iPhoneの画面修理は格安で大丈夫?ガラス交換は?

iPhoneの画面修理は格安で大丈夫か気になる方は多いのではないでしょうか。ガラス交換の方法や注意点、iPhoneの画面修理を格安で行うメリット・デメリットやガラスのランク(純正・互換性・偽物の安物)の他に、割れづらくする対策方法もご紹介します。

iPhoneの画面修理は格安で大丈夫?ガラス交換は?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneの画面修理ができる店の種類は?
  2. 2iPhoneの画面修理を格安でするメリット/デメリット
  3. 3iPhoneの画面修理を格安でする際の注意点
  4. 4iPhoneを修理に出す事前準備
  5. 5iPhoneの修理をする際のガラス交換の値段の目安は?
  6. 6iPhoneの画面を割れづらくする対策方法

iPhoneの画面修理ができる店の種類は?

iPhoneの画面が割れた時に画面修理ができる店の種類はどのくらいあるのでしょうか。iPhoneの修理業者は、さまざまな種類があります。

同じiPhoneの修理業者といっても、Apple公式ストアの修理業者から格安の修理専門業者までさまざまな業者がいます。

そのため、どこに修理を依頼したらいいのか迷ってしまうという方も多いのではないのでしょうか。今回は、iPhoneユーザーに参考になる修理業者の種類や選び方をご紹介していきます。

AppStore

iPhoneの画面修理ができる店にはさまざまなものがありますが、メーカーであるApple Storeに直接持ち込む方法があります。Apple Storeやホームページで修理依頼の受付を行っています。

ただ、修理完了までに時間がかかってしまいます。また、修理に出す前にiPhoneを初期化しなければならないなどの他に、店舗数が少ないといったデメリットがあります。

iPhoneの画面をすぐに直して使いたいという方は多いでしょう。App Storeで修理を申し込みすると、安心感はありますが不便な思いをする可能性があります。

キャリアショップ

iPhoneの画面修理を依頼する業者には、キャリアショップがあります。キャリアショップとはiPhoneの販売店のことでdocomo・au・Softbankなどが有名です。

キャリアショップによって対応内容は少し異なりますが、キャリアショップでも店頭修理や修理受付などを行っている場合があります。

docomo

docomoでiPhoneの画面修理やガラス交換を行う方法としておすすめなのはインターネットを使ってMy docomoから申し込む方法です。 My docomoでは申し込み前の事前確認や受付可能機種かどうかを確認することができます。

iPhoneの故障や修理についてはiPhoneリペアコーナーかAppleのウェブサイトを確認しておくといいでしょう。

申し込み前には保証期間や保証内容、データのバックアップについて必ず確認しましょう。iPhoneが水濡れや破損(全損)などの状態だと修理を申し込めない場合もあります。

au

auでiPhoneの画面修理やガラス交換を行う方法としておすすめなのはインターネットを使ってMy auから申し込む方法です。 au公式サイトでは申し込み前の事前確認や受付可能機種かどうかを確認することができます。

iPhoneの故障や修理についてはiPhoneの修理についての注意事項やAppleのウェブサイトを確認しておくといいでしょう。

申し込み前には保証期間や保証内容、データのバックアップについて必ず確認しましょう。auでもiPhoneが水濡れや破損(全損)などの状態だと修理を申し込めない場合があります。

Softbank

SoftbankでiPhoneの画面修理やガラス交換を行う方法としておすすめなのはインターネットを使ってMy Softbankから申し込む方法です。Softbank公式サイトでは申し込み前の事前確認や受付可能機種かどうかを確認することができます。

iPhoneの故障や修理についてはiPhoneの修理についての注意事項やAppleのウェブサイトを確認しておくといいでしょう。

申し込み前には保証期間や保証内容、データのバックアップについて必ず確認しましょう。SoftbankでもiPhoneが水濡れや破損(全損)などの状態だと修理を申し込めない場合があります。

正規サービスプロバイダ

iPhoneの画面修理やガラス交換の方法として、Apple正規サービスプロバイダに依頼する方法もあります。Apple正規サービスプロバイダはApple公認の修理専門店です。店舗ではApple Storeと同様のサービスが受けられます。

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダといった公式の修理専門店に依頼する場合、安心感があることがメリットだといえるでしょう。

ただ、修理完了までに時間がかかり、修理に出す前にiPhoneを初期化しなければならないなどの他に、店舗数が少ないといったデメリットがあります。Apple Storeと同様に、iPhoneをすぐに使いたいという方には不便な可能性があります。

その他の修理業者

iPhoneの画面修理やガラス交換を行う方法には民間の修理専門店に依頼するという方法もあります。街中にあるiPhoneの修理専門業者の多くはこちらのタイプになります。

民間の修理専門業者は大きく分けて2つの種類に分けることができます。国の登録を受けた登録修理業者と、それ以外の業者です。どちらも格安で修理を行うことができるというメリットがあります。

民間の修理専門業者で修理を行うメリットは、予約不要で待ち時間が少ないということです。また、店舗数が多いため利便性が高いといえるでしょう。

デメリットとしては技術が高い業者ばかりではないということが挙げられるでしょう。また、場合によっては修理後に公式のサービスが受けられない可能性があります。

もし民間の修理業者に依頼をする場合は、国の登録修理業者や、実績があることが確認できる修理業者など信頼できる修理業者に依頼しましょう。

実際に、iPhoneは国内でトップのシェア率を占めているスマホです。そのため多くの修理依頼に対応する必要があります。また、Apple Storeや正規プロバイダーなど公式の修理専門店は数が非常に少ないです。

公式の修理業者の数が少ないため、民間の修理業者に依頼をする人の数も増加しています。しかし依頼には注意が必要なケースがあります。

国内で販売されているスマホは電波法という法律によって規制されていることをご存知でしょうか。基準をクリアした新品のスマホには全て「技適マーク」がついています。

民間の業者でiPhoneを修理したことによって、基準をクリアしたことが認められないスマホは違法スマホになってしまう可能性がありました。

そこで、2015年4月1日に登録修理業者制度という制度が設けられました。登録を受けるためには厳しい審査をクリアしなければなりません。

こちらの登録条件を満たした民間の修理業者を総務省が「登録修理業者」として登録しています。現在は「登録修理業者」であれば安心してスマホを格安で修理に出すことができます。

ThumbドコモでiPhoneの修理に使える保証内容は?料金など解説
ドコモのiPhoneが壊れてしまったとき、修理する内容によっては保証が使えます。ここではドコ...

iPhoneの画面修理を格安でするメリット/デメリット

iPhoneを使用中、注意していても起きてしまうのがiPhoneの落下です。画面が割れてしまうこともあるでしょう。

ネットでガラス交換方法を調べていると画面修理を行っている民間の業者を見つけたという方も多いのではないでしょうか。正規店と非正規店の違いは、Appleの認可の有無です。非正規店でも研修を受けて修理をするため修理内容自体に大差はありません。
 
Aoole Storeなどの正規店と民間の業者である非正規店は、料金・保証などにそれぞれメリット・デメリットが異なります。具体的にどのようなメリット・デメリットにがあるのか詳しく解説していきます。

メリット

iPhoneの画面を格安の民間業者で行うとさまざまなメリットがあります。即日で修理が出来て最短30分程度で修理が可能なところもあります。

Apple正規店の修理は、予約を取ってiPhoneを渡しても修理をするための事前準備などで多くの時間がを必要とします。非正規店では隙間の時間で修理ができます。
 
また、Appleの正規店で修理をする際は、iPhoneを初期化しなければなりません。非正規店では初期化せずにiPhoneの画面を修理することができます。

非正規店では、正規店では行ってもらえない修理もできます。データ復旧サービスがあれば、修理後にiPhoneの画面がつかない場合などにデータ復旧サービスを利用すればデータを取り出す事が可能です。

このような修理が格安で行えるというのは非常に便利です。しかし、公式の保証サービスであるAppleCare+に加入していれば、非正規店のように安く修理をする事ができます。

しかしAppleCare+に加入していない人にとっては格安で修理が出来るというのは大きなメリットだといえるでしょう。

それでも非正規店に不安を感じる方が多いのは事実です。その中でもパーツなどの品質に不安を感じる方は多いでしょう。確かに、非正規店はAppleから仕入れをすることはできません。

しかし、Appleが契約している業者らと契約することによって正規品と同等のパーツを入手することが可能です。そのためパーツの品質については安心して利用することができます。

Apple正規店で修理を行う場合、本体ごと交換になる場合がほとんどです。非正規店では故障した箇所のみを修理することで格安で修理を行うことができるというわけです。

デメリット

格安の民間業者を利用するメリットがわかったところで、ここからはどのようなデメリットがあるのかご紹介していきます。

AppleCare+に加入していた場合、非正規店でガラス交換などiPhoneの画面の修理をすると保証対象外になることがあります。Appleは正規店以外で修理をしたiPhoneの保証を一切行いません。これは大きなデメリットだといえるでしょう。注意が必要です。

しかし修理のランクによっては、保証対象になるケースもあります。診断するために分解した場合や、分解してもパーツを交換しなかった場合などです。

逆を言えば、メリットと比較するとデメリットはそこまでないといえるでしょう。iPhoneの画面などを修理できる業者は増加傾向にあるといわれています。

その中でも良い修理業者を選ぶコツは、メリット・デメリットを理解した上で、しっかりとした実績があるところを見つけることです。料金だけで選ばないように注意しましょう。実績がわかりづらいところは要注意です。自分でしっかりと対策しましょう。

iPhoneの画面修理を格安でする際の注意点

非正規点でiPhoneの画面修理やガラス交換を格安で行える方法がわかりました。メリット・デメリットなどの注意点があることもわかりました。ここからはiPhoneの画面修理をApple正規店ではなく、非正規で行う時の具体的な注意点をお伝えしていきます。
 
非正規店で修理を依頼する場合、修理後の保証が注意点です。画面修理をした後に修理後に不具合が起きても保証がないからどうしようもないと非常に困ります。非正規店の格安民間業者は、Apple正規店と異なり、保証に関しては差があるというのが現状です。

修理後の保証の有無

iPhoneの画面の修理は非正規店だと料金が安いという大きな魅力があります。その一方で、修理後の保証が無いことは当たり前だともいわれてます。
 
非正規店でiPhoneの修理を依頼する上で保証の有無とその内容を確認することは非常に重要です。

料金自体は安くても、保証やアフターケアが全くないということはよくあります。非正規店の中でも保証がしっかりとついている民間業者を選ぶようにしましょう。

iPhoneの画面修理やガラス交換を行う方法や注意点がわかりました。もし正規店で依頼する場合も、保証で注意が必要なことがあります。

AppleCare+の保証期間は、購入日から2年間です。加入していない場合、Appleの製品保証の期間は1年間です。

画面割れの修理などの料金が安くなるという内容のサービスはありません。初期状態の製品の不具合に関する保証だけです。

AppleCare+に入っていても購入から2年が経過してしまっている場合や、AppleCare+に加入していないという方は注意が必要です。iPhoneの画面修理やガラス交換の方法として格安業者を視野に入れてみてもいいでしょう。

逆を言えばiPhoneの画面修理はAppleCare+に加入していて購入から2年以上が経過していない方はApple Storeでの修理がいいということになります。AppleCare+に加入していない方は非正規店の中でも保証がついている民間業者で修理するといいでしょう。

Thumb iPhoneが水没しても使えるなら問題なし?修理に出すべき?
皆さんiPhoneが水没してしまっても使えると思って、何もせずに使っているということはありま...

iPhoneを修理に出す事前準備

よく街中で画面にヒビが入ったままiPhoneを使用している方がいます。しかしiPhoneは画面を指でタッチして操作する必要があるものです。

割れたガラスで指を怪我をしてしまう恐れがありますので修理をする必要があります。ここからはiPhoneの画面修理を依頼する上でどのような事前準備が必要なのかご紹介していきます。iPhoneを修理に出す前にやっておくべきことは2つあります。

AppleIDとパスワードのメモ

まずは、Apple IDとパスワードを確認しておきましょう。設定で使う場合があるため念のためメモを取っておくと安心です。Apple IDとパスワードの確認方法は以下の通りです。

iPhone設定画面

設定アプリを開くと、一番上に自分の情報が載っています。こちらをタップします。

Apple IDを確認

「Apple ID」という項目が表示されました。Apple IDはメールアドレスです。上の画像の赤い四角で囲われた部分にご自身のメールアドレスが表示されています。こちらがApple IDとなります。

iTunes StoreとApp Storeをタップ

別の方法でも確認することができます。設定アプリの一覧に「iTunes StoreとApp Store」という項目があります。こちらをタップしましょう。

iTunes StoreとApp StoreでApple IDを確認

iTunes StoreとApp Storeという項目が表示されました。一番上にApple IDが表示されています。確認してメモを取っておきましょう。

パスワードを忘れてしまった場合

パスワードを忘れてしまった場合は、新しく登録することができます。設定アプリの一番上にある自分の情報が載っている項目をタップして開きましょう。Apple IDという項目が表示されます。

パスワードとセキュリティをタップ

Apple IDの項目が表示されました。一覧の中に「パスワードとセキュリティ」があります。こちらをタップしましょう。

パスワードの変更をタップ

パスワードとセキュリティを開くことができました。一番上に「パスワードの変更」があります。

iPhoneのパスコードを入力

パスコードの入力を求められます。4桁の数字がパスコードです。入力しましょう。

新規パスワードと確認パスワードを入力

パスワードの変更画面が表示されました。「新規」と「確認」にそれぞれ同じパスワードを入力します。これでパスワードを変更することができました。

iPhoneのバックアップ

iPhoneの画面修理やガラス交換の前には、必ずバックアップをとっておきましょう。iPhone内のバックアップは、故障してしまうとバックアップを取ることができないことも多いです。

普段から定期的にバックアップを取っておくことが何よりも対策になります。iCloudやiTunesを使ってバックアップをとっている方が多いです。

ThumbiPhoneのホームボタンが壊れた!リセット・対処法や修理に出す前にできること
iPhoneユーザーの方は経験したsことがあるかもしれない、ホームボタンが壊れたという事態。...

iPhoneの修理をする際のガラス交換の値段の目安は?

ここからはiPhoneの修理でガラス交換をする際の値段の目安についてご紹介していきます。iPhoneの修理を非正規店に依頼するのであれば、ガラスのランクなども自分で調べて対策できると安心です。

iPhone画面修理の最安値などと謳っているような広告には注意が必要です。このようなスマホ画面修理は店舗によって価格が異なりますが、ガラスのランクに注目すべきです。

iPhone モデル名 Applecare+ 加入 保証対象外 (画面損傷) 保証対象外 (その他)
iPhone X 3,400円 31,800 円 60,800 円
iPhone 8 Plus 3,400円 19,800 円 43,800 円
iPhone 8 3,400円 17,800 円 38,800 円
iPhone 7 Plus 3,400円 19,800 円 38,800 円
iPhone 7 3,400円 17,800 円 35,800 円
iPhone 6s Plus 3,400円 19,800 円 36,800 円
iPhone 6s 3,400円 17,800 円 33,800 円
iPhone 6 Plus 3,400円 17,800 円 36,800 円
iPhone 6 3,400円 14,800 円 33,800 円
iPhone SE 3,400円 14,800 円 30,800 円
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5

非公開

14,800 円

30,800 円
iPhone 4s 非公開 22,800 円 22,800 円

上記の表を参考にしてみましょう。Appleのメーカー保証が残っているのであれば、Apple正規店で修理をした方が低コストに抑えることができます。

修理料金とガラスのランクの関係

iPhoneの画面修理にはガラスのランクが存在しています。iPhoneにはAppleが提供している純正ガラスの他に、互換性ガラス、偽物ガラスというランクがあるため注意が必要です。

最安値を謳っている画面修理の業者はガラスの種類で偽物ガラスを使っています。ランクの目安としては10,000円以下のランクの修理には注意が必要です。純正ガラス・互換性ガラス・偽物ガラスは価格やランクに大きな開きがあります。

iPhoneのガラス交換は修理料金によってガラスの種類が分かるようになっています。また、純正ガラスと謳っていても注意が必要です。本当に純正かどうか確認すべきです。他にも互換性ガラスや偽物ガラスにはどのような違いがあるのかご紹介していきます。

ガラスの種類 料金
純正ガラス(再生パネル) 15,000 〜 30,000 円
互換性ガラス 8,000 〜 15,000 円
偽物の安物ガラス 3,000 〜 8,000 円

上記の表を参考にしてみましょう。ガラスの種類と画面修理料金は比例しています。純正ガラス(もしくは再生パネル)は約15,000 〜 30,000 円、純正に近い互換性ガラスは約8,000 〜 15,000 円、偽物の安物ガラスは約3,000 〜 8,000 円です。

純正ガラス

純正ガラスは、1番高いランクです。Appleが提供している純正のガラスになります。iPhoneの画面修理において純正ガラスはAppleでないと入手できません。注意しましょう。

また、純正ガラスの割れた部分を箇修復してガラスパネルとして再生させたものも存在しています。民間の修理業者は再生ガラスを使っていますが、こちらは純正ガラスと同様のランクの製品だといえるでしょう。

民間業者で修理を依頼したいと考えている方は、再生ガラスを使用した修理を選ぶといいでしょう。

互換性ガラス

互換性ガラスという名前は聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。iPhoneの画面修理に使う互換性ガラスはやや特殊なタイプだといわれています。

互換性ガラスは、ほとんど純正ガラスと同じように作られているものです。互換性ガラスはほとんど壊れることはありません。しかし、中には修理業者のミスによって壊れてしまうことがあります。これが純正ガラスと互換性ガラスの違いです。

偽物の安物ガラス

互換性よりも更に安い偽物ガラスには注意が必要です。ランクが低いだけではなく故障の危険が伴います。iPhoneの画面修理を最安値で謳っている業者は、iPhoneの画面に似せた偽物ガラスを使って安く修理を行っていることがあります。

偽物は仕入れ値も破格で安いものだと100円程度で入手できますが、偽物ガラスを使うとiPhone本体の基盤を押しつぶしてしまうなど大きなリスクが伴います。

また、格安の修理業者は修理後の責任を持たないと明言しているところが大半です。後で直そうとしても失敗のリスクがあり値段も高いです。偽物ガラスは避けるべきです。

iPhoneの画面を割れづらくする対策方法

ここからはiPhoneを落としてしまってもiPhoneの画面を割れないようにすることができるのかどうかについてご紹介していきます。扱いに注意していてもiPhoneの落下を防ぐことは難しいです。完全に対策をすることは正直難しいでしょう。

しかし、対策を行って補強をすることで割れにくくすることは可能です。落下して格安の修理を行うよりも、事前に備えて置くと安心です。対策方法は、保護フィルムを使う・ケースを使う・コーティングという3つの方法があります。

保護フィルムを使う

1つめの対策方法は、保護フィルムです。iPhoneの画面を保護するために使用する保護フィルムは、落下した際の衝撃を和らげることができます。高価な保護フィルムは格安の保護フィルムと比較すると、その効果の差は歴然です。
 

ケースを使う

2つめの対策方法は、iPhoneにケースを装着する方法です。iPhoneは衝撃に非常に弱く、後ろからの衝撃でも本体が割れてしまう可能性があります。

iPhoneにケースを装着して対策することでiPhoneの画面を保護するだけではなく、背面の衝撃にも備えることができます。万が一、落としてしまった時も衝撃を和らげることができます。

コーティング

3つめの対策方法は、コーティングです。iPhoneの画面を保護する目的で最近流行っているのがコーティングです。コーティングで対策する方法は、特殊な液体をiPhoneに塗ることで、硬度8H以上の硬さにすることができるというものです。

保護フィルムは剥がれてしまうことがありますが、コーティングであれば剥がれる心配もなく安心です。業者だけではなく、一般の方も購入することが可能です。気になる方はコーティングでiPhoneの画面を保護してみるのもいいでしょう。

Thumb【iPhone】リンゴループの対処法まとめ!自力での直し方や修理料金も解説
iPhoneがリンゴループになってしまったときに自力でできる対処法をご紹介します。リンゴルー...

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

Thumb【iPhone】バッテリー容量の劣化状態を確認する方法と電池を上手に使うコツ
iPhoneを長年使っていると気になるのがどうしてもバッテリーの容量や劣化の心配がありません...
ThumbiPhone/iPadの画面を固定する方法!縦・横方向設定を解説!
今回の記事では、iPhone/iPadの画面を縦・横方向に固定する方法について紹介します。順...
ThumbiPhoneのバックアップが容量不足で出来ない!空き容量を増やすコツ!
iPhoneのバックアップをするときは、データが多すぎてPCやiCloudの容量不足になって...
Thumb【iOS12】iPhoneで動画保存できないときの原因と対処法!
iPhoneの便利機能のひとつである「画面録画」機能。スクショ動画を取れる機能ですが、動画を...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
絵理
http://eri.blue/

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ