ドコモ/O:derが資本業務提携!d払いミニアプリとモバイルオーダー連携へ!

NTTドコモとShowcase Gigが資本業務提携を締結し「d払い」とモバイルオーダーの「O:der」が連携をすることを発表しました。ドコモではO:derとの資本業務提携により「d払い」ミニアプリとモバイルオーダーの連携した取り組みを進めていく方針です。

ドコモ/O:derが資本業務提携!d払いミニアプリとモバイルオーダー連携へ!のイメージ

目次

  1. 1. NTTドコモとShowcase Gigが資本業務提携を締結し「d払い」と「O:der」が連携
  2. 2. NTTドコモとShowcase Gigの資本業務提携の内容について
  3. 3. 資本業務提携により「d払い」上で「O:der」の一部加盟店と連携を実施
  4. 3-1. 「O:der」のプラットフォームがドコモの「d払い」のミニアプリとして導入される仕組みについて
  5. 4. ドコモはShowcase Gigの少数株主となることに
  6. 4-1. 今後は「d払い」ミニアプリにてShowcase Gigのシステムを導入し加盟店増加に
  7. 4-2. 合わせて読みたい!d払いに関する記事一覧

NTTドコモとShowcase Gigが資本業務提携を締結し「d払い」と「O:der」が連携

d払い

「NTTドコモ」とモバイルオーダーサービスの提供を行っている「Showcase Gig」が、資本業務提携を締結したことが発表されました。

NTTドコモとShowcase Gigの資本業務提携を締結したことで、ドコモがサービス提供を行っているスマホ決済サービスの「d払い」のミニアプリの機能拡充と、モバイルオーダーサービスやOMOの普及を目指すとしています。

NTTドコモの発表によると、資本業務提携を締結するにあたって、NTTドコモはShowcase Gigに10億円の出資を行ったとのことです。

今後、NTTドコモの決済アプリ「d払い」のミニアプリと「O:der」のプラットフォームを、連携する取り組みを進めていく方針を示しています。

‎「O:der(オーダー)」をApp Storeで
Android Apps by Showcase Gig Inc. on Google Play

NTTドコモとShowcase Gigの資本業務提携の内容について

プラットフォーム

NTTドコモとShowcase Gigの資本提携の面については、ドコモはShowcase Gigから10億円の第三者割当増資の引受を行い、既存の株主から株式を譲受されます。

なお、NTTドコモがShowcase Gigに対して10億円の出資を行う時期については、12月中旬とされています。 

次に、NTTドコモとShowcase Gigの業務提携においては、Showcase Gigが持っている実店舗向けのモバイルオーダー「O:der」のプラットフォームをドコモの「d払い」ミニアプリのプラットフォームと連携を行うとしています。

今後は、NTTドコモとShowcase Gigの両社が連携を行い、「d払い」ミニアプリやd払いの利用拡大に向け、データの活用を行い、加盟店向けのマーケティングソリューションや加盟店のコンサルティングサービスを展開していく方針だと公表しています。

‎「d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い」をApp Storeで
d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い - Google Play のアプリ
関連記事
d払いで電子マネー「iD」が利用可能に!ドコモAndroid端末から!

資本業務提携により「d払い」上で「O:der」の一部加盟店と連携を実施

画面イメージ

NTTドコモとShowcase Gigの資本業務提携の大きな注目点として、Showcase Gigの「O:der」のプラットフォームがドコモの「d払い」のミニアプリとして、導入される点にあります。

Showcase Gigの「O:der」のプラットフォームが「d払い」のミニアプリとして導入となることで、ユーザーは、それぞれの店舗のアプリをインストールしなくても、iPhoneやAndroidのスマホ端末にて「d払い」アプリから商品の予約注文が可能になります。

また、注文後、スマホの決済機能によって決済も完了となるため、店舗では、商品の受け取りを行うだけとなり、効率化が図れるようになります。

「O:der」のプラットフォームがドコモの「d払い」のミニアプリとして導入される仕組みについて

導入スケジュール

今回の資本業務提携にて、ドコモの7,000万人以上の会員基盤と、Showcase Gigのシナジーを連携されることで、実店舗におけるネット注文集客やシステム連携の課題に取り組んでいくとしています。

「O:der」のプラットフォームがドコモの「d払い」のミニアプリとして導入される仕組みについて確認しておきましょう。

ドコモの「d払い」のミニアプリに「O:der」のプラットフォームが導入される仕組みですが、「d払い」のミニアプリにて「O:der」が使用できるわけではなく、「O:der」の仕組みを利用して加盟飲食店のモバイルオーダーが利用可能になるとのことです。

たとえばd払いのミニアプリでは2020年春に「吉野家」の事前注文・事前決済が行えるようになりますが、これはO:derの仕組みを活用したものになるとしています。

関連記事
「d払い/ドコモ払い」のチャージ方法をくわしく解説!

ドコモはShowcase Gigの少数株主となることに

NTTドコモとShowcase Gigの資本業務提携について、提携の方法としてみてみると、NTTドコモはShowcase Gigの第三者増資の割当を引き受けするとされています。

NTTドコモでは、第三者増資の割当引き受けに10億円を出資することとなっており、出資完了後にNTTドコモはShowcase Gigの少数株主となります。

Showcase Gigの特徴としては、日本で展開されているモバイルオーダーサービスの中で、Showcase Gigは加盟店網を抱えている数少ない存在となっている点にあります。

今後は「d払い」ミニアプリにてShowcase Gigのシステムを導入し加盟店増加に

モバイルオーダーサービス

ドコモとShowcase Gigは資本業務提携を行うことで、「d払い」ミニアプリにて、Showcase Gigのシステムを導入の加盟店を2020年度の1年間の期間内で1万店に加盟店舗数の拡大を行うことを目指していくとしています。

関連記事
【ドコモ】AIが保険を提案するサービス「AIほけん」!

合わせて読みたい!d払いに関する記事一覧

関連記事
ビックカメラで「d払い」を使うとdポイントの還元は?ビックカメラポイントは?
関連記事
【d払い】コンビニで10%還元キャンペーンなど2020年3月まで実施!
関連記事
【d払い】明細/支払い履歴を確認する方法を解説!
関連記事
「d払い」はマクドナルドで利用できるのか解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

新着一覧

最近公開されたまとめ