【マンガ図書館Z】漫画コンテンツを他の電子書店へ配信開始!

マンガ図書館Zが漫画コンテンツを他の電子書店へ配信開始することを発表しました。マンガ図書館Zから電子書店へ配信される漫画コンテンツは対象作品や作家に決まりがあるので、現在発表されている漫画コンテンツについてご紹介します。

【マンガ図書館Z】漫画コンテンツを他の電子書店へ配信開始!のイメージ

目次

  1. 1マンガ図書館Zが他の電子書店へマンガコンテンツの配信を開始
  2. マンガ図書館Zとは
  3. 2マンガ図書館Zが配信を開始した対象作品
  4. マンガ図書館Zから他の電子書店への配信は240作家の漫画コンテンツ
  5. マンガ図書館Zから他の電子書店へ1900冊の漫画コンテンツが配信
  6. 3マンガ図書館Zがコンテンツを配信する電子書店
  7. 既に配信されている電子書店
  8. 今後配信予定の電子書店
  9. 合わせて読みたい!漫画に関する記事一覧

マンガ図書館Zが他の電子書店へマンガコンテンツの配信を開始

主に漫画コンテンツを掲載する無料の電子書店である「マンガ図書館Z」が2019年7月19日に他の電子書店へ漫画コンテンツの配信を開始することを発表しました。

マンガ図書館Zとはどんな電子書店なのか、今回配信が発表された漫画コンテンツの対象作品などをご紹介します。

マンガ図書館Zとは

マンガ図書館Zとは

マンガ図書館Zとは、ひと昔前に人気を集めた懐かしの漫画や既に絶版となっている人気の漫画が無料で読むことができる人気の電子書店です。

マンガ図書館Zは多くの人が訪れることで広告収入が得られ、読者は無料で漫画が読める、漫画の作者は昔発売した漫画からさらに収益を得られるということでマンガ図書館Zを通して多くの人にメリットがあるサイトとして知られています。

今回は、マンガ図書館Zが発表した他の電子書店へ配信する漫画コンテンツの対象作品や詳しい内容をご紹介します。

マンガ図書館Z - 無料で漫画が全巻読み放題!
Thumb漫画定額/月額サービスのおすすめ21選!サイトを徹底比較!
人気の漫画の最新刊が今すぐ読みたい!という場合には漫画の定額/月額サービスの利用がおすすめで...

マンガ図書館Zが配信を開始した対象作品

今回の発表でマンガ図書館Zから他の電子書店へ配信される作品は、マンガ図書館Zに掲載されている全ての漫画コンテンツではありません

他の電子書店へ配信される漫画コンテンツには決まりがあるので、ここで詳しくご紹介します。

マンガ図書館Zから他の電子書店への配信は240作家の漫画コンテンツ

マンガ図書館Zで他の電子書店へ配信される漫画コンテンツは、作家が限られることが発表されています。マンガ図書館Zのサイト内で掲載している240作家の作品です。

現在マンガ図書館Zに掲載されている漫画コンテンツの作家は700名以上存在していますから、そのうち240名ということなので3分の1程度の作家の作品ということになります。

マンガ図書館Zから他の電子書店へ1900冊の漫画コンテンツが配信

マンガ図書館Zに掲載されている漫画コンテンツのうち、他の電子書店へ配信されるものは前述した240作家の作品と合わせて1900冊と発表されています。

こちらも、マンガ図書館Zに掲載されている漫画コンテンツの全てが他の電子書店へ配信されるわけではないということを覚えておいてください。

Thumb大人向けマンガが読める無料漫画アプリのおすすめランキングTOP6
みなさんはいつも漫画w読む時はいつもなにで大人向け漫画を読んでいますでしょうか。最近ではアプ...
Thumb漫画無料アプリおすすめ43選をランキングで徹底比較!人気・有名作品も読める
漫画無料アプリにさまざまな種類があります。無料で読み放題のものがおすすめですが、漫画雑誌公式...

マンガ図書館Zがコンテンツを配信する電子書店

マンガ図書館Zが配信することを発表した電子書店は、有名な電子書店などを含め様々な電子書店になることが発表されています。

これにより、今まではマンガ図書館Zでしか読むことができなかった絶版の漫画コンテンツが利用中の電子書店でも読めるということで漫画ファンから喜ばれています。

既に配信されている電子書店

サービスの開始からマンガ図書館Zから漫画コンテンツが配信されている電子書店は、アマゾン「Kindleストア」・「ブックパス」・「Reader Store」などがあります。

アマゾン「Kindleストア」などはとくに有名で利用者も多い電子書店なので、マンガ図書館Zに掲載している漫画の作者はより多くの人に作品を読んでもらえるというメリットになるでしょう。

今後配信予定の電子書店

今後マンガ図書館Zから漫画コンテンツが配信される予定の電子書店は以下のようになります。

「Apple Books」「ebookjapan」「DLsite.com」「コミックシーモア」「DMM.com」「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」「honto」「GooglePlayブックス」「セブンネットショッピング」などがあります。

他にも「cdjapan」「Neowing」「BookLive!コミック」「BookLive!」「楽天Kobo」「music.jp」など、利用者が多い有名な電子書店も多くあるので、利用中の電子書店があったら是非マンガ図書館Zから配信された作品を読んでみてください。

合わせて読みたい!漫画に関する記事一覧

Thumb「マンガebookjapan」のおすすめ漫画と使い方!レビューも紹介!
マンガebookjapanを利用したことはありますか。本記事ではマンガebookjapanの...
Thumb漫画シティは漫画村の代わり?無料で漫画を読める?URLや危険性を調査
漫画シティという無料で漫画を読めるサイトはご存知でしょうか?この漫画シティが漫画村の代わりと...
Thumbピッコマ漫画の「遭遇」がヤバい!ネタバレ・あらすじを解説!
ピッコマの遭遇が面白い!!と話題です。本日はピッコマの遭遇がどんな漫画なのか作者は誰?につい...
Thumb第二のまんが村と言われる「13DL」を調査!無料で漫画が読める?
第二のまんが村と言われている「13DL」は無料で漫画が読めるといわれています。しかしこうした...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
m.ayano
インステ