仮想プリンターMicrosoft Print to PDFでPDFを印刷保存する方法

仮想プリンターMicrosoft Print to PDFとは何?Microsoft Print to PDFでPDFに保存する方法・Microsoft Print to PDFで保存や印刷が出来ない時の対処方法などをご説明します。他の仮想プリンターもご紹介!

仮想プリンターMicrosoft Print to PDFでPDFを印刷保存する方法のイメージ

目次

  1. 1. Microsoft Print to PDFとは
  2. 1-1. Windows10の仮想プリンター
  3. 2. Microsoft Print to PDFでPDFに保存する方法
  4. 2-1. 印刷画面でMicrosoft Print to PDFを指定する
  5. 2-2. PDFファイルの保存先を指定する
  6. 3. Microsoft Print to PDFで印刷/保存できないとき
  7. 3-1. Microsoft Print to PDFが表示されない
  8. 4. Microsoft Print to PDF以外の仮想プリンター
  9. 4-1. Adobe PDF
  10. 4-2. 併せて読みたい!PDFに関する記事一覧

Microsoft Print to PDFとは

「Microsoft Print to PDF」をご存知ですか?初めて聞いたという方も多いかもしれません。

Microsoft Print to PDFとはWindows10で初搭載された仮想プリンターです。プリンターと言えば紙に印刷するものですが、仮想プリンターの「Microsoft Print to PDF」はPDFという文書ファイルで出力します。

Windows10の仮想プリンター

Microsoft Print to PDFはWindows10から標準装備された仮想プリンターです。残念ながらWindows7などをご利用の方は使う事ができません。現在使っているOSがWindows10の方は、特別なことをしなくても利用できます。

関連記事
【Windows10】Google Chromeをダウンロード/インストール(デフォルトに設定)

Microsoft Print to PDFでPDFに保存する方法

Microsoft Print to PDFでPDFに保存するにはどうしたらいいのでしょうか?その手順を詳しく画像付きでご紹介します。

印刷画面でMicrosoft Print to PDFを指定する

Microsoft Print to PDF印刷

Microsoft Print to PDFは印刷可能なファイルをPDFで保存できます。ここではエクセルファイルを指定してみます。もちろんウェブページ・ワードファイルなども可能です。

エクセルの「ファイル」の「印刷」をクリックします。印刷画面が開きます。

Microsoft Print to PDFを選択

印刷画面のメニュー内の「プリンター」をクリックし、Microsoft Print to PDFをクリックで指定します。

PDFファイルの保存先を指定する

Microsoft Print to PDFを指定して印刷

プリンターがMicrosoft Print to PDFになっている事を確認し「印刷」をクリックします。

ファイル名をつけて保存

保存画面が出るので、ファイル名を指定して保存をクリックします。これでエクセルのファイルが、PDFで保存出来ました。

Microsoft Print to PDFで印刷/保存できないとき

Microsoft Print to PDFで印刷や保存が出来ないことがあります。印刷・保存したいものがファイル形式か確認してみましょう。Microsoft Print to PDFに問題がある場合は、下に紹介している方法で解決する場合があります。

それでも解決しない場合は、Microsoft Print to PDF以外のOSなどに問題があるかもしれないのでWindowsの修復などを試してみて下さい。

Microsoft Print to PDFが表示されない

プリンターを追加

印刷のプリンター一覧にMicrosoft Print to PDFが表示されない時の対処方法です。設定→デバイス→プリンターとスキャナーを選択します。

「プリンターまたはスキャナーを追加します」をクリックします。

プリンターが一覧にない場合クリック

「プリンターが一覧にない場合」をクリックします。

ローカルプリンター~を選択

「ローカルプリンターまたはネットワークプリンターを手動設定で追加する」を選択して「次へ」をクリックします。

ファイル出力選択

「既存のポートを使用」の「ファイルへ出力」を選択し、「次へ」をクリックします。

Microsoft Print to PDFを選択

製造元欄の「Microsoft」を選択、プリンター欄から「Microsoft Print to PDF」を選択して、「次へ」をクリックします。

現在インストールされているドライバーを使うを選択

「現在インストールされているドライバーを使う(推奨)」を選択し、「次へ」をクリックします。

プリンター名はそのままで次へ

プリンター名は「Microsoft Print to PDF」となっているはずなので変更せず、「次へ」をクリックして終了です。

関連記事
Windows10のメモリ解放はMicrosoftの純正ソフトで解決!
関連記事
【Windows10】タスクマネージャーのディスク使用率が100%で重い時の対処法

Microsoft Print to PDF以外の仮想プリンター

Microsoft Print to PDF以外の仮想プリンターは存在するのでしょうか?他の物を使ってみたい方もいらっしゃいますよね。他の仮想プリンターについて調べました。

Adobe PDF

PDFを作ったAdobeの仮想プリンター「Adobe PDF」があります。「Adobe PDF」はMicrosoft Print to PDFより、細かく設定が可能です。

簡単に仮想プリンターを使いたいという方はMicrosoft Print to PDFを、Microsoft Print to PDFに物足りなさを感じる方は「Adobe PDF」を使ってみてはいかがでしょうかいかがでしょうか?

併せて読みたい!PDFに関する記事一覧

関連記事
PrintSmash(プリントスマッシュ)の使い方!コンビニでのPDF印刷方法・料金も解説
関連記事
LINEでPDFファイルなどを添付して送信する方法【スマホ】
関連記事
ChromeでPDFとしてWebページを保存する方法
関連記事
MacでPDFを結合!複数のPDFを1つにまとめよう

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
コヤナギ
転勤族で専業主婦をしております。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ