【ツムツム】最適なAndroidスマホ6選を紹介!

ツムツムに最適なAndroidスマホで悩んではいませんか?ツムツムに最適なAndroidスマホを紹介します。ツムツムに最適なAndroidスマホで悩んでいる方は、これからおすすめのスマホを6つ紹介しますのでぜひお気に入りの一台を見つけてください。

【ツムツム】最適なAndroidスマホ6選を紹介!のイメージ

目次

  1. 1【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜ZenFone6〜
  2. 端末のスペック
  3. ツムツムにおすすめの理由
  4. その他のおすすめポイント
  5. 2【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜OPPO AX7〜
  6. 端末のスペック
  7. ツムツムにおすすめの理由
  8. 3【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜moto g7 plus〜
  9. 端末のスペック
  10. ツムツムにおすすめの理由
  11. その他のおすすめポイント
  12. 4【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜OPPO R15 Neo〜
  13. 端末のスペック
  14. ツムツムにおすすめの理由
  15. その他のおすすめポイント
  16. 5【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜Xperia5〜
  17. 端末のスペック
  18. ツムツムにおすすめの理由
  19. その他のおすすめポイント
  20. 6【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜AQUOS sense3〜
  21. 端末のスペック
  22. ツムツムにおすすめの理由
  23. その他のおすすめポイント
  24. 7【ツムツム】最適なAndroidの推奨スペック
  25. Androidの公式必要動作環境
  26. 8【ツムツム】最適なAndroid端末の選び方
  27. 選ぶときのポイント
  28. AndroidはiPhoneより不利?
  29. 合わせて読みたい!ゲームに関する記事一覧

【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜ZenFone6〜

ZenFone6

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「ZenFone6」を紹介します。

端末のスペック

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「ZenFone6」のスペックを紹介します。後ほど紹介するツムツムの推奨環境や動作に必要な端末のスペックと合わせて参考にしてください。
 

機種名 ZenFone6
本体価格 69,500円から
ディスプレイ 6.4
SoC Snapdragon 855
RAM 6GB or 8GB
ROM 128GB or 256GB
カメラ 4,800万画素、1,300万画素
バッテリー 5000mAh
おサイフ携帯 -

ツムツムにおすすめの理由

このAndroidスマホがツムツムに推奨できる理由を紹介します。

5000mAhの大容量バッテリー

ZenFone6は、5000mAhという非常に大容量のバッテリーを搭載しているため、1日中ゲームを遊んでも電池に余裕があり、電池切れの心配をすることなくゲームを楽しむことができます。また、充電時にも急速充電に対応しています。

その他のおすすめポイント

その他のおすすめポイントです。

メモリ/ストレージが最上級

128GBモデルを選んでも、メモリが6GBあるので、ツムツム以外のゲームもたくさんインストールでき、ほとんどのゲームで十分なメモリを搭載しています。

カメラ性能がトップクラス

ZenFone6は他の機種には見られないような180度回転することができる「フリップカメラ」を搭載しており、高画質な自撮りやフリーアングル撮影、スマホを動かさなくていいパノラマ撮影が可能です。この仕様のカメラはZenFone6だけです。

Thumb【LINEツムツム】機種変更でデータ引き継ぎをする方法
LINEのゲームアプリ【ツムツム】は幅広い年齢層に人気のパズルゲームです。iPhoneやAn...
Thumb【LINE】ブロックされると「ツムツム」はどうなるか解説!
LINEをブロックされるとLINEのツムツムゲームはどうなるのでしょうか。ここではLINEの...

【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜OPPO AX7〜

OPPO AX7

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「OPPO AX7」を紹介します。

端末のスペック

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「OPPO AX7」のスペックを紹介します。後ほど紹介するツムツムの推奨環境や動作に必要な端末のスペックと合わせて参考にしてください。
 

機種名 OPPO AX7
本体価格 30,610円から
ディスプレイ 6.2
SoC Snapdragon 450
RAM 4GB
ROM 64GB
カメラ 裏面: 1300万画素,200万画素
前面: 1600万画素
バッテリー 4230mAh
おサイフ携帯 -

ツムツムにおすすめの理由

このAndroidスマホがツムツムに推奨できる理由を紹介します。

4230mAhの大容量バッテリー

このスマホは4000mAhを超える大容量バッテリーと、バッテリー消費量が抑えられたSnapdragon 450が搭載されているので、電池切れを気にすることなく一日中安心してゲームが楽しめます。

バッテリー管理システムで自動的に節電

独自のAIを使用したバッテリー管理システムが、不要と判断するバックグラウンドで動作中のアプリを自動で終了してくれるので、より長いバッテリーの動作が可能になっています。

6.2インチの大画面

6.2インチの大画面ディスプレイを搭載しているので、大画面でゲームを楽しむことができます。

Thumbツムツムを復元する方法は?初期化/機種変更失敗した時のデータ復元方法について解説
ツムツムでデータの引き継ぎに失敗してしまった場合、復元するにはどうしたらいいかご存知ですか?...

【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜moto g7 plus〜

moto g7 plus

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「moto g7」を紹介します。

端末のスペック

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「moto g7」のスペックを紹介します。後ほど紹介するツムツムの推奨環境や動作に必要な端末のスペックと合わせて参考にしてください。
 

機種名 moto g7
本体価格 30,800円
ディスプレイ 6.2
SoC Snapdragon 636
RAM 4GB
ROM 64GB
カメラ 裏面: 1200万画素,500万画素
前面: 1200万画素
バッテリー 3000mAh
おサイフ携帯 -

ツムツムにおすすめの理由

このAndroidスマホがツムツムに推奨できる理由を紹介します。

6.24インチのフルスクリーン

6.24インチのフルスクリーンディスプレイを搭載しているため、大画面でゲームを楽しむことが可能です。ノッチもiPhoneよりも小さい水滴型ノッチですのでほとんど気にすることなく、ゲームに集中できます。

その他のおすすめポイント

その他のおすすめポイントです。

コスパが良い

このスマホは、3万円台で購入できて低価格ですがある程度のバッテリ容量と、処理能力を持っているので普段使いにも利用できるコスパのいい端末です。

デュアルカメラと高性能インカメラを搭載

コスパのいい端末ですと紹介しましが、この端末はカメラ機能も優れています。1,200万画素と500万画素のデュアルカメラに加えて、1200万画素の高画素なインカメラも搭載している機種です。

CORNING GORILLA GLASS採用

この端末は、CORNING GORILLA GLASSと呼ばれる強靭なディスプレイを採用しているので、ディスプレイが頑丈で傷が付きにくいのでアウトドアにも安心です。

メーカーであるモトローラーのサイトでは、コーティングゴリラガラス仕上げとして紹介されており、3Dガラスデザインによる、美しいフォルムが紹介されています。

安心のモトローラーブランド

この端末は、無線機器大手のモトローラーが発売しているスマホです。無線機器分野では非常に大手と言えるメーカーですので、安心して購入することができます。また、公式サイトではSDカードプレゼントキャンペーンなどを行っていることもあります。

【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜OPPO R15 Neo〜

OPPO R15 Neo

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「OPPO R15 Neo」を紹介します。

端末のスペック

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「OPPO R15 Neo」のスペックを紹介します。後ほど紹介するツムツムの推奨環境や動作に必要な端末のスペックと合わせて参考にしてください。
 

機種名 OPPO R15 Neo
本体価格 21,610円
ディスプレイ 6.2
SoC Snapdragon 450
RAM 3GB or 4GB
ROM 64GB
カメラ 裏面: 1300万画素,200万画素
前面: 800万画素
バッテリー 4230mAh
おサイフ携帯 -

ツムツムにおすすめの理由

このAndroidスマホがツムツムに推奨できる理由を紹介します。

4230mAhの大容量バッテリー

このスマホは4000mAhを超える大容量バッテリーを搭載しているので長時間の動作が可能です。一日中ゲームを楽しむことができ、バッテリー切れの心配もありません。

6.2インチ大画面フルスクリーン

6.2インチの大画面ディスプレイを搭載しているので、大画面でゲームを楽しむことが可能です。また、動作スペック上、動画鑑賞も十分に可能ですので大画面でゲーム以外の作業を楽しむことも可能です。

「ゲーム加速モード」で快適に楽しめる

ゲームを動作させると、自動的にCPUのパフォーマンスを高めてフリーズやカクツキを防止する「ゲーム加速モード」が搭載されているので、快適な動作でゲームを楽しめます。

搭載されているCPUは標準的なものですが、この機能により動作を高速化できるので、動作可能なゲームの範囲や快適に動作できるゲームの範囲が広がります。

その他のおすすめポイント

その他のおすすめポイントです。

トリプルスロット

このスマホはDSDV + microSDに対応しています。Dual nano-SIMとmicro SDが同時に利用できるトリプルスロット搭載の珍しい機種です。デュアルSIMで片方のSIMがSDと排他仕様の端末が多いですが、この端末は排他仕様ではありません。

そのため、異なる2回線のSIMカードとmicro SDカードを同時に使用することができます。プライベートでも仕事でも利用してなおかつ大容量のデータを保存したい方におすすめの仕様です。

【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜Xperia5〜

Xperia5

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「Xperia5」を紹介します。

端末のスペック

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「Xperia5」のスペックを紹介します。後ほど紹介するツムツムの推奨環境や動作に必要な端末のスペックと合わせて参考にしてください。
 

機種名 Xperia5
本体価格 7,3000円程度
ディスプレイ 6.1
SoC Snapdragon 855
RAM 6GB
ROM 128GB
カメラ 裏面: 1220万画素x3
前面: 800万画素
バッテリー 3,140
おサイフ携帯

ツムツムにおすすめの理由

このAndroidスマホがツムツムに推奨できる理由を紹介します。

ゲームエンハンサー搭載

このスマホにはゲーム時の動作を最適化する、ゲームエンハンサー搭載が搭載されていて快適なゲーム時の動作が可能です。

横幅がスリムで持ちやすい

最近のXperiaは横幅がスリムなデザインで好評を得ています。横幅がスリムなため、持ちやすくポケットの中にもしまいやすい大きさが魅力です。

縦持ちするゲームでは片手で操作することが多くありますので、横幅の大きさを気にしてスマホを選ぶと、縦持ちでも持ちやすい端末を探すことができます。横幅がスリムなXperiaは縦持ちのゲームに最適です。

その他のおすすめポイント

その他のおすすめポイントです。

世界初の4K有機ELディスプレイ

このスマホは4K有機ELディスプレイを搭載しているため、グラフィックがきれいな3Dゲームも有機ELを活かして最大限に楽しむことができます。また、SONYということだけあり音質にもこだわっています。

また、カメラでも4K動画が撮影可能ですので高精細な4K有機ELディスプレイを利用して、4Kで撮影した映像をドットバイドットの超高画質で再生することもできますので、ゲームだけでなく動画を楽しみたい方にもおすすめです。

トリプルレンズ搭載

このスマホは、標準レンズ+超広角レンズ+望遠レンズのトリプルレンズカメラに瞳AFが搭載されているため、非常にきれいな写真を撮影することが可能です。

瞳AFとは、SONYの一眼レフやミラーレスカメラに搭載されている非常に高速なオートフォーカス機能のことです。

【ツムツム】最適なAndroidのSIMフリースマホ〜AQUOS sense3〜

AQUOS sense3

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「AQUOS sense3」を紹介します。

端末のスペック

ツムツムに最適な、SIMフリーAndroidスマホである「AQUOS sense3」のスペックを紹介します。後ほど紹介するツムツムの推奨環境や動作に必要な端末のスペックと合わせて参考にしてください。
 

機種名 AQUOS sense3
本体価格 38,280円
ディスプレイ 5.5
SoC Snapdragon 630
RAM 4GB
ROM 64GB
カメラ 裏面: 1200万画素x2
前面: 800万画素
バッテリー 4,000mAh
おサイフ携帯

ツムツムにおすすめの理由

このAndroidスマホがツムツムに推奨できる理由を紹介します。

4000mAhの大容量バッテリー

4000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、画面サイズも5.5インチ、CPUもミドルクラスのものであることから1日中ゲームをしてもバッテリー切れの心配がないので安心です。

その他のおすすめポイント

その他のおすすめポイントです。

コスパが良い

このスマホはこの価格帯にしては、スペックも安定しており普段使いには十分なスペックがあります。CPUはミドルクラスですので、あまりゲームをしない人やシニアにおすすめのコスパのいいスマホと言えます。

デュアルカメラ搭載

3万円台のコスパのいいスマホですが、カメラにはしっかりと標準カメラと広角カメラのデュアルカメラが搭載されています。そのため、スマホカメラを初めて使う方やカメラにもすこしこだわりを持っている方にもおすすめの機種です。

SIMカード2枚挿入可能

国内メーカーのスマホにしては珍しく、DSDSに対応しています。つまり、SIMカードを2枚挿入することができます。そのため、同じスマホで2つの電話番号の電話を受けることができ、ビジネスとプライベートのスマホを兼用することができます。

おサイフケータイ対応

SIMフリー端末ですが、国内メーカーのスマホのためおサイフケータイにも対応しています。キャッシュレスをしたい方にもおすすめです。

【ツムツム】最適なAndroidの推奨スペック

ツムツム

ツムツムの動作に必要なOSのバージョンなど、ツムツムに最適なAndroidスマホの推奨スペックを紹介します。

Androidの公式必要動作環境

ツムツムに動作に必要なOSのバージョンを紹介します。Androidのバージョンがこれよりも低いバージョンの場合、ツムツムをインストールできない、正常に動作しない場合があるのでバージョンの確認を行いましょう。

動作可能なOSのバージョン

ツムツムの動作には、バージョン4.1以上のOSが必要です。このバージョンより低い端末ではツムツムは利用できないので、4.1以上のバージョンのOSを搭載した端末を用意しましょう。

現在主流のバージョンは、バージョン9、バージョン10がほとんどですので、新しい端末を購入するときにはあまりバージョンは気にする必要はありませんが、古い端末を使うときにはAndroidのバージョンに注意してください。

【ツムツム】最適なAndroid端末の選び方

ツムツムに最適なAndroid端末の選び方を紹介します。

選ぶときのポイント

ツムツムに最適なAndroid端末を選ぶときのポイントです。

CPU性能/RAM(メモリ)

どのスマホにも必ずCPU(SoC)とRAM(メモリ)が搭載されています。これらはゲームの動作を左右する非常に重要な要素です。ゲームの処理全体に影響しますので、動作周波数も含めて数値が高いほど高性能だと言えます。

バッテリー容量

ゲームはバッテリーを多く消費します。そのため、格安スマホを選ぶとしてもバッテリー容量は3,000mAh以上のものを選んでおくと安心です。

また、基本的にディスプレイが大きければ大きいほど、CPUの性能が高いほどバッテリーの消費量は大きくなります。そのため、あまりディスプレイが大きくなく低スペックな端末だと、バッテリー容量も少ない割には長く動作します。

とはいえ、バッテリー容量が大きければ大きいほどバッテリー持ちも良くなりますので、モバイルバッテリーなどを持ち歩きたくない方は、バッテリーが大きなスマホを検討しましょう。

ROM

ROMとは、ストレージのことでゲームのデータや写真や動画を保存しておく場所のことです。たくさんアプリをインストールしたり、データを保存したりしたい方はより大きなROMが必要です。

Androidでは、SDカードが利用できる機種が多いので足りなくなった場合には、SDカードで代用できるものもあります。

ディスプレイサイズ

ゲームや動画を楽しむには小さい画面よりも大きな画面のほうがおすすめです。大きめの画面であれば、見やすいだけでなく操作もしやすいのでおすすめです。ただし、大きすぎると持ち運びが難しいので注意してください。

AndroidはiPhoneより不利?

ツムツムをするには、AndroidとiPhoneどちらが優れているのかご存じでしょうか?AndroidとiPhoneどちらがおすすめか紹介します。

高得点を狙うならiPhone

ゲームを行う際には、ゲームの処理性能・動作が安定しているiPhoneがおすすめです。AndroidよりもiPhoneのほうがゲームがサクサク動いて安定していることのほうが多いです。

ただし、金額もAndroidと比較すると高くなりがちですので、自分の予算や目的に合わせてAndroidとiPhoneを検討する必要があります。ゲームをあまりしない方にとっては、iPhoneよりもAndroidのほうが使いやすいこともあります。

合わせて読みたい!ゲームに関する記事一覧

ThumbAndroidにもサブスクゲームアプリ「GameClub」が利用できるように!
iOSで提供されていたサブスクゲームアプリ「GameClub」がAndroidでも利用できる...
ThumbAndroidで懐かしいゲームを遊べるエミュレータのまとめ!
Android用Google Play Storeからエミュレータをダウンロードすると、PC...
Thumb【発表】「Apple Design Award 2020」受賞アプリケーション/ゲーム!
アプリケーション及びゲームのデベロッパ8組が「Apple Design Award 2020...
Thumb【iPadOS 14】マウス/キーボードでのゲームプレイが可能に!
iPadOS 14のアップデートによりマウス/キーボードでのゲームプレイが可能になることが分...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
suncat
インステ