【Windows10】WinSATの使い方!エクスペリエンスインデックスの表示方法を紹介!

Windows10のシステム評価ツールである「WinSAT」。バックグラウンドでも動いているWinSATとはどういうものなのか、WinSATを利用したエクスペリエンスインデックスの表示方法とはどのようなものかを紹介していきます。

【Windows10】WinSATの使い方!エクスペリエンスインデックスの表示方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】WinSATの使い方
  2. WinSATとは
  3. Windowsエクスペリエンスインデックスを計測/表示する方法
  4. 最後に

【Windows10】WinSATの使い方

Windows10にはプロセッサ速度やハードディスクドライブの転送速度などのチェックができるWinSATというものが搭載されています。

WinSATとは

タスクマネージャーなどでバックグラウンドプロセスとしても表示されているため見かけたことがあるかもしれませんが、「WinSAT.exe」というものがバックグラウンドで動いていることがあります。

しかし、どういったものなのかよくわからないためそのままにしている人も少なくないでしょう。

Windows システム評価ツール

このWinSATとは、Windowsのシステム評価ツールです。システム評価ツール、と言ってもよくわからないかと思いますが、WinSATを利用することで、次の項目のチェックをしてその項目ごとのスコアで判断を行います。

確認項目 内容
プロセッサ プロセッサの1秒あたりの速度
メモリ 主記憶装置(メモリ)の1秒あたりの速度
グラフィック 2次元コンピュータグラフィックスの性能
ゲーム用グラフィックス 3次元コンピュータグラフィックスの性能
プライマリハードディスク ハードディスクドライブの転送速度

なお、WinSATはWindows8まではベンチマーク機能として存在していました。Windows8.1以降はシステム評価ツールがベンチマーク機能としては存在せず、廃止されています。

ただし、Windows8.1やWindows10でもWinSATを実行することはできますので、その方法を利用すればシステム評価ツールとして活用できます。

システム評価ツールで表示されるスコアとしては次のとおりです。

Windows Vista 1.0~5.9
Windows7 1.0~7.9
Windows8以降 1.0~9.9

エクスペリエンスインデックスで表示された最低値が「基本スコア」で、それを以てWindowsを快適に利用することが可能かどうかの判断の指標にします。

Windows8.1やWindows10の場合はWindows8以降の部分が該当しますので、それを基準に確認をしましょう。

Windowsエクスペリエンスインデックスを計測/表示する方法

では、システム評価ツールであるWinSATを実行してWindowsエクスペリエンスインデックスを計測/表示する方法とはどのようなものかの解説に移ります。

WinSAT.exeを手動で実行する

WinSATを実行してWindowsエクスペリエンスインデックスを計測/表示する方法ですが、コマンドプロンプトからWinSAT.exeを手動で実行します。Windows8.1以降はこの方法でしかWindowsエクスペリエンスインデックスの計測ができません。

「Windowsシステムツール」を展開

まずはコマンドプロンプトを起動します。Windows10の場合、スタートメニューで「Windowsシステムツール」のフォルダを展開してください。

「コマンドプロンプト」で右クリック

コマンドプロンプトで右クリックします。

「管理者として実行」をクリック

「その他」から「管理者として実行」をクリックしましょう。ユーザーアカウント制御画面が表示されますので「はい」をクリックします。

WinSAT.exeを実行

コマンドプロンプトを管理者権限で開いたら、下記コマンドを入力して実行してください。

winsat.exe formal

完了するまで待つ

Windowsエクスペリエンスインデックスの計測には少々時間がかかりますので、完了するまで待ちましょう。

スコアの計測完了

WinSATによるWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアの計測が完了したら上記のようになります。

評価結果の表示場所

スコアなどの計測結果はWindows10の下記の場所に保存されます。

C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore

PowerShellのコマンドレットでインデックス値を表示する

コマンドプロンプトでシステム評価が完了したら、スコアの確認をしましょう。

Windows PowerShellを開く

Windows PowerShellのコマンドレットを利用すればインデックス値の確認が簡単にできます。管理者権限でなくて大丈夫ですので、Windows PowerShellを開きましょう。Windowsマークキー+Xキーで開いたメニューから起動できます。

コマンドを実行

下記コマンドを入力して実行してください。

Get-CimInstance Win32_WinSat

各インデックス値が表示される

上記のように、各インデックス値が表示されます。

WEI Viewerツールでインデックス値を表示する

Windows PowerShellではよく分からない、という人はWEI Viewerツールを利用して、WinSATで取得した評価結果のファイルの内容を見やすくしましょう。

WEI ViewerツールとはWindows7のようにスコアを確認することができるWebツールですので、馴染み深い表示で確認したい人にはWEI Viewerの利用をおすすめします。

WEI Viewerツールはネット上で利用することが可能です。下記リンク先からWEI Viewerツールを利用することができますのでアクセスしましょう。

WEI Viewerツール
評価結果のファイルをドラッグアンドドロップ

WEI Viewerツールにアクセスしたら、WinSATで作成したスコアファイル(○-○-○(※日付).Formal.Assessment (Recent).WinSAT)をドラッグアンドドロップでアップロードしましょう。

評価結果が表示される

分かりやすい表示でシステム評価ツールの結果を閲覧することができます。

画像保存することも可能

画像として保存することもできますので、必要があればダウンロードしておきましょう。

WIN SCORE SHAREツールを利用する

なお、Windowsエクスペリエンスインデックスの結果の表示ができるソフトウェアもあります。それがWIN SCORE SHAREです。Windows10などで取得した結果をWIN SCORE SHAREを利用してわかりやすく表示させることができます。

WIN SCORE SHAREはフリーソフトですし、インストールしなくてもWIN SCORE SHAREを利用することができますので、その点手軽に使うことが可能です。WIN SCORE SHAREは下記リンク先からダウンロードを行います。

soundengine.jp ソフトウェアダウンロードページ
「WIN SCORE SHARE」のリンクを押してダウンロード

「WIN SCORE SHARE」のリンクを押して、Zipファイルをダウンロードしてください。

zipファイルを解凍する

ダウンロードしたZipファイルを解凍/展開します。

WinScoreShare.exeを起動

WinScoreShare.exeを起動しましょう。

「同意する」をクリック

WIN SCORE SHAREの利用規約が表示されます。「同意する」をクリックしてください。

「最新の計測結果を読み込むをクリックして結果を表示

Windowsエクスペリエンスインデックスの結果の読み込み画面が表示されます。「最新の計測結果を読み込む」をクリックすれば、コマンドプロンプトで計測した結果が表示されます。

「再計測開始」から計測実行も可能

コマンドプロンプトで確認していなくても「再計測開始」をクリックすれば計測は可能です。計測方法は前述したコマンドプロンプトをソフトウェアの方で実行してくれるだけですので、内容は同じです。

結果の表示

表示される項目はWindows7のとき同様プロセッサ、メモリ(RAM)、グラフィックス、ゲーム用グラフィックス、プライマリディスクです。

平均との比較もできる

「プロファイル画面」にすることで、WIN SCORE SHAREの利用者の中での平均値と自身の端末のスコアを比較することも可能です。

自身が利用しているWindowsパソコンのスペックがWIN SCORE SHAREの利用者の中での平均として低いほうなのか、高いほうなのか、というのがざっくりとではあるものの分かるため、情報として必要であれば確認しておくと良いでしょう。

最後に

WinSATは、Windowsのシステム評価ツールとして活用できますが、Windows8.1以降はWindows7のようにベンチマーク機能として利用することはできません

コマンドプロンプトを利用してWinSATを実行し、エクスペリエンスインデックスを取得して結果を閲覧する、もしくはWIN SCORE SHAREを利用して簡単に結果を取得/表示させるかという方法になります。

コマンドプロンプトを利用することに抵抗がなければ前者、ソフトウェアを利用して確認したいというようであれば後者になります。利用しやすい方法でWindows8.1やWindows10でWinSATを実行して確認してみましょう。

Thumb【Windows10】PCのスペックの確認方法を解説!
Windows10(Win10)PCのスペックを確認しなければならないことはソフトウェアのイ...
Thumb【PC】「マザーボード」を確認する方法を解説!
WindowsやMacなど、所持しているPCのパーツ交換時確認の必要があるマザーボード。そも...
ThumbCan You RUN itの使い方!PCでゲームが動作するか確認しよう!
Steamなどで、WindowsなどのPCで遊べるゲームをしようとする際、PCのスペックが合...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ