【iPhone】Qiワイヤレス充電のおすすめは?メリット・デメリットは?

iPhoneのQiワイヤレス充電が便利なのです。iPhoneのQiワイヤレス充電のメリットやデメリットとは、どういったものなのか紹介していきます。Qiワイヤレス充電の選び方のポイントや注意点、充電時間も説明をさせていただきます。

【iPhone】Qiワイヤレス充電のおすすめは?メリット・デメリットは?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのQiワイヤレス充電とは?
  2. Qiの仕組み
  3. ワイヤレス充電の規格
  4. 2iPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方
  5. 形状で選ぶ
  6. 性能で選ぶ
  7. 利用シーンで選ぶ
  8. 3iPhoneのQiワイヤレス充電器のおすすめ
  9. パッド型
  10. スタンド型
  11. 複数台充電
  12. モバイルバッテリー型
  13. 自動車用
  14. 冷却機能搭載
  15. 急速充電タイプ
  16. 4Qiワイヤレス充電対応のiPhone
  17. iPhone8以降の機種に対応
  18. 5iPhoneのQiワイヤレス充電のメリット
  19. ケーブルの抜き差しが必要ない
  20. 置くだけで簡単に充電できる
  21. 6iPhoneのQiワイヤレス充電のデメリット
  22. 充電時間が長い
  23. ケースやアクセサリが使えない
  24. ワイヤレス充電器側にケーブルが必要
  25. 7iPhoneのQiワイヤレス充電の使い方
  26. ワイヤレス充電器を電源につなぐ
  27. ワイヤレス充電器にiPhoneを置く
  28. 数秒後に充電が開始される
  29. 8iPhoneでQiワイヤレス充電を利用する時の注意点
  30. 中央付近に置かないと充電されない
  31. 高温になる場所での充電を避ける
  32. まとめ
  33. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

iPhoneのQiワイヤレス充電とは?

普段、iPhoneを充電するしているとコードが邪魔だとか、充電ケーブルが絡まったりとイライラする場面があります。そういった困った場合に、iPhoneのQiワイヤレス充電はとても便利なのです。そんなiPhoneのQiワイヤレス充電の仕組みについてお話します。

iPhoneのQiワイヤレス充電とは、新型のiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRや従来のモデルのiPhone X/iPhone 8シリーズで使えるものを、ここではワイヤレス充電器と言います。このQiワイヤレス充電の仕組みは、最近のiPhoneで利用が可能なのです。

Qiワイヤレス充電とは、ケーブルなしでiPhoneなどを充電できる仕組みを取っています。接続方法に何も用意するものがないのがメリットなのです。電力伝送をワイヤレスで行っているので、従来の充電の接続方法を取らなくても充電が可能になったのです。

Qiの仕組み

このiPhoneでのQiワイヤレス充電仕組みを詳しく説明します。「電磁誘導方式」「磁界共振方式」「電波受信方式」「電界結合方式」という電力伝送方式があります。Qiワイヤレス充電に採用されている多くは「電磁誘導方式」となっています。

電磁誘導方式とは、給電側のコイルに電流を流すと磁束が生じて、受電側のコイルへ電流が流れるという仕組です。給電側がワイヤレス充電器で、受電側がiPhoneという仕組みや接続方法をとっているのです。つまり「電磁誘導の原理」の仕組になってます。

Qi規格とは、ワイヤレスパワーコンソーシアムが策定したワイヤレス給電の国際標準規格であります。現在、iPhoneやスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されています。つまり、Qi規格があれば、Qiワイヤレス充電が可能なのです。

ワイヤレス充電の規格

ワイヤレス充電の規格とは、「A4WP(Alliance for Wireless Power アライアンスフォーワイヤレスパワー)」「WPC(Wireless Power Consortium ワイヤレスパワーコンソーシアム)」「PMA(Power Matters Alliance パワーマッターズアライアンス)」

などが主な組織となっています。その中でもiPhoneは「WPC(Wireless Power Consortium ワイヤレスパワーコンソーシアム)」が策定したワイヤレス給電の国際標準規格、Qi規格に対応しております。

ThumbLINEのトーク削除方法まとめ!メッセージ/トークルーム/トーク履歴の削除方法を解説【iPhone/Android/PC】
LINEでのメッセージ、トークルーム、トーク履歴の削除方法についてまとめました。iPhone...

iPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方

それでは、iPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方を考えていく上で必要なことについて紹介をしていきたいと思います。これから紹介をするQiワイヤレス充電器の選び方はとても大切ですから、どのような選び方をすればいいのか良く理解をしてください。

iPhoneのQiワイヤレス充電器には、種類がいろいろあるのです。パッド型、スタンド型など形状が異なるものもあり、さらに性能の違いもQiワイヤレス充電器に違います。このように、Qiワイヤレス充電器がどのようになっているのか把握しておく必要があります。

また、あなたの利用目的を考えながらiPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方をしていくとスムーズに行くことができるでしょう。

形状で選ぶ

まずは、iPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方として「形状で選ぶ」方法があります。パッド型やスタンド型といったさまざまな形状のQiワイヤレス充電器があります。それぞれ使い方も異なりますので、種類を把握しておいてください。

それでは、iPhoneのQiワイヤレス充電器の形状の4つの種類について説明させていただきます。

パッド型

まずは、iPhoneのQiワイヤレス充電器「パッド型」です。パッド型は、今現在のQiワイヤレス充電器で一般的であり、多く販売しているのがパッド型となっています。パッド型とは、下敷きのように置くタイプのもので、平らなになっています。

高さが無いので、そこまで幅は広く取りませんので、パッド型は使い勝手が良いです。また、他の形状より比較的安価といったメリットがありますので、選び方としてパッド型を選択するのもありでしょう。

スタンド型

つづいて、iPhoneのQiワイヤレス充電器の「スタンド型」です。スタンド型は、iPhoneをスタンドに立てかけて充電することができるタイプです

スタンド型の特徴として、iPhoneでのLINEの確認や通知確認、あるいはFace ID(顔認証)解除がとても簡単になるというメリットがあります。しかし、スタンド型は比較的割高になる傾向がありますので、注意点であります。

マウント型

つづきまして紹介をするiPhoneのQiワイヤレス充電器は「マウント型」です。マウント型の特徴は、車載用として利用されることが多い傾向です。iPhoneを設置する際に端末両サイドからホールドで固定してずれ落ちないような仕掛けが搭載されております。

車のシガーソケットからカーチャージャーを介して電力供給できる仕組みがあります。運転中にナビアプリ等を使いながら利用することもできますので、iPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方として、マウント型を選択するのもいいかもしれません。

モバイルバッテリー型

最後に紹介をするiPhoneのQiワイヤレス充電器は「モバイルバッテリー型」です。モバイルバッテリー型は、バッテリーを内蔵搭載していますので、外出時など電源供給ができない場合にiPhoneを重ねることでワイヤレス充電を可能にできるタイプです。

通常のモバイルバッテリーでは充電ケーブルが必須となりますが、ワイヤレスモバイルバッテリーは特に何も不要ですから荷物が減るというメリットがありますが、コイルを内蔵しているので一回り大きなサイズになるのが注意点です。

性能で選ぶ

また、iPhoneのQiワイヤレス充電器の選び方で「性能」を重視して選んでいくという方法もあります。

充電スピード、コイル面積など性能面を考えてQiワイヤレス充電器を選んでいくと、実際に購入して使った場合に満足ができる商品と出会うことができます。充電スピード(充電時間)やコイル面積などについて紹介をしていきたいと思います。

充電スピード

Qiワイヤレス充電の速度は、パッドやスタンド置くだけで充電できるという便利な点がありますが、ケーブル充電より充電時間が遅いです。実はケーブル充電に比べて電池の劣化が早くなるという噂の声がネット上では、飛び交っているのです。

Qiワイヤレス充電の接続方法は、ワイヤレスなので、どうしてもワイヤレス充電の通信速度の量というものに上限がございます。ワイヤレス充電は電気を磁束に変換するプロセスを挟むため、エネルギー効率が悪くなってしまうのです。

つまり、充電ロスが原因となり、ワイヤレス充電の速度・時間は低下してしまいます。ワイヤレス充電の充電速度が遅いといううわさは本当なのです。ですから、充電スピードが少しでも速いQiワイヤレス充電を選んでいくことが大切です。

コイル面積

iPhoneのワイヤレス充電器の電力伝送は「電磁誘導方式」ですから、給電側のコイルと受電側のコイル位置がズレているとワイヤレス充電をすることができないという注意点があります。この場合、給電側はワイヤレス充電器で受電側はiPhoneのことを指します。

ということは、Qiワイヤレス充電に搭載されているコイルが大きな面積をカバーしていればワイヤレス充電ができる範囲が広くなるのです。ですから、選び方のポイントとしてはコイル面積が広いものを選んでいくとスムーズに使うことができるでしょう。

利用シーンで選ぶ

そして、iPhoneのワイヤレス充電器をどのように使っていくのか。あなたの利用シーンを考えて選んでいくという手もありますので、参考にしながらその方法を確認していくようにしてください。

職場や自宅

職場や自宅で利用をする場合は、ご自身の環境を考えてワイヤレス充電器を置くことができる面積を把握し、それに見合ったサイズのワイヤレス充電器を選ぶことがポイントです。職場や自宅の面積を考えながら選んでいくといいでしょう。

デスクやテーブルが滑りやすいガラス製やステンレス製の場合は、ワイヤレス充電器がずれてしまうことやiPhoneが充電器から落ちてしまうことがありますので、そのような注意点を把握しながら選ぶと便利でしょう。

外出先

主に外出先で使うことが多くなる場合は「ワイヤレスモバイルバッテリー」を選択すると非常に便利で役に立つこと間違いないでしょう。さらに、充電ケーブルが不要なので持ち物が減りますのでおすすめだらけです。

車内

つづいて、車内で利用する場合が予想されるのであれば「マウント型のワイヤレス充電器」を用意することをおすすめします。運転中は必ず振動が発生するので、iPhoneをしっかりと固定できるマウント型がとても最適であります。

そして、縦向きと横向きを使い分けられる機器であれば、アプリの使い分けをすることも可能です。

ThumbLINEの機種変更で引き継ぎができない/失敗する時の復元・対処方法!メアドやパスワード忘れ・エラー・トーク履歴データの復元など【iPhone/Android】
機種変更に伴うLINEの引き継ぎには、細かい手順があるのでうまくできないことが多いのです。し...

iPhoneのQiワイヤレス充電器のおすすめ

ここからは、iPhoneのQiワイヤレス充電器のおすすめを形状別に紹介をしていきますので、参考にしながら購入検討をしてみてください。

パッド型

エレコム 冷却ファン搭載Qi規格対応ワイヤレス充電器 W-QA06

パッド型でおすすめなのは「エレコム 冷却ファン搭載Qi規格対応ワイヤレス充電器 W-QA06」です。

最大出力10Wで、iPhoneの7.5W高速充電に対応。 スマホの発熱を抑える冷却ファンを搭載した、スマホを置くだけで充電できるQi規格対応ワイヤレス充電器となっています。

また、天面に滑り止めパッドを配置し、スマートフォン本体へのキズやバイブレーションによる滑り落ちを抑制することが可能です。

冷却ファン搭載Qi規格対応ワイヤレス充電器 最大出力10W ブラックの人気通販 | AppBank Store

スタンド型

Anker PowerWave 7.5 スタンド型ワイヤレス充電器 ブラック

つづいて、スタンド型でおすすめなワイヤレス充電器は「Anker PowerWave 7.5 スタンド型ワイヤレス充電器」です。3000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドとなっていますので、安心と信頼があります。

ほとんどのワイヤレス充電対応機器に対して、5W出力で充電が可能です。iPhoneへは、最大7.5W出力で、またSamsung製スマートフォンの主要モデルには、最大10W出力での充電が使用できます。

そしてPowerWaveは、ほとんどのスマホケースをつけたままでスマートフォンを充電することが可能です。また、置くだけで充電が開始され、充電しながらお好きな向きに調節することが可能です。

Amazon | Anker PowerWave 7.5 Stand (5W / 7.5W / 10W Qi ワイヤレス急速充電器) iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9+、その他Qi対応機種 各種対応(ブラック) | 家電&カメラ オンライン通販

複数台充電

ベルデス ワイヤレスバッテリー

複数台充電が可能なおすすめのワイヤレス充電器を紹介します。それは「ベルデス ワイヤレスバッテリー」です。モバイルバッテリーと異なり、スマホ充電にケーブルが要りません。バベルデス ワイヤレスバッテリースマホを重ねるだけで充電が可能です。

USB充電ポートも2口搭載しており、ワイヤレス充電非対応のスマホでも使用可能になります。ワイヤレス+USBx2の3台同時充電も可能です。

そして、バッテリー本体を充電しながらiPhoneを充電することも可能なため、自宅や職場でワイヤレス充電器の代わりとしても利用ができる優れものです。

iPhoneX/8を外出先でもワイヤレス充電!「ベルデス ワイヤレスバッテリー」新発売。|モジ株式会社のプレスリリース

モバイルバッテリー型

BricksPower

つづいて、モバイルバッテリー型のおすすめのワイヤレス充電器は「BricksPower」です。BricksPower一つで、すべてのワイヤレス充電器、モバイルバッテリー、バッテリーケースの機能を持っているという優れた重電機器です。

BricksPowerには、あなたのiPhoneにくっつき続ける「超粘着性ナノサクション」技術が装備されています。ですから、電話をする場合も持ち運ぶ時もそのまま充電をしながら持ち運ぶことができるという利点があります。

BricksPower スマホに吸い付くQi対応モバイルバッテリー 3000mAh グレーの人気通販 | AppBank Store

自動車用

Qi規格対応ワイヤレス充電式車載ホルダー

つぎに紹介をする自動車用のおすすめのワイヤレス充電器は「Qi規格対応ワイヤレス充電式車載ホルダー」です。Qi規格対応ワイヤレス充電式車載ホルダーは、WPCが策定したワイヤレス給電の国際標準規格「Qi(チー)」に準拠した正規認証品です。

Quick Charge2.0以上のUSB充電器を使用することで、9Wの急速充電が可能になります。また、強力ゲル吸盤タイプで車のダッシュボードなどにしっかりと固定可能になり、車内での運用はばっちりです。

Qi規格対応ワイヤレス充電式車載ホルダー | W-QC01BK | エレコムダイレクトショップ[エレモバ本館] | 商品詳細ページ

冷却機能搭載

Qi ワイヤレス充電器 15W 急速充電 Nillkin ワイヤレスチャージャー 置くだけ充電 冷却

つづいて、冷却機能搭載したおすすめのワイヤレス充電器は「Qi ワイヤレス充電器 15W 急速充電 Nillkin ワイヤレスチャージャー 置くだけ充電 冷却」です。

ワイヤレス充電器 急速充電15W/10Wと標準充電の入力7.5W/5Wの四つの充電モードを兼ね備えております。また、Qi充電器の裏にある無騒音の冷却ファンは先進的な冷却技術を採用し、iPhoneなどのスマホの放熱を強力に手助けしてくれます。

Amazon | Qi ワイヤレス充電器 15W 急速充電 Nillkin ワイヤレスチャージャー 置くだけ充電 冷却 【Qi認証済み/PSE認証済】 15W / 10W / 7.5W/5W 無線充電器 無接点充電器 iPhone 7.5W ワイヤレス充電器 iPhone XS Max/XS/XR/X/iPhone 8/8 plus/Galaxy S10/S10+/S9/S9+/S8/S8+/Sony xperia xz2/xz3+など、その他Qi対応機種 各種対応+など、その他Qi対応機種 usb type c ケーブル付属 | クレードル・ドック 通販

急速充電タイプ

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder

最後に紹介をするのは、急速充電タイプです。急速充電タイプのおすすめは「Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder」です。これを使えば充電時間が大幅に速くなるでしょう。充電時間を速くしたい人にはおすすめです。

iPhoneの急速充電はもちろん、Qi規格に対応した各デバイスを高出力でワイヤレス充電することが可能です。最新のiPhone(最大7.5W)やSamsung製スマートフォンの主要モデル(最大10W)を含むワイヤレス充電に対応する幅広い機器と互換性があります。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderの人気通販 | AppBank Store

Qiワイヤレス充電対応のiPhone

iPhoneシリーズでは、このQiワイヤレス充電の機能を使える対応機種と使えない非対応機種があります。Qiワイヤレス充電に対応したiPhoneのモデルで無ければ、実際にパッドやスタンドに置いても充電されることはありません。

ですから、ワイヤレス充電機器を購入する前に、使える対応機種と使えない非対応機種をしっかりと確認しておく必要があります。ここ最近、このQiワイヤレス充電という新しい機能・仕組み・性能が登場したので、まだまだ非対応機種は多いのです。

これから、ワイヤレス充電器に対応する対応機種も増えていくことが予想されますが、あらかじめしっかりと機能を使える対応機種と使えない非対応機種を見極めておいてください。選び方として、この注意点を理解して選んでみると良いでしょう。

iPhone8以降の機種に対応

Qiワイヤレス充電対応のiPhoneの機種とは、どのようなものなのか説明をします。今現在は5つの機種でワQiワイヤレス充電に対応しています。とはいえ対応機種は、まだまだ少ないのですが、今後はの新モデルはすべて、ワイヤレス充電対応するでしょう。

Qiワイヤレス充電の対応機種は、「iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR/iPhone X/iPhone 8」の5つのモデルです。このiPhoneシリーズでは、ワイヤレス充電器を購入して、パッドやスタンドにそのまま充電することができます。

お手持ちのiPhoneがこの5つのモデルでないか?一度確認してみてください。もしワイヤレス充電の対応機種ならば、これから紹介するワイヤレス充電のメリット・デメリットや選び方、注意点、充電時間を参考にして、選んでみてください。

ThumbiPhoneのスピードテスト(回線速度測定)アプリ「Speedtest.net Mobile Speed Test」の使い方
インターネットを利用する上で通信速度の問題はつきものです。今回はiPone通信速度のスピード...

iPhoneのQiワイヤレス充電のメリット

ここからは、iPhoneのQiワイヤレス充電を使うことで得られるメリットについて紹介していきたいと思います。

ケーブルの抜き差しが必要ない

Qiワイヤレス充電は、ケーブルが必要ありませんので、そのまま置くだけで充電をすることができます。ケーブルの抜き差しする時間が無くなりますので、スムーズに使うことができるでしょう。

置くだけで簡単に充電できる

iPhoneのQiワイヤレス充電の最大のメリットである「置くだけで充電が簡単」というメリットポイントです。仕事から疲れていて、iPhoneの充電をするのも億劫だという人も居るのではないでしょうか。そういったときに、充電が簡単なメリットは大きいです。

置くだけで充電をすることができるので、疲れて帰ってきた場合や忙しい時にiPhoneをパッドやスタンドに置くだけでQiワイヤレス充電を行うことができます。簡単な充電方法ですから、充電をするのも楽しく感じるのではないでしょうか。

Thumbスクリーンタイムのパスコードを忘れたときの対処法!解読方法も解説!【iPhone】
皆さんiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご存知でしょうか。リカバ...

iPhoneのQiワイヤレス充電のデメリット

つづいては、iPhoneのQiワイヤレス充電を使う場合に受けてしまうデメリットについても説明させていただきます。デメリットは、注意点でもありますので、しっかりと理解をしておいてください。

充電時間が長い

Qiワイヤレス充電は便利ですが、とはいえ従来の有線での充電よりも充電時間が遅いのがデメリットです。有線での充電では、急速充電に対応しているものがあり、数分でフル充電できるものまであります。しかし、ワイヤレス充電は急速充電に対応はしていません。

充電速度(時間)が非常に遅いデメリットがあるので、非常時には対応できないのがデメリットです。就寝前にワイヤレス充電を行うことはしなければいけませんので、時間に気を付けて注意をしながら考えて使う必要があります。充電時間が長いのは不便です。

ケースやアクセサリが使えない

注意点というかデメリットですが、iPhoneにケースを装着したままだとワイヤレス充電することができないデメリットもあります。もしiPhoneにケースを付けている人は、一度自分のケースでワイヤレス充電ができるかを確認する必要があります。

ケースの厚みによって、ワイヤレス充電できる・できないは全く関係がありませんので、あらかじめ言っておきます。ケースの厚みや薄さではなく、ケースの種類や素材によってワイヤレス充電できる・できないに大きく関係していきます。

このデメリットは、今の手持ちのケースとの相性がありますので、実際にワイヤレス充電を行って判明するというデメリットです。なかなかこのデメリットは避けられませんので、注意をしなければなりません。

ワイヤレス充電器側にケーブルが必要

ケーブルの抜き差しが必要ないというメリットがありましたが、ワイヤレス充電器側にケーブルが必要となりますので注意点であります。ですから常にワイヤレス充電器側にケーブルを接続している状態にしなければなりません。

Thumb【iBooks】同期されない?PDF・ePubファイルをMac/iPhoneで同期(共有)する方法
Apple製品にはPDFファイルやePubファイルを開くためのiBooksというアプリがあり...

iPhoneのQiワイヤレス充電の使い方

基本的なiPhoneのQiワイヤレス充電の使い方について説明させていただきます。

iPhone 8 以降をワイヤレスで充電する方法 - Apple サポート

ワイヤレス充電器を電源につなぐ

まずは、ワイヤレス充電器を電源につなぐ必要がります。電源は付属品あるいは、メーカー推奨の電源アダプタを使用します。

ワイヤレス充電器にiPhoneを置く

つづいて、iPhoneをワイヤレス充電器の上に置いてください。置くときのポイントとしては、iPhoneのディスプレイを上向きに。位置は充電器の中央に置くと良いでしょう。

数秒後に充電が開始される

そうすると、数秒後自動的に充電されます。充電されるまで時間がかかりますので、気長に待つようにしてください。

Thumbインスタグラムでブロックしたら/されたらどうなる?確認方法や非公開との違いも解説【iPhone/Android/PC】
世界中の人々が集まるインスタグラム。今や私達の生活に欠かせないコミュニティーツールとなってい...

iPhoneでQiワイヤレス充電を利用する時の注意点

最後に、iPhoneでQiワイヤレス充電を利用する場合に気を付けなくてはならない「注意点」について解説してこの記事を閉めたいと思います。

中央付近に置かないと充電されない

Qiワイヤレス充電をするには、充電器の中央に必ずおくようにしてください。注意点として、きちんと中央に置かなければ、充電されることはありません。

高温になる場所での充電を避ける

つづいての注意点は「高温になる場所での充電」はしないでください。直射日光などが当たる場所や温度が高い場所で充電を行うと、故障の原因に繋がりますので気をつけてください。

まとめ

以上が、【iPhone】Qiワイヤレス充電のおすすめは?メリット・デメリットは?の記事でした。iPhoneをワイヤレス充電することは、これから当たり前になるかもしれません。ですから、ワイヤレス充電のことを知っておくべきです。

それでは、この記事を参考にして、Qiワイヤレス充電を使ってみてください。

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

ThumbiPhone対応ゴーグルのおすすめは?選び方も解説!【2019年】
iPhoneに対応をしたVRゴーグルを紹介します。iPhone対応VRゴーグルは2019年現...
ThumbiPhone機種変更時のドコモメールの引き継ぎ方法!設定方法を解説!
iPhone機種変更の時にドコモメールを引き継ぎする方法が分からずに困ってしまう人は多いです...
Thumb【iPhone/iPad】「Microsoft OneNote」アプリを紹介!
「Microsoft OneNote」はiPhoneやiPadでも使うことができるメモアプリ...
Thumb【Kindle】「iPhone/iPad」で電子書籍を読む方法を解説!
iPhoneとiPadでKindleの電子書籍を読む方法を徹底解説!iPhoneとiPadで...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ