【デザイナー】仕事の特徴などくわしく紹介!

在宅デザイナー(在宅ワーク)とはどのようなデザインの仕事なのか特徴やメリット・デメリットについて解説します。在宅デザイナー(在宅ワーク)の「業務委託契約」とは何か、資格やデザインスキルは必要なのかなど見ていきます。また、在宅デザイナーの報酬も説明します。

【デザイナー】仕事の特徴などくわしく紹介!のイメージ

目次

  1. 1【在宅デザイナー】仕事の特徴とは
  2. 主な特徴
  3. 2【在宅デザイナー】仕事の種類
  4. 主な種類
  5. 3【在宅デザイナー】在宅ワークに向いている理由
  6. 主な理由
  7. 4【在宅デザイナー】求められている資格/スキル
  8. 必要な資格は特にはない
  9. 求められるスキル
  10. 5【在宅デザイナー】得られる報酬の目安
  11. 報酬は人によってかなり差がある
  12. 6【在宅デザイナー】在宅で働くメリット/デメリット
  13. 主なメリット
  14. 主なデメリット
  15. 7【在宅デザイナー】仕事を探す方法
  16. 仕事の探し方
  17. まとめ
  18. 合わせて読みたい!在宅ワーク/デザインに関する記事一覧

【在宅デザイナー】仕事の特徴とは

在宅ワークの一つの形である、在宅デザイナーの仕事の特徴の業務委託契約で働く仕事の内容や必要スキルや資格とメリット・デメリットや報酬などを知りたい人。在宅デザイナーの仕事の探した方を知りたい人に向けて、仕事の特徴や必要スキルを見ていきます。

とは言っても、在宅ワークの「在宅デザイナー」の仕事はどういった特徴なのか分からないという人もいるかと思われますので、「在宅デザイナー」の仕事の特徴や業務委託契約に関してのくわしい詳細について探っていきたいと思います。

それでは、在宅ワークの「在宅デザイナー」の仕事がどのような特徴のある業務内容なのか、業務委託契約について一つ一つ説明をしていきたいと思いますので、参考にして自分に「在宅デザイナー」が合っているかどうか見極めてみてください。

主な特徴

では、在宅ワークの「在宅デザイナー」を始める上で覚えておくべき、仕事の特徴や業務委託契約の情報について発信をしていきたいと思います。

「在宅デザイナー」の主な仕事の特徴は2点ほどありますので確認してから、仕事を探したり深堀をしてみてください。

在宅で仕事できる

「在宅デザイナー」の一番の特徴としては「在宅で仕事できる」ことがあげられます。新型コロナウイルスの影響により、在宅ワークという言葉が流行っています。とは言え、在宅ワークという意味を分からないという人もいるかと思われます。

在宅ワークは、家で仕事ができるという意味です。今回紹介をする「在宅デザイナー」は在宅ワークの一つとなっていますので、気軽に自宅でデザイン関係の仕事ができます。

在宅ワークの「在宅デザイナー」の特徴は、在宅で仕事が可能なので外に出なくても仕事が進められるという点です。

業務委託契約の形で働くことができる

業務委託契約の形で働くことができる

つぎの「在宅デザイナー」の特徴は「業務委託契約の形で働くことができる」ことです。とは言っても業務委託契約の意味が分からない人もいるかと思われます。業務委託契約は、会社の業務を外部に委託する契約となっています。

業務委託契約は、フリーランスや自営業の人が基本的に契約をします。業務委託契約なので辞めたい時にすぐに辞退することもできますし、継続することも自由です。業務委託契約なので気軽に仕事できる特徴もあります。

正社員と異なり業務委託契約は比較的自由なので、時間の自由度が非常にあります。

【在宅デザイナー】仕事の種類

つづきましては、在宅ワークの「在宅デザイナー」の仕事の種類について注目をしていきたいと思います。「在宅デザイナー」とは言っても、この業種の仕事の種類はさまざまあり一括りにできません。デザイン関係の業務をそう呼んでいるだけです。

そんな在宅ワークの「在宅デザイナー」の仕事の種類についてそれぞれくわしく解説していきたいと思いますので、自分のスキルがあるかどうか、興味を持つ仕事内容なのか見極めておくといいでしょう。

それでは、在宅ワークの「在宅デザイナー」の仕事は何があるのか把握した上で、自分に何ができるか判断しておくと、今後「在宅デザイナー」の仕事を探す際に役に立てることができるでしょう。

主な種類

さっそく在宅ワークの「在宅デザイナー」の主な仕事の種類を5つまとめましたので、参考にしてください。

Webデザイナー

在宅ワークの「在宅デザイナー」の一つ目の仕事の種類として「Webデザイナー」があげられます。「Webデザイナー」は「Webサイトのデザイン」をする仕事となっています。

普段あなたが閲覧しているインターネットのサイト、例えばYouTubeやTwitterなどはWebデザイナーが構成やレイアウト、色合いなどやアイコンの配置などデザインを制作しています。デザインの配置や色合いで、利用ユーザーの行動を動かすことができます。

Webサイトのデザインは、マークアップ言語のHTML、CSSなどを覚える必要もありますので合わせて学習しておきたいです。

バナーデザイナー

二つ目に紹介をする、在宅ワークの「在宅デザイナー」の仕事の種類として「バナーデザイナー」もあげられます。バナーとは言っても、あまりピンとこない人も多いでしょう。バナーは、各サイトの左右などにある写真や文字などにアクセスできる画像を指します。

このアクセス可能なバナーにデザインをする仕事となります。バナーデザイナーは比較的デザイン関係の仕事としては、資格やスキルは必要としないので難易度が低く、初心者はおすすめです。

グラフィックデザイナー

三つ目に紹介をする、「在宅デザイナー」の仕事の種類は「グラフィックデザイナー」です。グラフィックデザイナーは、主にチラシ、広告、ポスターなどの紙のメディアのデザインを行う仕事となっています。

広告代理店からデザイン事務所などを焦点に絞って仕事をします。商品の売り上げをアップさせるための仕事なので、人間心理を応用したデザインのスキルなどを見に付けておくとスムーズになるでしょう。

CGデザイナー

四つ目に紹介をする、「在宅デザイナー」の仕事の種類として「CGデザイナー」があります。CGデザイナーは、ゲーム、アニメ、映画、ドラマの2次元や3次元のグラフィックスを作る仕事となります。グラフィッカーとも呼ばれています。

CGデザイナーは、どこで活躍するかでスキルや資格などが変わってきますので、ゲームのグラフィッカーをやりたいのか、写真加工の簡単な2次元のCGを製作するのか決めておくといいでしょう。

テキスタイルデザイナー

最後に紹介をする、「在宅デザイナー」の仕事の種類は「テキスタイルデザイナー」です。とは言え、テキスタイルデザイナーを初めて聞いたという人もいるでしょう。テキスタイルデザイナーは、アパレル関係の生地をデザインする仕事です。

デザインのイメージに一致した繊維のタイプや糸の質を選択し、加工方法や素材を選ぶなどスキルや資格が必要な仕事となっています。

【在宅デザイナー】在宅ワークに向いている理由

在宅デザイナーの仕事は理解したとは言っても、自分が在宅デザイナーに向いているのか分からないという人も多いはずです。そこで、在宅デザイナーが在宅ワークに向いている理由について注目をしていきたいと思います。

在宅デザイナーが家で仕事をすることに向いている理由を知ることで、これから在宅のデザイナーが増えることが予想されます。

主な理由

それでは、在宅デザイナーが在宅ワークに向いている主な理由についてまとめましたので、参考にしてみてください。

インターネットがあれば仕事できる

最初に紹介をする、在宅デザイナーが在宅ワークに向いている理由としては「インターネットがあれば仕事できる」ことがあげられます。今の時代、パソコンを使ってインターネットをすることが当たり前の日常となっています。

インターネットに繋がってさえいれば、どこでも仕事に取り掛かることができます。自分のプライベートなことをパソコンで検索しながら仕事を行うことができますので、スムーズに仕事とプライベートを切り替えることができ効率よく作業を行えます。

会社に行って仕事をする必要がないので、完全在宅で仕事が完結します。

Webでの仕事の拡大がより一層期待できる

つぎに紹介をする、在宅デザイナーが在宅ワークに向いている理由として「Webでの仕事の拡大がより一層期待できる」こともあげられます。多くの利用者はインターネットを当たり前のように行っている時代です。

インターネットを利用しているユーザーに対して、デジタルマーケティングを行うことをしていかないとこれからのビジネスは終わります。そのような背景があり、在宅デザイナーの活躍はこれから伸びると思われます。

これからは、5Gなどの技術によりインターネットの環境が進歩しますのでさまざまなデザインを使った仕事も増えて行くでしょう。今後「在宅デザイナー」の需要はより増えて行き、仕事の幅も広がるので期待できると思われます。

Thumb【テレワーク(在宅勤務)】便利なスマホ/PC周辺アクセサリーを紹介!
テレワークを行う際にPC/スマホ周辺アクセサリーを利用することにより、作業効率を高めることが...

【在宅デザイナー】求められている資格/スキル

在宅デザイナーの特徴や在宅ワークに向いている理由を下ったとは言っても、スキルや資格が必要なのではないのかという疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、在宅デザイナーに求められている必要な資格/スキルについてフォーカスして説明をしていきたいと思います。これから在宅デザイナーを目指しているという人は、自分にスキルがあるかどうかデザイン関係の資格があるか把握しておくべきです。

それでは、在宅デザイナーのなるためには、資格やスキルは必要なのか、あるいはスキルや資格がない完全未経験でもなれるのか一つ一つ解説をしていきたいと思いますので、参考にして求められる資格やスキルを身に付けてください。

必要な資格は特にはない

結論から申し上げますと在宅デザイナーに求められている必要な資格は「特に必要はない」です。何故ならば、資格はあくまでも「デザインを一通り学習」したという証になっています。就活などには資格を持っていると有利になる場合があります。

しかし、業務委託契約でメインに働く在宅デザイナーとしては、資格よりもスキルや実力を優先されます。グラフィックソフトの扱い方など、基本が操作ができるかの方が重要です。

自分が過去にデザインした作品や実績などがあればアピールして、仕事に応募する際に役立てることができるでしょう。

求められるスキル

つづきましては、在宅デザイナーに求められてい必要なスキルについてフォーカスし説明をしていきたいと思います。在宅デザイナーに求められているのは資格ではなく、スキルと言いましたが具体的にどのようなスキルであるのか説明させていただきます。

それでは、業務委託契約側が即戦力と思える「求められるスキル」に関してまとめましたので確認してスキルを身に着けておくといいでしょう。

必須ソフトを使いこなすスキル

必須ソフトを使いこなすスキル

在宅デザイナーに求められている必要なスキルは「必須ソフトを使いこなすスキル」です。Photoshopやillustratorなどのグラフィックソフトが使えるかどうかが重要です。募集している業務により、必須ソフトが異なりますので、確認しておくべきです。

写真、画像、デザイン編集ソフトウェア | Adobe Photoshop
ベクターグラフィックソフトウェア | Adobe Illustrator

Webに関する知識/HTML&CSSなどの言語

つづいての在宅デザイナーに求められている必要なスキルとしては「Webに関する知識/HTML&CSSなどの言語」もあげられます。HTMLやCSSなどのマークアップ言語は、WEBをデザインする知識として絶対条件となります。

デザイン/コーディングスキル

つぎに紹介をする、在宅デザイナーに求められている必要なスキルは「デザイン/コーディングスキル」となっています。デザインのスキルやプログラムミングの基礎を覚えておくといいでしょう。

ポートフォリオ

最後に紹介をする、在宅デザイナーに求められている必要なスキルとして「ポートフォリオ」もあげられます。とは言え、ポートフォリオが何を指しているのか分からないという人もいると思われますので簡単に説明していきます。

ポートフォリオは「自分の実績やスキルが分かる作品集」を指します。何が自分にできるのかポートフォリオにまとめておくと、すぐに仕事に採用されるでしょう。

Thumb在宅ワークにおすすめの身につけたいスキルを紹介!
新型ウイルスが流行している昨今、今までよりも更に在宅ワークに注目が集まっています。おすすめの...
ThumbAdobeがiPad版「Photoshop」を公開!PSDファイルが編集可能に!
AdobeがiPad版向けに写真加工アプリ「Photoshop」の公開を行いました。Adob...

【在宅デザイナー】得られる報酬の目安

つづきましては、在宅デザイナーの仕事で得られる報酬の目安について見ていきたいと思います。在宅デザイナーが自分に向いていたとしても、報酬が低いのであれば本業するには勇気がいります。逆に報酬が高ければ今すぎに本業にすることができます。

そんな在宅デザイナーの報酬の実態について、明らかにしていきたいと思います。報酬の目安を考えて、これから在宅デザイナーをどのようにして目指すのか試行錯誤してみてください。

報酬は人によってかなり差がある

ずばり在宅デザイナーの仕事で得られる報酬は「人によってかなり差がある」のが現実です。受ける案件によっては、報酬が高い場合もありますし低い場合もあります。

ですので、在宅デザイナーの仕事を受ける際は報酬がどの設定されているのか確認しておく必要があります。

数万円から数十万までさまざま

在宅デザイナーの報酬は「数万円から数十万まで幅広い」です。在宅グラフィックデザイナーの報酬の目安は最高年収は「700万~1000万円程度」で初心者の頃は「200~300万円程度」となっています。

CGデザイナーの報酬は、月収数百万円となる場合もあるそうです。webデザイナーの報酬の目安は一つの案件で、数万円程が多い傾向があります。

努力次第で高収入を目指せる

まとめますと、在宅デザイナーの仕事で得られる報酬に関しましては「努力次第で高収入を目指せる」仕事となっています。スキルや仕事の幅を広げることで報酬を上げることができます。

デザインの仕事量が増えれば増えるほど、報酬も上がりますので働き方によって高収入も期待できるでしょう。最初は、慣れないかもしれませんがコツを掴むことで効率よく作業を進められ、初心者の頃より多く稼ぐことができるはずです。

【在宅デザイナー】在宅で働くメリット/デメリット

ここからは、在宅デザイナーとして在宅で働くメリット/デメリットについてくわしく解説していきたいと思います。在宅デザイナーで働くことで受けることができるメリットを理解して、便利に有効活用して働いてみるといいでしょう。

また、在宅デザイナーで働くことで受けてしまうデメリットを理解しておくことで、スムーズに仕事をすることができるでしょう。それでは、在宅デザイナーで働くメリットとデメリットをそれぞれ具体的に説明させていただきます。

主なメリット

まずは、在宅デザイナーで働く主なメリットを2つほど紹介をしていきたいと思いますので、参考にしてメリットを受けてください。

気軽に仕事を受注できる

一つ目の在宅デザイナーで働くメリットとしては「気軽に仕事を受注できる」ことが大きなメリットだと思われます。受ける仕事を自由に選択することができますので、難易度を上げることもでき下げることもできます。

ですので、自分に合った仕事を気軽に受注することが可能です。納期などもあらかじめ知ることができますので、納期に追われることなく仕事を受注することができます。

時間や場所に捕らわれずに働ける

二つ目の在宅デザイナーで働くメリットは「時間や場所に捕らわれずに働ける」こともあげられます。インターネットを使って、自由に仕事を受注できるということは自分の好きなタイミングでいつでも働くことができます。

自宅やカフェ、旅行先でも作業を行えますので場所に関係なく働けることも魅力的なメリットだと思われます。朝に仕事するのもよし、夜に仕事をするのもOKなので時間も自由です。

主なデメリット

ここからは、在宅デザイナーで働くデメリットについても注目をしていきたいと思います。

報酬が仕事によって大きく違う

一つ目の在宅デザイナーで働くデメリットは「報酬が仕事によって大きく違う」ことが大きなデメリットです。受ける案件を間違えてしまうと、報酬が少なくなっていまします。またスキルがないと最初は報酬は高くはありません。

コーディングや3Dデザインなどの専門性のある仕事が報酬が高い傾向があり、なかなか在宅デザイナーでは稼ぐことが難しいという実態があります。

相手の顔が見えずトラブルが起きることがある

二つ目の在宅デザイナーで働くデメリットとして「相手の顔が見えない故トラブルが起きることがある」ことです。どうしてもテキスト上のやり取りだと少々冷たい印象に感じてしまう為、トラブルが発生しやすいです。

顔が分からないので、どう相手が思っているのか分からないことや顔が見えないことからクライアント側から雑に扱われてしまう場合もあります。

キャリアを築いたり人脈を広げづらい

三つ目の在宅デザイナーで働くデメリットは「キャリアを築いたり人脈を広げづらい」こともあげられます。完全に自分ができる範囲での仕事しか行わないため、キャリアやスキルアップは望めません。

また、深くコミュニケーションを取れないため人脈を広げることは難しいです。

Thumb在宅ワークの「メリット/デメリット」をくわしく解説!
この記事では、在宅ワーク(在宅勤務)の「メリット/デメリット」や特徴をくわしく解説します。在...

【在宅デザイナー】仕事を探す方法

ここでは、在宅デザイナーの仕事を探す方法についてくわしく解説していきたいと思います。在宅デザイナーの仕事を探すとは言っても、どこで探せばいいのか分からないと思われます。業務委託契約などができるサイトを見つけることから始めなければなりません。

それでは、在宅デザイナーの仕事を探す際の効率の良い方法に関する情報を紹介していきますので、自分に合った探し方を見つけてください。

仕事の探し方

在宅デザイナーの仕事の探し方のアンケートになります。手っ取り早く仕事を探す方法としても、クラウドソーシングサイトがおすすめです。一番は知人や勤めていた会社からオファーがあったという人が多いそうです。
 

仕事を探した方法 回答者数(複数回答あり)
知人や勤めていた会社からの直接の紹介 27人
クラウドソーシングサイトで自分で探した 14人
インターネットで検索した 12人
SNSを使って自ら営業をした 2人
飛び込み営業をした 1人
学校から 1人
会社に交渉してそのまま在宅ワークに移行 1人

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングで探す

在宅デザイナーの仕事を探す方法として、おすすめなのが「クラウドソーシングで探す」ことです。未経験や初心者は、クラウドソーシングサイトを利用することをおすすめします。案件が多く知識やスキルを身に付けながら仕事を始めることができます。

人づてに探す

つづいて在宅デザイナーの仕事を探す方法の中には「人づてに探す」方法もあります。知人などに在宅で仕事をしているという人がいれば、招待という形で紹介をしてもらうこともあります。

インターネットで探す

また、在宅デザイナーの仕事を探す方法として「インターネットで探す」こともありです。求人サイトで在宅ワークの仕事を募集していることもあります。

パートやアルバイトの契約となりますが、時給制となっていますので確実に報酬を貰うことができますので安心感はあります。一番最初はパートやアルバイトで在宅デザイナーをやってみるのもいいかもしれません。

SNSで探す

SNSで探す

最後に紹介をする、在宅デザイナーの仕事を探す方法は「SNSで探す」です。スキルを積んでいる人におすすめなのが「SNSで探す」方法です。高単価の案件を受けやすいですが、即戦力となる人材を求められる傾向がありますのでで気を付けてください。

まとめ

以上が、【在宅デザイナー】仕事の特徴などくわしく紹介!の記事でした。在宅デザイナーの仕事は、これからの仕事としては確実に伸びる業界なので、デザイン関係に興味があるという人はスキルや必須になるソフトはマスターしておくといいでしょう。

それでは、この記事を参考にして「在宅デザイナー」としてやっていけそうか考えてみてください。

合わせて読みたい!在宅ワーク/デザインに関する記事一覧

Thumb在宅ワークのデータ入力はめっちゃ楽?副業として最強?
コロナウイルスにより、在宅ワークが重視されてきています。そこで在宅ワークのデータ入力のバイト...
Thumb【在宅ワーク】タイピングが得意な人へのおすすめを紹介!
本日はタイピングが得意な人ができるおすすめの在宅ワークについて紹介します。タイピングが得意な...
Thumb【Adobe Color】「色覚異常」に配慮した機能!事前に見えにくい色を確認!
Adobeのデザイナー向け色彩ツール「Adobe Color」が「色覚異常」に配慮した機能を...
Thumb【デザインツール】Canvaとは?できることをくわしく解説!
Canva(キャンバ)をご存知ですか?Canva(キャンバ)とは、有料もありますが、商用利用...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ