【iPhone6s】水没後の対処法!NG行動も解説!

iPhone6sの水没後の対処法を紹介していきます。iPhone6sが水没してしまったら、どのような行動を取るべきか?NGな行動の二つについて説明します。また、iPhone6sの水没後の注意点についても詳しく説明します。本体の電源を入れていいかなど紹介します。

【iPhone6s】水没後の対処法!NG行動も解説!のイメージ

目次

  1. 1【iPhone6s】水没後のNG行動
  2. よくあるNG行動
  3. 2【iPhone6s】水没後の対処法〜電源/充電〜
  4. 電源はOFFの状態にする
  5. 3【iPhone6s】水没後の対処法〜本体/SIMカード〜
  6. 本体/SIMカードの水気を拭き取る
  7. 4【iPhone6s】水没後の対処法〜乾燥〜
  8. 乾燥のやり方
  9. 5【iPhone6s】水没後の対処法〜修理〜
  10. Apple storeに修理に出す場合
  11. 6【iPhone6s】水没後の注意点
  12. 水没後に復活した場合の注意点
  13. まとめ
  14. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

【iPhone6s】水没後のNG行動

iPhone6s

もし、あなたのiPhone6sを海や川、お風呂に落としてしまった場合によくやってしまいがちなNG行動について最初に紹介をしていきたいと思います。iPhone6sの水没後の行動によって、あなたのiPhone6sの復元率が大きく変わってくるのです。

ですから、iPhone6sの水没後のついやってしまうNG行動をあらかじめ理解をしておかないと大変なことになってしまいます。より、iPhone6sの水没後よりも深刻な状態になってしまう可能性も考えられますので、水没後のNG行動をしないようにしてください。

それでは、iPhone6sの水没後のよくあるNG行動をまとめましたので頭に入れておいてください。

よくあるNG行動

ここからは、iPhone6sの水没後のよくある主なNG行動を3つほど紹介していきます。よかれとやったことが、もっとiPhone6s本体に水没の被害が広がってしまうのです。そんな良いと思っていたNG行動を見直してみてください。

電源を入れる/充電をする

iPhone6sの水没後によくあるNG行動の中に「電源を入れる/充電をする」ということはけして行ってはいけません。電源を入れることや充電をすることは、ますます故障する原因となります。濡れたまま電源・充電すると危ないのです。

どう危険なのかというと、水没後のiPhone6sの電源をオンする充電すると、電気が流れるため水分などの影響でショートする可能性が考えられます。充電したり電源を入れて、iPhone6sが大丈夫かどうかを確認したいのは分かりますが故障のリスクが高まります。

電源を入れる/充電をするのは、NG行動だと頭に入れておいてください。

水分を飛ばすために本体を振る

つづいてのiPhone6sの水没後によくあるNG行動として「水分を飛ばすために本体を振る」ことを行っている人を良く見かけますが、乾燥させるための対処法としてやっているのであれば逆効果になります。

iPhone6sの水没後に本体を振ることは、やってはダメな行為です。iPhone6sを振ってしまうと内部で水分が広がってしまいます。あらゆる部分に水分が本体のあちらこちらに入り込んでしまいますので被害が拡大してしまいます。

ドライヤーで乾かす

最後に紹介をする。iPhone6sの水没後によくあるNG行動は「ドライヤーで乾かす」ことも決してしてはいけません。ドライヤーの熱でiPhone6s本体にダメージを与えてしまいます。水を吹き飛ばし乾燥させる効果がある為、やりがちですが悪化してしまいます。

ただし、ドライヤーを冷風に切り替えて乾かすことであれば、ドライヤーの熱による故障は避けることができるでしょう。注意点としては、ドライヤーの熱(温度)には気を付けて対処法を行ってください。

ThumbiPhone6sのスペックは?機能・価格とカメラ性能もレビュー!
みなさんはiPhone6sを利用したことはありますか。iPhone5に比べてスペックが良くな...

【iPhone6s】水没後の対処法〜電源/充電〜

それでは、iPhone6sの水没後のやってはいけない間違った対処法を理解したところで、正しい対処法について紹介をしていきたいと思います。ここから説明していくiPhone6sの水没後の正しい対処法は「電源/充電」に関してのことについてです。

iPhone6sの水没後に電源を付けるのか?電源を付けないのか?そして、充電はするのか?充電しないのか?などをはっきりさせていきますので、正しい対処法を知っておいてください。

電源はOFFの状態にする

iPhone6sの水没後は「電源はOFFの状態にする」「充電しない」これ必ず守ってください。iPhone6sの水没後は、何も触らないでください。電源はずっとOFFのままにする。充電は絶対にしないでください。

一度電源を付ける。あるいは、充電しただけで二度とiPhone6sの電源が入らなくなる可能性が予想できます。ショートしないためにも、電源を切り充電しないでください。

これを守らなければ、これから紹介をする的確な対処法を取ることができませんので理解をしておいてください。

ThumbiPhone6sの画面サイズと大きさは?サイズ感もレビュー!
iPhone6sを利用したことはありますか。iPhone6sの画面サイズ感や大きさがどのくら...

【iPhone6s】水没後の対処法〜本体/SIMカード〜

つづきまして、iPhone6sの水没後の対処法として「本体/SIMカード」に関することにフォーカスしていきたいと思います。これから紹介する対処法は、iPhone6s本体の電源をオフにした状態を前提に説明しますので、必ず行うようにしてください。

iPhone6sの水没後、本体/SIMカードが濡れたままでは大変危険な状態なので、しっかりと対処法をとっていくようにしてください。

本体/SIMカードの水気を拭き取る

本体/SIMカードが濡れていたら被害が拡大してしまいます。今すぐ「本体/SIMカードの水気を拭き取る」ようにしてください。本体が濡れたままですと、スピーカーやイヤホンの穴・隙間から水が本体から入り込んでしまい故障してしまいます。

本体が濡れたままですとSIMカードまで被害が広がってしまいます。SIMカードには、あなたの電話番号やメールアドレスの情報が入っています。本体と一緒にSIMカードまで故障すると取り返しのつかないことになりますので本体の水分をふき取ってください。

そして、すぐさまSIMカードを本体から取り出して軽く拭いてから乾燥をさせてください。本体とSIMカードには水分を残さないように拭いておくことが重要です。

ThumbiPhone旧モデルに修正(パッチ)不可能な「脆弱性」!完全脱獄も可能?
2011年から17年の間に発売されたiPhoneやiPadなどの旧モデルにおいて、「修正(パ...

【iPhone6s】水没後の対処法〜乾燥〜

ここからは、iPhone6sの水没後の対処法として「乾燥」について詳しく紹介をしていきたいと思います。iPhone6sの水没後の乾燥がしっかりとできているか?で復活する確率が大きく変わります。

実は、iPhone6sの水没後の乾燥のやり方があるのです。そのまま放置して乾燥させるだけでは期待できません。ですから、より効果的に乾燥させる方法をとるべきです。そんな乾燥の方法を紹介させていただきますので、参考にしてください。

乾燥のやり方

そのiPhone6sの水没後の乾燥のやり方とは「生米/乾燥剤で復活させる方法」です。これについて詳しく紹介していきたいと思います。一見、生米/乾燥剤と馬鹿馬鹿しいと思う人もいることでしょう。

しかし、理にかなっていることなのです。家に生米/乾燥剤があるか確認をして用意しておいてください。

密封袋に乾燥剤/お米と一緒に入れる

ジップロック(密封袋)に生米と乾燥剤を一緒に入れます。その次に電源をOFFにしたiPhone6sを入れます。iPhone6sがお米に隠れるくらい沈めます。そのまま水分がなくなるまで丸一日乾燥させ続けます。

水分が完全に飛んでいることを確認してから、iPhone6sの電源を入れると回復しているでしょう。なぜ?このようなことをするのかと理由を言いますと、お米と乾燥剤を密封袋で閉じることにより、さらに乾燥させる効果を持つからです。

丸一日経っても電源が入らない場合は、もう一日試してみることも念のため行ってみるといいです。

Thumb【iPhone】2ファクタ認証を解除・オフにする方法!できないときの対処法も解説!
AppleIDには2ファクタ認証と言う高度なセキュリティで守られています。Appleの最新の...

【iPhone6s】水没後の対処法〜修理〜

ここからは、iPhone6sを水没させて故障してしまった場合の対処法を紹介していきたいと思います。完全にiPhone6sの電源が入らなくなったり、電源が落ちるようになったり、ディスプレイがおかしいなどと言った場合は「修理」に出すこと考えてください。

それでは、iPhone6sを水没した後に修理に出す方法について説明させていただきます。

Apple storeに修理に出す場合

まずは、iPhone6sを水没で故障してしまった場合は「Apple storeに修理に出す」ことを真っ先に考えるでしょう。そこでいくつか問題が発生します。水没で故障した場合は、修理してくれるのか?修理費用は?などといった疑問が浮かぶでしょう。

そんな、修理に関することを紹介していきたいと思います。また、AppleCare+に加入しているかなどの確認をしておくと修理に有利になります。

水没は保証対象外

残念ながらiPhone6sを水没で故障した場合は「保証対象外」となってしまいます。しかし、AppleCare+に加入をしていた場合は、1回まで保証対象となる場合がありますので、AppleCare+に登録をしているか確認をしてみてください。

水没故障の確認方法

修理に出す前に、本当にiPhone6sが水没で故障したのかを判断する必要があります。iPhone6sの水没故障の確認方法は、「側面側のSIMカードの挿入口内部に水没マークが表示」されていれば水没で故障したのかを判断できます。

修理料金

それでは、iPhone6sが水没で故障した場合の修理費用について解説をしていきたいと思います。修理費用は、AppleCare+がある場合とAppleCare+がない場合で料金が変わってきます。

AppleCare+がある場合は、2年間に2回まで限定で1回7.800円で修理をしてくれます。この値段で修理をしてくれることは、かなり安いです。AppleCare+がない場合だと修理費用は「最安30,400円/最大67,800円」とかなり高額になってきます。

現在契約をしているキャリアによっては、保証を安くできるプランなどに入られている場合があります。その場合は、修理費用がお安くなる可能性はあります。どうしても安く修理したいのであれば、非正規修理業者を使ってみるのも手です。

ThumbiPhoneの写真をコンビニで印刷する方法!【セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート】
iPhoneに撮影したしゃしんがたまっていませんか?実はその貯まった写真、コンビニで印刷する...

【iPhone6s】水没後の注意点

最後に、iPhone6sを水没させてしまった後の「注意点」について紹介をしていきたいと思います。これから説明をする注意点を知っておかなければ、水没の危険性を軽く見てしまうことになります。水没はあなたが思っているよりも何倍も危険なのです。

もし、iPhone6sを水没されてから対処法をとらなければ、故障することは間違いないでしょう。奇跡的に故障しなかったとしても、目に見えないだけで本体の内部が故障しているという可能性も十分考えられます。ですから気を付けなければなりません。

それでは、iPhone6sを水没後の注意点を説明していきますので、しっかりと理解しておいてください。

水没後に復活した場合の注意点

もし、iPhone6sを水没させてしまった後に奇跡的に電源が入り使えるようになった場合は嬉しいことでしょう。しかし、このiPhone6sを水没後の復活したことに対して注意点があるのです。けして復活したからと安心をしてはいけないのです。

そんな、iPhone6sの水没後に復活した場合の注意点について解説をしていきたいと思います。復活をしたとしても壊れることはあるのです。

内部劣化が早くなる

iPhone6sを水没して復活した場合の注意点とは「内部劣化が早くなる」ことです。目に見えないので、注意点としては、忘れがちです。

この注意点を頭に入れていない人が多く、水没後に復活していたと思ったiPhone6sが突然故障してバックアップなどを取っていなくて後悔したという声をいくつも聞いたことがあります。一時的に水分が本体に入り込んでいたことで、劣化が進んでいるのです。

ですから、このように突然iPhone6sが故障してしまうことが考えられます。水没したiPhone6sは、いつ壊れるか分からないという状態であることをよく認識して使いようにしてください。水没した後は、真っ先にバックアップを取るようにしてください。

まとめ

以上が、【iPhone6s】水没後の対処法!NG行動も解説!の記事でした。iPhone6sがもし海やプール、お風呂に誤って落としてしまったら、すぐに紹介をした正しい対処法をとってください。的確に対処法を行う事で復活する可能性を高めることができます。

そして、水没した後に復活したらバックアップも忘れないようにしてください。それでは、この記事を参考にして、iPhone6sが水没しても冷静な判断をして対処していきましょう。

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

Thumb「QUICKPay+(クイックペイプラス)」とは?iPhoneで使える?
みなさんはQUICPay(クイックペイ)のQUICKPay+(クイックペイプラス)とは何かご...
Thumb【iPhoneXR/XS】ワイヤレス充電を使うときの注意点を解説!
今回の記事では、iPhoneXRやiPhoneXSでワイヤレス充電を使うときの注意点を中心に...
ThumbiPhoneの初期化でパスコードを忘れたときの対処法!
iPhoneを使っている方は初期化をするときにパスコードを忘れてしまったなんてことはありませ...
Thumb【iPhone8】格安SIMに乗り換える手順!キャリア別解説!
iPhone8で格安SIMに乗り換える場合のau、ソフトバンク、ドコモといったキャリア別の手...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ