次世代のApple Pencilでタッチセンサーの特許を申請!触覚入力が可能に?

Appleが次世代の「Apple Pencil」でタッチセンサーの特許を申請していたことが明らかとなりました。Appleが次世代の「Apple Pencil」で特許を申請した機能追加によりタッチセンサーを追加し触覚入力が可能となる内容についてご紹介します。

次世代のApple Pencilでタッチセンサーの特許を申請!触覚入力が可能に?のイメージ

目次

  1. 1Appleが次世代の「Apple Pencil」でタッチセンサーの特許を申請
  2. 2第2世代の「Apple Pencil」と次世代「Apple Pencil」との違いについて
  3. スタイラスでは
  4. 3Appleが2018年に申請を行った特許の内容について
  5. 4これまでの特許の経緯について
  6. 合わせて読みたい新機能の記事

Appleが次世代の「Apple Pencil」でタッチセンサーの特許を申請

Apple製品

Appleが、2018年に、次世代の「Apple Pencil」でタッチセンサーの特許を申請していたことが明らかとなりました。

Appleが、今後発表予定の次期「Apple Pencil」では、タッチセンター機能の追加により触覚入力に対応できるようになる可能性があります。

Thumb【iPad】「Apple Pencil」の使い方をくわしく解説!
iPadのApple Pencil(アップルペンシル)について説明します。Pencilの種類...

第2世代の「Apple Pencil」と次世代「Apple Pencil」との違いについて

Apple Pencil第二世代

第2世代の「Apple Pencil」と次世代「Apple Pencil」との違いについてご紹介していきましょう。

第2世代の「Apple Pencil」では、ペン先の近くをダブルタップすると、項目の選択ができる機能が使えたり、ペンと消しゴムモードを切り替えることができる機能追加が行われていました。

Appleが次にリリース予定の次世代「Apple Pencil」では、「Apple Pencil」をもつ指先に触る部分に繊細なタッチセンサーを設置し、多種多様な操作が可能となる機能について特許を申請したと報道されています。

特許申請された次世代「Apple Pencil」の機能としては、ユーザーが「Apple Pencil」を持った場所でタッチ操作が可能となる「スタイラス」と同様になっています。

スタイラスでは

次世代「Apple Pencil」及び「スタイラス」では、ユーザーが「Apple Pencil」を握る触覚入力を効果的に区別するとのことです。

「スタイラス」では、「Apple Pencil」を握る触覚入力を効果的に区別をし、単にユーザーが「Apple Pencil」を持っているだけの、自然なグリップ位置を持続している間に受け続けている触覚入力を無視することができる機能となっているとのことです。

次世代「Apple Pencil」では、ユーザーが「Apple Pencil」を持っているだけの圧力については、アクションととらえず、「Apple Pencil」を持っているだけの圧力以外の場合には、タッチ操作や種類をきちんと区別することができるようになるとされています。

Thumb【iPad】Notabilityの使い方と特徴!Apple Pencilと相性いい?
iPad/iPhoneのノート(メモ)アプリとして定番の「Notability」。今回は、N...

Appleが2018年に申請を行った特許の内容について

特許の詳細

Appleが、2018年に特許の申請を行った詳細についてご紹介していきましょう。Appleが特許申請の際に添付を行った図面では、タップや力を加えた押し込み機能や、スタイラスの表面を撫でるスワイプジェスチャー機能が図を表示して説明してあります。

この新機能追加の内容については、特許申請の際に添付して提出を行った図面でわかりやすく解説されており、次世iPadのタッチパネル上で行える操作については、ほとんどの機能が対応可能となります。

また、Appleは、ユーザーがiPadなどデバイスの画面に触れている場合、「Apple Pencil」や「スタイラス」を使用しているときとはタイミングが重複しないことを指摘しています。

「Apple Pencil」や「スタイラス」の入力デバイスを活用することで、タッチパネルなどを利用しなくでも、色々な操作ができるようになるとのことです。

Appleでは、「Apple Pencil」や「スタイラス」の入力デバイスの活用を進められるよう、利用するペンに静電容量式など「ロープロファイル」センサーが追加されるとされています。

Thumb【iPad】「iOS13」にアップデートできない/非対応について解説!
当記事ではiPadが「iOS13」にアップデートできない理由を解説していきます。iPadがi...

これまでの特許の経緯について

iPad Mini

Appleが申請したこれまでの特許の内容についてみてみると、これまでにも、「Apple Pencil」の特許としては、まるで紙の上に文字や絵を描いているような快適な書き心地を感じることができる特許の報告を行っています。

Appleが特許を申請した内容や取得した特許を利用して、製品としてユーザーに提供されるまでには、社内で切磋琢磨して行う研究開発が基本となりますが、より便利に利用できるよう改善が図られ、提供されるようになる日も遠くないかもしれません。

ThumbAppleがiPad用のキーボードにタッチジェスチャー追加の特許を取得!
AppleがiPad用キーボードに「タッチジェスチャー機能」追加の特許を取得したことが注目さ...

合わせて読みたい新機能の記事

Thumbスマートディスプレイ向け「Googleアシスタント」の新機能を発表!
グーグルは「CES 2020」にてスマートディスプレイ向け「Googleアシスタント」の新機...
Thumb「Windows10 May 2019 Update」の新機能をくわしく解説!
マイクロソフトは、「Windows10 May 2019 Update(バージョン1903)...
ThumbWindows10の「スマホ同期」アプリ新機能を一般公開!Androidへ発着信が可能!
マイクロソフトがWindows10の「スマホ同期」アプリの新機能について一般公開を行ったこと...
ThumbAndroid 8.1の新機能・変更点・特徴・不具合まとめ
Android8が更新されAndroid 8.1となりました。新機能・変更点・特徴・不具合を...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ