iPhoneでGoogle Playストアは使えない?インストールする方法は?

iPhoneでGoogle Playストアは使えないのか、そしてGoogle Playアプリをインストールする方法はあるのかについてまとめています。iPhoneでもダウンロードする方法を紹介していますので、気になる方は読んでみてください。

iPhoneでGoogle Playストアは使えない?インストールする方法は?のイメージ

目次

  1. 1. Google PlayストアとGoogle Playアプリのちがい
  2. 1-1. Android搭載スマホとiPhoneの違い
  3. 1-2. Google Playストアとは
  4. 1-3. Google Playアプリとは
  5. 1-4. Google PlayストアとGoogle Playアプリのまとめ
  6. 2. iPhoneでGoogle Playストアは使える?使えない?
  7. 2-1. どうしてもGoogle PlayストアのアプリをiPhoneで使いたい場合の方法
  8. 3. Google Playアプリを iPhoneにインストールする方法
  9. 3-1. 「Google Play ムービー&TV」をダウンロード
  10. 3-2. Google Playアプリを iPhoneにインストールできない場合の対処法
  11. 4. AndroidからiPhone / iPadへのデータ移行アプリ
  12. 4-1. iPhone / iPadへのデータ移行アプリとは
  13. 5. Google Play ストアでダウンロード/購入したデーターをiPhoneに引き継ぐ方法
  14. 5-1. Google Play ストアでダウンロードした有料アプリについて
  15. 5-2. Google Play ストアでダウンロード/購入したデーターをiPhoneに引き継ぎできない場合の対処法
  16. 5-3. 課金したゲームはどうなる?
  17. 6. Google Playストアで購入したアプリをiPhoneで引き継ぎできるゲーム一覧
  18. 6-1. Facebook、Twitter、Instagramのアプリ
  19. 6-2. LINEアプリ
  20. 6-3. Dropbox、Evernoteなどのクラウドアプリ
  21. 6-4. Amazon、楽天などのショッピングアプリ
  22. 6-5. ゲームアプリ
  23. 6-6. まとめ

Google PlayストアとGoogle Playアプリのちがい

Google Playストア」「Google Playアプリ」すごく似た言葉ですが、何が違うのか、どのようなものなのか、そしてiPhoneでインストールして使うことが出来るのかを調査してみました。ぜひ参考にしてもらえたら幸いです。

Android搭載スマホとiPhoneの違い

最初にお伝えしておきたいのがAndroid搭載スマホとiPhoneの違いです。そもそもOSが異なるため全く別物と考えてください。マクドナルドとモスくらい違います。

そもそも会社が違うのでマクドナルドのクーポンをモスで使うことができないようにAndroidとiPhoneは基本共有することができないものが多いです。

Google Playストアとは

Google Playストアは、Android搭載のスマホで利用するアプリなどのコンテンツをまとめています。Android搭載スマホのアプリコンテンツなどをまとめているサイトを「Google Playストア」と言います。

Android搭載スマートフォンやタブレットで利用できるアプリ、映像、音楽、電子書籍などが配信されており、Googleの独自ブランドのデバイスやハードウェアの販売も行われています。

iPhoneでいうとこの「APP ストア」のようなものです。

Android搭載スマホのアプリは全て「Google Playストア」で

Android搭載スマホを利用している方にとっては「Google Playストア」がどのようなものかご存知だと思いますが、iPhoneを利用している人にとっては聞きなれないので少し困惑することがあります。

Google Playストアはアプリや書籍などのAndroid搭載スマホを利用する入り口(カスタマイズ)のようなもので、初期設定時に「Google Playストア」が用意されています。

動画を見たり、アプリで楽しんだり、書籍を読んだりと様々なサービス展開をしているのが「Google Playストア」です。

Google Playストアの構成

Google Playストアの構成はですが、以下の表のようになっています。

Google Playストアの構成
アプリ ゲームやビジネスなど細かくジャンル別で検索可能でAndroid向けアプリが多数用意されています。
映画&テレビ 映画やテレビドラマ、アニメなどの映像コンテンツが配信されています。提携スタジオも多く、国内や海外の番組を多数放送しています。映画&テレビ好きにはたまらないサービスですね。購入したりレンタルしたりして楽しむことができます。
音楽 国内外の数千万の楽曲が配信されています。ランキング化や検索しやすい工夫が施してあるのでシーンに合わせた曲を選択できます。
書籍 難しい本から子どもが楽しめる面白い本、漫画とあらゆる書籍が用意されており、数ページ試し読みができるサービスも展開しています。
ニューススタンド 気になるニュースや雑誌をまとめてチェックできるサービスです。好きなのニュースや雑誌などを先に登録しておくと、カスタマイズした情報を得ることができます。
端末 Googleが展開するハードウェアブランドである、「Nexus」や「Pixel」のスマートフォンやタブレットを購入することができます。この端末はWEB版のGoogle Playストアのみ利用ができます。

このように、Google Playストアは様々なAndroid端末に向けて展開しているサービスです。

Google Playアプリとは

GooglePlayアプリとはGoogleが運営しているアプリになり、iPhoneのようなiOSからインストールすることが可能です。どのような種類があるかというと、「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」の3つです。

Google Playアプリの種類

先ほども紹介しましたが、「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」の3つはiPhone(iOS)でも利用可能です。どのようなことができるのかというと

Google Playアプリの種類
Google Play ムービー&TV Google Playアカウントにある映画やテレビ番組を視聴できるアプリです。
Google Play Music 様々なシーンに合う曲と再生リストを利用することができます。
Google Play ブック Google Playアカウントにある書籍やオーディオブックがiOS向けで利用できます。

簡単に説明するとGoogle Playストアの中でも「映画&TV」「音楽」「書籍」はiPhoneのiOSでも利用可能ということになります。

Google PlayストアとGoogle Playアプリのまとめ

Google PlayストアにあるアプリはiPhoneのiOSでは利用できません。

しかし、Google Playアプリである「Google Play ムービー&TV」「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」のアプリをiPhoneのAPPストアからインストールすることは可能です。

結論はiPhoneのAPPストアからインストールすればGoogle Playの中にある「映画&TV」「音楽」「書籍」は利用可能という結果になりました。

関連記事
iPhoneの機種/モデル/型番を確認・識別する方法は?

iPhoneでGoogle Playストアは使える?使えない?

iPhoneでGoogle Playストアは使えるのかそれとも使えないのか、その結論は「Google Playストア自体は使えない」という判断をさせてもらいました。

しかし上記でも述べている通りGoogle Playストアの中でも「映画&TV」「音楽」「書籍」はiPhoneのiOSでも利用可能です。

GoogleがiOS版のアプリを出しているのでそちらから利用するようになります。

どうしてもGoogle PlayストアのアプリをiPhoneで使いたい場合の方法

現在iOSでGoogle Playストアのアプリを利用するにはiPhoneの「APP ストア」内にあるもので一応対応しています。

しかしインストールした人の中には、ログインすることも出来ないという声も上がっているため、もしかしたらiOSの問題なのかもしれないので、アップデートに期待ですね。

「APP ストア」から「Google Play ムービー&TV」「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」のアプリをインストールしてみてください。

それ以外のインストール方法では「Google Play ムービー&TV」「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」のアプリは使えないようになっています。
 

Google PlayストアのアプリはAndroid用とは違う

「APP ストア」から「Google Play ムービー&TV」「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」のアプリをインストールする前に知ってもらいたいことがあります。

それはこのiPhone(iOS)のGoogle PlayストアのアプリはAndroid用ではないということです。使い勝手も悪いのでその辺りはご理解の上インストールしましょう。

またGoogle Payストア版はAndroid専用になっているので、iPhone(iOS)で「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」のアプリを利用したい場合は素直に「APP ストア」でインストールしましょう。

Google Payストア版はAndroid専用なのでiPhone(iOS)では使えないようになっています。

関連記事
iPadでできることまとめ!iPadはiPhoneとできることが違う?仕事は?【2018年最新版】

Google Playアプリを iPhoneにインストールする方法

ではここからはiPhone(iOS)からGoogle Playアプリをインストールする方法をまとめていきたいと思います。現在利用可能なGoogle Playアプリは「Google Play ムービー&TV」「Google Play Music」「Google Play ブックス」です。

この中でも「Google Play ムービー&TV」をダウンロードしてみます。他のGoogle Playアプリでもほとんどインストールする方法は変わらないはずなので、慣れてきたら他のアプリもインストールしてみてください。

「Google Play ムービー&TV」をダウンロード

iPhone(iOS)のAPP ストアから検索で「Google Play」を入力します。そうするとGoogle Playの関連アプリが出てきますので、今回は「Google Play ムービー&TV」をインストールします。

無料なので「入手」という項目が出ています。ここからインストール出来るので「Google Play ムービー&TV」をインストールしてください。

それにしても評価が低いのが気になります。これはダウンロード失敗したりログインしても使えないというコメントが多数だからです。ですが、自身のiPhone(iOS)でも使えないのかは別問題なので、インストールしてから確かめていきましょう。

Googleアカウントを要求される

インストールが完了して「Google Play ムービー&TV」を開くとiPhone画面でGoogleアカウントのログインが要求されるので、利用しているGoogleアカウントを入力してログインしてください。
 

Googleアカウントでログインすると上のiPhone画面のように通知送信依頼があるので「許可」を選択しましょう。万が一通知が嫌なら後ほど設定から変更できます。これでインストール完了です。簡単ですね。

映画やTVが見れない

ただインストールすだけでは使いこなせないと思います。なんとiPhone(iOS)では映画やTVはダウンロードできないとのことです。

ダウンロードして見るためには「Google Play ストア」から購入しないといけないということです。

パソコンなどのブラウザで同じGoogleアカウントをログインしないiPhoneアプリでは視聴できません。この方法ができないと「Google Play ムービー&TV」は使えないという評価に繋がっていくのだと思います。

映画やTVのダウンロードはブラウザからで視聴はiPhone(iOS)の「Google Play ムービー&TV」アプリからという二度手間でも大丈夫であれば視聴可能となっています。

Google Playアプリを iPhoneにインストールできない場合の対処法

Google Playアプリを iPhoneにインストールできない場合の対処法ですが、考えられることは「インストール場所が違う」「iOSが古い」「iPhoneが古い」この3つが考えられます。

一つづつインストールできず使えない理由をまとめていますので参考にしてください。

Google Playアプリのインストール場所が違う

Google PlayアプリはiPhoneに最初から入っている「APP ストア」からしかインストールできません。間違ってもAndroid用のサイトからGoogle Playアプリをインストールしようとしないでください。

全く別物のアプリなのでインストール自体対応していないと表示されます。

どのようなサイトからでもアプリをダウンロードすることはiPhoneでは絶対にできないので、アプリのダウンロードは全て「APP ストア」からという認識で覚えておいていただけると幸いです。

iPhoneのiOSが古い

iPhoneのiOSをはじめOSは常にバージョンアップしています。古すぎるOSの場合インストールできない場合があるので、バージョンアップをして再度お試しください。


数年に1回程度ですが大幅バージョンアップが行われているのですが、アップデートしない人が続出しています。多少のバージョンダウンであれば利用可能ですが、アプリもバージョンアップされていきますので、いずれ使えない事態が起きます。

気が付いた時で構わないのでOSのバージョンアップをしてみてください。

iPhoneが古い

これはもう新機種に購入するしか対処方法がないかもしれませんが、iPhone自体が古すぎてもアプリが対応していない場合があります。常に新しく改良、改善されているので古いiPhoneを利用している方はこれを機に新機種に移行してみてはいかがでしょうか。

iPhoneは毎年のように新機種を発売しています。毎回購入する人は少ないかもしれないですが、3年に1回程度機種変更している人が多いので、6年以上同じiPhoneを使っている方はそれだけiPhoneの機能が古くなっています。

最悪でも5年を目処に新機種に変えるかどうかを検討してみてください。

関連記事
AndroidからiPhoneにLINEアカウントを引き継ぎする方法

AndroidからiPhone / iPadへのデータ移行アプリ

このようにGoogle PlayアプリをiPhoneで利用したいと考える方のほとんどが、以前Android携帯を利用していて、iPhoneへ機種変更した場合が多いのではないでしょうか。

AndroidからiPhoneへ機種変更する際に利用できる「iPhone / iPadへのデータ移行アプリ」を紹介します。

iPhone / iPadへのデータ移行アプリとは

文字通りですが、Android搭載のスマートフォンを利用していた人が、iPhoneへ機種変更した場合にデータをこうさせるためのアプリのことを言います。

連絡先などの大切な情報を移動させることができるので覚えておいてください。これから手順をご紹介します。

AndroidからiPhone / iPadへのデータ移行する手順1

ここで必要となってくるのがWi-Fi環境下であることとAndroidスマホ、iPhoneの3つが手元に揃っていなければ移行することはできません。そしてAndroid搭載のスマートフォンでの操作とiPhoneでの操作がありますので覚えておいてください。

手順はiPhone側とAndroid搭載スマホの2つの機種での操作が必要で、7行程に分けて紹介してます。

Android側の手順「データ移行する方法」2

最初にAndroid端末で「Move to iOS」をインストールしてください。そのあと以下の手順の確認をします。

Android 端末で、Wi-Fi が有効になっていることを確認してください。 新しいiOSとAndroid端末は電源に接続しておきます。時間がかかる場合があるのでしっかり電源に接続しておきましょう。

Androidスマホの場合は、移動するコンテンツなど「外付けのMicro SDカードに入っているもの」もあるのでiPhoneなどのデバイスに収まる容量なのかを確認してください。容量オーバーの場合行こうすることはできません。

Chromeのブックマークを転送する場合は、Android端末にあるChromeアプリを最新バージョンにアップデートしてください。
 

iPhone側の手順「データ移行する方法」3

続いてiPhone側に行きます。初期設定の段階で「Android からデータを移行」という項目が出るのでそちらを選択してください。

Android側の手順「データ移行する方法」4

またAndroid端末に戻り最初にインストールした「Move to iOS」を起動させます。「iOS に移行」をタップしてアプリの説明通りに進めてください。

利用規約などもしっかり目を通してください。

iPhone側の手順「データ移行する方法」5

Androidで移行する設定が完了すると新機種のiPhoneに10桁または6桁のコードが表示されますので、待ちましょう。万が一来ない場合どこかで間違った操作をしている可能性があるので再度最初から設定なおしてください。

 

Android側の手順「データ移行する方法」6

iPhoneで表示されている10桁または6桁のコードをAndroid端末に入力します。しばらくするとデータを転送という項目が出ますのでお待ちください。

その後転送するデータを選ぶのですが、データ転送量が多いほど時間もかかりますので余裕のあるときに行いましょう。

転送が終わったらAndroid端末で「完了」をタップしてください。

iPhone側の手順「データ移行する方法」7

ミュージック、ブック、PDFは手動で行わないと移行できないのでお気をつけください。また移行がうまくいかない場合はWi-Fi環境を確認して両方の端末を再起動してもう一度お試しください。

関連記事
Googleマップで位置座標(緯度・経度)を表示する方法!座標から検索する方法【PC/iPhone/iPad】

Google Play ストアでダウンロード/購入したデーターをiPhoneに引き継ぐ方法

Google Play ストアでダウンロード/購入したデーターをiPhoneに引き継ぐ方法ですが、いくつか引き継げないものがあります。何が引き継げて引き継げないのかをまとめていますので、参考にしてください。

Google Play ストアでダウンロードした有料アプリについて

Google Play ストアでダウンロードした有料アプリはGoogle Play ストアを利用しているOSであれば再度購入する必要はありません。しかしOSが異なるiPhoneの場合は同じアプリがあったとしても再度購入しないといけません。

無料アプリで同じアプリがあればいいのですが、有料のアプリはOSが変わると、引き継げないということを覚えておきましょう。

Google Play ストアでダウンロード/購入したデーターをiPhoneに引き継ぎできない場合の対処法

OSが異なるアプリの引き継ぎは提供しているアプリ会社によって対応が異なってきます。例えば個人が運営しているアプリの場合は移行してデータを引き継具ことができないものあったり、大手の会社でもデータ移行ができないものもあります。

この場合はアプリ側の問題があるのでアップデートでデータ移行できるのを待つしかありません。またAndroidの方がアプリ数が多く、iPhoneでは使えないアプリも多いのでその点はご理解ください。

課金したゲームはどうなる?

課金したゲームもアプリを運営している会社によります。パズドラのように大手のアプリ会社は全OSのデータ移行を対応しているので、スムーズに移行できると思いますが、他の中途半端なアプリは移行できない場合があるので、お気をつけください。

アプリが無料でも課金している場合OSを変える機種変更は大変ですのでしっかり確認してから機種変更するようにしましょう。

機種変更してからiPhoneにアプリが無かったということのないようにしたいですね。

関連記事
Androidのタスクキラーおすすめアプリと使い方を紹介

Google Playストアで購入したアプリをiPhoneで引き継ぎできるゲーム一覧

Google Playストアで購入したアプリをiPhoneで引き継ぎできるゲームは何があるのか調べてみました。SNSやその他のアプリについても記載していますので、事前に確認してダウンロードできるものか、引き継ぎできるものかを確認しておいてください。

Facebook、Twitter、Instagramのアプリ

Facebook、Twitter、InstagramのようなSNSアプリはしっかりAndroidからiPhoneへアカウント引き継ぎすることは可能です。

各IDとパスワードは引き継ぎされないので、忘れた場合は再度各SNSで確認しておきましょう。

LINEアプリ

SNSでもLINEアプリだけは気をつけてください。引き継ぎはできるのですが、Android搭載のスマートフォンからiPhoneへ引き継ぎできるものは限られています。

LINEコインやコールクレジットなどはAndroid搭載のスマートフォンとiPhoneのようなOSが異なる端末に機種変更した場合は引き継ぎできません。LINEのトーク履歴などは、しっかり引き継ぐことはできますのでご安心ください。

Dropbox、Evernoteなどのクラウドアプリ

Dropbox、EvernoteなどのクラウドアプリもSNSアプリ同様引き継ぎは簡単です。IDとパスワードは引き継ぎできないので、事前に確認してメモなどを撮っておきましょう。

Amazon、楽天などのショッピングアプリ

Amazon、楽天などのショッピングアプリもサーバー(管理サイト)があるのでIDとパスワードさえ覚えておけばiPhoneに機種変更しても全く問題なく利用できます。

このように他のサーバーを用意しているアプリの場合iPhoneに機種変更したからといって使えないということはありません。

ゲームアプリ

ではiPhoneへ機種変更した場合使えないアプリ、使えるアプリはすぐ見分ける方法はあります。それはAPP ストアにあるのかないかで、簡単に確認することはできます。

しかし、iPhoneアプリがあるからといって、引き継ぎできるのかはまた別問題です。私が調べた有名アプリでiPhoneでも引き継いで利用できるのかそれとも利用できないのかをまとめていますので、参考にしてください。

実況パワフルプロ野球

コナミが運営している実況パワフルプロ野球という野球ゲームはAndroidからiPhoneに機種変更してもデータを引き継ぐことが可能です。事前にIDとパスワードを設定しないといけませんが、しっかりiPhoneでも利用可能です。

もしiPhoneに機種変更している場合でこの実況パワフルプロ野球を利用している場合は引き継ぎしてみましょう。

LINEゲーム

LINEが提供しているゲームアプリもLINEアカウントが引き継ぐことができればデータもそのままiPhoneへ引き継ぎできます。

LINEゲームをしている人も多いのでiPhoneへ機種変更して引き継いで遊べるというのはありがたいですね。

パズドラ

スマホゲームの代名詞と言われる大人気ゲームパズドラもしっかりiPhoneへ引き継ぐことが可能です。機種変更コードを利用すれば簡単に引き継げるのでご安心ください。

モンスターストライク

AndroidにもiPhoneにもある大人気ゲームのモンスターストライクですが、しっかりiPhoneに引き継ぐことが可能です。

OSの違いがあってもGoogleアカウントを使えばiPhoneへの引き継ぎができます。

このようにiPhoneでも引き継ぎができればしっかり遊ぶことができるアプリもあるので、ぜひ確認してみてください。

まとめ

AndroidからiPhoneへ移行したときに使いたかったアプリが使えない、ダウンロードできなくなる前に、しっかり確認してもらえたらと思います。

またGoogle PlayをダウンロードしてiPhoneで利用する際にはGoogleアカウントが必要となりますので事前に用意しておいてください。

関連記事
Androidの音楽プレイヤーおすすめアプリ11選【2018年最新版】

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ハイドジア

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ