「Amazonアカウント」の複数作成のメリットと注意点!

Amazonアカウントを複数作成するメリットと注意点について紹介していきます。Amazonアカウントを複数作成時に変えるべき項目や購入サブアカウントの作成方法まで説明していきます。法人と個人のアカウントの切り替え方を詳しく解説してまいります。

「Amazonアカウント」の複数作成のメリットと注意点!のイメージ

目次

  1. 1Amazonアカウントの複数作成は可能?
  2. 複数作成することのメリット
  3. 複数作成する際の用途
  4. 2Amazonアカウント複数作成時の上限保持数
  5. 用途毎の上限保持数
  6. 3Amazonアカウント複数作成時の注意点
  7. 複数作成時に変えるべき項目
  8. 4Amazonアカウントの複数作成方法~個人~
  9. 購入サブアカウントの作成方法
  10. 5Amazon法人アカウントとは
  11. 特徴
  12. 6Amazonアカウントの複数作成方法~法人
  13. 法人アカウントの作成方法
  14. 7複数作成後にAmazonアカウントを切り替える方法
  15. アカウントの切り替え方法
  16. 8複数作成後のAmazonプライム特典を共有する方法
  17. プライム会員情報ページ
  18. まとめ
  19. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧!

Amazonアカウントの複数作成は可能?

Amazonアカウントを複数作成することができたら、便利になることがたくさんあります。Amazonアカウントを複数作成して、ショッピング、プライムビデオ、kindleなどをそれぞれのアカウント別々で使い分けたいといった人などです。

個人的に趣味に使う商品を購入する場合と日用品の購入でAmazonアカウントを分けたい。また法人でAmazonアカウントを持っている人であれば、もしアカウントを停止になったら売上金が0円になって収入が入ってこなくなってしまいます。

このように、さまざまなことを考慮するとAmazonアカウントを複数作成することでメリットがあります。そこで、Amazonアカウントを複数作成することが実は可能ですので、本日はAmazonアカウントを複数持つことに関して紹介をしていきたいと思います。

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

複数作成することのメリット

Amazonアカウントを複数作成することにより受けることができるメリットは、さまざまあります。法人で利用している人にとっては、アカウント削除や停止になった場合のリスクを回避することができるというメリットがあるでしょう。

Amazonアカウントを複数作成しておけば、収入が完全に途絶えることはありませんのでメリットになること間違いないです。つづいてのメリットは、使い分けができることです。使い分けができるということは、商品のジャンルの専門性を高めることができます。

一つのアカウントで全く別のジャンルの商品を出品することが難しいので、アカウントを複数持って商品のジャンルを変えるべきです。このように、さまざまなメリットがありますのでサブアカウントのメリットを活かしていくようにしてください。

複数作成する際の用途

それでは、Amazonアカウントを複数作成するメリットを知ったところで、複数作成する際の使用用途について考えることをしなければなりません。Amazonアカウントを複数作成することで、できることを考えていけば、用途が見えてくるはずです。

Amazonアカウントを複数作成をする用途は「個人アカウント」「法人アカウント」「出品アカウント」「購入アカウント」の4つの使用用途が考えられると思われます。サブアカウントを持った場合、どの使用用途に当てはまるのかを見極めることが重要です。

それでは、Amazonアカウントを複数作成する際の用途について詳しく説明をしていきますので、各項目を参考にして、サブアカウントをこれから作っていくようにしてください。

個人アカウントと法人アカウント

まずは、Amazonアカウントを複数作成する用途としては「個人」と「法人」で使い分けるということができるようになります。個人(プライベート)でAmazonアカウントを持ちたい場合や、法人アカウントでAmazonアカウントを持ちたい場合といった具合です。

このように、個人と法人で使い分けることができますので便利です。個人アカウントとは、完全プライベートで、ショッピングを個人的に楽しみたいという場合に使うことを目的としています。

一方で法人アカウントとは、ビジネスとしてAmazonアカウントを使用したいという人向けのアカウントとなります。豊富なビジネス商材があり、法人価格で購入できたりと商売することができます。このように、個人・法人使い分けすることが可能です。

出品アカウントと購入アカウント

つづきましては、Amazonアカウントを複数作成する使用用途は「出品アカウント」と「購入アカウント」で使い分けをするといった目的ができます。出品アカウントとは、その名の通り出品をするためのアカウントとして使っていくという目的のものです。

購入アカウントとは、アカウント名の通りショッピングで購入をする目的としたアカウントです。このように、Amazonアカウントを複数作成して役割毎にアカウントをそれぞれ変えるべきです。そうすれば、アカウントの棲み分けが上手にできます。

ですから、あからじめ複数作成する際の用途を考えておくと、スムーズにアカウントを切り替えて使うことができるでしょう。

Thumbインスタグラムを退会(完全にアカウント削除)する方法!一時停止との違いも【iPhone/Android/PC】
インスタグラムを退会してやめるにはどうすればいいかご存知でしょうか?ただインスタグラムのアプ...

Amazonアカウント複数作成時の上限保持数

それでは、ここからは「Amazonアカウント複数作成時の上限保持数」について解説をしていきたいと思います。Amazonアカウントによって、アカウントの上限保持数が異なってきますので、自分が作成したいアカウントの上限を確認する必要があります。

もし、上限保持数にルールがあるのであれば、Amazonアカウント複数作成することができなくなってしまいますので、この上限である注意点についてあらかじめ理解をしておくことが大切になってきます。

さっそく、注意点であるAmazonアカウント複数作成時の上限保持数を説明させていただきます。

用途毎の上限保持数

Amazonアカウント複数作成時の上限保持数には、それぞれ違いがあります。購入アカウント、個人アカウント、法人アカウント、出品アカウント、一つ一つ上限保持数があらかじめ決まっていますので、把握をしておくと良いです。

基本的に、Amazonでは複数アカウントは公式に認められていません。一ユーザーにつき一つのアカウントを原則としています。個人アカウントを複数作成することは不可能となっていますので、この項目の注意点には気を付けてください。

ただ、一部複数アカウント複数保有していいと認められているAmazonアカウントもありますので、しっかりと確認して複数作成をするようにしてください。

購入アカウントは複数作成可能

購入アカウントに関しては、複数作成時の上限保持数はありません。つまり、購入アカウントであれば、複数作成してもかまいません。とはいっても、上限保持数がないからといってもむやみやたらに作成していいわけではありません。

先ほども言いましたが、原則として一ユーザーにつき一つのアカウントというルールがあります。そのように、購入アカウントでも一応守らなければならない項目があります。複数アカウント作れるからといって、たくさん作ってしまうと停止される場合があります。

アカウントの停止に関しては、後程注意点について紹介していきますので、そちらも合わせてお読みになってください。

出品アカウントは1つまで

しかし「出品アカウントは1つまで」となっています。つまりAmazon出品アカウントでは複数アカウントを作成することはできません。出品アカウントは2つ以上原則としては、持つことができませんのであきらめるようにしてください。

ThumbGoogleマップにGoogleアカウントでログインしてさらに便利に!ログインした使い方を初心者向けに解説!
GoogleアカウントでGoogleマップにログインするとGoogleマップがさらに便利にな...

Amazonアカウント複数作成時の注意点

Amazonアカウント複数作成する場合には、さまざまな気を付けなければならない項目があります。そのAmazonアカウント複数作成する際の注意点をあらかじめ理解をしておかなければ、最悪アカウントの停止・削除となる可能性もあります。

このように、Amazonアカウントの複数作成する場合はAmazonが事前に、決めたルールに従わないといけないようになっています。そうしなければ、今後Amazonを使っていく上でスムーズに利用することはできなくなってしまいます。

それでは、Amazonアカウントの複数作成の注意点の項目を一つ一つ紹介していきますので、確認していきましょう。

法人アカウントは1つまで

Amazonアカウントの注意点としては「法人アカウントは1つまで」となっています。1部署1アカウントが原則ですが、ブランド名ごとに持つことは可能となっています。ですから、法人アカウントを同じブランドで作ることはできません。

ここの注意点のポイントしては、各ブランド名が異なるのであれば複数作成しても構いません。ここで、構わないからと言って大量に、もし複数のアカウントを作成してしまうと、項目が何かしら被った場合Amazonの利用契約違反に当たることもあります。

ですから、Amazonアカウントの契約はルールは時と場合によって変わったりしますので、頭に入れておく必要があります。

アカウントの停止

もし、Amazonアカウントの複数作成の注意点を項目を守らなけば最悪アカウントの停止になってしまいます。アカウントの停止とは、アカウントを停止を受けたアカウントでは二度とログインをすることができなくなってしまいます。

アカウントが停止されてしまうと同じ名義でのアカウントの利用はほぼ不可能となります。もちろん、法人アカウントが停止された場合は、収入も停止されてしまいますので、注意点の項目を守らないと大変なことになるでしょう。

それでは、どういったことがアカウントの停止になるのかを説明していきます。

用途毎の上限保持数を超えた場合

基本的に、Amazonアカウントが停止になるのは「用途毎の上限保持数を超えた場合」になります。同じブランド名の法人アカウントを2つ以上作成した場合など、上限保持数超えてしまった場合は利用契約違反になり、アカウント停止の対象となります。

アカウント停止にならないように、上限保持数を超えないようにしておくことが大切です。

複数作成時に変えるべき項目

Amazonアカウントが停止にならないように少しでも避ける方法があります。それは、Amazonアカウントを複数作成する際に「項目を変える」これだけで、Amazonの利用契約を避けることができるのです。

そこで、複数作成時に変えるべき項目について詳しく説明したいとも思います。変えるべき項目を一つ一つ行うことで、できる限り安全に複数アカウント、あるいはサブアカウントを運用することができるでしょう。

それでは、複数作成時に変えるべき項目を紹介していきたいと思いますので、参考にしながら行ってみてください。

メールアドレス

複数作成時に変えるべき最初の項目は「メールアドレス」です。一度でもAmazonアカウントに使用したメールアドレスを使いまわしたりしていると、同一人物とみなされてアカウント停止になってしまいます。

メールアドレスはGmailやヤフーメールなどの一度も使用していないものに変えるべきです。

クレジットカード

つづいての複数作成時に変えるべき最初の項目は「クレジットカード」となります。クレジットカードが異なっていても名義が同じであれば、同一人物とみなされます。

名義が違わなければなりませんので、家族などのクレジットカードを使用するなど対処してください。

銀行口座

そして、「銀行口座」もクレジットカードと同様で複数作成時に変えるべきです。こちらも銀行口座が違っても、名義が自分のものであれば同一人物とみなされます。

対処としては、家族などの協力が必要となります。なかなか銀行口座とクレジットカードは、変えるべきと言われても難しいのが現状です。

登録住所

最後の複数作成時に変えるべき最初の項目は「登録住所」です。登録している住所が同じであれば、アカウント停止になってしまいますので、家族や親戚などの住所をかぶらないように登録することで解決できます。

また、バーチャルオフィスなども使ってみるのも手です。

ThumbTikTokで非公開の鍵アカ(プライベートアカウント)の仕方とできない時の対処法!非公開でシェアせずに動画保存する方法も解説
TikTokで非公開に動画を投稿する方法をご紹介しています。非公開にできないときの対処法もi...

Amazonアカウントの複数作成方法~個人~

それでは、ここからはAmazonアカウントの複数作成を行っていきます。サブアカウントを持ちたい人は、どのように、Amazonアカウントの複数作成をすればいいのかを手順を一つ一つ行いながら説明しますので、参考にしながら行ってみてください。

では、まずは「個人アカウント」のサブアカウントを作成する方法を行っていきます。

購入サブアカウントの作成方法

アカウントの切り替えをクリック

購入サブアカウントの作成方法を行っていきます。まずは、Amazonのトップページにアクセスしてから「アカウント&リスト」をクリックしてから「アカウントの切り替え」を選択して進んでいきます。

アカウントの追加

アカウントの追加をクリック

そうしましたら、上の画像のようにアカウントの切り替えという画面になりますので「アカウントの追加」をクリックしていきます。

アカウントの作成

Amazonアカウントの作成

アカウントの追加をクリックするとログイン画面になります。ログイン項目の下にある「Amazonアカウントの作成」をクリックしていきます。

Eメールアドレスの確認

つづいて、Eメールアドレスを入力して、「コードを入力」してEメールアドレスの確認をしていきます。

必要事項の記入

最後に、アカウントの作成に関わる氏名、住所などの必要事項の記入すると購入サブアカウントが作成できます。

ThumbTwitterのサブ垢(サブアカウント)の作成方法!バレないサブ垢の作り方(iPhone/Android)【2018年最新版】
Twitter サブアカウント(メインで使用しているアカウントとは違うTwitter サブ垢...

Amazon法人アカウントとは

では、ここで疑問が残っている人もいると思いますのでAmazon法人アカウントとは、どのようアカウントであるのか特徴を紹介していきたいと思います

特徴

Amazon法人アカウントは、ビジネスアカウントとも言われています。ビジネス用として法人・個人事業主向けの特別価格や数量割引が多数の商品に適応されるという特徴があり、ビジネスとして使っていく上でとても便利です。

メリット

メリットとしては、法人専用のクレジットカード払いや請求書払いにも対応をしていますので、企業にとって最適な支払い方法が選べるというメリットがあります。

ユーザーの追加

また、複数ユーザーの追加が可能で支払い方法の共有、支払いが可能となりとりまとめによりコスト管理や削減に効果的になるというメリットがあります。

ThumbTwitter複数アカウントの切り替え方法!切り替えできない時の対処法も解説【PC/スマホ】
今回の記事では、Twitter複数アカウントの切り替え方法!切り替えできない時の対処法も解説...

Amazonアカウントの複数作成方法~法人

Amazonアカウントの複数作成方法。つづいては「法人アカウント」について説明をしていきたいと思います。どのように、法人アカウントを複数作成をするのか手順を行っていきますので、確認しながら操作をしてみてください。

法人アカウントの作成方法

法人アカウントの作成方法を行う前に、知っておくべきことがあります。法人アカウントを作成するには、早くて1日、遅くて3日以上かかりますので頭に入れておいてください。

登記

そして、法人アカウントの作成するには登録するには、審査があります。審査に合格をしないと登録できませんので、入力事項などの手続きはスムーズにするように心がけておいてください。

無料登録

無料登録はこちらをクリック

それでは、法人アカウントの作成方法を行っていきます。複数作成をするには、各項目をかぶらないように入力していくことがコツです。まずは、「無料登録はこちら」をクリックしていきます。

メールアドレス

次に進むをクリック

つづいて、メールアドレスの登録をしていきます。Amazonビジネスでご使用いただくメールアドレスを入力します。複数作成をする場合は、一度も使用していない異なるメールアドレスを入力して「次に進む」をクリックしていきます。

名前

つぎは、名前を入力していきます。名前はご自身のものを入力します。複数作成をする場合は、異なる名前を入力してください。

パスワード

つづいて、パスワードを設定します。パスワードに関しては覚えやすいものを選択してください。

本社情報

名前などの企業情報を入力

本社情報を入力します。企業情報を入力してください。

連絡先情報

連絡先情報を入力

そして、電話番号などの連絡先を入力します。

アカウントの作成方法を選択

ここからは、アカウントの作成方法を選択します。法人アカウントの作成をするのであれば「アカウントの新規作成」を選択します。

登録完了

そうしましたら、アカウントへの登録は完了しましたという表示がされますので登録は完了です。法人アカウントの作成は終了です。

ThumbTwitterアカウントを削除できない?削除できない時の対処法まとめ【iPhone/Android/PC】
Twitterアカウントの削除したいけどできないという方は多いのではないでしょうか。この記事...

複数作成後にAmazonアカウントを切り替える方法

では、複数作成後にAmazonアカウントをサブアカウントに切り替える方法を紹介させていただきます。

アカウントの切り替え方法

アカウントの切り替えを選択

サブアカウントに切り替える方法は「アカウントの切り替え」をクリックします。

ここから切り替えたいアカウントを選択

そうすると現在使用しているアカウントが一覧で表示されますので、ここから切り替えたいアカウントを選択してください。

ThumbFacebookアカウントを確認!ログインできない・アカウント開設の確認メールが見つからない時の確認方法も解説
Facebookアカウントの確認方法PCとスマホ別に解説します。ログインできない場合やアカウ...

複数作成後のAmazonプライム特典を共有する方法

最後に、複数作成後にAmazonプライム特典を共有したい場合の方法を紹介して、この記事を閉めたいと思います。

プライム会員情報ページ

Amazonプライム特典を共有することは簡単です。Amazonトップページから「アカウント&リスト」の「Amazon会員情報」をクリックします。つづいて、「プライム特典を共有する」をクリックします。

家族会員に招待する

そうすると、名前が入力できるので家族の名前を入力して「登録案内を送る」を選択するだけで特典に招待することが可能です。

まとめ

以上が、「Amazonアカウント」の複数作成のメリットと注意点!の記事でした。Amazonアカウントでは複数のアカウントを作ることは、現在厳しいようです。しっかりと利用契約を守る。そして回避をして、うまく複数アカウントを作成してください。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧!

Thumb「Amazon」の注文商品が予定日に届かないときの対処法!
今回は、「Amazon」の注文商品が予定日に届かないときの対処法を紹介します。遅延を防ぐ対策...
Thumb「Amazon」の商品を受け取り拒否する方法!ペナルティ/返金は?
Amazonでは、商品の受け取りを拒否する方法があります。しかし、全ての商品を自由に受け取り...
ThumbAmazonの「通常配送」と「お急ぎ便」はどれくらい違うのか解説!
Amazonには2つの配送方法があり、通常配送とお急ぎ便があります。それぞれの特徴の紹介と、...
Thumb「Amazon」の販売でよくある間違いについて解説!
Amazonの販売でよくある間違い・勘違いについて解説をしていきます。Amazonの販売には...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ