【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方を解説!

クラウドワークス初心者におすすめの稼ぎ方を紹介します。クラウドワークス初心者の方は、アンケートモニターや文字起こし、データ入力からブログのライターなど様々な職種のあるクラウドワークスの稼ぎ方で悩んでしまいますよね!初心者におすすめの稼ぎ方を紹介します。

【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方を解説!のイメージ

目次

  1. 1【初心者】クラウドワークスとは?
  2. インターネットで仕事を受注できるサービス
  3. 2【初心者】クラウドワークスの主な仕事形式
  4. タスク形式
  5. プロジェクト形式
  6. コンペ形式
  7. 3【初心者】クラウドワークスの受注の流れ
  8. 会員登録を行う
  9. 仕事を探す
  10. 応募から納品までの流れ
  11. 4【初心者】クラウドワークスで稼ぐコツ
  12. どんな職種がおすすめ?
  13. プロフィール欄を充実させる
  14. 実績を作る
  15. 慣れてきたらプロジェクトに応募する
  16. 5【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~アンケートモニター/レビュー~
  17. おすすめポイント
  18. どれくらい稼げる?
  19. 6【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~ブログ作成/ライター~
  20. おすすめポイント
  21. どれくらい稼げる?
  22. 7【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~データ入力~
  23. おすすめポイント
  24. どれくらい稼げる?
  25. 8【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~文字起こし~
  26. おすすめポイント
  27. どれくらい稼げる?
  28. 合わせて読みたい!稼ぎ方に関する記事一覧

【初心者】クラウドワークスとは?

クラウドワークス初心者の方におすすめの稼ぎ方を紹介します。クラウドワークスでは、アンケートモニターや文字起こし、データ入力、ブロクライターなど初心者にもおすすめの稼ぎ方があります。まずはクラウドワークスについて紹介します。

インターネットで仕事を受注できるサービス

クラウドワークスとは、インターネット上で様々な職種の仕事を受注できるクラウドソーシングサイトのことです。

発注から納品までオンラインで完結できる

クラウドワークスのサービスを利用すれば、仕事の発注から納品までオンラインで完結させることができます。ほとんどの仕事で対面の必要がなく、全てをオンライン上でこなすことができるのが特徴です。

そのため、自宅にいながらパソコンだけで稼ぐという稼ぎ方もできるようになります。クラウドワークスを使った稼ぎ方はほとんどの場合は、業務委託のような扱いとなり会社員のような給与所得とは違う稼ぎ方ができます。

様々な職種の案件がある

クラウドワークスに掲載されている案件の職種は様々です。アンケートモニターや文字起こしなど初心者でも参加しやすいものや、ブログライター、プログラミング、システム構築など多岐に渡ります。そのため、初心者でも案件を見つけやすいです。

在宅ワークとどう違う?

在宅ワークとクラウドワークスでの仕事は似ているようですが違います。在宅ワークでは特定の企業と契約することが多いですが、クラウドワークスは案件ごとに自分から仕事を提案・受注していきます。

そのため、履歴書や職務経歴書が不要な案件がほとんどで仕事量も自分のペースで増減させることができます。ただし、個人で案件を受注するためクライアントによってはこれまでのポートフォリオなどの提出が求められることもあります。

手数料が必要

クラウドワークスを利用すると様々な案件を受注できて納品から、報酬の受け取りまでをクラウドワークス上で行うことができますが、クラウドワークスを利用すると手数料がかかります。

報酬20万円超の部分 報酬10万円超20万円以下の部分 報酬10万円以下の部分 タスク形式の案件
報酬額の5%(税別) 報酬額の10% (税別) 報酬額の20% (税別) 報酬額の20% (税別)

Thumb【初心者】クラウドワークス「月10万」稼げるのか解説!
新型コロナウイルスの影響もあり、在宅で仕事を探す人が増えています。クラウドワークスも以前にも...
Thumbクラウドワークスの評判は?口コミや手数料など紹介!
クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」について解説します。フリーランス、在宅ワーカ...

【初心者】クラウドワークスの主な仕事形式

クラウドワークスに掲載されている仕事の形式を紹介します。クラウドワークスでは仕事の案件が3つの形式に分かれて掲載されています。

クラウドワークスには、仕事の形式ごとに「タスク形式」「プロジェクト形式」「コンペ形式」の3つの形式があります。それぞれの形式には違いがありますので、まずは仕事の違いを正しく理解してください。

タスク形式

タスク形式とは、応募してからすぐに仕事に取り掛かることができる初心者が最も試しやすい稼ぎ方の形式です。ただし、報酬は1件数円~千円程度(60円~100円程度が多い)とあまり効率よく稼ぐことはできません。

タスク形式の仕事は、簡単なアンケートやちょっとしたブログライターなど初心者でもすぐに取り書かれる、技術がほとんど必要のない案件が多いです。仕事時間も短いものが多いのでサクッとスキマ時間を使った稼ぎ方に適しています。

プロジェクト形式

プロジェクト形式とは、一般的な仕事の案件のことです。自分がほしい案件に応募して打ち合わせ、採用テストがある場合は行い双方が同意をした上で契約を行います。継続しての依頼も多くあるためタスク形式よりも効率的な稼ぎ方です。

人気のブログライターなどは、ライターとしての能力を把握するためのライティングテストがあることが多いです。ブログライター以外の案件でもポートフォリオ提出など採用テストがある場合が多いです。

コンペ形式

コンペ形式とは、仕事に対する成果物を先に提出して各ユーザーが提出した成果物の中で、クライアントが採用したもののみに報酬が支払われる形式です。報酬額も高いですが、競争率も高いので初心者には難しい稼ぎ方です。

ポスターやキャッチコピーなどを募集しているものが多く、たくさんの応募作品の中からクライアントが採用したもののみに報酬が支払われるので、採用されなければ成果物を作ったのに報酬が支払われません。

ThumbクラウドワークスはアンケートだけでもOKなのか解説!
皆さんクラウドワークスはアンケートだけでもOKなのかご存知ですか?案件とは、報酬で月どれくら...

【初心者】クラウドワークスの受注の流れ

初心者がクラウドワークスで仕事を受注するための流れを紹介します。クラウドワークスではどのような職種のしごとを行うにしても、まずは自分で仕事を受注する必要があります。

会員登録を行う

クラウドワークスは会員制です。クラウドワークスにまだ会員登録していない方は、クラウドワークスのアカウントを作成してクラウドワークスに会員登録しましょう。クラウドワークスへの登録には、メールアドレスか連携可能な外部アカウントが必要です。

クラウドワークス

公式ページにアクセスする

公式ページにアクセスする

クラウドワークスに新たに新規会員登録するには、クラウドワークス公式サイトにアクセスします。クラウドワークスにアクセスしたら、ログイン情報を入力する画面の右側に「まずは会員登録する」というボタンがあるのでクリックします。

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力

クラウドワークスの会員登録画面が表示されたら、クラウドワークスに登録するメールアドレスを入力します。メールアドレスを使わずに、FacebookやYahooID、GoogleIDの外部アカウントを使ってもログインすることができます。

メールのURLにアクセス

ここに追加 メールのURLにアクセス

クラウドワークスの会員登録ページにメールアドレスを入力すると、入力したメールアドレス宛にクラウドワークスから確認メールが届きます。確認メールには、クラウドワークスへの本登録のためのリンクが記載されていますのでアクセスします。

ユーザー情報を登録する

ユーザー情報を登録する

クラウドワークスの本登録画面が表示されますので、必要なユーザー情報を入力していきます。プロフィール内容などはクライアントが採用の際に参考にすることもあるので、真剣に自分をアピールできるように記載するようにしましょう。

利用規約に同意する

クラウドワークスの登録に必要なユーザー情報を入力したら、最後にクラウドワークスの利用規約に同意する必要があります。クラウドワークスの利用規約に目を通して同意できる場合には、同意してクラウドワークスの登録は終了です。

仕事を探す

仕事を探す

クラウドワークスに登録することができたら、いよいよクラウドワークスで仕事を探してみましょう。クラウドワークスで仕事を探すには、クラウドワークス画面上部に表示されている「仕事を探す」ボタンをクリックして検索画面に移動します。

カテゴリから探す

カテゴリから探す

仕事を探す画面が表示されたら、左側には職種ごとに仕事のカテゴリが表示されています。職種ごとに仕事を見ていきたい方は、このカテゴリから自分の見てみたい職種を選択して仕事を探しましょう。職種を選択すると更に詳細なメニューが表示されます。

キーワードで検索する

キーワードで検索する

仕事を探す画面の上部では、仕事をキーワードで検索することもできます。職種や、やってみたい仕事をキーワードで入力して検索しましょう。例えば、「文字起こし」や「ブログ ライター」と入力するとヒットした仕事が表示されます。

絞り込み検索をかける

絞り込み検索をかける

仕事を探す画面の、職種ごとのカテゴリの下の部分には絞り込み機能があります。絞り込み機能では仕事の形式や報酬など様々な要素で仕事を絞り込むことができます。希望の形式や報酬額を入力して仕事を探してみましょう。

応募から納品までの流れ

やってみたい仕事を見つけることができたら、仕事に応募しましょう。タスク形式の場合はすぐに仕事に取りかかれますが、プロジェクト形式の仕事を行うにはまずは仕事に応募して、その案件を受注しなければいけません。

クラウドワークス初心者のうちは、仕事に応募してもなかなか採用してもらえないことが多くあります。そのときには、タスク形式のアンケートやモニターを行ってみたり、比較的採用されやすい文字起こしなどで実績を作りましょう。

クラウドワークスでは、ユーザー・クライアントが案件ごとにお互いを評価できるので、応募時には自分の評価でクラウドワークスを使った実績の有無を判断されてしまいます。そのため、まずは実績作りが大切です。

「応募画面へ進む」を選択

「応募画面へ進む」を選択

自分がやってみたい仕事を見つけることができたら案件のページの上部右側にある「応募画面へ」ボタンをクリックしましょう。初心者でもアンケートモニターやデータ入力、文字起こし、ライターなどは仕事しやすいのでどんどん応募しましょう。

応募内容を入力する

応募内容を入力する

応募画面に移動するので必要事項を入力しましょう。自分の実績や稼働可能時間、アピールポイントなどの自分の自己紹介・アピールとなる内容を入力するとクライアントの目にとまりやすくなります。また、案件詳細で内容を指定されていることもあります。

契約後仮払いを待つ

契約後仮払いを待つ

応募内容を入力して応募して、採用された場合には本契約→クライアントの報酬仮支払いを待って業務を開始します。採用された場合には、クライアントは報酬額を仮支払いします。仮支払いとは、一時的にクラウドワークスに報酬を支払うことです。

納品報告を行う

納品報告を行う

仕事が終了したら、クライアントと連絡をとって最後に納品ボタンをクリックして納品報告を行いましょう。クライアントとメッセージなどで話し合って、仕事が終了したら納品報告を押すとクラウドワークス側でも、業務終了となります。

報酬を確認する

報酬を確認する

納品報告後、クライアントが成果物を検収して仕事が終了したらクラウドワークスから、クライアントが仮支払いした報酬が支払われます。報酬は、クラウドワークスにログイン後画面上部の報酬タブから確認することができます。

【初心者】クラウドワークスで稼ぐコツ

初心者がクラウドワークスで稼ぐコツを紹介します。クラウドワークスに登録したばかりの初心者の方はなかなか稼ぐことができないかと思います。初心者におすすめの職種や稼ぎ方のコツを紹介します。

どんな職種がおすすめ?

クラウドワークス初心者には、ブログライターなどのライティング案件、記事作成・カンタン作業などの専門知識が必要のない職種がおすすめです。アンケートやモニターも専門知識が必要ないことが多いので初心者にはおすすめです。

プロフィール欄を充実させる

クラウドワークスではクライアントは、応募者のプロフィールを見てどのような人か判断します。そのため、まずはプロフィールを充実させましょう。プロフィールに希望の条件を設定したり、本人確認をして信頼性を高めましょう。

希望する時間帯や単価を記述したり、これまでの経歴やアピールポイントの文章をまとめて見やすくプロフィールに書いておくと、初心者の方でも採用されやすくなります。

実績を作る

クラウドワークスでは受注実績や、SNSのいいねと同じような意味で利用される「ありがとう」、評価などは誰でも見ることができます。そのため、初心者の方はまずはアンケートなどカンタン作業から案件をこなして実績を作りましょう

慣れてきたらプロジェクトに応募する

カンタン作業などのタスク形式に慣れてきたら、プロジェクト形式の案件に応募してみましょう。クラウドワークスのタスク形式の案件はサクッとこなすことができてスキマ時間に消化するには程よい案件ですがあまり稼げません。

クラウドワークスでしっかりと効率よく稼ぐには、プロジェクト形式の案件をこなす必要があります。タスク形式の案件はどれだけ頑張ってもアルバイト程度の報酬しか稼ぐことができないので、多少なれたらプロジェクト形式に応募してみましょう。

初心者のうちは実績や評価も少ないのでプロジェクト形式に応募しても採用されないことが多いです。ですが、たくさんのプロジェクト形式の案件に応募しているうちに採用される案件も増えてきます。また、継続案件契約も取りやすいのでおすすめです。

【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~アンケートモニター/レビュー~

クラウドワークス初心者におすすめの稼ぎ方として、アンケートモニターやレビューなどのカンタン作業の案件を紹介します。アンケートモニターやレビューは報酬としては少ないですが初心者でも簡単にこなすことができるはずです。

おすすめポイント

アンケートモニターやレビューのおすすめポイントを紹介します。アンケートモニターやレビューがなぜ、クラウドワークス初心者におすすめできるのか紹介しますので、クラウドワークスに挑戦しようとしている方はぜひ参考にしてください。

専門知識が不要

アンケートモニターやレビューでは、案件ページで指定された通りの内容をこなすだけで報酬がもらえることが多いです。そのため、専門知識も不要でだれでも参加することができるので、専門知識がない初心者にもおすすめできます。

空いた時間に行える

アンケートモニターやレビューは、案件ごとに必要な時間が短いため空いた時間にさっとこなすことができます。特に、アンケートモニターは1件あたりの時間が短いのでちょっとした空き時間や電車やバスなどの車内でもこなすことができます。

タスク形式で気軽に行える

アンケートモニターやレビューなどの仕事は、タスク形式で掲載されていることがほとんどです。そのため、案件ごとの応募も不要で非常に手軽です。案件を見つけたらすぐに作業に取り掛かることができるのもおすすめポイントの一つです。

どれくらい稼げる?

アンケートモニターやレビューなどのタスク形式の案件は1件こなしても10円~500円程度と高くはありません。ですが、スキマ時間などに少しずつこなしていくと、慣れてくれば月に1万円くらいは稼ぐことができるのでおすすめです。

ただし、本気でタスク形式に挑戦しても良くてもアルバイト並みの報酬しかもらうことができないので、より効率よく稼ぎたい方には、プロジェクト形式の案件に挑戦することをおすすめします。

タスク形式での案件は、暇つぶしやスキマ時間などの時間つぶしにこなすのに程よい案件ですので、多く行ってもあまり稼ぐことはできず、効率もあまりよくないので集中してタスク形式を行うのはおすすめはできません。

【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~ブログ作成/ライター~

クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方として、ブログ作成・ライター業務があります。ブログ作成やライター業務はクラウドワークスでも人気の職種の一つです。

おすすめポイント

クラウドワークスのブログ作成・ライター業務のおすすめポイントを紹介します。なぜ、クラウドワークスではブログ作成やライター業務がおすすめなのか紹介しますのでぜひ参考にしてください。

趣味の知識を活かしやすい

クラウドワークスでは様々なジャンルのブログ作成・ライター業務が募集されています。そのため、自分の趣味・知識にあったブログ作成・ライター業務を受注したら、自分の趣味や知識を活かしてブログ作成・ライター業務を行うことができます。

スキルがつきやすい

ブログ作成・ライター業務を受注すると、多くの案件でマニュアルがあったりフィードバックをもらったりします。そのため、文章作成スキルの向上にも役に立ちます。また、初心者歓迎の案件もブログ作成・ライター業務では多く見かけます。

見出しが作成されている場合が多い

クラウドワークスで募集されているブログ作成・ライター業務では見出しが作成されていることが多くあります。そのため、一から記事を考える必要がないので初心者にもおすすめです。

ただし、見出しが無い案件ほど文字単価が高い傾向にあるので、より文字単価が高い案件を探したい方は、見出しなども用意されていない案件にチャレンジしても良いでしょう。

どれくらい稼げる?

クラウドワークスで募集されている一般的なブログ作成・ライター業務の文字単価は0.4円~0.6円程度です。また、少し専門性が出てきたり見出しがなかったりすると文字単価1円を超える案件も増えてきます。

文字単価によっても異なってきますが、慣れてくれば月に10万円程度はクラウドワークスのブログ作成やライター業務で稼ぐことができます。効率的に稼ぐにはなるべく文字単価がいい案件を探しましょう。

ただし、注意点としてクラウドワークスで応募されている案件の中には文字単価が0.1円など非常に低いものがあります。そのような案件では稼げないので初心者の方は注意しましょう。

【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~データ入力~

クラウドワークスの初心者におすすめの稼ぎ方に、データ入力があります。データ入力とは、名刺やレシートなどのデータを専用のフォームやエクセルシートに入力していく作業のことです。

おすすめポイント

データ入力のおすすめポイントを紹介します。

作業難度は控えめ

データ入力の作業難易度はかなり低めでほとんどの案件で専門知識が必要のない、単純作業が多いです。例えば、スキャンされた名刺に書かれている会社名や、住所、電話番号などを読み取って、それをデータとして文字入力する仕事です。

中には、日本語ではない英語や中国語などの文字入力もあります。そのような案件の場合には日本語よりも単価が高くなって稼ぎやすくなってきます。日本語以外の言語を習得している方はより稼げるのでおすすめです。

継続依頼が多い

データ入力はほとんどんがプロジェクト形式で募集されています。また、データ入力の依頼元が継続的に仕事を発注することが多いので、データ入力を行うクラウドワーカー側も継続案件が多く見込めます

どれくらい稼げる?

データ入力では入力していくデータの内容にもよりますが1件30円~200円程度が多いです。そのため、月に3万円程度は稼ぐことができる稼ぎ方になります。

ただし、データ入力はあまり稼ぐことのできる仕事ではありません。単純作業で知識は不要ですが、時間単価で見るとアルバイトの方が稼げる場合も多くあります。そのため、スキマ時間の活用くらいの利用にとどめることをおすすめします。

データ入力ではキーボードの入力速度が大切になってきます。データ入力は完全出来高制なので、タッチタイピングなどを覚えて高速で文字入力ができるように練習しておくと効率を上げることができます。

【初心者】クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方~文字起こし~

クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方に文字起こしがあります。文字起こしとは、講演会やインタビューを録音した音声を聞いて、録音した音声が話している内容をテキストに書き起こす作業のことです。

おすすめポイント

文字起こしのおすすめポイントを紹介します。文字起こしのおすすめポイントを紹介しますので、初心者の方や文字起こしにチャレンジしてみたいかたはぜひ参考にしてください。

タイピングスキルを活かしやすい

文字起こしの案件ではとにかくキーボードの入力スピードが求められます。そのため、タッチタイピングのスキルを活かしやすい仕事です。

渡された音声を何度も一時停止したり聞き直していては効率が上がらないので、音声に送れをとらない速度で文字入力ができるキーボード入力の速さが求められます。

慣れてくるとスピードが上がりやすい

文字入力は、音声で聞こえてくることを打ち込むだけですのでほとんど文章を考えずに作業できます。そのため、多くの案件をこなして、音声の聞き取りのコツを掴んで慣れてくるとスピードアップしやすい案件になってきます。

文字起こしを行う録音内容も講演会などの音声から、雑談やインタビューの音声まで様々ですので、慣れてきたら自分が文字起こししやすい内容の案件を選んで応募してくると、効率よく仕事をこなすことができます。

どれくらい稼げる?

文字起こしは1分50円程度の案件が初心者でも受注しやすい相場になってきます。中には1分100円を超える案件もありますが、競争率も高くなるため初心者では受注しづらい案件になってきます。文字起こしでは月に3万円程度は稼げるでしょう。

文字起こしの案件は継続依頼が多いので、自分が働きやすいクライアントを見つけたら継続依頼がないか確認してみましょう。中には、報酬をアップしてくれるクライアントもいるので一度質問してみると良いでしょう。

合わせて読みたい!稼ぎ方に関する記事一覧

Thumb「BIGO LIVE」とは?使い方/稼ぎ方をくわしく解説!
ライブ配信サービスとは言ってもさまざまあります。本日は「BIGO LIVE(ビゴライブ)」の...
Thumb「マイカフェ」のお金の稼ぎ方をくわしく解説!
「マイカフェ」のお金の稼ぎ方は注文された料理を客に提供したり電話で注文を受け付けたりするのが...
Thumb「LINE CONOMI」とは?ポイントの稼ぎ方も解説!
LINE CONOMIとは飲食店の検索や投稿など色々な使い方ができるアプリサービスです。LI...
ThumbCASHb(キャッシュビー)の安全性!口コミ/稼ぎ方も解説!
CASHb(キャッシュビー)とは設立間もないポイントサイトのことです。CASHb(キャッシュ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
suncat
インステ