Appleが「iCloud for Windows」をMicrosoft Storeで配信開始!

iCloudをWindowsで利用できる新しいアプリがAppleからMicrosoft Storeで配信開始しました。AppleのクラウドサービスiCloudをWindowsで利用できる配信されたばかりなこのアプリについて説明していきます。

Appleが「iCloud for Windows」をMicrosoft Storeで配信開始!のイメージ

目次

  1. 1新しいiCloud for Windowsの配信開始が発表される
  2. 2新しい「iCloud for Windows」とは
  3. 3新しい「iCloud for Windows」の特徴
  4. 4iCloud for Windowsのダウンロード要件など

新しいiCloud for Windowsの配信開始が発表される

AppleとMicrosoftは、アメリカ現地時間の6月11日、Windows 10用のiCloudの新しいアプリ「iCloud for Windows app」の配信を発表しました。

新しいiCloud for WindowsのアプリはMicrosoft Storeにて配信開始がされています。

ThumbiPhoneのメモが同期できないときの対処法【iCloud】
iPhoneのメモが同期できないときの対処法をご存知ですか?iPhoneのメモはiOSデバイ...

新しい「iCloud for Windows」とは

新しい「iCloud for Windows」のとは何なのか、その概要について説明していきましょう。

Windows 10で利用できるiCloudのアプリ

新しくMicrosoft Storeから配信されたMicrosoft Windowsとは、Windows 10で利用できるiCloudとの同期アプリになります。

既にAppleの公式サイトから使用していた方もいるかと思いますが、新しいこのアプリはWindows 10へ最適化したことにより、Windowsで利用するiCloudとして弱点だった同期に関する動作が改善されています。

ThumbiCloud Driveファイルを共有する方法!手順を解説!
iCloud DriveをAppleユーザーのみなさんは活用していますか?ファイルの共有をし...

新しい「iCloud for Windows」の特徴

新しいiCloud for Windowsが利用できるのはWindows 10を搭載した端末になります。この新しく配信されたアプリの特徴について説明していきましょう。

「ファイルオンデマンド」の利用が可能

Microsoftが提供しているクラウドサービスに「OneDrive」というものがあります。このOneDriveはCloud Syncエンジンというものを用いているため、ファイルオンデマンド機能を使えるのです。

ファイルオンデマンドというのはクラウドストレージに置かれているファイルを必要な時にダウンロードして、パソコン本体のローカルストレージの圧迫を防ぐことができる機能です。

新しいiCloud for Windowsは、OneDriveのCloud Syncエンジンを用いているため、ファイルオンデマンドと同様の機能を利用できるのです。

クラウド内にあるフォルダやファイルは、全てWindows 10のFile Explorerに表示されることにはなりますが、それをダウンロードしておくのか、必要になった時にダウンロードするのかという選択が可能です。

端末によってはストレージ容量がかなり限られるデバイスもある中、このファイルオンデマンド機能はかなりの利点となります。

MacOS/iOSデバイスで追加・変更したiCloudの内容を同期

これまでのiCloud for Windowsでも可能ではありましたが、この新しいiCloud for Windowsでも、MacOSやiOSデバイスでiCloudに追加したり変更したりした内容を同期させることが可能です。

この同期の動作が、以前までのiCloud for Windowsでは、Macで利用している場合のiCloudや、Windowsで利用している場合のOneDriverと比較すると、どうしても動作が遅くなっていました。

しかし、ファイルオンデマンド機能と同じことができるようになったことで、その動作が改善されました。

iCloud側からの同期に関してもそうですが、Windowsの方で編集したファイルなどの同期に関しても、動作の安定性を見込むことができます。

また、iCloudをWindowsとMacで相互共有できるということですので、異なるOS環境を持つ環境でも生産性が向上します。

iCloud上のファイルをダウンロードしないため端末の空き容量を圧迫せず、File ExplorerからiCloud Driveのファイルへの直接アクセスも可能となり、それをローカルストレージへ保存することもできます。

iCloud Drive保管しやファイルなどへは、iOSデバイスやMacPC、iCloud.comからアクセスできますし、File ExplorerからiCloud上の任意のファイルを共有して、他者との共同作業も可能です。

編集内容はデバイス間で同期されるますので、異なる端末で共有して動作させたい場合は特に便利となりました。

ThumbiCloud Driveの使い方!保存ファイルの確認・削除方法も解説!
皆さんは普段iCloud Driveを使っていますか?とっても便利なクラウドサービスでiPh...

iCloud for Windowsのダウンロード要件など

iCloud for WindowsのダウンロードはWindows 10のみと前述しましたが、そこにされに条件があります。

新しいiCloud for Windowsは、Windows 10のバージョンは18362.145以降の環境が必要となります。それ以外の場合は「システム要件を確認」と表示されますのでその点注意してください。

iCloud を入手 - Microsoft Store ja-JP
Download iCloud for Windows - Apple Support

なお、Windows 10ユーザー以外にも、iCloud for WindowsアプリはApple公式から提供されています。しかし、アプリのサービス対応内容が異なりますので、下記表を参考にしてください。

  Microsoft Store Apple公式
システム要件 Windows 10以上 Windows 7以上
File Explorerとの統合機能 対応 非対応
ファイルオンデマンド機能 対応 非対応
対応しているブラウザ Internet Explorer 11以降
Firefox 57以降
Google Chrome 73以降
Internet Explorer 10以降
Firefox 30以降
Google Chrome 28以降
対応している
メールクライアント
Outlook 2016以降 Outlook 2010以降

持ち歩いているノートパソコンはMacで自宅にあるデスクトップPCがWindowsという人などにとって、新しいiCloud for Windowsは大変便利なアプリと言えます。

iPhoneを持っていても自宅にあるPCがWindowsという人も少なくないでしょうから、そういう人も同様です。

Windows 10を利用している人は、これを機に利用してみてはいかがでしょうか?

ThumbiCloud内データを整理する方法!同期しない方法も解説!
皆さんはiPhoneやiPadのデータの整理はしていますか?写真やアプリを削除するだけではな...

合わせて読みたい!Windows10に関する記事一覧

Thumb【Windows10】コントロールパネルのショートカットを作る方法!
Windows10でコントロールパネルのショートカットを作っていきます。Windows10の...
Thumb【Googleカレンダー】Windows10のカレンダーアプリとの連携方法!
この記事ではGoogleカレンダーとWindows10のカレンダーアプリの連携方法をご紹介し...
Thumb【Windows10】ライセンス認証しないとどうなる?機能制限はある?
Windows10でライセンス認証しないとどうなるか、知っていますか。今回の記事では、Win...
ThumbWindows10のHomeとProの違いはここ!どっちか迷ってる人へ詳しく解説
Windows10には、「Home」と「Pro」の2種類があります。Windows10のPC...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ