【Thunderbird】ImportExportToolsでメールデータを移行する方法を解説!

メールクライアント「Thunderbird」では、ImportExportToolsを利用することでメールデータの移行ができます。ImportExportToolsを使ってThunderbirdのメールデータの移行方法などを解説していきます。

【Thunderbird】ImportExportToolsでメールデータを移行する方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Thunderbird】ImportExportToolsでメールデータを移行する方法
  2. ImportExportToolsのダウンロード/インストール
  3. メールデータをエクスポートする方法
  4. メールデータをインポートする方法
  5. アドレス帳の移行方法
  6. メッセージフィルターなどの設定を移行する方法
  7. 最後に

【Thunderbird】ImportExportToolsでメールデータを移行する方法

Firefoxを開発している「Mozilla」が開発しているメールソフト「Thunderbird」。この中のメールデータをインポート/エクスポートするためにはどういった方法を利用するのかを解説していきます。

ImportExportToolsのダウンロード/インストール

右上のメニューマークをクリック

Thunderbirdのメールデータをインポート/エクスポートする場合、ThunderbirdのアドオンであるImportExportToolsをダウンロード/インストールしてください。Thunderbirdの右上のメニューをクリックします。

Thunderbird — メールを簡単に。 — Thunderbird
「アドオン」をクリック

「アドオン」をクリックしましょう。

「ImportExportTools」と入力

「アドオンを探す」に「ImportExportTools」と入力してください。

エンターキーを押して検索

エンターキーを押して検索を実行してください。

「Thunderbirdへ追加」をクリック

現在の最新バージョンのThunderbirdでは「ImportExportTools NG」でなければ作動しません。ImportExportToolsと内容は同じですので、こちらの「Thunderbirdへ追加」ボタンをクリックしましょう。

「追加」をクリック

「追加」をクリックして、アドオンのダウンロードをおこなってください。

導入完了

上記のように表示されれば「OK」です。

メールデータをエクスポートする方法

では、ImportExportTools NGを利用してメールデータをエクスポートする方法の説明に移ります。

アカウント毎に受信済みのメールを出力

メールアカウントで右クリック

受信済みのメールはアカウントごとにエクスポートすることができます。受信トレイに表示されているメールアカウントの部分で右クリックしてください。

「すべてのフォルダをエクスポート (フォルダ構成を含む)」をクリック

「ImportExportTools NG」にカーソルを合わせて表示されたメニューから「すべてのフォルダをエクスポート (フォルダ構成を含む)」をクリックしましょう。

「OK」をクリック

確認画面が表示されますので「OK」をクリックし、保存場所の選択をすればメールのエクスポートができます。

エクスポート完了

「エクスポートは正常に完了しました」と表示されていればOKです。なお、ここで作成されたメールデータはmboxファイルです。

メールデータをインポートする方法

エクスポートしたデータを新しいパソコンへ移動したい場合、新しいパソコンのThunderbirdへインポートをおこないます。

基本的にはアカウントを同期する形になるためインポートの必要性がないこともありますが、取得可能件数を超えるなどした場合には丁度いい方法ですので参考にしてみましょう。

データを移行する端末にThunderbirdをインストール

Thunderbirdをダウンロード/インストールしておく

まずはデータを移行するために、新しい端末の方へThunderbirdをインストールしておいてください。

Thunderbird — メールを簡単に。 — Thunderbird

アカウントを作成後にデータをインポート

インポートしたいところで右クリック

メールアカウントを作成したら、そのアカウントにメールのインポートをしましょう。ローカル(端末内)にインポートしたい場合は「ローカルフォルダ」を右クリックします。

「mboxファイルをインポート」をクリック

「ImportExportTools NG」にカーソルを合わせて表示されたメニューから「mboxファイルをインポート」をクリックしてください。

「サブフォルダを含む単一または複数のmboxファイルをインポート」を選択して「OK」

「サブフォルダを含む単一または複数のmboxファイルをインポート」を選択して「OK」を押します。

ファイルを選択してインポート

インポートするファイルを選択します。Ctrlキーなどでファイルを複数選択してインポートしましょう。

アドレス帳の移行方法

「アドレス帳」をクリック

なお、ImportExportToolsを利用してアドレス帳を移行する場合、ツールメニューから「アドレス帳」を開きましょう。

アドレス帳のエクスポート

「ツール」で「エクスポート」をすればアドレス帳データの出力ができます。

アドレス帳のインポート

「インポート」したい場合は同様に「インポート」でアドレス帳の入力が可能です。

メッセージフィルターなどの設定を移行する方法

メッセージフィルターなどの設定の保存先

メッセージフィルターなどの設定を移行したいのであれば、Thunderbirdのアプリフォルダの中から直接コピー/貼り付けをして移行することができます。メッセージフィルターの保存ファイルは「msgFilterRules.dat」です。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roamingの中のThunderbirdのフォルダの中に保管されていますので、メッセージフィルターなどの設定を移行する場合はこれを新しい方へコピーしましょう。

最後に

ImportExportTools NGは手軽にThunderbirdのメールデータのインポート/エクスポートが可能です。Thunderbirdをメールクライアントとして利用している人は是非活用してみてください。

ThumbThunderbirdのメール設定と便利な使い方を解説
Mozillaの無料メールソフト、Thunderbirdでメールをもっと簡単に便利にしません...
ThumbThunderbirdのおすすめアドオンとインストール方法を紹介
Thunderbirdはメールソフトなのですが、インストールして使う場合には相性のいいアドオ...
ThumbThunderbirdの署名の設定方法!複数署名の切り替えとハイフンを消す方法も解説
皆さんはThunderbirdはご存知ですか?メールを使う上でかなり便利なソフトです。そんな...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ