SMS認証用の電話番号を無料で大量取得してSMS認証を回避する方法

今回の記事では、SMS認証用の電話番号を無料で大量取得してSMS認証を回避する方法について紹介します。また、順番に、電話番号を無料で手に入れる方法、SMS認証で無料の電話番号を使いたいときって?について紹介していきたいと思います。

SMS認証用の電話番号を無料で大量取得してSMS認証を回避する方法のイメージ

目次

  1. 1電話番号を無料で手に入れる方法
  2. 2SMS認証で無料の電話番号を使いたいときって?
  3. 3TextPlusでSMS認証用の電話番号を無料で手に入れる
  4. 4SMS認証でTextPlusの電話番号を使う方法

電話番号を無料で手に入れる方法

まず、SMS (Short Message Service / ショートメッセージサービス) というのは、メールアドレスがわからない相手でも日本で無料で電話番号に向けておよそ70文字のメッセージが送れるというサービスです。

また、日本のau、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリア、Y!mobileなどのが提供していてauの場合はCメールという名称になります。送信する時のみ料金がかかり一通当たり無料ではなく、約3円かかります。

ちなみに、パケット通信を使っていないので無料ではなく、日本で通話料金の方に加算されるようです。

加えて、海外のSMSの歴史を簡単に振り返ってみます。SMSは1984年に「テキストメッセージの父」と呼ばれたフィンランド人のマッテイ・マッコネン氏 (Matti Makkonen – 1952年~2015年) によって発案されます。

余談ですが、海外のマッコネン氏は特許が取れるという事を知らなかったため、SMSの発案によって一切収益を得ていないです。

現在でも、海外に使われている無料サービスになりますが、日本では今となっては懐かしい無料PHSのサービスとして1996年4月から開始された模様です。

その後、続いて日本で1997年6月に携帯電話でもSMSサービスが開始されます。今となってはキャリア間の別キャリアへの無料でSMS送信は出来ますが、日本で無料で出来るようになったのは約5年前からなのです。

そして、日本で2011年7月13日よりそれまで無料で同キャリアでしか送る事が出来ず、別キャリアには無料で送れなかったSMSがキャリア間で自由に無料で送れるようになりました。

ちなみに、日本ではSMSと言えば電話番号しかわからない相手に送ったり、着信があった相手にメッセージを送っておくという使われ方が多いと思われますが、海外ではSMSを使った無料のやり取りははわりと主流なサービスになっています。

また、日本で2011年までは同キャリア間しか送れなかったのでその無料のイメージもあるかもしれないです。

やはり、日本でキャリア間関係なしに無料で送る事が出来るメールアドレスを使った無料メッセージのやり取りの方が主流になっている印象を受けます。

TextPlusを使う

textPlusアプリは米国の無料メッセンジャーアプリ&無料電話アプリです。Google Playから無料の「textPlusアプリ」を検索すると出てくるのでこちらを「インストール」してください。

まず、「サインアップ」を選択して、初期設定を進めてください。

・確認メールが来ない場合があります

そして、設定で入力した無料メールに確認して認証するための無料メールが来ません。再度送信してもダメです。無料確認メールが来ない事にはtextPlusアプリで電話番号が取得できないので困ってしまいます・。

また、他のサービスを利用しようか諦めかけていましたが、ダメ元で最後にキャリア無料メールを追加してそっちにも無料確認メールを送信してました。そしたらなぜかこっちでは受信できて無料認証メールが送られてきました。

なぜ、無料メールで受信出来ないのか気になりましたがとりあえずこれで無料確認メールは来たので、送られてきたメール内の「Update Now」のリンクをクリックしてください。

TextPlusのアカウントを作る方法

最初にアプリを起動すると、以下のような画面が出てきますので、「SIGN UP」をタップします。

そしたら、必要事項を記入していきます。記入したら「Sigh Up」をタップしましょう。

ちなみに各項目の説明は、以下の通りです。

First Name:名前

Last Name:姓

Age:年齢

Gender:性別

Email:Emailアドレス

Password:パスワード

性別のところでは、以下の3つ選択肢が出てきます。

Female:女性
Male:男性
No response:言いたくない
 

海外の電話番号を入力する画面が出てきます。基本的にtextPlusでは、海外で電話を使用することがないため、こちらは左上にある「Skip」をタップすればOKです。

そして、登録したメールアドレスにメールが来ておりますので、認証作業をします。

また、認証のため「Confirm Email」をクリックしてください。

再びtextPlusにログインをし、右下の三本線のマークをタップし、「My Profile」をタップしましょう。

「Number」と書いてあるところをタップすると、電話番号をもらうことができます。
 

これが、自分の番号です。

海外でのtextPlusの登録方法は、以上で終わりです。英語が多いので慣れないかもしれませんが、この流れに沿ってやれば番号を取得することができます。
 
また、YouTubeの電話番号も取得できるのか?

YouTubeは電話番号を取得すると、15分以上の長さの動画をアップロードできるようになります。1つの番号で2つのチャンネルまで同じ番号で取得することが可能ですが、多くのチャンネルを持っていると、「電話番号が足りない~」という嘆きも出てきます。

そこで、この海外の「textPlus」でも電話番号を登録できるかどうか試してみました。

※海外では「アメリカ合衆国」にしてください。
 
それでは、認証できるのでしょうか?
 
結果として、認証することができました。この「textPlus」を利用すれば、海外でYouTubeでも電話番号を登録
することができることが可能ということがわかりました。

ThumbLINE Payを出金しよう!現金に換金してATM・銀行口座で出金する方法!
LINEPayのチャージした残高を出金できるのをご存知ですか?LINEPayは本人確認をすれ...

SMS認証で無料の電話番号を使いたいときって?

ここでは、SMS認証で無料の電話番号を使いたいときって?について紹介します。

サイトに登録したいけど実際に使っている電話番号は登録したくない

ここでは、Twitterを例にあげて紹介していきます。

また、Twitterアカウント作成時に求められるのは「呼び名」「電話番号、メールアドレス」「パスワードなど」になります。それらを回避したくはなりませんか?

この時に、海外の電話番号やメールアドレスの連絡先と照合して通知を行うようにするかの回避設定ができるのです。

身バレが怖い方は、海外の詳細回避の設定オプションをクリックして2つの項目からチェックを外してください。

ここのチェックを回避すれば、電話番号で登録しても特に問題はありません。心配な人は登録後に設定で電話番号を回避しましょう。

ここで電話番号ではなく、メールアドレスで登録した場合でも、次の画面で電話番号の登録を促されますが、回避が可能です。

また、呼び名、メールアドレス、パスワードを入力して次のページへ行くと電話番号の入力を促されますが、下にある「スキップ」をクリックすると電話番号を回避して、登録ができます。

これで登録が終了するわけではなく、「Twitterの全ての機能を利用するためには、メールアドレスをご確認ください。

すると、「登録したメールアドレスに確認メールを送信しました。」となり、メールを確認して指示に従うとTwitterの全ての機能が使えるようになります。

*電話番号認証無しで、登録するとアカウントが回避されることが非常に多くなっています。

また、回避される原因として不確かですが、同一IPで多数のアカウントを作成していたり、過去に凍結されたことがあるなどが原因のようです。

IPに関してはルーターを再起動させることで変わるため、Twitterアカウント作成前に変更してみるといいかもしれません。もしくは満喫で作るなどです。

アカウントがロックされた場合、ヘルプセンターへメールしてください。1回目の返信は定型文で返してくるので、返信が来たら再度同じ内容でメールを送ってください。2回目はしっかり人が確認してくれるので、回避されるはずです。

ThumbLINEの通知表示のポップアップ表示とバナー表示の変更方法と使いわけを解説!
LINEを利用していて、相手かのメッセージが来たら通知がスマートフォンに表示されると思います...

TextPlusでSMS認証用の電話番号を無料で手に入れる

ここでは、TextPlusでSMS認証用の電話番号を無料で手に入れる方法について紹介していきます。

TextPlusの使い方

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを設定して新規アカウントを作成します。

認証メールに次バージョンのNext+へのアップデートの勧誘がありますが、ここでは無視して構いません。
試しに上のHeyWireの番号にSMSを送信したら電話番号が発行されました(下画像)

アプリのインストールとアカウントの作り方

まず、インストール完了後に、初期設定を始めます。

そして、「SIGN UP」よりアカウント登録のため”Username”と”Password”を決めましょう。

また、「Customize Number」ページにて、SMSを受け取るダミー番号を決めてください。まず「Select Your State」より適当に米国の州名をプルダウンメニューより選択してください。

選択した州によっては、「払い出せる番号がない」とエラー表示が出るので、別の州に変更が必要なのです。

もし、州が決まれば、続いて「Select Your Area Code」より適当にエリアコードをプルダウンメニューより選択してください。

このコードがそのままダミーSMS番号の”市外局番”となるのです。
また、最後に「Get a custom number」をタップしてください。

その後、セキュリティ認証画面となるため、表示される2つの方法から好きな方を実施してください。

そして、画面に表示される「Your new number is ****」からダミーSMS番号を確認できるのです。

また、ポップアップを閉じた後でも、「設定」タブ内で表示される「My textPlus Number」より確認可能でしょう。

電話番号の取得方法

まず、サインアップしてから[Confirm Email]をクリックすると、本人確認が完了して無事にテキストプラスが利用できるようになります。

次に、テキストプラスから番号を取得していきましょう。

そして、画面の一番右下の設定アイコンをタッチすると、上記のような画面になるでしょう。

加えて、赤枠で囲った部分をタッチするとこのアカウント用に番号を作成できるでしょう。

次に、[Alabama]を選択します。

※選択できずに「アメリカ合衆国」に自動選択される場合がありますがそのままで問題ないと思います。

そして、その下にいくつか頭の番号を選ぶ項目が出てきますので、好きな番号を選ぶことができます。

※自動で番号が割り振られる場合もあるでしょう。

これであなた用の電話番号が割り当てらることができました。

YouTubeでは、+1は無視して『205-~-~』を使用します。
それでは、実際にYouTubeのアカウント認証にテキストプラスで取得した番号を使用してみてください。

ThumbLINE音声入力でトークが便利に?改行/句読点の音声入力方法も解説
日頃、便利なLINEを利用している方も多いと思います。今回は、LINEの音声入力を用いてトー...

SMS認証でTextPlusの電話番号を使う方法

ここでは、SMS認証でTextPlusの電話番号を使う方法について紹介していきたいと思います。

TextPlusで電話番号を複数作成する

まず、Googleアカウントでログインして、「YouTubeの設定」→「その他の機能を見る」→「制限時間を超える動画 – 有効にする」をクリックしてください。

次に、「国を選択してください」を「日本」から「アメリカ合衆国」に変更、「SMSで受け取る」を選択、「電話番号」に先ほどNextplusで入手した番号を入力し「送信」をクリックしてください。

そして、SNS認証コードがNextplusに届きました。これでYoutubeアカウントは確認完了です。

TextPlusに表示されている電話番号を認証画面に入力する

様々なインターネットサービスが普及する中で、不正利用防止のために”本人確認”も厳しくなっており、その代表格となる「SMS認証」ではショートメッセージを受け取れる電話番号が必要なのです。

ただし、この確認方法だと、電話番号を持たないデータ専用契約では認証コードを受け取れないため、困っている人も多いと思います。

そこで、ここでは、電話番号不要でSMS認証する方法として有名なアプリ「textPlus」を紹介したいと思います。

このアプリを使うことで、米国仕様のダミー電話番号を取得し、SMSを受信できるようになります。

すべてのサービスで有用ではない欠点もありますが、SMS認証する手段がなく先に進めない方は試す価値があると思います。

YouTubeでは電話番号のアカウント確認を済ますことで、15分以上の長さの動画をアップロードできるようになる仕組みがあるのです。

また、認証の手順として、まずアカウント確認ページへアクセスし、「国」をデフォルトの日本からアメリカ合衆国へ変えることができます。

次に、電話番号へ取得したダミー番号を入力し「送信」をタップしてください。

そして、YouTubeのアカウント確認ページで入力すると、無事完了したことがわかります。

SMS認証用のメッセージがTextPlusアプリに届く

SMS認証用のメッセージが日本でTextPlusアプリに届くということで、最近は日本で「無料通話アプリ」が普及してきたためなのか、また格安SIMの普及、Wi-Fi運用などで昔と違いキャリアの縛りが薄くなったためか電話番号を持たないという人も居るようです。

日本で格安SIM「音声通話対応SIM」を使っている場合は、SMS機能が付いているのでSMS認証の問題は全くないように思えます。

しかし、後でやっぱり日本で他のMVNOサービスに変えたいといった場合にその都度日本で電話番号も変わってしまうので、色々と面倒な事になります。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ThumbLINEプリペイドカードのチャージ方法!チャージできない原因・対処法も解説
LINEプリペイドカードのチャージ方法について詳しく解説しています。LINEプリペイドカード...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
荒井宏太
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ