USB経由でテザリングする方法!USBでパソコンをインターネット接続しよう

USBを経由してiPhoneやAndroidをパソコンに接続してテザリングする方法を紹介します。USBテザリングでインターネット接続するメリットやデメリットなど、USBテザリングに関する気になる情報をわかりやすく解説します。

USB経由でテザリングする方法!USBでパソコンをインターネット接続しようのイメージ

目次

  1. 1. テザリングとは
  2. 2. USB経由でテザリングするメリット
  3. 2-1. スマホのバッテリー消費が少ない
  4. 2-2. 充電しながらテザリング可能
  5. 2-3. 通信速度が早い/安定している
  6. 2-4. セキュリティ面で安心
  7. 2-5. 接続方法が簡単
  8. 3. USB経由でテザリングするデメリット
  9. 3-1. 接続台数の制限
  10. 3-2. USBケーブルが必要
  11. 3-3. パソコン側にUSBポートが必要
  12. 3-4. パソコンのバッテリー消費が速くなる
  13. 4. USB経由でテザリングをする方法〜iPhone〜
  14. 4-1. iPhoneとPCをケーブルで接続する
  15. 4-2. iPhoneの設定アプリでインターネット共有の設定をする
  16. 4-3. PC側の設定
  17. 5. USB経由でテザリングをする方法〜Android〜
  18. 5-1. Android端末とPCをケーブルで接続する
  19. 5-2. Android端末の設定アプリでテザリングの設定をする
  20. 5-3. PC側の設定
  21. 5-4. 合わせて読みたい!テザリングに関する記事一覧

テザリングとは

USBテザリングについて触れる前に、そもそもテザリングとはどのような機能なのかについて解説します。

第一に、テザリングとは、スマホをアクセスポイントとして設定し、パソコンなどの電子機器と接続することで、インターネットを利用できるようになる機能のことを指します。

また、テザリングの接続方法には「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3種類があり、今回は「USBテザリング」について紹介します。

関連記事
スマホのテザリングでパソコン(Windows)をインターネットに接続する方法

USB経由でテザリングするメリット

続いてUSBテザリングを利用するメリットについて解説します。USBテザリングのメリットは主に5つあります。

スマホのバッテリー消費が少ない

USBテザリングはスマホとパソコンを直接USBケーブルで繋いで接続する方法ですので、バッテリーの消費が、ほかの接続方法に比べて非常に少ないです。

充電しながらテザリング可能

USBテザリングであれば、パソコンでスマホを充電しつつテザリングすることができます。テザリングを利用するうえで心配なバッテリーもUSBテザリングであれば心配ありません。

通信速度が早い/安定している

有線で繋がっているUSBテザリングは、無線接続に比べて、通信速度も早く、安定しています。長時間、安定してインターネットを利用したい人におすすめです。

セキュリティ面で安心

Wi-FiやBluetoothなどの無線と比べて、USBテザリングはほかの機器に接続される心配がありません。

USBケーブルで繋がっている機器以外と接続されることもなく、安全にインターネットを利用することができます。

接続方法が簡単

USBテザリングはほかの接続方法に比べて、パスワードの設定やペアリングなどの難しい設定が必要なく、USBケーブルさえあれば簡単に接続することができます。

USB経由でテザリングするデメリット

次にUSBテザリングのデメリットについて解説します。USBテザリングを利用するうえで、デメリットについてもしっかり知っておくことが重要です。

接続台数の制限

Wi-FiやBluetoothは複数の端末に接続してテザリングすることができますが、USBテザリングはケーブルで繋がれたひとつの端末としか接続できません。

複数の端末でテザリングする場合は、無線での接続が必要になります。

USBケーブルが必要

そもそもUSBテザリングをするには当然USBケーブルが必須となります。

ケーブルが手元にないと接続できないので、日頃から持ち歩かない限り、緊急で接続しなければならない場合などにはあまり向きません。

パソコン側にUSBポートが必要

ほとんどのパソコンにはついているとは思いますが、パソコン側にUSBポートがついていないと、当然USBテザリングを利用することができません。

USBテザリングするにはパソコン側のUSBポートが必要になります。

パソコンのバッテリー消費が速くなる

スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぐと、ほとんどの場合、スマホに充電されるため、パソコンのバッテリー消費がその分早くなってしまいます。

パソコンのバッテリーが少ない場合などは無線での接続をおすすめします。

USB経由でテザリングをする方法〜iPhone〜

それではiPhoneでUSBテザリングを利用する方法について紹介します。USBテザリングはほかの接続方法と比べて非常に手順が簡単です。

なお、今回紹介する際に使用している端末はiOS12.1.2のiPhone6端末ですが、端末によって方法は微妙に異なります。

iPhoneとPCをケーブルで接続する

まずはiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。

iPhoneの設定アプリでインターネット共有の設定をする

iPhone側で設定を開き「インターネット共有」をタップします。

「インターネット共有」をタップ

「インターネット共有」をオンにします。

「インターネット共有」をオン

PC側の設定

最後にパソコン側でテザリングできているかを確認します。まず下のバーにある上向きの矢印をクリックします。

上向きの矢印をクリック

ネットワークのアイコンをクリックします。

ネットワークのアイコンをクリック

このように一番上に端末が表示されていれば接続完了です。

一番上に端末が表示されていれば接続完了

iTunesのインストールが必須

ただし、iPhoneの場合、パソコンにあらかじめ「iTunes」をインストールしておく必要があります。

関連記事
iTunesとは?無料?使い方の基本やできることを解説

USB経由でテザリングをする方法〜Android〜

最後にAndroidでUSBテザリングを利用する場合の方法について紹介します。こちらもiPhoneの時と同様に手順は簡単です。

なお、今回紹介する際に使用している端末はAndroid8.0のXperia端末ですが、端末によって方法は微妙に異なります。

Android端末とPCをケーブルで接続する

まずはAndroidとパソコンをUSBケーブルで接続します。この時、接続方法の確認の表示が出た場合は「USBテザリング」を選択します。

「USBテザリング」を選択

Android端末の設定アプリでテザリングの設定をする

Androidの設定から「ネットワークとインターネット」などのネットワークに関する設定を開きます。

ネットワークに関する設定を開く

「テザリング」をタップします。

「テザリング」をタップ

「USBテザリング」をオンにします。

「USBテザリング」をオン

PC側の設定

下のバーにある上向きの矢印をクリックします。

上向きの矢印をクリック

ネットワークのアイコンをクリックします。

ネットワークのアイコンをクリック

このように一番上に端末が表示されていれば接続完了です。

一番上に端末が表示されていれば接続完了

なお、Androidの場合、iPhoneのように何かを事前にインストールしておく必要もありませんので、そのまま接続できます。

関連記事
Androidスマホでテザリングできない・繋がらない原因・対処法

合わせて読みたい!テザリングに関する記事一覧

関連記事
テザリングって何?テザリングの基礎を初心者向けに解説
関連記事
テザリングとWi-Fiの違いは?使い方やメリット・デメリットまとめ
関連記事
スマホのテザリングでパソコン(Windows)をインターネットに接続する方法
関連記事
au・ソフトバンクがテザリング有料化!納得できない理由と対処法を解説

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
吉 和

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ