【今から買う人もいる】iPhoneSEが不動の人気の理由を解説!

iPhoneSE第2世代が発売された、今から買う人もいる初代iPhoneSEがなぜここまで支持されているのか理由をご存じでしょうか?今から買う人もいる初代iPhoneSEの不動の人気の理由を紹介します。不動の人気を誇るiPhoneSEを紹介します。

【今から買う人もいる】iPhoneSEが不動の人気の理由を解説!のイメージ

目次

  1. 1. iPhoneSEとは
  2. 1-1. 2016年に発売されたiPhone
  3. 1-2. 主な特徴
  4. 2. 【今から買う人もいる】iPhoneSEのスペックを現行機種と比較
  5. 2-1. 主なスペックの比較
  6. 3. 【今から買う人もいる】iPhoneSEが不動の人気の理由
  7. 3-1. 本体価格が安い
  8. 3-2. 軽量でコンパクトなサイズ感
  9. 3-3. スペックも悪くない
  10. 3-4. 最新OSにも対応
  11. 3-5. イヤホンジャックがある
  12. 3-6. デザイン性が高いフォルムが好き
  13. 4. 【今から買う人もいる】iPhoneSEがおすすめな人とは?
  14. 4-1. iPhoneSE/第1世代がおすすめな人
  15. 4-2. iPhoneSE/第2世代がおすすめな人
  16. 4-3. 合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

iPhoneSEとは

iPhoneSE

iPhoneSEとは、どのようなiPhoneかご存じでしょうか?今から買う人もいるいるiPhoneSEですが、まずはどのようなiPhoneでなぜ、今から買う人もいるほど不動の人気を誇るのか見ていきましょう。

2016年に発売されたiPhone

iPhoneSEは2016年に発売された、廉価版のiPhoneです。当時からしても価格が抑えられた廉価版として、発売されたiPhoneです。廉価版として発売された4年前のiPhoneですが、今から買う人もいるほど人気があるiPhoneです。

日本でiPhoneSEが人気の理由とは

なぜ日本では、4年前に発売されたiPhoneSEが今から買う人もいるほど人気なのか、不動の人気の理由を見ていきましょう。もともと日本では、iPhoneの人気が高く各キャリアもiPhoneに特化したキャンペーン、プランを作っていました。

そのため、海外と比較しても日本では非常に安価な価格でiPhoneが購入できていましたが、数年前にそれらの施策に規制が入り、これまでどおりの価格ではiPhoneを販売できなくなってしまいました。

そのようなときに、発売されたのが廉価版iPhoneであるiPhoneSEです。価格が抑えられた最新機種ということもあり、端末の割引に規制が入った後も非常に多く販売されました。

主な特徴

今から買う人もいるほどの人気を誇る、iPhoneSEの特徴を紹介します。今から買う人もいるiPhoneSEですが、普通の端末であればあえて4年前の古いスマホがここまで支持されて人気が継続することはありません。

なぜ、iPhoneSEは2020年になった今でも、今から買う人もいるほど人気があるのでしょうか?その特徴を解説しますのでぜひ参考にしてください。

4年前の機種でも人気が今もある

iPhoneSEは2016年発売ですでに発売から4年が経過しています。そのため、大手キャリアのほとんどの店舗では、すでに新品の発売を終了していますが、実は未だに格安SIMを扱うMVNOキャリアでは販売が続いています。

また、iPhoneSEは発売されてから4年間、後継機となる第2世代iPhoneSEが発売されませんでした。そのため、小さいiPhoneを持ちたいという方が第2世代を心待ちにしながらもつなぎの端末として、iPhoneSEを購入していました。

格安キャリアではまだ現役

iPhoneSEは後継機が発売されましたが、格安スマホを取り扱うキャリアでは現役で販売されています。また、価格も非常に安くなっているので、最低限の事ができるスマホがほしい方にはまだ人気です。

【今から買う人もいる】iPhoneSEのスペックを現行機種と比較

iPhoneSEのスペックを見ていきましょう。不動の人気の誇るiPhoneSEですが大きさだけで、不動の人気の保っているわけではありません。その理由をiPhoneSEのスペックから確認してください。

主なスペックの比較

iPhoneSEのスペックを紹介します。後ほど、iPhoneSEのスペックの詳細な解説を行いますが、まずは概要としてiPhoneSEのスペック表を紹介しますので、iPhoneSEのスペックをぜひ参考にしてください。

  発売年月 画面サイズ
ディスプレイ
本体サイズ
重量
カラー
メインカメラ チップ バッテリーの駆動時間 容量 ワイヤレス充電 生体認証 タッチ機能 防水防塵機能
iPhoneSE(初代) 2016年3月 4インチ

Retinaディスプレイ

1136x640
326ppi

800:1コントラスト比

最大500ニト
高さ:123.8mm

幅:58.6mm

厚さ:7.6mm

重量:113g

カラー
  • スペースグレー
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド
シングル12MP

F2.2絞り値

最大5倍のデジタルズーム

TrueToneフラッシュ

写真のHDR

4K(30fps)、1080p(30fps/60fps)撮影対応
A9
iPhone6sと同等のプロセッサ
音楽:50時間

動画:13時間
32GB
128GB
なし TouchID なし なし

画面サイズ

iPhoneSEは4インチの画面サイズです。そのため、現行の機種よりも小さいながら実用には十分耐えることができる、サイズのディスプレイを持っています。また、解像度も問題なくRetinaディスプレイを搭載しているので非常にきれいです。

カメラ

iPhoneSEにはiPhone6sと同程度の12MPカメラが搭載されています。4年前の機種とはいえ、iPhoneSEのカメラは4Kの動画撮影にも対応しており、一般的な状況下では非常に鮮明できれいな写真を撮影することができます。

最近のスマホは、カメラが複数搭載されることが多いですがiPhoneSEの背面カメラは一つだけです。そのため、光学ズームや超広角撮影には非対応です。また、iPhone11に搭載されている夜間モードも利用することはできません。

カメラ機能はそこまで重視していない方にとっては、iPhoneSEのカメラでもまだまだ現役で利用することができる性能を持っています。もちろんスローモーション撮影やタイムラプス撮影にも対応しています。

本体サイズと重さ

iPhoneSEの本体サイズ・重さは現行機種と比較しても非常に小さく、軽いため手が小さい方や女性でもかんたんに片手で操作することができます。iPhoneSE第2世代よりもサイズは小さいので、小さいiPhoneがほしい方に不動の人気があります。

iPhoneSEが選ばれ続けた最大の理由に、本体サイズがあります。現在スマホの主流は大画面化ですがそれに伴い、スマホ本体の大きさも大きくなり、重量も重くなりました。そのような流れで、iPhoneSEはその大きさが支持を集めました。

そのため、小さいスマホや片手で操作しやすいスマホがほしいという方から、iPhoneSEは不動の人気を獲得しました。また、現行のiPhoneや当時の他のiPhoneよりも安価で購入できたことが、iPhoneSE人気を後押ししました。

カラーバリエーション

iPhoneSEには、4色のカラーバリエーションがあります。現行の機種によってはiPhoneSEのほうがカラーバリエーションが多いため、自分の好みの色を選びやすくなっています。

iPhoneSEのカラーバリエーションは、「スペースグレー」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」の4色です。ただし、(PRODUCT)レッドはないので赤色のiPhoneSEがほしい方は、第2世代のiPhoneSEを選択しましょう。

付いていない機能

iPhoneSEには現行の機種と比較すると、ついていない・対応していない機能があります。iPhoneSEについていない・対応していない主な機能は、ワイヤレス充電や触覚タッチなどのタッチ機能、防水・防塵機能です。

これらの機能についてはiPhoneSEでは利用できないので、現行の機種と劣ることになります。しかし、これらの機能に対応していなくても大抵のことはできますので、自身の使い方に合わせて必要な操作を選択しましょう。

また、iPhoneSEでもApple payは利用できるものの、NFCが非搭載のためSuicaやiDなどの非接触決済、店舗での利用はできません。iPhoneSEで利用できるApple payはApp内かSafariのWeb内での決済のみになります。

【今から買う人もいる】iPhoneSEが不動の人気の理由

iPhoneSEが不動の人気を誇っている理由を探っていきましょう。なぜiPhoneSEが4年間も不動の人気を誇っているのか紹介するので、iPhoneSEを検討中の方はぜひ参考にしてください。

本体価格が安い

iPhoneSEが不動の人気を誇っている理由に、本体価格が安いという理由があります。iPhoneSEの本体価格や発売時から当時の現行機種と比較しても、安い価格設定になっていました。

4万円前後で買える

iPhoneSEは新品でも4万円前後の価格で購入することができます。現行モデルの多くが10万円を超える本体価格ナノに対して、iPhoneSEは非常に安価で購入できるので、SIMフリー版を購入して、格安SIMでの利用するのが人気です。

軽量でコンパクトなサイズ感

iPhoneSEが不動の人気を誇っている最も大きな理由が、iPhoneSEの軽量でコンパクトなサイズ感です。iPhoneSEは現在、容易に入手できて普通に利用できるiPhoneの中では、最もコンパクトなiPhoneです。

iPhoneSEを購入する人の理由で多いのが、サイズのコンパクトさと後述するイヤホンジャックの有無です。イヤホンジャックがあって、コンパクトな端末がほしい方には最適な端末です。

4インチで片手でも使える

現在のスマートフォンの画面サイズの主流は5インチや6インチが多いですが、iPhoneSEの画面サイズは4インチで非常にコンパクトです。画面がコンパクトですので、本体サイズもコンパクトになり、片手でもかんたんに利用できます。

また、女性の方の小さなポケットにも出し入れしやすい大きさですので、iPhoneSEはそのコンパクトなサイズ感が評判です。コンパクトなiPhoneを探すと、iPhoneSEしか選べなかったという方も多いはずです。

スペックも悪くない

iPhoneSEはスペックも悪くありません。メールや電話、SNSなどをこなすには十分なスペックがあります。

プロセッサーはiPhone6sと同じもの

iPhoneSEで利用されているプロセッサはiPhone6sと同じA9プロセッサです。現行のA12プロセッサと比べると、見劣りしますが、最新ゲームや4K動画の編集といった使い方をしなければ、ある程度重いデータを扱っても十分なスペックです。

カメラも十分使える

iPhoneSEのカメラも4K動画撮影にも対応しており、普段明るい場所で利用する分には十分なスペックを抑えています。現行のAndroidのエントリーモデルのスマホよりもきれいに撮影できます。

最新OSにも対応

iPhoneSEはまだ、最新OSのアップデート対象になっており、OSのサポートにも対応しています。

しばらくは快適に使える

iPhoneSEは2020年の新OSにも対応しており、OSサポート期間は2021年まではあるかと予想されます。また、最後のOSアップデートが2021年頃に行われると思われるので、OSがサポートされる2022年頃までは快適に利用できると思われます。

OSのサポート終了後も利用はできますが、OSが古くなりすぎると使えないアプリなども出てきますので、OSのサポートが寿命と考えている方も多いようです。OSのサポート続くあと数年は快適に利用できると思われます。

イヤホンジャックがある

iPhoneSEにはイヤホンジャックが搭載されているため、3.5mmジャックのイヤホンやヘッドフォンが利用できます。

現行モデルにはないため重宝される

イヤホンジャックは現行のiPhoneには搭載されていません。現行の機種で利用するには、Lightningとイヤホンジャックを変換するアダプターが必要になり、それを利用すると充電しながら、イヤホンジャックを利用できません。

iPhoneSEにはまだイヤホンジャックが搭載されているので、お気に入りのイヤホンや充電しながらの有線イヤホンの利用も可能です。この点についてもiPhoneSEを購入する上でのメリットと言えます。

音楽好きな方の中には音楽専用のiPhoneを購入している方もいます。iPhoneSEを音楽専用端末として購入する方にとっては、イヤホンジャックがあることが、最大のメリットと言えます。

デザイン性が高いフォルムが好き

デザイン

iPhoneSEの見た目にはたくさんのファンがいます。

ノッチがないデザインが好き

iPhoneSEには現行機種に見られるようなノッチはありません。ノッチが嫌いな方がiPhoneSEを使い続けているパターンも多く見かけます。

【今から買う人もいる】iPhoneSEがおすすめな人とは?

iPhoneSE/第1世代/第2世代

最後に、初代iPhoneSEがおすすめな人と、第2世代iPhoneSEがおすすめな人を紹介します。iPhoneSEを検討中の方は、自分が初代iPhoneSEのほうが良いのか、第2世代のiPhoneSEのほうが良いのか考える際に参考にしてください。

iPhoneSE/第1世代がおすすめな人

初代iPhoneSEがおすすめな人の特徴を紹介します。これらの特徴に当てはまる方には、初代iPhoneSEをおすすめします。また、iPhoneSEは安いのでiPhoneSEをつなぎの端末として利用して、その間に別の端末を探すのもおすすめします。

イヤホンジャックが必要

初代iPhoneSEがおすすめな人はイヤホンジャックが必要な人です。残念ながら第2世代のiPhoneSEにはイヤホンジャックが搭載されていません。そのため、イヤホンジャックが必要な方には、初代iPhoneSEをおすすめします。

サイズ/重さは小さい方が良い

iPhoneSEがおすすめな人はよりコンパクトなサイズがほしい方です。第2世代のiPhoneSEは初代iPhoneSEと比較すると大きくなり、重量も重くなりました。よりコンパクトなiPhoneSEがほしい方には初代iPhoneSEをおすすめします。

iPhoneSE/第2世代がおすすめな人

第2世代のiPhoneSEがおすすめな人の特徴を紹介します。第2世代のiPhoneSEは2020年に発売された最新モデルです。そのため、自分がどっちにすべきかわからない方にはひとまず最新モデルである第2世代iPhoneSEをおすすめします。

長く快適に使いたい

第2世代iPhoneSEは2020年に発売されたばかりですので、サポート期間が最低でも2025年までは続くと考えられます。最新OSが初代よりも長く使えるので、より長く快適に使いたい方には第2世代iPhoneSEをおすすめします。

ゲームや動画を楽しみたい

第2世代iPhoneSEは初代よりも大きい画面と最新のプロセッサが搭載されています。そのため、ゲームをプレイしたり、動画を楽しむ場合には、第2世代のiPhoneSEをおすすめします。第2世代iPhoneSEのほうが快適に楽しむことができます。

第2世代iPhoneSEに搭載されている、プロセッサはiPhone11と同じものが搭載されています。そのため、初代iPhoneSEと比較すると、ゲームやアプリの動作は格段と快適になります。また、5万円程度で購入できる機種もあります。

より、快適に長くゲームやアプリを楽しみたい方は迷わず第2世代iPhoneSEを購入しましょう。初代iPhoneSEでは、最新のゲームを楽しむことは難しいでしょう。

合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

関連記事
iPhoneで「Google」アプリが落ちる/検索できない不具合について解説!
関連記事
懐かしいアプリの初期アイコンをiPhoneに復活させる「IconRewind」!
関連記事
【iPhone】Google Pixelに「音声入力」の速度で完敗!
関連記事
「iPhone/iPad」で特定アプリの使用制限(スクリーンタイム)方法!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
suncat

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ