Band in a Boxの特徴

ここで、「Band in a Box」の特徴を解説します。「Band in a Box」をインストールして自動作曲やアレンジをしたいと考えている人は、「Band in a Box」の音楽ソフトとしての特徴を理解しておくと良いです。
 

  1. 好みのスタイルからコード進行を自動作成可能
  2. コード進行から伴奏を自動作成可能
  3. 作成した楽曲は編集可能
  4. メロディーからコードを自動作成可能

好みのスタイルからコード進行を自動作成可能

好みのスタイルからコード進行を自動作成可能

「Band in a Box」の一つ目の特徴として、「Band in a Box」では、好みのスタイルからコード進行を自動作成することができます。そもそも「Band in a Box」はコード主体で作れる自動作曲ソフトなので、コード進行の自動作成ができるという特徴があります。

好みのスタイルを選択

音楽のジャンルやテンポなど好みのスタイルを選択すれば、後は自動的にコード進行を行ってくれるので、音楽知識が少ない人や、コード理論の理解が乏しい人でも作曲することができます。

音楽知識があると

とはいっても、ある程度の音楽知識があると作曲の幅が広がるので、音楽知識がない人は、最初にインプットする時間を作ると良いでしょう。

コード進行から伴奏を自動作成可能

コード進行から伴奏を自動作成可能

2つ目の特徴として、「Band in a Box」では、自動で作成されたコード進行から伴奏も自動で作成されます。自動伴奏機能がついているため、音楽知識がなくても作曲の楽しさを味わうことができます。

作成した楽曲は編集可能

作成した楽曲は編集可能

また、「Band in a Box」で作成した楽曲は、後から編集することができます。そのため、自動で作成されたコード進行や伴奏に、後からアレンジを加えて作曲することもできます。

自動作成の部分とアレンジを上手くつなげることで「Band in a Box」の幅が広がります。

メロディーからコードを自動作成可能

メロディーからコードを自動作成可能

「Band in a Box」の特徴として、大きなメロディーからコードを自動作成することができるという点です。コード知識が乏しい人でも、「Band in a Box」を使えば自動でコード作成をしてくれるため、簡単に作曲をすることができます。

「Band in a Box」の特徴を再度まとめておきます。次に、「Band in a Box」のチュートリアルについて解説していきます。
 

  1. 好みのスタイルからコード進行を自動作成可能
  2. コード進行から伴奏を自動作成可能
  3. 作成した楽曲は編集可能
  4. メロディーからコードを自動作成可能

関連記事
「音楽プレーヤー-オーディオプレーヤー」アプリを紹介!
関連記事
【音楽プレイヤーアプリ】「Poweramp」の設定方法を解説!
関連記事
「歌詞付き音楽ダウンロードアプリ レコチョク」をくわしく紹介!

Band in a Boxチュートリアル~インストール/セットアップ~

ここからは、「Band in a Box」のチュートリアルを解説していきます。まずは、「Band in a Box」のインストールとセットアップ方法から解説します。インストールとセットアップが完了していない人は、ここから読み進めてください。

「Band in a Box」のインストールとセットアップが既に完了している人は、次にスキップしても良いです。

インストールされるもの

インストールされるもの

「Band in a Box」をインストールするには、「Band in a Box」のパッケージを購入する必要があります。インストール前に、「Band in a Box」のホームページから「Band in a Box」パッケージの購入手続きを行ってください。

「Band in a Box」をインストールすると、「Band in a Box」ソフトプログラム以外にもインストールされるものがあります。

  • プログラム本体
  • MIDI関連ドライバ
  • 音色関連ツール
  • 譜面用のフォント
  • エフェクト関連ツール
  • 素材、その他

「Band in a Box」でインストールされるものもまとめておきます。
 

  • Band-in-a-Box 日本語バージョン 26
  • RealBand 日本語版 バージョン2018
  • MIDIスーパートラック
  • アーティストパフォーマンス
  • 楽譜フォント・コードフォント
  • シンセサイザー Plogue Sforzando VST
  • シンセサイザー Coyote WaveTable VSTi
  • Band-in-a-Box サーバー(iPhone/Androidアプリ用)
  • オーディオエフェクトプラグイン PG MUSIC DirectX
  • IK Multimedia AmpliTube VST(ギターアンプ・シミュレーター)
  • IK Multimedia Authorization Manager(認証プログラム)
  • PDFドライバ「PDF995」
  • ループ素材セット2、ショット・ホールド・プッシュ関連ファイル
  • Sforzando用 Hi-Q 音色セット
  • リアル素材(1)~(11)

自動セットアップで操作は必要なし

自動セットアップで操作は必要なし

基本的に、「Band in a Box」は自動セットアップで、インストールやセットアップに特別な操作をする必要がありません。セットアップは、画面の指示に従うだけでセットアップすることができます。

「次へ」をクリック

「Band in a Box」の購入手続きが完了し、セットアップに画面が切り替わったら「次へ」をクリックしてください。インストールやセットアップができない場合は、再度インストール、セットアップの手続きを行ってください。

ライセンス認証ができれば

最終的にライセンス認証ができれば、インストールからセットアップまでの一連の流れは完了です。

関連記事
【音楽アプリ】「Bass Booster」をくわしく紹介!
関連記事
【音楽アプリ】「Rocket Player」の使い方をくわしく解説!
関連記事
「音楽フォルダプレイヤー フリー・バージョン」アプリを紹介!

Band in a Boxチュートリアル~基本の流れ~

次に、「Band in a Box」チュートリアルとして「Band in a Box」の基本的な使い方・基本の流れを解説していきます。「Band in a Box」を使ってどのように作曲・アレンジしていくのか知りたいという人は、ここで基本の流れを理解してください。

Band in a Boxの使い方とは

音楽ソフトである「Band in a Box」の使い方は以下の動画を見ると分かりやすいです。定番ソフトであるだけ、初心者にとっても使いやすいコンテンツとなっています。早速、「Band in a Box」の基本的な流れを解説していきます。
 

  1. 曲の構成を決定する
  2. スタイルを選択する
  3. メロディとコードを自動生成する
  4. アレンジを厳選する
  5. 作詞や音源データ作成も可能

曲の構成を決定する

曲の構成を決定する

まずは、曲の構成を決めてください。イントロ部分とエンディング部分の構成を決めます。

スタイルを選択する

スタイルを選択する

次に、曲のスタイルを選択します。「Band in a Box」は、スタイルの種類が豊富なので決めるまで時間がかかりますが、後から変更することも可能です。

メロディとコードを自動生成する

メロディとコードを自動生成する

メロディとコードを自動生成してほしい場合は、「メロディスト」をクリックしてください。

チェックを入れる

「メロディスト」をクリックしたら、画像のようにチェックを入れてください。

OKをクリック

OK」をクリックすれば、メロディとコードが自動作成されます。

画面切り替え

画面切り替えをして、メロディとコードが自動作成されているかを確認します。

自動で

メロディとコードが自動作成されていることが確認できたら、次の流れとしてアレンジを厳選します。

アレンジを厳選する

新伴奏演奏

新伴奏演奏」というボタンをクリックすると、クリックするたびに新しいアレンジを流してくれます。ここで、アレンジを厳選してください。

作詞や音源データ作成も可能

作詞や音源データ作成も可能

「Band in a Box」で作成した音楽を、作詞や音源データとして保存することもできます。「オーディオファイルとして保存」をクリックします。

チェックを入れない

画像のように、オーディオファイル設定を行ってください。「リードインを含める」にチェックを入れないようにすれば、最初のドラムスティックのカウントダウンが入らなくなります。基本的な流れは以上です。

関連記事
【Android】無料音楽ダウンロードアプリのおすすめ8選!
関連記事
「Music FM」など違法の音楽アプリを使わないほうがいい理由を解説!
関連記事
Googleがスマートホーム対応デバイス間で音楽/動画再生が移動可能に!

Band in a Boxチュートリアル~曲構成の決定方法~

曲構成の決定方法について解説します。

曲構成とは

曲構成とは、Aメロ、Bメロ、サビという部分の名称のことを指します。小節数を設定することが曲を構成するということです。

小節とパートを選択する

小節とパートを選択する

小節とパートを選択し、画像のようにイントロ、Aメロ、Bメロ、エンディング部分の曲構成をしてください。

関連記事
【読める音楽マガジン】「BASEMENT-TIMES」がつまらない原因を解説!
関連記事
【音楽聴き放題アプリ】「RecMusic」の実力を解説!
関連記事
【iPhone/Android】「Medlyミュージックメーカー」の音楽制作方法とレビュー!

Band in a Boxチュートリアル~スタイルの選択方法~

「Band in a Box」のスタイルの選択方法です。

スタイルとは

スタイルとは、曲の大体の雰囲気のことで、スタイルをベースに伴奏や演奏の雰囲気が自動作成されます。

アレンジを選択する

アレンジを選択する

自分の好みなスタイルを選択することは、曲のアレンジにもつながります。スタイルリストから好みのスタイルを選んでください。

関連記事
【Android】「音楽プレーヤー」アプリのおすすめ12選!
関連記事
【音楽アプリ】「AWA」と他の音楽サービスを比較!
関連記事
「Musixmatch-歌詞付き音楽プレーヤー」アプリの使い方を解説!

Band in a Boxチュートリアル~メロディ/コードの生成方法~

「Band in a Box」チュートリアルとして、メロディやコードの生成方法についてです。

自動生成の流れ

自動生成の流れは簡単で、「メロディスト」というボタンをクリックすればメロディ/コードの自動生成がされます。

アレンジをやり直す方法

アレンジをやり直す場合は、「新伴奏演奏」というボタンをクリックしてください。「新伴奏演奏」をクリックするたびに、新しいアレンジに切り替わるので、好みのアレンジになるまでやり直してください。

関連記事
【MP3】音楽をダウンロードできるおすすめ無料サイトのまとめ!
関連記事
【音楽アプリ】「Spotify Stations」アプリを紹介!
関連記事
iCloudミュージックライブラリとは?音楽管理の注意点も解説!

Band in a Boxチュートリアル~コードからアレンジの生成方法~

最後に、「Band in a Box」チュートリアルとして、コードからアレンジの生成方法についてを解説します。

コード進行を入力する

コード進行を入力する

コード進行を入力してください。気に入るコード進行が出されるまで、「メロディスト」をクリックしてください。

アレンジを選択する

後は、「新伴奏演奏」をクリックし、アレンジを選択するだけです。以上で、コードからアレンジまでの流れが完了です。この流れを理解し、実際に作曲・アレンジ作成(流れ)をする際に役立ててください。

まとめ

いかがでしたか。この記事では、自動作曲ソフトである「Band in a Box」の作曲チュートリアルの方法を解説しました。「Band in a Box」をインストールしたばかりで使い方や作曲方法が分からないという人は、この記事を参考にしてみてください。

まとめると、この記事は、「Band in a Box」とは何かについて知りたい、「Band in a Box」のインストールやセットアップ方法を知りたい、「Band-in-a-Box」を使って作曲や曲のアレンジをするチュートリアルを知りたい問題を解決できます。

「Band in a Box」の基本的な使い方や、基本の流れ等も解説しているので、「Band in a Box」をインストールしたばかりでまだ使い方が分からないという人は、この記事を参考にインストール・セットアップを行ってみてください。

関連記事
Google Home(グーグルホーム)で音楽を再生・聴く方法!
関連記事
Google Homeで音楽を再生できないときの対処法!
関連記事
iPhoneとiTunesの同期で音楽が消えたときの対処法!

合わせて読みたい!音楽に関する記事一覧

関連記事
GarageBand(ガレージバンド)の使い方!曲を作ろう!
関連記事
「作詞ノート」アプリの使い方!レビューも紹介!
関連記事
【ギタナビ】アプリの使い方!ギター・ベースの上達が早くなる?
関連記事
GarageBandでドラムの打ち込みをしよう

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
toto123

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ