【iPhone】コンビニで選ぶべき充電器は?注意点も解説!

コンビニにはiPhoneやAndroidなどスマホの充電器が多数販売されています。今回はコンビニで販売されているiPhoneの充電器に関して、コンビニで充電器を選ぶ際のポイントや充電器の種類・タイプ、注意点について解説します。

【iPhone】コンビニで選ぶべき充電器は?注意点も解説!のイメージ

目次

  1. 1【iPhone】コンビニで充電器を選ぶ際のポイント
  2. 価格帯をチェックする
  3. 対応機種/iOSバージョンを確認する
  4. Apple認定のMFI認証品/純正規品である
  5. 目的/メリットを考える
  6. 充電器の種類を把握する
  7. 2【iPhone】コンビニで販売している充電器の種類/タイプ
  8. 使い切り充電器
  9. 乾電池式交換充電器
  10. リチウム/バッテリー電池充電器
  11. シガーソケット/コンセント変換充電器
  12. ソーラー充電器
  13. 3【iPhone】コンビニで充電器を選ぶ際の注意点
  14. ケーブルの長さが合わない
  15. ケーブル差し込み先を事前に調べる
  16. 非正規品は性能が劣る可能性がある
  17. 4【iPhone】コンビニの充電器の評判/口コミ
  18. 選ぶべきおすすめの充電器
  19. 【iPhone】コンビニで選ぶべき充電器は?注意点も解説!~まとめ~
  20. 合わせて読みたいiPhoneの記事

【iPhone】コンビニで充電器を選ぶ際のポイント

コンビニでは、iPhoneやAndroidなどスマホの充電器が多数販売されています。コンビニで販売されているiPhoneやAndroidなどスマホの充電器には種類やタイプが多数存在します。今回は、コンビニで販売されているiPhoneの充電器について解説します。

コンビニで充電器を選ぶ際のポイントや充電器の種類・タイプ、注意点、おすすめの充電器や評判などについも触れていきます。まずはiPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際のポイントの確認です。

価格帯をチェックする

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際のポイント一つ目は、価格帯をチェックするという点です。充電器は価格に差がある場合もあります。

基本的に目的の商品は自分の予算にあった商品を選ぶべきですので、価格も選ぶポイントとして頭に入れておいてください。

対応機種/iOSバージョンを確認する

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際のポイント二つ目は、対応機種やiOSバージョンの確認です。スマホにはAndroidやiPhoneなど種類があります。さらに、同じiPhoneであっても機種やバージョンはそれぞれ違います。

充電器は全ての端末に対応しているわけではありません。端末の種類や対応機種、バージョンの違いなどを見分けないと誤って選ぶべきでない商品を購入してしまう可能性もあります。

この点は最低限気を付けておく必要のある注意点として覚えておいてください。

Apple認定のMFI認証品/純正規品である

MFI認証品

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際のポイント四つ目は、Apple認定のMFI認証品/純正規品であるかどうかです。Apple認定のMFI認証品とは、iPodやiPad、iPhoneなどのアクセサリを製造・販売する際のライセンス契約が結ばれた商品のことを指します。

iPodやiPad、iPhoneなどの端末向けに作られた商品なので、互換性も保証されているのが特徴です。MFI認証品でない場合、エラーが出るケースもあるのでMFI認証品であるかどうか、純正規品であるかはチェックしておくべきポイントとなります。

目的/メリットを考える

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際のポイント五つ目は、目的やメリットを考えるという点です。目的とは例えば、「外出中の合間に充電したい」ケースや「充電が切れた時用」に利用したいケースなどです。

ここでいうメリットとは、充電器の大きさやiPhone充電の速度などのことを指します。コンビニでiPhoneの充電器を購入する場合は、目的やメリットに合わせて充電器を選んでみてください。

充電器の種類を把握する

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際のポイント六つ目は、充電器の種類の把握です。コンビニでは様々なタイプのiPhoneの充電器が販売されています。

シガーソケットタイプやリチウムバッテリータイプ、使いきりタイプ、コンセントタイプ、電池交換タイプ、ソーラータイプなどがあります。

実際に購入する場合はそれぞれのタイプを選んだあとにMFI認証品かどうかをチェックしたり、対応機種やバージョンの確認をする必要があるわけです。

MFi Program

【iPhone】コンビニで販売している充電器の種類/タイプ

ここではコンビニで販売しているiPhone充電器の種類やタイプについて解説します。充電器の種類・タイプは大まかに分けて5つほどあります。

使い切り充電器

iPhone充電器の種類としては一つ目に使い切りタイプの充電器です。一度使ったら終わりなので緊急性のある時に用いられることが多いタイプとなります。

乾電池式交換充電器

iPhone充電器の種類としては二つ目に乾電池式交換充電器があります。文字通り乾電池を使って充電を行うタイプです。乾電池の電気が切れても新しい電池と交換すれば充電器として機能します。

乾電池式は乾電池をセットしてiPhoneと充電器を繋ぎスイッチをオンにすることで充電します。乾電池式は大抵ランプで充電できているかどうかすぐ分かるようになっています。

乾電池式は使用途中の電池を使った充電もできるので、乾電池を使うことが多い場合は乾電池式を選択するのもおすすめです。

リチウム/バッテリー電池充電器

iPhone充電器の種類としては三つ目にリチウム・バッテリー電池充電器があります。リチウム・バッテリー電池充電器は乾電池式のように電池を交換するタイプではなく、充電器そのものを充電して利用します。充電回数は数百回以上可能です。

シガーソケット/コンセント変換充電器

iPhone充電器の種類としては四つ目にシガーソケット・コンセント変換充電器があります。ちなみに本来のシガーソケットはタバコに火を付けるための端子のことです。

ただし、シガーソケットはiPhoneの充電にも利用できます。この車内で充電するタイプをシガーソケットタイプと呼んでいるわけです。

ソーラー充電器

iPhone充電器の種類としては五つ目にソーラー充電器があります。ソーラー充電器は太陽の光を利用してiPhoneの充電を行います。ソーラー充電器にはさらに折りたたみタイプやコンパクトタイプなどがあります。

Thumb【iPhone】おすすめの充電器をタイプ別に紹介!
iPhoneの充電器にはさまざまなタイプがあるので、どれを選べばいいのか分からなくなってしま...

【iPhone】コンビニで充電器を選ぶ際の注意点

続いてはiPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際の注意点について触れていきます。主な注意点は三点です。

ケーブルの長さが合わない

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際の注意点としては、まずケーブルの長さが挙げられます。ケーブルの長さが目的に合ってないとかなり不便です。どのようなときにiPhoneの充電器を利用するのか、長さのチェックは必ずしておいてください。

枕元に置くのであればさほど長さは気になりませんが、作業中少し離れたところに置く場合や鞄の中など、長さは用途によって様々です。どの程度の長さが必要なのか、目的と合わせて考えてみておくことをおすすめします。

ケーブル差し込み先を事前に調べる

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際の注意点としては、ケーブル差し込み先も挙がっています。ケーブルの差込先は意外と盲点です。

ケーブルの差込先としては充電用ケーブルのUSB端子(Micro-B)や充電用ケーブルのUSB端子(Type-A)など種類があるので、こちらも事前に調べておいてください。

なお、以下表はケーブル毎の大まかな充電の速度です。
 

  充電時間
Lightning-USBケーブル+5W USB電源アダプタ 約15分
Lightning-USBケーブル+12W USB電源アダプタ 約10分
USB-C-Lightning+30W USB-C電源アダプタ 約7分

非正規品は性能が劣る可能性がある

iPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際の注意点としては、正規品か非正規品かの違いが挙げられます。iPhoneを充電するにあたり非正規品を利用した場合、性能が劣る可能性があります。

さらにiPhoneの充電に対し非正規品だとエラーが起きる可能性もあるので、可能であれば正規品を購入することをおすすめします。

Thumb【iPhone】Apple Payが使える対応機種を紹介!
Apple PayはiPhoneをおサイフ代わりに街中・交通機関・Webでの決済に利用できる...

【iPhone】コンビニの充電器の評判/口コミ

続いてはiPhoneのコンビニの充電器の評判・口コミについて触れていきます。充電器はたくさんの方が利用しているので、評判・口コミには役立つものも多いです。

選ぶべきおすすめの充電器

選ぶべきおすすめの充電器ははたしてどの充電器なのか、参考になりそうな評判・口コミを拾ってみました。

評判/口コミ

iPhoneのコンビニの充電器の評判・口コミとしては、乾電池式を利用する声が多かったです。iPhoneの充電をうっかり切らしてしまう人が多く、その場合乾電池による簡易充電が選択肢としてはてっとり早いのかもしれません。

計画的に利用する場合は対応機種やMFI認証のある商品かチェックしてから購入するのもおすすめです。

【iPhone】コンビニで選ぶべき充電器は?注意点も解説!~まとめ~

今回はiPhoneの充電器をコンビニで選ぶ際の基準や注意点などについて解説してみました。選ぶべき充電器は対応機種の確認が重要です。計画的に利用する場合はシガーソケットタイプやソーラータイプの充電器も選択肢として出てきます。

乾電池式の充電器は主にうっかり充電を切らしてしまった方が多く利用するのかもしれません。購入の際はケーブルの長さなども考慮して選ぶことをおすすめします。

ThumbiPhoneが定規(ものさし)に変身?物の長さを測る便利機能やアプリを紹介!
家の中や外出先で、「iPhoneが定規になって長さを測れたらいいのにな」と思った事がありませ...

合わせて読みたいiPhoneの記事

Thumb「iPhoneXR」と「iPhone11」を比較!どっちが買い?
「iPhone11」が登場しましたが「iPhoneXR」とどっちが買いか比較して確かめていき...
Thumb「iPhoneXR」のカメラの画質レビュー!評価は?
iPhoneXRのカメラの画質や機能の性能の評価は高いとレビューがあります。そんなiPhon...
Thumb「iPhone6/6s」でApple Payは使えるのか解説!
iPhone6/iPhone6sでApple Pay(アップルペイ)が使えるのか?使えないの...
Thumb「iPhone」のバックアップの場所はどこ?変更方法も解説!
iPhoneのバックアップしたデータファイルを復元したとき、データファイルが保存される場所は...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
小森 樹
インステ