【iTunes】iPhoneのデータをバックアップ保存する方法

皆さんはiTunesでiPhoneのデータをバックアップ保存する方法があることをご存知でしょうか?iPhoneにはデータをバックアップする方法が二つあります。今回はそのうちの一つ、iTunesでデータをバックアップする方法について触れていきたいと思います。

【iTunes】iPhoneのデータをバックアップ保存する方法のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのデータをバックアップする方法
  2. パソコンでのバックアップ
  3. クラウドを使ったバックアップ
  4. 2iTunesとiCloudでのバックアップの違いは?
  5. 3iTunesでiPhoneデータをバックアップする保存場所は?
  6. パソコン
  7. 4バックアップできる容量
  8. パソコンの容量を確認
  9. 5iTunesバックアップを管理する
  10. iPhoneデータのバックアップ場所を変更
  11. iTunesのiPhoneバックアップを削除する方法
  12. iTunesのiPhoneバックアップを復元する方法
  13. iTunesのiPhoneバックアップができなくなってしまった場合の注意点
  14. 6バックアップのセキュリティ
  15. 暗号化とは
  16. 設定をすることでバックアップの暗号化が可能
  17. 合わせて読みたい!iTunesに関する記事一覧

iPhoneのデータをバックアップする方法

iPhoneのデータをバックアップする方法

皆さんはiTunesでiPhoneのデータをバックアップ保存する方法があることをご存知でしょうか?iPhoneにはiCloud以外にもデータをバックアップする方法が存在します。それはiTunesです。

今回はこのiPhoneのデータをバックアップする方法について触れていきたいと思います。iTunesでiPhoneのデータをバックアップ保存する方法については注意点も多数存在します。

端末や手法など詳細に触れていますので、注意点を確認しながらぜひ操作してみてください。

パソコンでのバックアップ

PC(パソコン)でiPhoneのデータをバックアップする方法

まずはPC(パソコン)でiPhoneのデータをバックアップする方法について確認していきましょう。PC(パソコン)でiPhoneのデータをバックアップしたい場合、iTunesを利用することになります。

iTunes

iTunesではiPhoneのデータをバックアップすることができます。

iTunesではiPhoneのデータをバックアップすることができます。保存場所としては、MacやPC(パソコン)といった端末になります。MacやPC(パソコン)と接続さえできればiPhoneのデータをバックアップできます。

クラウドを使ったバックアップ

クラウドを使ったバックアップする方法

続いてはクラウドを使ったバックアップする方法について確認していきましょう。クラウドを使ってiPhoneのデータをバックアップしたい場合、Appleが運営しているクラウドを利用することになります。

Appleが運営しているクラウドとは、iCloudのことですね。iCloudはメールやデータの同期、クラウド上に保存した書類の閲覧、画像の閲覧などが可能です。

iCloud

iCloudを利用することで、iPhoneのデータをクラウド上でバックアップすることが可能です。

iCloudを利用することで、iPhoneのデータをクラウド上でバックアップすることが可能です。バックアップ可能なデータ量については、必要な分だけデータ容量を購入していく形となります。

iTunesとiCloudでのバックアップの違いは?

iTunesとiCloudでのバックアップの違い

それでは続いて、iTunesとiCloudでのバックアップの違いについて触れていきたいと思います。iTunesとiCloudでのバックアップの違いとしましては、バックアップの取得方法が挙げられます。

iTunesの場合、バックアップを取得するのにPC(パソコン)が必要です。しかし、iTunesの場合はiPhoneのみでWi-Fiを経由してバックアップを取ることが可能となっています。PC(パソコン)の有無がiTunesとiCloudとの違いということになります。

この違いをみていると、データ量が大きくない方はiCloud、大きい方はiTunesでバックアップをとっておくと良いかもしれませんね。

このように、バックアップ方法は複数ありますが違いをチェックしておくとより活用しやすくなりますので注意点として覚えておくと良いでしょう。

iTunesでiPhoneデータをバックアップする保存場所は?

iTunesでiPhoneデータをバックアップする保存場所

それでは続いて、iTunesでiPhoneデータをバックアップする保存場所について確認しておきましょう。

パソコン

PC(パソコン)でiPhoneデータをバックアップする場合

まずはPC(パソコン)でiPhoneデータをバックアップする場合についてです。

Macでバックアップする方法の場合

Macでバックアップする方法の場合、iTunesはバックアップをユーザフォルダ内の「Backup」フォルダへ保存します。ただし、この「Backup」フォルダの場所はOSによって異なります。

別フォルダや外付けドライブ、ネットワークドライブへの移動は行わないよう気を付けてください。ファイル損傷する可能性がありますので、絶対に行わないようにしてください。
 

Windowsでバックアップする方法の場合

続いてWindowsでiPhoneのデータをバックアップする方法の場合についてです。

WindowsでiPhoneのデータをバックアップする方法の場合、バックアップリストを探す為に「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」をチェックしてみましょう。

このフォルダは検索バーからでも探すことが可能です。

バックアップできる容量

iCloudやiTunesにおいてどの程度iPhoneのデータをバックアップできるのか、その容量についても確認

それでは続いて、iCloudやiTunesにおいてどの程度iPhoneのデータをバックアップできるのか、その容量についても確認していきましょう。

パソコンの容量を確認

PC(パソコン)の容量

まずはPC(パソコン)の容量についてです。

macの容量確認方法

macの容量確認方法については、確認方法がとても簡単です。まずはリンゴマークをクリックしてみましょう。その後、「このMacについて」をクリックしてみてください。

すると、複数のタブが表示されると思います。その複数のタブの中に「ストレージ」というタブがありますので、選択してみてください。すると、ディスクの空き容量が表示されます。
 

Windowsの容量確認方法

スタートメニューから歯車アイコンを選択してみてください。その後、「システム」をクリックします。

Windowsの容量確認方法もとても簡単です。

スタートメニューから歯車アイコンを選択

まずはスタートメニューから歯車アイコンを選択してみてください。

歯車アイコンを選択

その後、「システム」をクリックします。すると、左側のメニュー欄に「ストレージ」という項目が表示されますので、こちらを選択してみてください。

すると、画面上でドライブの容量を使用済みの部分と空きの部分を分けて確認することができます。なお、ドライブを選択すれば、ストレージの使用量の詳細をチェックすることも可能です。

左側のメニュー欄に「ストレージ」という項目が表示されますので、こちらを選択してみてください。
画面上でドライブの容量を使用済みの部分と空きの部分を分けて確認することができます。

すると、画面上でドライブの容量を使用済みの部分と空きの部分を分けて確認することができます。

ドライブを選択すれば、ストレージの使用量の詳細をチェックすることも可能です。

なお、ドライブを選択すれば、ストレージの使用量の詳細をチェックすることも可能です。

なお、ドライブを選択すれば、ストレージの使用量の詳細をチェックすることも可能です。

バックアップは、外付けHDD、SSDでもOK

先ほどバックアップは、別フォルダや外付けドライブ、ネットワークドライブへの移動は行わないよう気を付けてください。ファイル損傷する可能性がありますので、絶対に行わないようにしてください。と前述しました。

ですが、iPhoneのデータのバックアップについては外付けHDD、SSDでも可能です。iPhoneのデータのバックアップしたい場合、Macなら「Backup」フォルダ全体を外付けHDDやSSDへコピーしてみてください。

Windowsの場合は以下フォルダを確認してみましょう。※このフォルダは隠しファイルなので表示されませんが、エクスプローラーのメニューの表示タブにて「隠しファイル」にチェックを入れれば表示されます。

C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup

ここに表示されたBackupフォルダをそのまま外付けHDDやSSDへコピーすれば、Windowsでも保存が可能となります。

ここに表示されたBackupフォルダをそのまま外付けHDDやSSDへコピーすれば、Windowsでも保存が可能となります。

iTunesバックアップを管理する

iTunesバックアップ管理

続いては、iTunesバックアップ管理について触れていきたいと思います。

iPhoneデータのバックアップ場所を変更

iPhoneデータのバックアップ場所を変更が可能

iTunesバックアップ管理についてはまず、iPhoneデータのバックアップ場所を変更が可能となっています。

iTunesのiPhoneバックアップは複数作ることができる!!

iTunesでは、iPhoneバックアップを複数作ることが可能です。その方法は二つあり、一つ目は単純にiTunesのアカウントを複数作成することでiPhoneバックアップを複数作ることができます。

この場合は同期が自動で行われないよう手動設定にしておく必要があります。

もう一つの、iPhoneバックアップを複数作る方法とは、別のライブラリを作成するという方法です。iTunesのアカウントを複数作るか、ライブラリを作成するか、お好きな方法でiTunesのiPhoneバックアップを行ってみてくださいね。

iTunesのiPhoneバックアップを削除する方法

ウインドウ左上にある編集タブをクリックしてみてください。

続いてiTunesのiPhoneバックアップを削除する方法について触れていきたいと思います。Windowsの場合、iTunes起動後、ウインドウ左上にある編集タブをクリックしてみてください。

環境設定を選択

その後、環境設定を選択してみてください。

メニューがポップ

するとメニューがポップされます。

iTunesのiPhoneバックアップを削除する方法

続いてデバイスを選択すると、既に保存されているiPhoneのバックアップが項目として表示される仕組みとなっています。ここで削除したいiPhoneのバックアップを選択して「バックアップを削除」を選択するとiPhoneのバックアップの削除が完了します。

ちなみにMacの場合、iTunesを開いたら環境設定を選択してみてください。その後、デバイスを選択すると、既に保存されているiPhoneのバックアップが項目として表示される仕組みとなっています。

削除したいiPhoneのバックアップを選択してバックアップを削除してみてください。

削除したいiPhoneのバックアップを選択してバックアップを削除

ここで削除したいiPhoneのバックアップを選択して「バックアップを削除」を選択するとiPhoneのバックアップの削除が完了します。

ちなみにMacの場合、iTunesを開いたら環境設定を選択してみてください。その後、デバイスを選択すると、既に保存されているiPhoneのバックアップが項目として表示される仕組みとなっています。

削除したいiPhoneのバックアップを選択してバックアップを削除してみてください。

削除したいiPhoneのバックアップを選択してバックアップを削除

iTunesのiPhoneバックアップを復元する方法

iPhoneを復元

続いてはiTunesのiPhoneバックアップを復元する方法についてです。ここで困惑しないように記載しておきますが、iTunesには「iPhoneを復元」と「バックアップを復元」の二種類の復元項目が存在します。

バックアップを復元

「iPhoneを復元」するというのは、iPhoneを初期化するという意味です。iPhoneにて設定した項目や、今までダウンロードしたアプリ、画像、動画、音楽など、全てのデータは削除されて出荷時の状態に戻されることになります。

iTunesのiPhoneバックアップを復元する方法

この「iPhoneを復元」は、iPhoneの調子が悪い時や、iPhoneを初期化したい時、iPhoneを売却する前段階として行う処置ですね。

「バックアップを復元」とは、iTunesにバックアップしていたiPhoneのデータをiPhoneに戻すという意味

続いて「バックアップを復元」とは、iTunesにバックアップしていたiPhoneのデータをiPhoneに戻すという意味になっています。

iPhoneのデータを間違えて消してしまった場合やiPhoneの状態を以前の状態に戻したい時、「iPhoneを復元」を実行した後などに用いられます。

iTunesのiPhoneのバックアップを復元したい場合、iTunesを起動して該当のiPhoneのページを開けば「iPhoneを復元」と「バックアップを復元」の双方が表示される仕組みになっています。

iTunesのiPhoneバックアップができなくなってしまった場合の注意点

iTunesではiPhoneバックアップができなくなってしまうケースもあります。

iTunesではiPhoneバックアップができなくなってしまうケースもあります。せっかくですので、そういったiTunesのiPhoneバックアップができなくなってしまった場合の注意点についても記載していきたいと思います。

まず、最新バージョンの iTunes がインストールされているか確認してみてください。デバイスをUSBケーブルでコンピュータに接続してiTunesでそのデバイスを選択します。

デバイスが iTunes に表示されない場合は、この先に進む前に、その問題を解決する必要があります。

パスコードを忘れた場合や、デバイスを使用できなくなった場合はパスコードを削除する必要があります。また、他の手段としては、コンピュータと、iPhone、iPad、または iPod touch の電源を両方とも切り、もう一度入れ直す方法もあります。

パスコードを忘れた場合や、デバイスを使用できなくなった場合はパスコードを削除する必要があります。

Windowsの場合、iTunesが反応しなくなる場合やバックアップがいつまでも終わらないケースがあります。その場合は、セキュリティソフトウェアのアップデート、変更、無効化、アンインストールが必要かもしれません。

複数のコンピュータをお持ちの場合は、ほかのMacまたはWindowsでバックアップを作成してみてください。iCloudを使ってデバイスをバックアップし、iCloud バックアップから復元してみると良いでしょう。

エラーが起きた、バックアップが破損しているか互換性がないまたはディスク容量不足という警告が表示される場合は、iOSのバージョンが最新か、ディスク容量が不足していないか、バックアップが破損していないか、バックアップに互換性がないかチェックします。

バックアップのセキュリティ

iTunesのバックアップのセキュリティについて

続いては、iTunesのバックアップのセキュリティについて触れていきたいと思います。iTunesのバックアップセキュリティについては、「暗号化」について知っておく必要があります。次の項目ではこの暗号化について確認していきましょう。

暗号化とは

機密情報や個人情報などを通信する時に第三者に内容を知られたり改ざんされないよう防ぐ為の技術のこと

暗号化とは、機密情報や個人情報などを通信する時に第三者に内容を知られたり改ざんされないよう防ぐ為の技術のことを指します。iTunesによるiPhoneのデータバックアップは個人情報を多く含んでいますので、この暗号化がとても重要になってきます。

しかしiTunesでは、iPhoneのバックアップに対してこの暗号化という作業はデフォルトで行ってはいません。暗号化させたい場合は手動で指定する必要があるということですね。

設定をすることでバックアップの暗号化が可能

一度パスワード保護を用いて暗号化を行えば、該当のデバイスに対するバックアップについては自動的に暗号化される仕組みとなっています。

iTunesのバックアップの暗号化については、パスワードを用いて設定します。一度パスワード保護を用いて暗号化を行えば、該当のデバイスに対するバックアップについては自動的に暗号化される仕組みとなっています。

【iTunes】iPhoneのデータをバックアップ保存する方法~まとめ~

iPhoneのバックアップはiTunesとiCloudの二つの方法があります。

さて、今回はiTunesにおけるiPhoneのデータをバックアップ保存する方法について解説してみました。いかがでしたでしょうか。バックアップにおける操作方法の違いや端末の違い、それらに対する注意点など確認できたかと思います。

まず、iPhoneのバックアップはiTunesとiCloudの二つの方法があります。この二つには様々な違いがあり、それぞれに向き不向きといった注意点が存在します。特に注意点については違いを見比べてみないと気付けないことが多いです。

特に暗号化についてはデフォルトで行われているわけではありません。バックアップを初めて行う方にとってはそもそも選択肢として浮かび上がってこない可能性があります。

注意点として意識してチェックしよう

そういったことの無いよう、注意点として意識してチェックしていただけたらと思います。ぜひ今回記載した注意点など参考にしてみてください。それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

合わせて読みたい!iTunesに関する記事一覧

ThumbiTunes Matchを解約する方法と注意点
iCloudミュージックライブラリにまとめて追加するだけで全ての端末で音楽や動画を同期できる...
ThumbiTunes「iPhoneを復元」と「バックアップを復元」の違いとは?
iTunesの機能である「iPhoneを復元」と「バックアップを復元」の違い。「iPhone...
Thumb iTunesでAppが表示されない!iTunes12.7でアプリ表示が消えてなくなった時の対処法
iTunes12.7でアプリが表示されないことが話題となりました。iTunesでアプリが表示...
ThumbiTunesでiPhoneを認識しない時の原因・対処法まとめ
iTunesでiPhoneを認識しない時、パソコン側かデバイス側か、またはLightning...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
小森 樹
インステ