【PayPay】Apple Watchに対応!残高確認/送金も利用可能!

モバイル決済の「PayPay」がApple Watchにも対応を開始したことを発表しました。最新版の「PayPay」アプリのバージョン1.37.0以上をダウンロードしたApple Watchでは、残高確認や送金対応も利用することがきるようになります。

【PayPay】Apple Watchに対応!残高確認/送金も利用可能!のイメージ

目次

  1. 1. モバイル決済の「PayPay」がApple Watchにも対応開始
  2. 2. 「PayPay for Apple Watch」について
  3. 2-1. 「PayPay for Apple Watch」で利用できる機能について
  4. 3. 「Apple Watch」について
  5. 4. 「PayPay for Apple Watch」を利用したApple Watchユーザーの感想
  6. 5. 「PayPay for Apple Watch」をリリースしたPayPayでは
  7. 5-1. 合わせて読みたい!支払いに関する記事一覧

モバイル決済の「PayPay」がApple Watchにも対応開始

 Pay Pay

モバイル決済の「PayPay」がApple Watchにも対応を開始したことを発表しました。

Apple Watchにて対応可能となったモバイル決済の「PayPay」は、App StoreでPayPayアプリのバージョン1.37.0以上をダウンロードもしくはアップデートすることで利用可能となります。

最新版の「PayPay」アプリのバージョン1.37.0以上をダウンロードしたApple Watchでは、残高確認や送金も利用することがきるようになります。

‎「PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)」をApp Storeで
関連記事
【PayPay】ボーナス1.5%へ引き下げ!還元事業と連動キャンペーン実施も!

「PayPay for Apple Watch」について

主要機能が利用可能

Apple Watchで対応可能となった「PayPay for Apple Watch」で使える機能についてご紹介しましょう。

「PayPay for Apple Watch」で使える機能については、iPhoneのPayPayアプリで提供しているバーコードやQRコードを提示した決済や残高表示などの一部機能が、Apple Watchで利用できるアプリケーションとなっています。

「PayPay」のユーザーは、店頭にて Apple Watchに表示したバーコードやQRコードを提示し、加盟店がコードを読み込んで決済することが可能となります。

Apple Watchでは、QRやバーコードを用いた決済が対応可能となった他、残高を確認したり、マイコードを表示することが可能となります。

「PayPay for Apple Watch」で利用できる機能について

AppleWatchで利用可能に

「PayPay」のマイコードは、「PayPay」にて自分のQRコードを表示し、表示されたQRコードを相手が読み取り、金額を指定することで自分に送金してもらえる機能となっています。

なお、Apple Watchでは、自分のQRコードを表示し、表示されたQRコードを相手が読み取り、金額を指定することで自分に送金する機能は利用できるものの、相手のマイコードを読み取ることはできないため、注意が必要です。

また、「PayPay」のマイコードはカメラを使用して読み取りを行うため、カメラ非搭載のApple Watchでは対応しないとのことです。

この他にも、Apple Watchでは新規アカウントの作成や一時的な停止、PayPay残高へのチャージ対応には非対応となっています。

関連記事
PayPayが使えるコンビニ一覧!支払い方法も解説!
関連記事
【PayPay】不正利用での全額補償を導入!利用規約に明記!

「Apple Watch」について

 Pay Payダウンロード画面

「Apple Watch」は、iPhoneやiPadを提供しているAppleが販売するスマートウォッチです。Apple Watchでできる機能については以下の機能となっています。
 

  • 時間を確認する
  • 歩数、心拍数などの健康管理を行う
  • iPhoneと連携して通知(電話、メール、LINEなど)を受け取る
  • 電子マネー「Suica」「QUICPay」「iD」を利用することができる
  • iPhoneを持ち運ぶ必要なく、オフラインで音楽を聴くことができる

関連記事
PayPay導入の口コミは?加盟店のメリット/デメリットは?
関連記事
【PayPay】一台で複数のアカウントを使用する方法!

「PayPay for Apple Watch」を利用したApple Watchユーザーの感想

Apple Watch

実際にApple Watchにて「PayPay for Apple Watch」を利用したユーザーによる感想の中には、店員に提示する際に画面が消えてしまい困ったという内容がありました。

これは、Apple Watchには見ていない時に画面表示をオフにする機能があるためと考えられており、常時画面表示が新機能として追加された「Apple Watch Series 5」(9月20日発売)であれば、スムーズに対応可能となるかもしれません。

関連記事
【PayPay】開始から10カ月で「1000万ユーザー」突破を発表!

「PayPay for Apple Watch」をリリースしたPayPayでは

モバイル決済 Pay Pay

PayPayがApple Watchに対応開始したことで、スマートフォンを取り出すことなくスムーズに決済ができるようになりました。

なお、「PayPay」の新規アカウント作成などの各種設定については、iPhoneのPayPayアプリから行う必要があると説明しています。

「PayPay」では、まずは基本的な決済部分がApple Watchだけで利用可能となっており、今後は随時Watchアプリにもアップデートをかけていくとしています。

関連記事
【PayPay】9月のワクワクペイペイはスーパーで最大10%還元!

合わせて読みたい!支払いに関する記事一覧

関連記事
【Netflix】PS4の支払い方法についてくわしく解説!
関連記事
「ファミペイ」アプリの使い方!始め方/支払い方法も解説!
関連記事
【楽天市場】コンビニ支払いの仕組み/手順を解説!先払い/後払いも解説!
関連記事
【Qoo10】コンビニの支払い方法!手数料は?

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ