ファミマにスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を都内1,000店舗で実験!

ファミリーマートはスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を都内1,000店舗で実験開始することを発表しました。東京23区内のファミリーマート約1,000店に順次導入し店舗での「ChargeSPOT」利用ニーズや利便性について検証を行うとしています。

ファミマにスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を都内1,000店舗で実験!のイメージ

目次

  1. 1ファミリーマートでスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の実証実験を都内都内1,000店舗で11月5日から開始
  2. ファミリーマートがスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を行う店舗について
  3. 2スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」について
  4. 3「ChargeSPOT」の利用方法について
  5. 4スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の利用料金について
  6. 合わせて読みたい!充電器に関する記事一覧

ファミリーマートでスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の実証実験を都内都内1,000店舗で11月5日から開始

ファミリーマートは、INFORICHが展開するスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の実証実験を11月5日から開始することを発表しました。

今回の「ChargeSPOT」の実証実験では、東京23区内のファミリーマート約1,000店に順次導入を行い、ファミリーマート店舗での利用ニーズや利便性について検証を行うとしています。

ファミリーマートでは、店舗間の距離が短いコンビニエンスストアと「ChargeSPOT」は親和性が高く、利便性向上につながると見込んでいます。

今後、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の実証実験の結果を踏まえ、両社の協業によるモバイルバッテリーシェアリングサービスへの本格的な展開を検討していく方針です。

ファミリーマートがスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を行う店舗について

都内1000店舗で実証実験

ファミリーマートがスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」導入を行う設置店舗については、都内に展開するファミリーマート1,000店舗で実施される予定となっています。

対象の都内23区内にあるファミリーマート1,000店舗では、実証実験開始の11月5日から順次設置予定となります。

‎「ChargeSPOT チャージスポット」をApp Storeで
ChargeSPOT チャージスポット - Google Play のアプリ
Thumbスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が都内の郵便局に導入!
INFORICHが11月1日より都内23区の郵便局にスマホ充電器レンタル「ChargeSPO...

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」について

イートインスペース設置イメージ

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」については、 レンタル方法がアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけの簡単操作ができます。

 2018年4月のサービス開始からわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、海外でも香港、 タイ、 台湾とエリアを拡大しています。

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」では、2018年4月からサービスを開始以降、現在では、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置エリアの拡大を行っています。

 また「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、 LINE公式アカウント内からもサービスを利用することが可能になり、 事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるようになりました。

「ChargeSPOT」のバッテリースタンドは、駅、空港、商業施設や飲食店、公共施設など設置拠点数も多く、バッテリースタンド間であれば、貸出、返却がどこの店舗でも可能となっています。

このことからも、店舗間の距離が短いコンビニエンスストアとの親和性も高く、特にファミリーマートは都市部に店舗数も多いことから、ユーザーの利便性向上につながるものと考えられています。

 また、「ChargeSPOT」はコンパクトであることから、ファミリーマート各店舗のイートインスペースなどに設置が可能となっており、スペースの有効活用につながるのではと考えられています。

Thumb「iPhone」が充電できない原因と対処法をくわしく解説!
皆さんはiPhoneで充電ができない、もしくは充電がされないときはありますか?筆者は以前のi...

「ChargeSPOT」の利用方法について

利用方法

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の利用方法について手順を確認しておきましょう。スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の利用方法については以下の手順となっています。

なお、「ChargeSPOT」を返却する方法については、「ChargeSPOT」アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却を完了させることができます。
 

  1. 「ChargeSPOT」のアプリをダウンロードし、アカウントの登録をします。
  2. 「ChargeSPOT」アプリで、近くのバッテリースタンドの場所を検索し、利用する「ChargeSPOT」のバッテリースタンドへ向かいます。
  3. 「ChargeSPOT」表示されているQRコードを読み取ります。バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続を行えば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができます。

Thumb【iPhone】おすすめの充電器をタイプ別に紹介!
iPhoneの充電器にはさまざまなタイプがあるので、どれを選べばいいのか分からなくなってしま...

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の利用料金について

返却は違う店舗でも可能

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の利用料金については、最初の1時間は利用料金が150円、48時間以内までの利用料金が300円とされています。

また、48時間以降の利用料金については2,280円となっており、48時間以降のプランの場合、バッテリーの返却が不要になります。
 
「ChargeSPOT」では、利用時間に応じて料金が初回登録時のお支払い決済方法にて利用料金が決済されることとなっています。

なお、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」のバッテリー容量は5,000mAhとなっており、対応規格はLightningケーブル、Micro USB、USB Type-Cが対応可能となっています。

Thumb【iPad】充電ケーブル/充電器の無料交換方法!
iPadの充電ケーブルは無料で交換ができます。iPadを購入した時に無料で初めから入っている...

合わせて読みたい!充電器に関する記事一覧

ThumbiPhoneの純正充電器の購入手段は?値段が高めな理由とは?
皆さんはiPhoneの充電器を購入する際に「純正じゃなきゃだめ!」「安くて使えるものが欲しい...
Thumbバッテリーセーバーとは?省電力モードでAndroidを運用できる?
バッテリーセーバーとは、Androidスマホで電池が残り少なくなった時に使える、省電力モード...
Thumb【iPhone】急速充電器の失敗しない選び方を解説!
皆さんはiPhoneの急速充電器を使っていますでしょうか。今回はiPhoneの急速充電器の失...
ThumbLINEから利用可能スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」開始!
「ChargeSPOT」にて、 LINEのトーク画面のメニューからスマホの充電器をレンタルで...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ