【Windows10】クリーンブートを実行する方法と戻す方法を解説!

Windows10の起動方法に「クリーンブート」というものがあることはご存知ですか? Windows10のクリーンブートとはなんなのか、利用する方法とクリーンブートでの起動から戻す方法とはどのようなものかを解説していきます。

【Windows10】クリーンブートを実行する方法と戻す方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】クリーンブートを実行する方法と戻す方法
  2. クリーンブートとは
  3. クリーンブートを実行する方法
  4. クリーンブートを元に戻す方法
  5. 最後に

【Windows10】クリーンブートを実行する方法と戻す方法

Windows10には通常の起動方法の他にもやり方がありますが、そのうちの一つに「クリーンブート」というものがあります。

クリーンブートとは

クリーンブートとは、前述したとおりWindows10の起動方法の1つで、Windows上で実行される常駐プログラムや常駐サービスを、Windowsの機能だけに限定した起動方法です。

追加されたスタートアップされるプログラムや、プリンタなどの周辺機器に関するドライバは起動されません。

セーフモードとの違い

Windows10の起動モードとして広く知られているものはセーフモードなのではないでしょうか。セーフモードもWindows10の機能を一部制限して起動する方法ですが、セーフモードの場合はクリーンブートよりも制限する範囲は狭いです。

また、セーフモードの場合は問題が発生している機能を省略して起動し、その問題の箇所を修正することができます。

クリーンブートはWindowsの機能以外に問題があるのか、それともWindowsの機能自体に問題があるのかを確認することを目的として利用することが多いです。

クリーンブートを実行する方法

では、クリーンブートを実行する方法を説明していきます。クリーンブートは実行する前に準備することがセーフモードに比べて多いため、順を追ってやっていきましょう。まずは管理者アカウントでログインしてください。

WindowsキーとRキーで起動

WindowsキーとRキーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「msconfig」を入力して「OK」

「msconfig」を入力して「OK」を押し実行します。

「スタートアップのオプションを選択」を選択

全般タブで「スタートアップのオプションを選択」を選択してください。

「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを外す

「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを外します。この時、「システムサービスを読み込む」と「元のブート構成を使う」のチェックがオンかどうかも確認しておきましょう。(「元のブート構成を使う」は基本触れません)

「サービス」タブをクリック

次に「サービス」タブを選択します。

「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れる

左下にある「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れてください。

「すべて無効」をクリック

「すべて無効」を押して、各サービスの横にあるチェックボックスがオフになっていればOKです。

「適用」をクリック後、「OK」を押すと、「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります」と表示されます。「再起動」をクリックして、Windows10の再起動をおこなうことでクリーンブートで起動することが可能です。

クリーンブートを元に戻す方法

WindowsキーとRキーで起動する

クリーンブートを元に戻す場合、クリーンブートで起動する場合とは逆のことをおこないます。WindowsキーとRキーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「msconfig」を入力して「OK」を押す

「msconfig」を入力して「OK」を押し実行します。

「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを入れる

全般タブで「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを入れてください。「システムサービスを読み込む」と「元のブート構成を使う」のチェックはオンのままでOKです。(「元のブート構成を使う」は基本触れません)

「サービス」をクリックする

次に「サービス」タブを選択します。

「すべて有効」をクリック

左下にある「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れ、「すべて有効」を押して、各サービスの横にあるチェックボックスがオンになっていればOKです。

「適用」をクリック後、「OK」を押すと、「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります」と表示されます。「再起動」をクリックして、Windows10の再起動をおこなうことでクリーンブートの解除ができます。

最後に

クリーンブートで起動することで、Windows10の状態を確認することができます。

クリーンブートはセーフモードより準備は必要ですが、Windows10のOSの状態の確認に利用するには便利な起動モードなので、必要な状況になったらこの記事を参考にクリーンブートでの起動をおこなってみてください。

ThumbWindows10をセーフモードで起動する方法を解説
PCの不具合時に便利なのがWindows10のセーフモードという設定です。今回はWindow...
ThumbWindows8.1をセーフモードで起動する方法
Windows8.1をセーフモードで起動する方法を紹介します。今回紹介する方法は4パターンで...
Thumb【Windows10】アップデートできない/失敗をくりかえすときの対処法!
Windows10でアップグレードできない・失敗をくりかえす。80070308のエラーコード...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ