【Windows10】irql not less or equalエラーの原因と解決方法!

Windows10利用時、ブルースクリーンエラーで「irql not less or equal」になることがあります。「irql not less or equal」のエラーの原因とはなにか、解決方法とはどうするのかについて説明していきます。

【Windows10】irql not less or equalエラーの原因と解決方法!のイメージ

目次

  1. 1Windows10】irql not less or equalエラーの原因と解決方法
  2. irql not less or equalエラーとは?
  3. irql not less or equalエラーの原因
  4. irql not less or equalエラーの解決方法
  5. 最後に

Windows10】irql not less or equalエラーの原因と解決方法

Windows10でブルースクリーンエラーが生じることがありますが、そのエラーメッセージの際に「irql not less or equal」と表示されることがあります。

irql not less or equalエラーとは?

Windows10の「irql not less or equal」エラーとはどのようなものなのかについてをまずは確認しておきましょう。

Windowsの作業中にブルースクリーンになるエラー

Windows10で「irql not less or equal」のエラーが表示されるのが、Windowsの作業中にブルースクリーンになったときです。

irql not less or equalエラーの原因

Windows10で「irql not less or equal」のエラーが表示されるのは、前述したとおりWindows10のパソコンを操作しているさなかです。

割り込み処理の際に必要なデバイスドライバー/メモリが不足

「irql not less or equal」を直訳すると「irql」以下ではない=「irql」が不足している、になります。irqlとは「Interrupt Request Level」の略で、割り込み処理の優先度のことです。

つまり、「irql not less or equal」エラーはWindows10の割り込み処理をしようとした際、必要となるデバイスドライバーやメモリが不足していたためエラーが発生した、ということを示します。

irql not less or equalエラーの解決方法

では「irql not less or equal」のエラーはどのように解決するのか、原因がドライバーやメモリにあることを踏まえた上でその方法を紹介していきます。

Windows Updateが最新か確認

まず、Windows Updateが最新のものをインストールしているかどうか確認してください。ドライバーの更新などもWindows Updateによって自動的にインストールされるためWindows Updateを実行することで解決する可能性があります。

Windows10の「設定」を開く

Windows10でWindows Updateの確認をする場合、Windows10の設定を開いてください。

「更新とセキュリティ」をクリック

「更新とセキュリティ」をクリックします。

「更新プログラムのチェック」をクリック

「Windows Update」の項目が表示されますので「更新プログラムのチェック」をクリックしてください。

更新があれば再起動などをおこなう

更新があるのであれば、再起動するなどして適用しましょう。

ドライバーに問題がないか確認

ドライバーに問題が生じている可能性もありますので、ドライバーを更新して問題が無いか確認してみてください。

「デバイスマネージャー」を開く

WindowsマークキーとXキーを押してメニューを表示させ、「デバイスマネージャー」を開いてください。

ドライバーに何らかの異常がある場合、ドライバーの横に黄色い三角に!がついたマークが表示されます(上記画像では表示がないですが、仮にそうだった場合の対処法のやり方という形で認識してやってみてください)。

デバイスマネージャーで更新したいドライバーを右クリック

マークが付いたドライバーで右クリックをしてください。

「ドライバーの更新」をクリック

「ドライバーの更新」をクリックします。これで完了です。

システムファイルを修復

「Windowsシステムツール」を展開

コマンドプロンプトでシステムファイルの修復をしてみましょう。Windows10のスタートメニューを開いて、「Windowsシステムツール」フォルダを展開します。

「コマンドプロンプト」で右クリック

「コマンドプロンプト」で右クリックしてください。

「管理者として実行」をクリック

「管理者として実行」をクリックします。ユーザーアカウント制御画面では「はい」を押しましょう。

「sfc /scannow」を入力

管理者権限でコマンドプロンプトが起動するため、ここに「sfc /scannow」とコマンドを入力してください。

エンターを押して実行

エンターキーを押してコマンドを実行します。スキャンには時間がかかります。問題がなければ「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」と表示されます。

また、問題がなくても「Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかり、それらは正常に修復されました。」という形で修復されればOKです。

最後に

Windows10でブルースクリーンが出ると焦ることと思いますが、「irql not less or equal」のエラーは紹介した解決方法で直る可能性が高いです。「irql not less or equal」エラーが出た際にはこの記事を参考に実行してみてください。

Thumb【sfc/scannow】Windows10の修復機能を解説!
Windows10パソコンの調子が悪い時、ファイルを修復するために実行するのが「sfc/sc...
Thumb【Windows10】ntoskrnl.exeのブルースクリーンエラーが出た時の対処法!
Windows10でブルースクリーンエラーの際にその原因のプログラムとして「ntoskrnl...
Thumb【Windows】MEMORY MANAGEMENTのブルースクリーンエラーの原因と解決方法を解説!
Windows利用時に、停止コードとして「MEMORY MANAGEMENT」が表示されるブ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ