【Windows10】Thumbs.dbとは?削除方法と削除できない時の対処法を解説!

Windows10のファイルを別所へコピーすると「Thumbs.db」というファイルが見つかることがあります。作成した覚えがないため不安を感じた人もいると思います。この記事では「Thumbs.db」とは何なのか、削除方法や削除できない場合の対処法を解説します。

【Windows10】Thumbs.dbとは?削除方法と削除できない時の対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】Thumbs.dbとは
  2. Thumbs.dbの役割
  3. 削除しても大丈夫?
  4. 2【Windows10】Thumbs.dbの削除方法
  5. ディスククリーンアップで削除する手順
  6. コマンドプロンプトで削除する手順
  7. 削除できない理由
  8. 削除できない時の対処法
  9. そもそもThumbs.dbファイルを作成しない方法
  10. 最後に

【Windows10】Thumbs.dbとは

フォルダごとオンラインストレージなどにアップロードした際に見かけることがある

Windows10のファイルをオンラインストレージにアップロードしたり、Macなどへファイルごと送った場合などに見つかるシステムファイルに「Thumbs.db」があります。

本来は見かけることがない

また、オンラインストレージを経由してダウンロードしたファイルの中に見つけることがあることもあります。

この「Thumbs.db」は、フォルダそのものを削除した場合などに削除できないというエラーが表示されることもあるので、そういった形でも見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

Thumbs.dbの役割

この「Thumbs.db」とは何なのか、いまいち分からない人も多いと思います。システムファイル故に隠しファイルとなっている上、隠しファイルの中でも普段は表に見えないため、それなりに重要なものだと思っている人もいるかと思います。

「Thumbs.db」とは、フォルダの中の画像などをサムネイル(縮小画像)で表示した際のデータを保管しておくためのシステムファイルです。いわゆるファイルエクスプローラー内に蓄積されるキャッシュファイルですね。

画像のサムネイル情報を保存しているファイル

サムネイルの情報を保管しているキャッシュファイル「Thumbs.db」は、エクスプローラーで画像のサムネイル表示をさせた際に便利なものです。通常、エクスプローラー内に複数の画像があると読み込むのに時間がかかります。

しかし、「Thumbs.db」にサムネイルのキャッシュがあることで、2回目以降すんなりと表示されるのです。フォルダ内のサムネイル画像を素早く見るのに便利なシステムファイルなのです。

ファイルを開かなくても画像ファイルの内容を確認できるのはこの「Thumbs.db」が生成されているからなのです。

削除しても大丈夫?

この「Thumbs.db」ですが、削除してしまってもさほど問題があるファイルではありません。

あくまでサムネイルの情報を保存しているキャッシュであり、何かのプログラムを実行するものではないからです。

削除した場合も「Thumbs.db」が再生成されますので、表示されるまでに時間はかかるもののサムネイル表示で見れなくなる、というわけでもありません。

【Windows10】Thumbs.dbの削除方法

では、Windows10で「Thumbs.db」を削除する方法とはどのようにおこなうのかの説明に移ります。ディスククリーンアップを利用する方法と、コマンドプロンプトを利用する方法とがあります。

ディスククリーンアップで削除する手順

まずは、Windows10にてディスククリーンアップで「Thumbs.db」ファイルを削除する方法について説明していきます。最も簡単に「Thumbs.db」の削除がおこなえるほうほうですので、まずはこちらの方法を試しましょう。

エクスプローラーをクリック

まずはファイルエクスプローラーを開きます。デフォルトでタスクバーに表示されていますので、そちらをクリックしましょう。

検索してエクスプローラーを選択

もしタスクバーから消してしまった場合、検索(検索マークを消した場合はスタートボタンを押す)で「えくすぷろーらー」と入力すれば表示されるため、そこから開きましょう。

「PC」をクリック

左側にあるメニューで「PC」をクリックします。

cドライブで右クリック

Windows(C:)を選択して右クリックしましょう。

「プロパティ」をクリック

表示されたメニューの中から「プロパティ」をクリックします。

「ディスクのクリーンアップ」をクリック

「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックしてください。

「システムファイルのクリーンアップ」をクリック

「Thumbs.db」はシステムファイルにあたりますので、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックしましょう。ディスクのスキャンに少々時間がかかります。

「縮小表示」にチェックを入れる

「削除するファイル」リストの中にある「縮小表示」にチェックをいれます。これが「Thumbs.db」ファイルを示しています。

「OK」をクリック

これ以外のファイルの削除は今回は関係ないため、どのファイルが削除可能か不安な場合は「縮小表示」以外の全てのチェックを外してしまっても構いません。「OK」をクリックしましょう。

「ファイルの削除」をクリック

確認画面が表示されますので「ファイルの削除」をクリックして確定します。これで「Thumbs.db」ファイルが削除されます。

コマンドプロンプトで削除する手順

もしディスククリーンアップで「Thumbs.db」が削除できなかった場合、コマンドプロンプトを利用して削除しましょう。

「Windowsシステムツール」を展開

スタートボタンから「Windowsシステムツール」をクリックして展開してください。

コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」

「コマンドプロンプト」で右クリックして、「その他」から「管理者として実行」をクリックします。ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。

ネットワークドライブ内に「Thumbs.db」がある場合はCDコマンドで移動

なお、もしネットワークドライブ内に「Thumbs.db」がある場合、コマンドプロンプトの「CD」コマンドを利用して移動しておきましょう。こちらの詳細については割愛します。

コマンドを入力

下記のコマンドをコマンドプロンプトへ入力してください。

del /ah /s /q thumbs.db

エンターキーを押して実行

エンターキーを押して実行してください。完了したらコマンドプロンプトを閉じて構いません。

削除できない理由

なお、上記のようなことをしなくても、普通はフォルダを削除した際にそのフォルダの中にある「Thumbs.db」ファイルも一緒に削除されます。しかし、エラーが吐き出されて削除できないこともあるのです。

一体そのエラーはどうして起きるのか、削除できない理由とはどのようなものなのかも理解しておきましょう。

Windowsシステムが成立していないリンク先を参照し続けるため

「Thumbs.db」ファイルが削除できないのは、Windows10側が原因です。基本的に、「Thumbs.db」はさっと作成されてさっと終了されるのですが、時々「Thumbs.db」が中途半端に生成されてしまうことがあります。

「Thumbs.db」が中途半端に生成されると、「Thumbs.db」をずっと開いている状態となる――Windowsシステム側で成立していないリンク先をずっと参照し続けることになります。

するとどうなるのか。「Thumbs.db」が実行されたままとなり、開いたままのファイルであるがゆえに削除できない、という悪循環を起こすのです。

削除できない時の対処法

さて、実行中であるために「Thumbs.db」を削除できない場合、どのような対処法を取れば良いのかの話に移ります。

別の場所に移動して削除する

別の場所へ移動してから削除する

一番簡単なのは、そのフォルダを別の場所に移動することです。別の場所に移動することで、フォルダ内の「Thumbs.db」が再生成されます。

再生成するためすぐに削除することはできませんが、しばらく置いてからフォルダごと削除することで「Thumbs.db」も削除されます。

新しい画像ファイルをコピーして一緒に消す

削除したいフォルダに適当な画像ファイルを追加して、フォルダを削除

なお、そのフォルダに新しいファイルをコピーして一緒に削除するという方法でも大丈夫です。「Thumbs.db」ファイルはそのフォルダの中の画像のサムネイルデータです。

新しく画像が追加された場合、「Thumbs.db」ファイルの情報が更新されるため、削除することができるようになります。

この作業の場合もすぐに消すことができないこともありますし、やはり中途半端に生成されて削除できないこともありますので、何度か繰り返すことでようやく削除できる、ということもあります。

そもそもThumbs.dbファイルを作成しない方法

「Thumbs.db」ファイル自体が邪魔なのなら、そもそも「Thumbs.db」ファイルが作成されないようにすれば良いのでは? と思った方もいるでしょう。「Thumbs.db」ファイルが作成されないように設定することは可能となっています。

コントロールパネルを開く

コントロールパネルを開きましょう。

「システムとセキュリティ」を選択

「システムとセキュリティ」をクリックしましょう。

「システム」をクリック

「システム」をクリックしてください。

「システムの詳細設定」をクリック

「システムの詳細設定」をクリックしてください。

「パフォーマンス」の「設定」を選択

「パフォーマンス」の「設定」を選択してください。

「アイコンの代わりに縮小版を表示する」のチェックを外す

「アイコンの代わりに縮小版を表示する」のチェックを外しましょう。

「OK」をクリックする

「OK」をクリックすれば適用されます。ただ、この設定を行った場合、「Thumbs.db」が作成されなくなる代わりに、画像ファイルはいちいち開かないと内容を確認できなくなりますので、場合によっては不便になります。その点注意が必要です。

最後に

「Thumbs.db」ファイルは、サムネイル情報を保存してあるキャッシュファイルですので削除してしまっても何ら問題はありません

もしフォルダを削除した際に「Thumbs.db」の削除ができない場合など、この記事を参考に対処をおこなってみてください。

ThumbWindows10 - 画像や写真サイズの圧縮(縮小)方法
SNSなどに画像をアップする時には適切なサイズに圧縮が必要になります。サイズの変更にはPCが...
Thumb【Windows10】デスクトップのアイコンのサイズ/大きさを変更する方法!
Windows10でデスクトップのアイコンが見づらくなってしまった方向けにデスクトップアイコ...
Thumb【Windows10】ディスククリーンアップで不要ファイルを削除する方法
PCを使っている時に容量が足りなくなって困ったことはありませんか?Windows10にはディ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ