Chromecast Ultraの特徴・価格・レビューまとめ!4K・HDR対応が人気?

スマホ画面をテレビに映せるChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)をご存知でしょうか。この記事ではChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の特徴やメリット・価格等の詳細情報をお伝えします。

Chromecast Ultraの特徴・価格・レビューまとめ!4K・HDR対応が人気?のイメージ

目次

  1. 1. Chromecast Ultraとは?
  2. 2. Chromecast Ultraの特徴
  3. 2-1. 4K/HDR/ドルビービジョン対応
  4. 2-2. 有線LAN対応
  5. 3. Chromecast第一世代と第二世代の違い
  6. 3-1. 価格
  7. 3-2. Wi-Fi
  8. 3-3. ウルトラの有無
  9. 3-4. 外観
  10. 4. Chromecast Ultraのメリットとデメリット
  11. 4-1. メリット
  12. 4-2. デメリット
  13. 5. Chromecast Ultraを最安値で買う方法
  14. 6. Chromecast Ultraのレビュー
  15. 6-1. 初期設定
  16. 6-2. 使い心地
  17. 7. Chromecast Ultraでできることまとめ

Chromecast Ultraとは?

https://store.google.com/jp/product/chromecast_ultra?hl=ja-JP&hl=ja-JP&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=japac-JP--jp-dr-bkws-all-all-buy-e-dr-1005572&utm_content=text-ad-none-none-DEV_c-CRE_289784308469-ADGP_Hybrid+%7C+AW+SEM+%7C+BKWS+~+Exact+%7C+Chromecast+%7C+%5BM:1%5D+%7C+JP+%7C+ja+%7C+Ultra-KWID_43700036041969556-kwd-262893676315-userloc_1009430&utm_term=KW_chromecast%20ultra-ST_chromecast+ultra&gclid=Cj0KCQiAi57gBRDqARIsABhDSMof-Qk27UyMLIbgONYeJgGzEZu_Azj0efyyfTOuHLIPO--Bjx62_mMaAksfEALw_wcB&gclsrc=aw.ds

YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを利用しているユーザーが年々増加している中、より高画質の映像を視聴したいユーザーのために4K・HDRでの動画配信を行っています。

4K・HDRの画質の動画を視聴するためには4K対応のテレビやスマホが必要になり、配信される動画をテレビの大画面で見たいと考える方も多くいます。

このように4K・HDRの高画質の画像をテレビで視聴することに大変便利なツールがChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)と呼ばれるデバイスになります。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)とはそもそも、Googleからスマホの画面を簡単にテレビに移すことが出来るようにするための通信補助ツールをして、Chromecast(クロームキャスト)というデバイスが販売されています。

このChromecast(クロームキャスト)に対し、さらに機能を追加したものがChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)というデバイスになります。

この記事では、4K・HDRの高画質の画像をテレビで視聴がストレスなく、より便利に可能になるようChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)とはどんなデバイスで、できることや特徴・メリット・価格や最安価格での購入を目指す方法などの詳細情報について詳しく説明して行きます。

関連記事
【iPhone/iPad】Chromecast(クロームキャスト)のセットアップ設定方法

Chromecast Ultraの特徴

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の特徴とは何なのかについて詳しく説明していきます。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の特徴とは何なのかを理解するために、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の前身となるデバイスであるChromecast(クロームキャスト)について簡単に説明します。

Chromecast (クロームキャスト)にできることとは、Google製のHDMIドングルで、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子にChromecast(クロームキャスト)を接続するだけでスマホの画面を簡単にテレビに移すことが出来るようになるデバイスなります。

Chromecast(クロームキャスト)の上位機種として販売されたのがChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)になり、4K・HDRなどの高画質通信やデバイスとスマホを有線でつなげるようにする機能を追加したデバイスとなっています。

また、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)とは4K・HDRなどの動画をスマホから通信によってつなげるだけデバイスであり、映像を視聴するためには4K・HDR対応のディスプレイが別途必要になるので注意してください。

4K/HDR/ドルビービジョン対応

Chromecast(クロームキャスト)の上位機種として販売されたのがChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)にできること・特徴の1つが4K・HDR、ドルビービジョンに対応していることです。

これにより、4K・HDRなどの高画質の解像度に対応しているテレビを使って、高画質の映像をストリーミングで再生することが出来ます。

また、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)は映像の最大の明るさを高めてより大きな明暗差や豊かな色彩を表現するHDRに対応できることでこれまで以上に鮮明な画像の視聴を可能にしています。

また、現在4Kのコンテンツを楽しめるサービスはYouTube、Netflix、dTV、アマゾンプライム、U-NEXTなど様々なものが対応し始めています。数年前よりラインナップが充実してきているので利用するコンテンツをぜひ検討してみてください。

有線LAN対応

Chromecast(クロームキャスト)の利用者がたびたび起きるのがWi-Fi通信が上手く行かずエラーが発生することです。

Chromecast(クロームキャスト)上位機種であるChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)にはこのような通信トラブルを解消するため、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)電源に有線でLANケーブルをつなぐことが出来るイーサネットポートが付いています。

Wi-Fiではなく有線LANをChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)につなぐことでできることとして、安定した通信速度や通信環境でChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)を利用や、動画をストリーミング再生している途中で動画が止まってしまうというようなトラブルも起こりにくくなります。

関連記事
Chromecast Audio(クロームキャストオーディオ)の使い方や機能・価格まとめ

Chromecast第一世代と第二世代の違い

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)は第二世代型のChromecast(クロームキャスト)の上位機種に分類され、価格が高く設定されています。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)はスマホの画面を通常の液晶テレビに映すだけの目的で使うには適しません。

そこで、ここではスマホの画像をテレビに映すために利用できるChromecast(クロームキャスト)とは何か、できることや特徴について世代ごとの性能や価格などを説明します。

Chromecast(クロームキャスト)は現在第一世代と第二世代と呼ばれるデバイスが流通しており、世代ごとの違いは以下の通りです。各項目の詳細な情報については後述していきます。

  第一世代 第二世代
価格 4,200円 4,980円
Wi-Fi(通信) 2.4GHz 2.4Ghz&5GHz
上位機種(ウルトラ)の有無 ×
形状 スティック型 円型

価格

Chromecast(クロームキャスト)の第一世代と第二世代では価格面ではあまり差がありません。

もし、現在Chromecast(クロームキャスト)を持っていない場合は迷わず第二世代のChromecast(クロームキャスト)を購入するようにしてください。

2018年現在、第一世代のChromecast(クロームキャスト)のネット上での販売は終了しており店舗に余った在庫として保管されていない限り、これから購入される方の手元にはすべて第二世代のChromecast(クロームキャスト)が届くようになっています。

Wi-Fi

Chromecast(クロームキャスト)の第一世代と第二世代のできることでもっとも大きな違いとは、Wi-Fi(通信)の対応の違いになります。

第二世代のChromecast(クロームキャスト)はWi-Fi(通信)の5GHzにも対応しました。5GHzの通信にができることによって、通信速度が出やすいので動画のストリーミング再生の利用に適しています。

第二世代は第一世代の違いとは、比べてより強いWi-Fi電波が使用できることです。このように、より強いWi-Fiの電波が利用できることで動画が固まることはほとんどなくなるという特徴・メリットを出せるようになります。

ウルトラの有無

Chromecast(クロームキャスト)の第一世代と第二世代の違いとして上位機種であるChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の有無があります。

第一世代のChromecast(クロームキャスト)には上位機種であるChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)のようなデバイスは存在しませんでした。

Chromecast(クロームキャスト)の第二世代は、動画を映すディスプレイ環境の変化に柔軟に対応し、ユーザーの要望を満たしていくために上位機種であるChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)が販売されるようになっているのです。

外観

Chromecast(クロームキャスト)の第一世代と第二世代の最後の違いはChromecast(クロームキャスト)自体の形状になります。

第一世代のChromecastはスティック型であり、第二世代のChromecast(クロームキャスト)は円型になっています。

Chromecast(クロームキャスト)にできることに違いはありませんが、形状によって自分の持っているChromecast(クロームキャスト)がどちらの世代なのか見分けるための参考にしてみてください。

関連記事
Chromecast(クロームキャスト)でリセット(初期化)する方法

Chromecast Ultraのメリットとデメリット

Chromecast(クロームキャスト)の第一世代と第二世代の違いが分かったところで、ここでは第二世代の中でChromecast(クロームキャスト)とChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の違いを説明していきます。

大まかにChromecast(クロームキャスト)とChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の性能の違いは「画質」、「処理速度」、「有線LANの対応有無」の3つになります。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の方が価格は高いが上記3つが良くなったという特徴・メリットを持ちます。

Chromecast(クロームキャスト)とChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の性能の違いは以下の通りです。

  Chromecast
(クロームキャスト)
Chromecast Ultra
(クロームキャストウルトラ)
価格 4,980円 9,720円
画質 HD 4K・HDR
Wi-Fi(通信) 802.11ac(2.4 GHz / 5 Ghz) 802.11ac(2.4 GHz / 5 Ghz)1x2 MISO Wi-Fi
有線LAN ×
本体カラー 3色 1色

メリット

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)のChromecast(クロームキャスト)と比較した特徴・メリットとは、4K・HDRなどの高い画質をスムーズに見れる仕様になったという特徴につきます。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)は4K・HDRなどの高画質を見れるようにするためにWi-Fi(通信)が1x2 MISO Wi-Fiと呼ばれる動画2本分の容量のストリーミング再生に必要なデータのやり取りができることが主な仕様になっています。

さらに、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)についている電源に付属している有線LAN接続用のイーサネットポートも高画質の映像を安定して視聴するために通信を安定させる目的で付属されているのです。

よって、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)は4K・HDRなどの高画質動画を安定して見れるという特徴・メリットが出せるように作られているという特徴をもつデバイスなのです。

デメリット

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)のデメリットとは、価格が高いことと4K・HDRなどの高画質動画を視聴する目的以外の利用については機能過多であるという点が挙げられます。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)はChromecast(クロームキャスト)と比較して2倍もの価格がします。

しかし、4K・HDRなどの高画質動画を見ない限り大きなメリットはなく、Chromecast(クロームキャスト)で十分安定した視聴をすることができます。

よって、現在Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)は4K・HDRなどの高画質の動画視聴を目的とするユーザーのみメリットがあり、おすすめできるデバイスとなっています。

関連記事
YouTube字幕の出し方と消す方法は?【iPhone/Android/PC】

Chromecast Ultraを最安値で買う方法

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の購入はGoogleストアで行うことが可能です。

しかし、Googleストアでの購入にこだわりがなく最安価格で購入したければ楽天、ビックカメラ、ヤマダ電機、コジマ、ソフマップなど家電量販店を経由して購入する方がポイントが付くので最安価格で購入でき、大きなメリットがあります。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)を最安価格で買いたい場合は楽天での購入がおすすめです。

楽天での購入でChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の最安価格を目指すためにはポイントセールとクレジットカードの初回特典ポイントを組み合わせると効果的です。

楽天カードを作るともれなく5000ポイントが進呈されるため、楽天カードを作るだけでChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の価格が5000円引きされ本体価格が4720円になり、最安価格を目指せます。

これだけでもChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の価格は最安といえますが、楽天のポイント10倍セール中に購入すると、100円で1ポイントつくため、合計920円のポイントが付きます。

この差を差し引くとChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)を3800円という最安価格で購入することが出来ます。

このように、ポイントと組み合わせることで最安価格でChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)を購入できることがあるので、できるだけ安く最安価格で購入したい方はぜひ検討してみてください。

Chromecast Ultraのレビュー

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の特徴・メリットは、偏に通信の安定性と速さになります。

レビューを確認してみると”Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)はChromecast(クロームキャスト)と比べても安定している”というようなレビューが見られました。


これらのレビューからもわかる通り4K・HDRなどの高画質の動画の視聴や安定したストリーミング再生を行いたい場合はChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の性能は十分であると言えます。

初期設定

Chromecast(クロームキャスト)はWi-Fiを使った初期設定もそこまで大変ではないですが、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)レビューの中には有線LANを使うとバッと接続が可能で利用しやすいといいうレビューも見られました。

レビューの通り、有線LANを使う場合あまり気にしなくていいですが、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)を使いテレビ画面にスマホの画面を映す具体的な初期設定方法とはどのようなものかを紹介します。
 

  1. Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)用のアプリをスマホにダウンロードする。
  2. Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)に電源ケーブルをセットし、テレビのHDMI端子に接続。
  3. テレビの電源を入れ、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)が接続されている画面に入力切替を行う。
  4. テレビとスマホに共通コードが表示さえることを確認し、接続するWi-Fiを選択し、パスワードを入力する。

使い心地

Chromecast(クロームキャスト)の第一世代を利用した経験のある人の多くのレビューが、第二世代のChromecast(クロームキャスト)やChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)に対して通信が安定して使いやすくなったというレビューを出しています。

中にはYouTubeやNetflixなどのVODをテレビで1日中流しても全く問題なかったというレビューもみられました。

よって、レビューを確認していくと通信の重さが気になっている方にとってメリットがあるというレビューや使いやすく満足度が高いというレビューを確認することができます。

関連記事
AndroidでWi-Fiに繋がらない原因・対処法

Chromecast Ultraでできることまとめ

最後にChromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)に出来ることをまとめておきます。Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)にできること、メリット・特徴は以下の4つになります。
 

  • スマホ画面をテレビに映す。
  • 4K・HDRなど高画質の動画を安定してテレビに映す。
  • グーグルプレイミュージックなどの曲をテレビから流す。
  • Googlehomeを利用し音声でテレビに映る映像を操作する。

Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の特徴・メリットや価格・最安価格を目指す方法についてご理解いただけたでしょうか。

Chromecast(クロームキャスト)とは、スマホ画面をテレビに移すことが出来るデバイスであり、Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)の特徴・メリットとは、さらに4K・HDRなど高画質の動画を安定してテレビに映すことができることです。

最安価格で購入を検討する方はクレジットカードのポイントと組み合わせると最安価格での購入が目指せます。また、最安値で購入できればデメリットが消え、レビューでもある通り通信の安定性しているため大きなメリットが得られることでしょう。

4Kを移すことが出来るディスプレイをお持ちの方は、VODと組みあわてより充実した映像を楽しむことが出来る特徴・メリットがあるので、最安価格での購入やレビューを確認し、ぜひ利用を検討してみてください。

関連記事
YouTubeに便利なChrome拡張機能12選【最新版】

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
yu-he-
フリーランスとして活動していくためにライターをしています。 納期は必ず厳守し、連絡に関しても24時間以内に回答い...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ