【Windows Update/不具合】「更新サービスに接続できませんでした」対策法!

Windows Updateをする際、何らかの不具合が生じ、「更新サービスに接続できませんでした」と表示されることがあります。本記事では、Windows Updateをする際に生じた不具合の対処法について、解説させていただきます。

【Windows Update/不具合】「更新サービスに接続できませんでした」対策法!のイメージ

目次

  1. 1Windows Updateの「更新サービスに接続できませんでした」とは?
  2. 2Windows Updateの「更新サービスに接続できませんでした」の対策〜設定変更〜
  3. 3Windows Updateの「更新サービスに接続できませんでした」の対策〜キャッシュ〜
  4. 4Windows Updateの不具合の対策

Windows Updateの「更新サービスに接続できませんでした」とは?

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示されることがあります。初めに、この表示の意味とは何なのかについて説明させていただきます。

Windows Updateをする際の不具合/エラー

「更新サービスに接続できませんでした」という表示は、Windows Updateをする際、何らかの不具合やエラーが起こり、Windows Updateが正常に行われなかった際に表示されます

正確には、「更新サービスに接続できませんでした。後で自動的に再試行されますが、今すぐ手動で確認することもできます。この問題が引き続き発生する場合は、インターネットに接続していることを確認してください。」と表示されます。

この不具合の解決方法について、公式フォーラムが解決方法を提示しています。下記のリンクをクリックすると、公式フォーラムのページにアクセスすることができます。

Windows Update - マイクロソフト コミュニティ

本記事では、Windows Update時の不具合対策方法について、画像付きで詳しく解説させていただきますので、参考にしていただければ幸いです。

2019年1月末以降発生している不具合

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示される不具合は、2019年1月末から報告されています。Microsoftが原因を調査し、2月5日にサーバー側での対応が行われました。

対応は行われましたが、不具合が改善されないというケースも報告されています。未だ不具合が改善されていない場合、本記事で紹介されていただく方法を試していただければ幸いです。

ThumbWindows 10「May 2019 Update」で最大35日インストール延期が可能に
「Windows 10 May 2019 Update」がリリース!!今回のアップデートはイ...

Windows Updateの「更新サービスに接続できませんでした」の対策〜設定変更〜

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示される不具合が発生した場合の対策方法は、設定を変更する方法とキャッシュを消す方法があります。

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示される不具合が発生した場合の対策方法として、初めに、設定を変更する方法について説明させていただきます。

ネットワーク接続設定を変更する

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示される不具合が発生した場合の対策方法として、ネットワーク接続設定を変更する方法について説明させていただきます。

操作手順

Windowsでネットワーク接続設定を変更する手順は以下の通りです。

「ネットワーク接続」を開く

Windowsのスタートボタンを右クリックします。

Windows10ホーム画面のスタートボタン

「ネットワーク接続」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面のネットワーク接続項目

「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

Windows10ネットワーク接続設定画面のネットワーク設定の変更項目

アダプタのプロパティを表示

「イーサネット」を右クリックします。この際、イーサネットが複数ある場合は、アイコンに×が付いておらず、アイコンのPCの画面が青くなっているものを選択します。

Windows10コントロールパネルのネットワーク接続設定のイーサネット項目

「プロパティ」をクリックします。

Windows10コントロールパネルのネットワーク接続設定のイーサネットサブメニューのプロパティ項目

DNSサーバーの設定を変更

「インターネット プロトコル バージョン4」をクリックします。

Windows10のイーサネットのプロパティ設定画面のインターネットプロトコルバージョン4項目

「プロパティ」をクリックします。

Windows10のイーサネットのプロパティ設定画面のインターネットプロトコルバージョン4選択後画面

「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れます。

Windows10のイーサネットプロトコルバージョン4のプロパティ設定画面

優先DNSサーバーに「8.8.8.8」、代替DNSサーバーに「8.8.4.4」と入力し、「OK」をクリックします。

Windows10のイーサネットプロトコルバージョン4のプロパティ設定画面のDNSサーバー指定後画面

IPv6を無効にする

「インターネット プロトコル バージョン6(IPv6)」のチェックを外し、IPv6を無効にします。

Windows10のイーサネットのプロパティ設定画面のインターネットプロトコルバージョン6項目

IPv6を無効にできたら、「閉じる」をクリックします。

Windows10のイーサネットのプロパティ設定画面のインターネットプロトコルバージョン6選択解除後画面

Windowsでネットワーク接続設定を変更する手順の説明は以上です。

Thumb【Windows10 Update】0x800705b4でエラーでアップデートできない時の原因・対処法
Windows10 Update(アップデート)できないエラーコード0x800705b4が出...

Windows Updateの「更新サービスに接続できませんでした」の対策〜キャッシュ〜

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示されるエラーが発生した場合の対策方法として、続いて、キャッシュを消す方法について説明させていただきます。

DNSクライアントのリゾルバーキャッシュを消す

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示されるエラーが発生した場合の対策方法として、DNSクライアントのリゾルバーキャッシュを消す方法を説明させていただきます。

操作手順

WindowsでDNSクライアントのリゾルバーキャッシュを消す手順は以下の通りです。

コマンドプロンプトの起動

Windowsのスタートボタンを右クリックします。

Windows10のスタートボタン

Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。この際、ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合、「はい」を選択してください。

Windows10スタートメニュー画面のWindowsPowerShell項目

コマンドの入力

ipconfig /flushdns」と入力し、Enterキーを押します。

Windows10のWindowsPowerShell管理者画面

WindowsでDNSクライアントのリゾルバーキャッシュを消す手順の説明は以上です。

Thumbタスクマネージャーとは?使い方・見方を解説【Windows】
パソコンが急に遅くなったり動かなくなったりしたという経験が誰しもあるのではないでしょうか。 ...

Windows Updateの不具合の対策

Windows Updateをする際、「更新サービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法について解説させていただきました。

しかし、他にもWindows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」というメッセージが表示される場合があります。本章では、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法を紹介させていただきます。

高速スタートアップの無効化

Windows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法1つ目は、高速スタートアップを無効化することです。

Windowsでは、パソコンの起動を高速化するため、高速スタートアップ機能と呼ばれる機能が備わっています。

この高速スタートアップ機能が、起動時に読み込むファイルなどに影響を及ぼし、不具合を発生させる場合があるため、高速スタートアップを無効化することで、不具合を改善できる可能性があります。

Windowsで、高速スタートアップを無効化させる手順は以下の通りです。

1.Windowsのスタートボタンをクリックします。

Windowsのスタートボタン

2.電源アイコンをクリックします。

Windows10スタートメニュー画面の電源アイコン

3.「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面の電源サブメニュー画面

4.「PCの電源を切る」をクリックします。

Windows10のオプションの選択画面のPCの電源を切る項目

Windowsで、高速スタートアップを無効化させる手順の説明は以上です。

ネットワーク設定のリセット

Windows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法2つ目は、ネットワーク設定をリセットさせることです。

コマンドプロンプトからネットワーク設定をリセットすることで、不具合が改善する可能性があります。Windowsでネットワーク設定をリセットさせる手順は以下の通りです。

1.Windowsのスタートボタンをクリックします。

Windowsのスタートボタン

2.アプリ一覧の「Windowsシステムツール」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面のWindowsシステムツール項目

3.「コマンドプロンプト」を右クリックします。

Windows10スタートメニュー画面のWindowsシステムツールのサブメニューのコマンドプロント項目

4.「その他」にマウスポインターを合わせます。

Windows10スタートメニュー画面のWindowsシステムツールのサブメニューのコマンドプロントサブメニューのその他項目

5.「管理者として実行」をクリックします。この際、ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合、「はい」を選択してください。

Windows10スタートメニュー画面のWindowsシステムツールのサブメニューのコマンドプロントサブメニューのその他サブメニューの管理者として実行項目

6.「netsh winsock reset」と入力し、「Enter」キーを押します。

Windows10のコマンドプロントのnetsh winsock reset入力後画面

7.「Winsock カタログをリセットしました。」と表示されたら、パソコンを再起動します。

Windows10のコマンドプロントのWinsockカタログリセット後画面

Windowsでネットワーク設定をリセットさせる手順の説明は以上です。

駐在ソフトの無効化

Windows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法3つ目は、駐在ソフトを無効化させることです。

パソコンが起動している最中、常に動いている駐在ソフトが影響を及ぼし、不具合が発生している可能性があります。そのため、駐在ソフトを無効化させることで、不具合が改善できる可能性があります。

Windowsで駐在ソフトを無効化させる手順は以下の通りです。

1.Windowsのスタートボタンを右クリックします。

Windowsのスタートボタン

2.「タスクマネージャー」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面のタスクマネージャー項目

3.「詳細」をクリックします。

Windows10タスクマネージャーの簡易表示画面

4.「スタートアップ」タブをクリックします。

Windows10タスクマネージャー詳細画面のスタートアップタブ

5.自動的に起動させたくないソフトをクリックします。

Windows10タスクマネージャー詳細画面のスタートアップタブのソフト一覧

6.「無効にする」をクリックします。

Windows10タスクマネージャー詳細画面のスタートアップタブのおすすめメニューNavi選択後画面

Windowsで駐在ソフトを無効化させる手順の説明は以上です。

アプリの削除

Windows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法4つ目は、アプリを削除することです。

特定のアプリを起動した時に不具合が発生する場合は、そのアプリが不具合の原因となっている可能性があります。そのため、該当のアプリをアンインストールすることで、不具合が改善させる可能性があります。

Windowsでアプリを削除する手順は以下の通りです。

1.Windowsのスタートボタンをクリックします。

Windowsのスタートボタン

2.スタートメニュー画面から、Windowsからアンインストールしたいアプリを探します。

Windows10スタートメニュー画面のアプリ一覧

3.アンインストールしたいアプリを右クリックします。

Windows10スタートメニュー画面のアプリ一覧のBlueStacks項目

4.「アンインストール」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面のBlueStacksサブメニュー

Windowsでアプリを削除する手順の説明は以上です。

システムの復元を行う

Windows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法5つ目は、システムを復元させることです。システムの復元を行うと、正常に動作していた時の状態に戻すことができます。

そのため、不具合を改善できる可能性があります。Windowsでシステムを復元させる手順は以下の通りです。

1.Windowsのスタートボタンをクリックします。

Windows10のスタートボタン

2.「Windowsシステムツール」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面のアプリ一覧のWindowsシステムツール項目

3.「コントロールパネル」をクリックします。

Windows10スタートメニュー画面のWindowsシステムツールのサブメニューのコントロールパネル項目

4.「システムとセキュリティ」をクリックします。

Windows10コントロールパネルのシステムとセキュリティ項目

5.「システム」をクリックします。

Windows10コントロールパネルのシステムとセキュリティのシステム項目

6.「システムの保護」をクリックします。

Windows10コントロールパネルのシステムとセキュリティのシステムのシステムの保護項目

7.「システムの復元」をクリックします。

Windows10コントロールパネルのシステムのプロパティのシステムの復元項目

8.「次へ」をクリックします。

Windows10システムの復元スタート画面

9.任意の復元ポイントをクリックします。

Windows10システムの復元の復元ポイント選択画面

10.「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。

Windows10システムの復元の復元ポイント選択後画面の影響を受けるプログラム項目

11.「削除されるプログラムとドライバー」ボックスと「復元が見込まれるプログラムとドライバー」ボックスを確認し、「閉じる」をクリックします。

Windows10システムの復元の削除されるプログラムとドライバーと復元が見込まれるプログラムとドライバー確認画面

12.復元ポイントが選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

Windows10システムの復元の復元ポイント選択確認画面

13.内容を確認し、「完了」をクリックします。

Windows10の復元ポイントの確認画面

14.「はい」をクリックします。

Windows10のシステムの復元開始確認画面

15.システムの復元が完了すると、自動的にパソコンが再起動します。再起動後、「システムの復元は正常に完了しました。」というメッセージが表示されるため、「閉じる」をクリックします。

Windows10のシステムの復元完了後画面

Windowsでシステムを復元させる手順の説明は以上です。

再セットアップを行う

Windows Updateをする際、「Windowsサービスに接続できませんでした」と表示される不具合の対策方法6つ目は、再セットアップを行うことです。再セットアップを行うと、パソコンを購入時の状態に戻すことができます。

それにより、不具合が改善される可能性があります。しかし、再セットアップを行うと、保存しているデータなどが消えてしまうため、必ずバックアップを取ってから行ってください。Windowsで再セットアップを行う手順は以下の通りです。

1.Windowsのスタートボタンをクリックします。

Windows10のスタートボタン

2.歯車アイコンをクリックします。

Windows10スタートメニュー画面の歯車アイコン

3.「更新とセキュリティ」をクリックします。

Windows10設定画面の更新とセキュリティ項目

4.画面左側に表示されている「回復」をクリックします。

Windows10更新とセキュリティ設定画面の回復項目

5.「開始する」をクリックします。

Windows10更新とセキュリティの回復設定画面のこのPCを初期状態に戻す項目

6.「個人用ファイルを保持する」をクリックします。

Windows10PC再設定画面のオプション選択画面

7.「次へ」をクリックします。

Windows10PC再設定画面の削除アプリ確認画面

8.「リセット」をクリックします。

Windows10PC再設定画面のリセット準備完了画面

パソコンが数回再起動を繰り返します。処理が完了したらサインイン画面が表示されるため、パスワード入力し、サインインしてください。Windowsで再セットアップを行う手順の説明は以上です。

いかがでしたでしょうか?Windows Update時、「更新サービスに接続できませんでした」と表示される不具合が発生してしまった際に、参考にしていただければ幸いです。

合わせて読みたい!Windowsに関する記事一覧

Thumb【Windows10】デバイスマネージャーを表示する方法!起動・開き方も解説!
Windowsが不調な時デバイスマネージャーから原因を特定する場面があります。そんな時、簡単...
Thumb【Windows10】ディスククリーンアップで不要ファイルを削除する方法
PCを使っている時に容量が足りなくなって困ったことはありませんか?Windows10にはディ...
Thumb【Windows10】Windows Media Playerをダウンロード&インストールする方法
音楽を再生したり、CDの取り込みや書き込みができるWindows Media Playerを...
Thumb【Windows10】ファイルの中身(本文)で検索する方法と設定方法を解説
ファイルを検索しようとしたとき、中身を覚えていてもファイル名を忘れてしまっていることがあると...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
なつみ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ