iPhone6sのスペックは?機能・価格とカメラ性能もレビュー!

みなさんはiPhone6sを利用したことはありますか。iPhone5に比べてスペックが良くなり、色んな特徴が追加されました。もちろんiPhone6sは、メリットもあればデメリットもあります。ここではiPhone6sのスペックについて紹介します。

iPhone6sのスペックは?機能・価格とカメラ性能もレビュー!のイメージ

目次

  1. 1. iPhone6sのスペック〜カタログ値〜
  2. 1-1. スペック詳細
  3. 1-2. 他機種と比較
  4. 2. iPhone6sのスペック〜特徴〜
  5. 2-1. 特徴
  6. 2-2. メリット
  7. 2-3. デメリット
  8. 3. iPhone6sのスペック〜カメラ性能〜
  9. 3-1. カメラスペック詳細
  10. 3-2. 撮影モード
  11. 3-3. 明所での撮影
  12. 3-4. 暗所での撮影
  13. 3-5. ズーム撮影
  14. 3-6. Live Photos撮影
  15. 3-7. 動画撮影
  16. 3-8. インカメラ
  17. 4. iPhone6sのスペック〜機能〜
  18. 4-1. 3D Touch
  19. 4-2. クイックアクション
  20. 4-3. Touch ID
  21. 5. iPhone6sのスペック〜レビュー〜
  22. 5-1. 外観
  23. 5-2. CPU性能
  24. 5-3. 電池容量
  25. 6. iPhone6sの価格
  26. 6-1. 実質負担価格
  27. 6-2. 月額料金
  28. 6-3. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

iPhone6sのスペック〜カタログ値〜

みなさんはiPhone6sを手に持ったことはありますか。iPhone6sは、iPhone5やiPhone5sに比べてスペックが大幅によくなりました。ここではiPhone6sのスペックであるCPUやカラーの違いなどによるメリットとデメリットについて紹介します。

それでまずiPhone6sの基本的なスペック情報やiPhone6sのカラーについての基本情報や特徴について紹介します。
 

iPhone6sのカラー種類 iPhone6sのストレージ(容量) サイズと重量
ローズゴールド 16GB 高さ:138.3 mm
ゴールド 32GB 幅:67.1 mm
シルバー 64GB 厚さ:7.1 mm
スペースグレイ 128GB 重量:143 g

スペック詳細

次にiPhone6sのスペックについてはもう少し詳細説明します。iPhone6sには高機能なCPUや高機能なカメラ性能を利用しています。

iPhone 6sのスペック詳細

CPU Apple A9
外側カメラ画素数 約1,200万画素
内側カメラ画素数 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,334×750)
RAM 2GB
ROM 32GB
SDカード 未対応
電池容量 1,715mAh
連続通話時間(LTE) 約840分
連続待受時間(LTE) 約240時間
高さ×幅×厚さ 138.3×67.1×7.1(mm)
重量 約143g

他機種と比較

apple公式の他機種と比較ページ

次に他機種と比較して、価格やメリット/デメリットを比較してみましょう。
 

  iPhone 8 iPhone 7 iPhone 6s
画面サイズ 4.7インチ 4.7インチ 4.7インチ
CPU A11 Bionic A10 Fusion A9
RAM 2GB LPDDR4X 2GB LPDDR4 2GB LPDDR4
ストレージ容量 64GB、256GB 32GB、128GB 32GB、128GB
生体認証 指紋認証(Touch ID) 指紋認証(Touch ID) 指紋認証(Touch ID)
耐水性能 最大30分間の耐水性能 最大30分間の耐水性能
ヘッドフォンジャック なし あり あり
端末価格 67,800円〜 50,800円〜 50,800円〜

関連記事
iPhoneのサイズを比較!スペック・価格などモデル別に紹介!

iPhone6sのスペック〜特徴〜

iPhone6sの基本的な高機能なスペックについてはわかっていただけましたでしょうか。これからはさらにiPhone6sのスペックの特徴について紹介します。

iPhone6sのスペックの特徴としては、iPhone6販売時に最新のスペックを利用している点です。この最新機能のスペックのCPUやカメラ性能を利用している特徴があります。

その最新機能を利用することでiPhone6sはどのような特徴としてメリットやデメリットがあるのかを紹介します。是非参考にしてみてください。

特徴

まずiPhone6sのスペックの特徴としては、高機能のCPUを利用している点です。今までのiPhoneではあまりCPUが良くないといわれてきましたが、iPhone6sに搭載するCPUのスペックが高性能になりました。

これによってiPhone6sで動作するアプリケーションの動作も格段にスムーズに動くようになり、iPhone6sはより高機能なことをできるようになりました。

またiPhone6sのスペックは、CPU以外にもカメラ性能や電池容量の拡大など幅広い機器の機能アップを実現しています。

メリット

それでは次にiPhone6sのメリットの機能やスペックについて紹介します。iPhone6sのスペックでのメリットは、CPUと電池容量が機能アップしたことによる追加機能の多さです。

iPhone6sまではカメラ性能はシンプルに写真を撮るだけの機能でしたが、iPhone6sからはスペックアップしたことで様々なカメラ性能が追加されました。

またiPhone6sの電池容量が大きくなったことで、iPhoneのアプリケーションを動作できる時間も大幅に長くなり、充電をする回数が減ることを実現できました。

デメリット

しかし一方でiPhone6sのCPUのスペックやカメラ性能が良くなったことによるデメリットもあります。それはiPhone6sの価格です。iPhone6の価格は、iPhone5やiPhone5Sに比べて大幅にが上がってしまいました。

なのでiPhone6sのなったことで結構価格が変わり戸惑った人もいるのではないでしょうか。このようにiPhone6sはCPUや等のスペックはよくなりましたが、価格の面ではデメリットがでてしまいました。

やはりこの価格のデメリットは、今後新しいiPhoneが出るたびに目立つデメリットになってしまいます。なので価格と相談しながら、iPhoneを購入するようにしましょう。

iPhone6sのスペック〜カメラ性能〜

カメラアプリを起動画面

それでは次にiPhone6sのスペックの中でもカメラ性能について紹介します。

あなたはiPhone6sでカメラ機能を利用したことはありますか。iPhone6になりカメラ性能は、グンと変わりました。ここではiPhone6sのカメラ性能がどのように変わったのか紹介します。

またカメラ性能が変わったことで、どのような写真を撮れるようになったのかやどのような機能を活用すると綺麗な写真が撮れるのかについても紹介するので、是非参考にしてみてください

カメラスペック詳細

まずiPhone6sになってことでどのようなカメラ性能が上がったのか、それぞれのカメラスペックの詳細について紹介します。

iPhone 6sのカメラスペック詳細

カメラ画素数 外側カメラ:約1,200万画素
内側カメラ:約500万画素
F値 外側カメラ:2.2
内側カメラ:2.2
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
ズーム(最大) 静止画:デジタル5倍
動画:デジタル3倍
ISO感度(最大) 静止画:ISO2500
動画:ISO2500
手ブレ補正機能 静止画:自動手ぶれ補正
動画:×

撮影モード

撮影モード選択画面

iPhone6sからは撮影モードの種類が増えました。

iPhone6sのカメラ性能が上がったことで、色んなパターンに合わせた撮影モードで写真を撮ることができるので是非試してみてください。

明所での撮影

またiPhone6sのカメラ性能のスペックが上がったことで明所での撮影がきれいに撮れるようになりました。

今までは太陽やLEDの蛍光灯の近くで写真を撮ると白ハネしてしまい、あまり綺麗に取れませんでした。しかしiPhone6sからは改善されています。

暗所での撮影

また一本暗所での撮影に関しても、iPhone6sのカメラ性能のスペックが上がったことで綺麗に撮影できるようになりました。

今までは夜にイルミネーションや暗い部屋で写真を撮ると真っ暗になっていましたが、それも改善するときにされているので是非夜のイルミネーションを撮影して、比較してみてください。

ズーム撮影

そしてiPhone6sのカメラ性能がスペックアップしたことでズーム写真の質も向上しました。

ズームで写真を撮るとぼやけてしまっていたのが、綺麗に写真が撮れるようになりました。

Live Photos撮影

Live Photos設定画面

そしてiPhone6sのスペックアップで注目を浴びている機能は、Live Photos撮影です。

Live Photosとは、iPhone6s以降に搭載されている撮影機能です。 この機能を使うと、撮影前後の動きを1枚の写真に収められます。iOS 11では、この「Live Photos」で撮影した写真を編集し、さまざまなエフェクトを楽しむことができます。

是非活用してみてください。

動画撮影

動画撮影画面

そしてiPhone6sのカメラ性能がスペックアップしたことで、カメラだけではなく動画撮影も綺麗に撮れるようになりました。

あまり動画撮影しない人は、一度利用してみてください。意外と動画の方が色々と活用できて便利なこともあります。

インカメラ

そして最後はインカメラのスペックアップについて紹介します。

インカメラは、SNSに自撮り写真をアップロードするときなどに利用している人が多くいるのではないでしょうか。

インカメラの写真も非常にきれいに撮れるようになったので、是非試してみてください。

関連記事
iPhone6/7/8のケースサイズ一覧!互換性があるのは?

iPhone6sのスペック〜機能〜

それではここからはiPhone6sのスペックの特徴として、どんな機能が追加されたのかを紹介します。iPhone6sになったことで利用できる機能が追加されたことは知っていますか。

実はiPhone6sになったことでiOSのバージョンアップされて、色んな機能を利用できるっようになりました。もちろんiPhone5等でもiOSのバージョンアップすることで利用できる機能があります。

ここではiPhone6sの最新OSになったことで利用できるiPhone6sの機能の特徴について紹介します。

3D Touch

3D Touch設定画面

まずiPhone6sのスペックアップに伴い追加された機能としては、3D Touchです。

3D Touchとは、「画面を押し込む」ことができるようになりました。しかしiPhone 6s/6s plusユーザーの中には、「3D Touch」を使いこなせていない人も多いのではないでしょうか?

3D Touchの機能を利用して画面を強く押し込むことで、さまざまな操作を行えるようになりました。これはアプリケーションによってできることが異なるので、試してみてください。

クイックアクション

クイックアクション起動方法

また3D Touchの機能と似た機能でiPhone6sでは、クイックアクションという機能があります。

3D Touch同様に画面を強く押し込むことで、さまざまな操作を瞬時に行える機能です。イチイチアプリケーションを起動しなくても、返事を確認したり、共有したりすることができます。

デメリットとしては、少し使い慣れるまで時間がかかることです。この機能は慣れるまで時間がかかりますが、慣れるととても便利な機能です。

Touch ID

Touch ID設定画面

そして最後に紹介するのは、Touch IDというiPhone6sがスペックアップしたことで利用できる機能です。

Touch IDとは、iPhone 5s 以降に搭載されている指紋認証センサーです。「Touch ID」を使うと、パスコードを入力しなくてもアプリにログインできます。「Touch ID」を利用するには事前にiPhoneの設定が必要です。

なのでiPhone6sになったことでスペックが上がっただけではなく、一つ一つの機能や性能までも上がっています。

iPhone6sのスペック〜レビュー〜

それでは次にiPhone6sのスペックに関するレビューについて紹介します。

レビューとは、インターネット販売サイトでよく耳にする言葉ですが、実は複数の意味を持ちます。ここでいつレビューとは、人が感じた意見や感想のことをレビューとしています。なので色んな人がiPhone6sのレビュー意見があります。

その中でも一般的に言われているiPhone6sのレビューや感想について紹介します、もし今後iPhone6sを購入する予定等あるのであれば、是非このレビューを参考にしてみてください。

外観

まずiPhone6sのスペックに関するレビューとして、iPhone6sの外観や見た目に関するスペックレビューを紹介します。

やはりiPhone6sの中身のスペックが良くても、見た目や外観のスペックが良くないとiPhone6sを利用しようとは思いませんよね。なのでここではiPhone6sの外観ではどんなレビューがあるのかを紹介します。

しかしあくまでも人のレビュー意見であることを覚えておいてください。人によって感じ方やレビューは異なります。

デザイン

まずiPhone6sのスペックでデザインに関するレビュー意見としては、高級感が増したというレビュー意見が多くあります。

iPhone6sは価格が高騰していましたが、外観にお金をかけているのが見たわかります。特にiPhone6sの裏面の光沢や質はとてもよいレビューがたくさんあります。

なのでデザインについては、iPhone6sはとても高評価のようです。

カラー

次はiPhone6sのカラーに関するレビュー意見です。iPhoneのカラーは、黒・白・グレーの3カラーが主流でした。しかしiPhone6sからはカラーの質も向上しました。

ゴールドカラーやシルバーカラーも追加させれて、よりカラーでもiPhone6からスペックが良くなったことを感じするようになっています。やはり常に持ち歩くのでカラーも大事ですよね。

iPhoneはデザインやカラーについても常にこだわっています。なので自分が好きなiPhoneカラーを見つかるでしょう。色んなカラーを持ってみて、確認してみてください。

CPU性能

そして最も気になるのがiPhone6sのCPU性能に関するスペックです。

もちろんiPhone6sからはさらにCPU性能スペックがよくなりました。今までアプリの質が高いと少し動作が遅かったようですが、はっきりと以前のCPU性能よりスペックアップしていることを感じるでしょう。

レビューでも今までより3段階以上スペックアップしたという意見があります。

電池容量

そして最後はiPhone6sの電池容量に関するスペックレビューです。電池容量は恐らくCPU性能の次に大事なスペックです。電池容量が少ないとすぐに充電が必要になってしまいます。

なので電池容量は特に気にしている人が多いのではないでしょうか。以前のiPhoneは電池容量が少ないとよく言われてきましたが、今回のiPhone6sからは電池容量が良くなったという意見が多くあります。

これはiPhoneの電池容量の機能を新しくしたことで改善されました。しかし電池容量は、ずっと利用していくと減ってきてしまうので、注意してください。

関連記事
iPhoneX/8/8plusの画面サイズを比較!重さや大きさは?

iPhone6sの価格

それでは最後に一番気になるiPhone6sの価格について紹介します。

やはりiPhone6sのスペックが良くても、価格が高いと困りますよね。

ここではiPhone6sの価格について説明します。

実質負担価格

まずは、iPhone6sを購入するのに必要な実質負担価格について紹介します。
 

契約方法 新規/機種変更/のりかえ(MNP)
本体価格 39,600円
(1,650円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金額 720円
(30円×24)

※上記の価格は2018年9月現在のものです。時期によって本体価格と割引金額は変動するので注意して下さい。

月額料金

次にiPhone6sの月額料金について紹介します。
 

  家族契約している人がいる場合 1人で契約する場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 540円
(シェアオプション)
3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
端末代金 1,650円 1,650円
月額料金 1,952円(税込) 4,544円(税込)

最後に

iPhone6sのスペックについてはわかって頂けましたでしょうか。

このようにiPhone6sがスペックアップしたことでたくさんのメリットがあるのですが、価格の面で少しデメリットもあります。

是非iPhone6sの購入を検討してみてください。

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

関連記事
iPhone XRの防水・防塵性能レベルはIP67!水濡れは大丈夫?
関連記事
【iPhone】メールの初期設定方法!機種変更時の引き継ぎ方法も解説!
関連記事
iPhoneの買い替えタイミングは?ベストな時期を解説!
関連記事
iPhone SEと6sの違いを比較!どっちを買うべき?

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
柴吉
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ