iPhone/iPadで見られたくない写真を隠す方法【iOS】

iPhoneに他人に見られたくない写真や、隠す必要がある写真があることって人によってはあったりするでしょう。今回は、iPhoneの中にある、他人には見られたくない写真を隠す方法を専用アプリを使わないものと、使うものの2点ご紹介していきます。

 iPhone/iPadで見られたくない写真を隠す方法【iOS】のイメージ

目次

  1. 1. iPhone/iPadで写真を隠す方法〜写真アプリ〜
  2. 1-1. iOSデバイスの写真アプリで非表示にする手順
  3. 2. iPhone/iPadで隠した写真を戻す方法
  4. 2-1. 非表示にした写真を戻す手順
  5. 3. iPhone/iPadで写真を隠す方法〜専用アプリ〜
  6. 3-1. 秘密の電卓
  7. 3-2. さくっとシークレット
  8. 3-3. VeryAlbum
  9. 3-4. cb Time
  10. 4. iPhone/iPadで写真を隠すメリット/デメリット
  11. 4-1. 写真アプリで隠す場合のメリット/デメリット
  12. 4-2. メリット
  13. 4-3. デメリット
  14. 4-4. 専用アプリで隠す場合のメリット/デメリット
  15. 4-5. メリット
  16. 4-6. デメリット
  17. 4-7. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

iPhone/iPadで写真を隠す方法〜写真アプリ〜

iPhoneで写真を隠す方法を解説していきます。通常の写真が保存されているiPhonenの「写真」アプリの中の機能を用いて非表示にする方法と、別途専用の写真を隠すためのアプリをいくつか紹介します。

iPhoneで結構普段写真を撮っている中で、風景や人物の写真の間に、見られたくない、そんなに重要でもないけど消すのはちょっと…となるスマホのスクリーンショット画像が混在してしまうことなど多々あるでしょう。

また、どうしても誰にも見られたくないちょっと訳ありな写真なんかは特に普通のiPhoneのカメラロールにあっては危険すぎます。そんなときに今回紹介する写真を隠す方法はかなり役立ちます

iOSデバイスの写真アプリで非表示にする手順

iOSのデバイスであるiPhone/iPadで画像を非表示にする方法は簡単で、手順としては大きく分けて二つです。

非表示にしたい写真や画像を選択する

非表示にしたい写真や画像を選択していく作業を解説します。

写真アプリ起動

1.ホームから写真アプリを開きます。

タブの選択

2.下の4種類のタブのうち写真又はアルバムを選択します。画像では写真タブを使っています。

写真の選択モード化

3.右上にある選択ボタンをタップし選択モードにします。

画像を選択する

4.選択モードになったら隠したい・非表示にしたい写真を選択します。

写真を非表示にする

上記の選択作業の次に写真の非表示にする方法を解説します。

共有ボタンをタップする

1.選択した状態で左下の共有ボタンをタップします。

非表示をタップして非表示化

3.共有選択画面で3段ある中のグレーのアイコンが並んでいる一番下の段の「非表示」をタップします。

非表示確認ポップ

4.非表示にするかどうか確認ポップがでてくるので、「写真を非表示にする」をタップします。

非表示になり画像が消えた

この作業を行うことで、iPhoneの写真アプリの写真を隠すことができます。非表示にした写真は消去さてたわけではなく、アルバムタブのほかのアルバムに進み項目「非表示」に移動されています。

関連記事
iPhoneの写真を非表示にする方法!再表示方法も解説!

iPhone/iPadで隠した写真を戻す方法

非表示にした写真は、iPhoneの写真アプリ/アルバム/ほかのアルバム/非表示にあります。間違えて非表示にしてしまった写真を戻すには、アルバムの非表示一覧から対象の写真を再表示させる必要があります。その手順を見ていきましょう。

非表示にした写真を戻す手順

iPhoneの写真アプリで非表示にした写真を戻す手順は、①写真アプリで非表示を選択する②非表示アルバムから写真や画像を再表示するという二つの簡単な工程でできます。

写真アプリで非表示を選択する

写真アプリで非表示を選択する手順を見ていきましょう。

アルバムタブに移動

1.下のアンダーバーから「アルバム」を選択し移動します。

アルバム/非表示に移動

2.アルバムに移動したら、下にスクロールし、「ほかのアルバム」内の「非表示」をタップします。

選択モード化

3.右上の「選択」をタップし選択モード化します。

画像をタップして選択

4.選択モードで対象の画像を選択する

非表示アルバムから写真や画像を再表示する

非表示アルバムから写真や画像を再表示する手順を見ていきましょう。

共有ボタンを選択する

1.左下の「共有ボタン」をタップします。

再表示をタップする

2.三段目のグレーアイコンが並んでいるなかから、「再表示」をタップします。

再表示の確認

3.写真タブや、アルバムのカメラロールに移動し、再表示されていることを確認します。上記の作業で非表示にした写真を再表示させることができます

関連記事
【iPhone】写真データバックアップの保存場所の確認方法を解説!

iPhone/iPadで写真を隠す方法〜専用アプリ〜

上記では、iOSのiPhone/iPadにある写真アプリ内で写真を非表示にして隠す方法を解説しました。お次は、iPhone/iPadの写真を隠す専用アプリで写真を隠す方法を解説します。

今回は、iPhone・iPadで使える4つの写真を隠すことができる専用アプリの特徴や注意点を言及しつつご紹介します。

専用アプリに写真を隠すことは写真アプリ内で非表示にする方法よりも万が一気づかれてもパスワードなどでブロックできるためセキュリティ面では優秀です。

秘密の電卓

アップストアの秘密の電卓

iPhoneで写真を隠すための専用アプリである秘密の電卓の特徴や注意点を見ていきましょう。秘密の電卓は、無料のアプリです。アプリ内課金でアップグレードできます。

特徴や注意点

秘密の電卓を開く

アプリを開きます。

説明画面

説明ポップの「私を理解して」をタップします。

パスコードを入れる画面

%をタップします。

遷移画面

左上の設定ボタンをタップします。

サイドバー画面

一覧が表示されます。

写真や画像を追加する画面

プラスボタンをタップします。

写真アプリから画像を選択する画面

対象の写真を一度だけタップします。

保存を確認する画面

秘密の電卓の特徴としては、iPhoneの電卓アプリと似ています。電卓の「%」を押して暗証番号を入力すると開ける仕様となっています。

注意点としては、アイコンが電卓っぽいのですが、鍵マークがついているので、ちょっと怪しいです。また、秘密の電卓に写真を隠しても、iPhoneの写真アプリには残っているので、写真の消去をし忘れてしまうと意味がないです。

さくっとシークレット

アップストアのさくっとシークレット

iPhoneアプリ、さくっとシークレットの特徴と注意点を見ていきましょう。さくっとシークレットは無料のアプリです。アイコンがウォレット系なので結構カモフラージュが効くでしょう。

特徴や注意点

さくっとシークレットを開く

タップしてアプリを開きます。

パスコードを入力する画面

パスコードを入力します。

写真アプリから取り込んだ画像を消去できる画面

さくっとシークレットの特徴は、ユーザビリティに優れているところです。アプリの中には、海外のものを翻訳して使うものが多く、日本語に違和感を感じます。その点、さくっとシークレットは標準な日本語なので、安心感を持って使えるでしょう。

また、アプリのホームぺージもあるので、問い合わせなどが可能です。よくある質問のコーナーで大体の不明点が解決できるのも特徴の一つです。

注意点は、パスコードでiPhoneのタッチIDが使えるので、寝ている間に指で解除されるリスクがあります。また、パスコードを忘れてしまうと開けなくなってしまうので、その点も注意が必要です。

VeryAlbum

アップストアのVeryAlbum

iOS用のiPhone/iPadで使えるVeryAlbumの特徴と注意点を見ていきましょう。オレンジで円状に描かれた文字のデザインで鍵穴のようにも見えるアイコンです。現段階ですと120円の有料アプリです。

有料ではありますが、リーズナブルなので、お買い求めはしやすいでしょう。

特徴や注意点

VeryAlbumのホーム画面

特徴は、暗号化とに沿うんパスワードで写真やビデオを安全に保護してくれるところです。また、デザインや操作性がシンプルです。また、有料アプリなので、お金を払ってアプリを利用しているので、無料のものよりかは安心感があるでしょう。

注意点としては、iPhone内に通常入っているアプリに類似するアイコンがなく、このアプリそのものが、カモフラージュされていないため、見つかって「これ何?」と聞かれてしまったときには結構危険が伴います。

cb Time

アップストアのcb Time

iPhone/iPadで利用できる写真を隠す専用アプリであるcb Timeの特徴と注意点を見ていきましょう。この専用アプリは現段階では、iOS用ですと480円の有料アプリで、海外で作られたアプリです。

特徴や注意点

cb Timeのホーム画面

特徴としては、アラーム付きの飽きない時計と写真やビデオのための安全性の高い金庫で、金庫として写真を隠す場所は時計の裏に隠れていることです。

また、盗難時にアクセスしようとした犯人の顔をiPhoneのフロントカメラで撮影できるという優れた特徴を持ています。

注意点は、アップストアのアプリページを見てもわかるように海外製のアプリなのでその点気になる方は注意が必要です。

関連記事
【Android】アプリアイコンを隠す/非表示にする方法!

iPhone/iPadで写真を隠すメリット/デメリット

iOSのiPhone、iPadで写真を隠す際、iPhoneの写真アプリを用いるか、他方専用アプリを用いるかは、用途によって向き不向きがあります。写真アプリで隠す専用アプリで隠す、両者のメリット・デメリットについて解説していきます。

写真アプリで隠す場合のメリット/デメリット

iPhoneの写真アプリで写真を隠すことのメリット/デメリットを見ていきましょう。

メリット

iPhoneの写真アプリで写真を隠すメリットは、戻すのが容易であることが挙げられるでしょう。

また、iPhoneのカメラロールの景観を写真や画像を消去することなく簡単にできる点や、非表示にした写真をアルバムの非表示で一覧でチェックすることができることです。

デメリット

iPhoneの写真アプリで写真を隠すことのデメリットは、隠すとは言ってもパスコードロックなどのセキュリティをかけることができないことや、iPhoneの非表示機能を知っている人ならいとも簡単に見つけることができてしまうことが挙げられます。

専用アプリで隠す場合のメリット/デメリット

iPhoneの別途インストールする専用アプリで写真を隠すことのメリット/デメリットを見ていきましょう。

メリット

iPhoneに別の写真を隠す専用アプリを入れて使うメリットは、専用アプリのアイコンによってはカモフラージュが効いて見つかりずらい点、セキュリティとしてパスコードを用いることができるので、本当に見られたくないものを固く隠すことができるます。

そして、iPhoneの写真アプリとは別に、こっそり秘密に隠した写真や画像を楽しむことができる点もメリットの一つでしょう。

デメリット

iPhoneに別の専用アプリをインストールして写真を隠すデメリットは、写真をiPhone内の写真アプリに戻すときに戻す作業の手間が結構かかります。

他には、iPhoneを隠す専用アプリであることを知っている人に見られてしまうとバレてしまうので結構危ないです。すでに知られていては、元も子もありません。

また、iPhoneの写真アプリ内にはないので、隠した写真や画像を見る時に手間がかかるという点も、人によってはデメリットになりうるでしょう。

そして、iPhoneで専用アプリを用いて隠したとしても、アプリによっては、iPhoneの写真アプリから写真の移行と同時に消去できないものがあります。iPhoneの写真アプリにわざわざ隠した写真が残ってしまう点はデメリットといわざるを得ないでしょう。

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

関連記事
iPhoneのピープルの消し方!メモリーの停止方法も解説!
関連記事
iPhoneXRでスクショを撮る方法!操作方法を解説!
関連記事
iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の対処法!見れない原因は?
関連記事
iPhoneで削除してしまった写真を復元する5つの方法!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
アイネル
現役大学生ライターのアイネルです。 趣味はコーヒーを淹れること、飲むこと。旅行も大好きです。 良い記事をお...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ