【Windows10】Modern Setup Hostとは?重い時の対処法を解説!

Windows10の動作が遅いと感じた際、その原因が「Modern Setup Host」というものであることがあります。「Modern Setup Host」とは何なのか、Windows10が重い場合の対処法とともに解説します

【Windows10】Modern Setup Hostとは?重い時の対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】Modern Setup Hostとは
  2. どんな役割?
  3. Modern Setup Hostが重い時の対処法
  4. 最後に

【Windows10】Modern Setup Hostとは

Windows10で動いている様々なプロセス。そのうちの一つに「Modern Setup Host」があります。

どんな役割?

そもそもModern Setup Hostとはどういったものなのかをまずは確認しておきましょう。Modern Setup Hostとは、Windows Updateの準備や実行をするためのプロセスで、実行ファイルは「SetupHost.exe」です。

Windows10に必要な重要なプロセスですので、削除などをするとWindows10が動かなくなる可能性が高いです。

Modern Setup Hostによるアップデートが終わらない場合の対処法

Windows Updateに関わるプロセスであるModern Setup Hostですが、それによるアップデートが終わらないことで、Windows10の動作が重いことがあります。

Modern Setup Hostによるアップデートが終わらない場合の対処法としては停止などはせずひたすら待つしか無いです。

終わらないように見えてじわじわと実行されていることがほとんどですので、Modern Setup Hostが完了するまで他のアプリケーションなどは閉じて、更新に専念できる状態にしておくと良いでしょう。

Modern Setup Hostが重い時の対処法

あまりに頻繁にModern Setup Hostが原因でWindows10が重い場合、次の対処法を試してみてください。

Windows Updateを確認

まずはWindows Updateの確認をしてください。Modern Setup Hostが原因でWindows10が重くなる原因は高確率でWindows Updateです。

アップデート実行中なのか、再起動が必要な状態なのかどうかなどをWindows Updateの画面で確認してみると判断しやすいです。

「更新とセキュリティ」をクリック

Windows Updateの画面は、Windows10の設定の「更新とセキュリティ」から確認します。

更新プログラムがあれば実行

「更新プログラムのチェック」をクリックして、更新の有無の確認をしましょう。利用可能な更新プログラムがある場合は実行し、再起動が必要であればWindows10の再起動をします。

トラブルシューティングツールを実行

「追加のトラブルシューティング」をクリック

Windows Update自体に何らかのエラーが起きている可能性がありますので、トラブルシューティングツールを実行しましょう。「更新とセキュリティ」の「トラブルシューティングツール」→「追加のトラブルシューティングツール」を開きます。

「Windows Update」をクリック

「Windows Update」の項目をクリックしましょう。

「トラブルシューティングツールの実行」をクリック

「トラブルシューティングツールの実行」をクリックして実行します。問題が検出された場合は修復を適用して起きましょう。

Windows Updateのキャッシュファイルを削除

Windows Updateのキャッシュファイルの場所を開く

Windows UpdateのキャッシュファイルがModern Setup Hostが重い原因であることもあります。ファイル名を指定して実行で「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」を入力して開きます。

Downloadフォルダの中身をすべて削除

「Download」フォルダ内のファイルとフォルダを全部削除しましょう。

クリーンブートを試す

クリーンブートを実行することで解決することもあります。Windowsの機能だけを起動するクリーンブートでは「msconfig」で「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを外し、Microsoftのサービス以外の項目を無効化した上で再起動することで可能です。

システムファイルをスキャン/修復

システムファイルのスキャンをコマンドプロンプトで実行しましょう。利用するコマンドは「sfc /scannow」と「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」です。管理者権限で開いたコマンドプロンプトで順に実行してください。

Windows10を初期化

どうしてもModern Setup Hostが重い場合、Windows10で修復できないシステムエラーが生じている可能性が高いです。あまりにModern Setup Hostの動作が重い、異常だと感じる場合はWindows10の初期化も検討してみてください。

最後に

ここで解説したModern Setup Hostが原因でWindows10が重い場合の対処法が皆さんの参考になれば幸いです。

Thumb【Windows10】クリーンブートを実行する方法と戻す方法を解説!
Windows10の起動方法に「クリーンブート」というものがあることはご存知ですか? Win...
Thumb【sfc/scannow】Windows10の修復機能を解説!
Windows10パソコンの調子が悪い時、ファイルを修復するために実行するのが「sfc/sc...
ThumbWindows10の初期化(リカバリ)方法!注意点も解説!
Windows10の初期化(リカバリ)を行う必要があることはたまにあるかと思います。しかしど...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ