【Facebook】ディープフェイク動画の投稿を削除へ!

コミュニケーションツールとして世界中のユーザーに幅広く利用されている「Facebook」がディープフェイク動画の投稿を削除することを公表しました。「Facebook」がディープフェイク動画の投稿を削除する動画の対象や対象外の定義についてご紹介します。

【Facebook】ディープフェイク動画の投稿を削除へ!のイメージ

目次

  1. 1Facebookが、プラットフォームへのディープフェイク動画を規制するポリシー強化
  2. 2Facebookがディープフェイク動画の投稿を削除する背景について
  3. ディープフェイク技術について
  4. 3削除対象の動画について
  5. 4対象外となる問題のある動画は独立した第三者による確認プログラムの審査の対象に
  6. 5Facebookでは
  7. 合わせて読みたい!Facebookに関する記事一覧

Facebookが、プラットフォームへのディープフェイク動画を規制するポリシー強化

現地時間の1月6日、米Facebookが、Facebookへのディープフェイク動画投稿について、ポリシーの強化を行うことを発表しました。

Facebookでは、「ディープフェイク」動画について、ディープラーニングなどのAI技術を使用して制作された偽物であると判断し、現実に誤解を与える動画と定義付けしています。

Thumb【Facebook】プライバシー設定の確認画面を刷新!設定が簡単に!
Facebookでは「プライバシー設定」の確認画面が刷新されました。Facebookが「プラ...

Facebookがディープフェイク動画の投稿を削除する背景について

Facebookが「ディープフェイク動画」の投稿を削除する背景についてご紹介しておきましょう。

世界中のユーザーに幅広く利用されている「Facebook」ですが、人を欺く目的で写真や動画に手を加え真実と違う情報操作を行う、ディープフェイクなどの「ディープフェイク」動画が問題視されています。

Facebookでは、悪意ある情報操作や「ディープフェイク動画」の投稿への対策として、AIによって作成されたコンテンツやフェイクアカウントの作成などの不正行為の調査を実施しています。

また、不正行為の調査結果を実行するために、研究者や政府、インターネット業界など、必要箇所と提携の上、世界中の有識者50名以上の専門家との取り組みを行い、人を欺く目的で制作された「ディープフェイク動画」に対するポリシーを強化しています。

Facebookでは、「ディープフェイク」動画の削除の定義や削除対象外となる場合でも、警告を行うとしており、その判断基準や定義について明らかにしています。

ディープフェイク技術について

近年、世界中で問題視されている情報操作の方法として、「Photoshop」などでの写真や動画の加工がありますが、人工知能やディープラーニングを用いた高度なツールを活用した「ディープフェイク動画」が利用される場合があります。 

「ディープフェイク」技術については、AIや機械学習の進化によって、ここ数年で目覚ましい技術の発展を行っています。

「ディープフェイク」の技術は、有力政治家やセレブ有名人などの著名人の顔を、まったく関係のない第三者の動画と合成し、まるで本人の言動かのように見せる技術となっています。

Thumb【Facebook】写真/動画をGoogleフォトへ転送するツールを発表!
Facebookに投稿した写真や動画をGoogleフォトに転送できるツールを発表しました。F...

削除対象の動画について

Facebookが「ディープフェイク」動画の削除を実施する削除対象の動画について確認しておきましょう。

Facebookは「ディープフェイク」を、AI技術を利用して制作された現実をゆがめる動画として定義を行い、以下の条件を満たす投稿については削除を行うと発表しています。
 

  • 動画内の人物が実際には言わなかった言葉を言ったように見えるように編集を行った、一般的なユーザーには見分けの付かない洗練された動画
 
  • 機械学習などのAI技術を活用してコンテンツの置き換えを行ったりコンテンツを重ねたりして本物のように見せかけている動画

なお、パロディや風刺的なコンテンツ、単語の順序を変更したり省略するために編集された動画については、削除の対象外となることが明らかとなっています。

ThumbFacebook Messengerで「スター・ウォーズ」のスタンプ/ARエフェクトが利用可能!
Facebook Messengerで「スター・ウォーズ」のスタンプやARエフェクトが無料で...

対象外となる問題のある動画は独立した第三者による確認プログラムの審査の対象に

なお、削除対象としている条件に当てはまらない場合でも、削除対象外となる問題のある動画は、世界の50以上のパートナーによるファクトチェックを含む、独立した第三者による確認プログラムの審査の対象となります。

 削除対象外となる問題のある動画については、「ファクトチェック」により、写真や動画の全部または一部が虚偽と評価された場合には、該当の動画について、虚偽である旨の警告が、投稿を見る人や投稿をシェアするユーザーへ表示されます。

なお、「虚偽」と評価された動画等については、ニュースフィードでの表示が削減され、その動画が広告として配信されている場合は取り消しとなります。

Facebookでは

Facebookは今後も、フェイクアカウントやフェイク動画などの不正行為の発見や、情報操作されたコンテンツの特定に取り組んでいく方針を公表しています。

合わせて読みたい!Facebookに関する記事一覧

ThumbFacebookに「ポケモンタワーバトル」ゲームなど2タイトルが登場!
Facebookの「Facebook Gaming」に無料の「ポケモンタワーバトル」ゲームな...
Thumb【Facebook】アカウントなしのMessenger登録機能を削除!
これまではFacebookアカウントなしでも、電話番号だけでMessengerのアカウントが...
ThumbFacebookがVRリズムゲーム「Beat Games」の買収を発表!
FacebookがVRリズムゲーム「Beat Saber」の開発元である「Beat Game...
ThumbFacebookが報酬がもらえる「Viewpoints」市場調査アプリを公開!
Facebookが参加することで報酬がもらえる「Viewpoints」市場調査アプリを公開配...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ