【Windows10】仮想デスクトップの使い方を詳しく解説!

Windows10での仮想デスクトップの使い方とは何かご存知でしょうか?Windows10の仮想デスクトップとは?タブレットモードでは作成できない?といった疑問から、仮想デスクトップ作成、表示切り替え、削除、設定やショートカットキーといった使い方も紹介します。

【Windows10】仮想デスクトップの使い方を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】仮想デスクトップとは?
  2. 2【Windows10】仮想デスクトップの使い方~作成方法~
  3. 3【Windows10】仮想デスクトップの使い方~設定方法~
  4. 4【Windows10】仮想デスクトップの注意点

【Windows10】仮想デスクトップとは?

Windows10で仮想のデスクトップ画面を追加できることをご存知でしょうか?今回この記事では、Windows10で仮想デスクトップを追加、削除、設定方法や仮想デスクトップを使うときに便利なショートカットキーについてご紹介します。

複数のデスクトップを作成できる機能

Windows10での仮想デスクトップとは、複数のデスクトップがなくても単一のデスクトップでマルチデスクトップを使うことができるといった便利な機能となっています。

マウスでデスクトップの表示切り替えをすると少々時間がかかりますが、この記事で紹介するショートカットキーを使えば簡単に表示切り替えを使うことができます。そのため仮想デスクトップの追加により作業効率が向上します。

Windows10での仮想デスクトップの使い方紹介動画

上の動画はWindows10で仮想デスクトップの使い方を説明する紹介動画となっています。こちらのWindows10仮想デスクトップの使い方も参考にしてみてください。

ThumbGmailのアーカイブ機能とは?使い方(非表示/復活/解除/削除)を解説【iPhone/Android/PC】
Gmailのアーカイブの削除や戻す方法などの、Gmailの基本的な使い方や機能がわかっている...

【Windows10】仮想デスクトップの使い方~作成方法~

Windows10で仮想デスクトップを作成するといった仮想デスクトップの使い方について説明していきます。ここでは比較的簡単な方法で、Windows10仮想デスクトップの新規作成といった使い方を実演します。

手順

Windows10で簡単に仮想デスクトップを作成するためには、Windows10の画面下部にある"タスク ビュー"から仮想デスクトップを作成する必要があります。

"タスク ビュー"とはWindows10で開いたアプリを一覧で見るなどといった使い方ができる機能となっています。

タスクバーにタスク ビューを表示させる

"タスク ビュー ボタンを表示"を左クリックする

Windows10ではタスクバーにタスク ビューボタンが表示されていない場合、タスクバーにタスクビューボタンを追加する必要があります。タスクバーで右クリックしたあと、表示された項目から"タスク ビュー ボタンを表示"を左クリックしてください。

タスク ビューから仮想デスクトップを作成

タスク ビュー"ボタンを左クリックする

Windows10のタスクバーに表示された"タスク ビュー"ボタンを左クリックして、Windows10のタスクビューを画面内に表示させてください。

"新しいデスクトップ"を左クリックする

すると上の画像のようにタスクビューが表示されたら、右上にある"新しいデスクトップ"を左クリックしてください。

新しいデスクトップ画面を左クリックする

Windows10の仮想デスクトップも含めたデスクトップ一覧が上部に表示されるので、+マークの入った"新しいデスクトップ"を左クリックしてください。

【Windows10】仮想デスクトップの使い方~設定方法~

ここではWindows10での仮想デスクトップの使い方として、仮想デスクトップの表示の切り替え、削除や設定方法、Windows10の仮想デスクトップについての便利なショートカットキーといった使い方について説明していきます。

表示の切り替え方法

ここでは、Windows10で仮想デスクトップの表示切り替えについて説明していきます。Windows10の仮想デスクトップの切り替えについては前述した仮想デスクトップの使い方と似た手順で切り替えることができます。

タスク ビューを開く

まず初めに、Windows10のタスクバーにある"タスク ビュー"ボタンを左クリックしてください。該当するボタンがない場合は前述した"仮想デスクトップの使い方~作成方法~"の項目を参考にして、"タスク ビュー"ボタンをタスクバーに追加してください。

表示の切り替えをする

タスク ビューが開かれ、上部にあるデバイスを左クリックすることで表示の切り替えができます。

設定方法

スタートメニューを表示する

続いてWindows10の仮想ディスプレイに関する設定方法について説明していきます。まず初めに設定アプリを起動します。ウィンドウズキーを押すか、タスクバーにあるウィンドウズマークを左クリックして、スタートメニューを表示させてください。

歯車マークを左クリックする

表示されたWindows10のスタートメニューから右側にある"歯車"マークを左クリックしてください。Windows10の設定アプリが開かれます。

"システム"を左クリックする

次に表示されたWindows10の各設定項目から"システム"を左クリックしてください。

”マルチタスク"を左クリックする

"システム"の設定画面が表示されたら、右の項目欄から"マルチタスク"を左クリックして選択してください。

"仮想デスクトップ"の項目に注目する

設定アプリの右側に"マルチタスク"に関する設定画面が表示されます。その設定画面内の"仮想デスクトップ"の項目に注目してください。

タスクバーに次の場所で開いているウィンドウを表示する

"タスクバーに次の場所で開いているウィンドウを表示する"の項目では、その名の通り今設定しているデスクトップのウィンドウをタスクバーに表示させることができます。

Alt + Tabキーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する

また"Alt + Tabキーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する"の項目では、このショートカットキーを押している間に設定しているデスクトップのウィンドウが新しいウィンドウの中に表示されます。

ショートカットキー

ここではWindows10の仮想デスクトップを素早く使う上で、必要になってくるWindows10の仮想デスクトップに関するショートカットキーについて表にまとめてみました。

ショートカットの内容 キーの組み合わせ
新しい仮想デスクトップを作成 Windows + Ctrl + D
現在の仮想デスクトップを削除 Windows + Ctrl + F4
前の仮想デスクトップを表示 Windows + Ctrl + ←
次の仮想デスクトップを表示 Windows + Ctrl + →
タスクビューを表示 Windows + Tab

削除方法

タスク ビューを左クリックする

最後にWindows10の仮想デスクトップを削除する方法について説明していきます。仮想デスクトップを削除する場合、タスクバーの"タスク ビュー"ボタンを左クリックします。

×印を左クリックする

タスク ビュー上部に表示されているディスプレイ画面から削除したい仮想デスクトップを選んで、仮想デスクトップ右上にある"×"印を左クリックしてください。これでWindows10の仮想デスクトップを削除することができました。

ThumbWindowsショートカットキーでタスクマネージャーを起動する方法が便利
タスクマネージャーを起動させるのにショートカットキーを使われる方は多いと思います。しかし、こ...
ThumbChromeの全画面表示まとめ【解除/タブ切り替え/起動時から/ショートカット】
Chromeはもっとも利用されているブラウザの一つです。そのChromeを使用するとき、全画...

【Windows10】仮想デスクトップの注意点

ここではWindows10で仮想デスクトップを追加する上で注意する点について説明していきます。主な注意点としWindows10がタブレットモードの場合、仮想デスクトップを追加することができないといった点があります。

タブレットモードでは使用できない

Windows10で早くも搭載されたタブレットモードではWindows10で仮想デスクトップを表示させることができないです。タブレットモードとはSurfaceなどといった2in1タイプのWindows10PCで用いられる機能となっています。

Windows10のキーボードを取り外したときに、デスクトップ画面でのタッチ操作がしやすくするために、タブレットモードが存在しています。このタブレットモードを使用とすると、仮想デスクトップ機能を使うことができない状態になります。

Windows10で仮想デスクトップを操作できない時は、Windows10のタブレットモードがオフになっているか確認してみてください。

タブレットモードをオフにする方法

システムの部分を左クリック

Windows10のタブレットモードを強制的にオフにするには、Windows10の設定アプリを開く必要があります。設定アプリを開いたら、"システム"を左クリックしてください。

"タブレットモード"を左クリックする

Windows10の"システム"の設定画面が表示されたら、"タブレットモード"の項目を左側から選択してください。

"デスクトップモードを使用します"を左クリックする

右側にある"サインイン時の動作"の項目を"デスクトップモードを使用します"に変更してください。これでWindows10のサインイン時強制的にデスクトップモードとなります。

Thumb【WinShot】Windows10で画面拡大されてキャプチャできない/余白ができる時の対処法
「WinShot」は、簡単に画面キャプチャが行えるWindows向けソフトであり、Windo...

合わせて読みたい!Windows10に関する記事一覧

Thumb【Windows10】Windows Ink ワークスペースのボタン表示/設定方法!
Windows Inkはワークスペースでペンを使用して付箋にメモをしたり、スクリーンショット...
Thumb【Windows10】デスクトップのテキストサイズの変更方法!
Windows10のデスクトップにあるテキストの文字サイズを変更する方法をご紹介します。スタ...
Thumb【Windows10】コントロールパネルの表示方法を変更する方法!
【Windows10】のコントロールパネルでは様々な設定を変更できます。この記事では【Win...
Thumb 【Windows10】デスクトップの壁紙や背景を変える方法を解説!
Windows10の初期設定のデスクトップ壁紙と背景はシンプルなものになっています。「デスク...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
blackmaria

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ