オンラインカジノの税金は?計算方法/確定申告も解説!

オンラインカジノの税金はいくらかかるのか計算方法を紹介します。オンラインカジノの税金問題と確定申告に必要な書類や時期についても解説していきます。オンラインカジノが税金がかかる理由や税金に関する注意点をまとめましたので確認してください。

オンラインカジノの税金は?計算方法/確定申告も解説!のイメージ

目次

  1. 1. 【オンラインカジノ】税金がかかる理由
  2. 1-1. ギャンブルで稼いだ収入は一時所得になる
  3. 1-2. 記録があるため納税しなければ脱税になってしまう
  4. 2. 【オンラインカジノ】税金の計算方法
  5. 2-1. 1年間の間に50万円以上の利益を得た場合
  6. 2-2. 税金を計算するときの注意点
  7. 2-3. この場合の税金はいくらかかる?
  8. 3. 【オンラインカジノ】税金発生のタイミングと確定申告
  9. 3-1. 1年間の収入とは1月1日~12月31日の収入
  10. 4. 【オンラインカジノ】税金の支払いに必要な書類
  11. 4-1. 必要な書類
  12. 5. 【オンラインカジノ】税金の支払い方法
  13. 5-1. 支払いの手順
  14. 5-2. おすすめの時期
  15. 6. 【オンラインカジノ】税金に関する注意点
  16. 6-1. 主な注意点
  17. 6-2. まとめ
  18. 6-3. 合わせて読みたい!副業に関する記事一覧

【オンラインカジノ】税金がかかる理由

オンラインカジノ

オンラインカジノの税金はいくらになるのかの計算方法や確定申告をしなければならない理由や時期/必要になる書類やいくら税金がかかるかの例を知りたい人に向けて、税金の計算方法から確定申告に必要になる書類と時期などを詳しく解説していきます。

まずは、なぜオンラインカジノの税金がかかるのか理由について探っていきたいと思います。オンラインカジノの税金がかる理由を知ることで、税金がいくらかかるのか計算することや確定申告をする意味を考えることができます。

それでは、オンラインカジノの税金がかかるのか理由を一つ一つ説明をしていきたいと思いますので、オンラインカジノの税金がかかることが理解できないという人は、よく確認をして税金を計算して納めるようにしてください。

ギャンブルで稼いだ収入は一時所得になる

オンラインカジノの税金がかかるのか理由は、ずばり「ギャンブルで稼いだ収入は一時所得になる」という理由があるからです。他のギャンブルである、競馬やパチンコは確定申告をするという人は少ないのが現状となっています。

パチンコなどのギャンブルが税金がかからないといわれている理由は「賞金の受け取り方」が「現金で貰う」という理由があります。なぜ現金で受け取ることで、税金がかからないのかと言いますと「銀行の記録に残らないのでバレない」という理由になってます。

本来ならば、オンラインカジノや競馬やパチンコなどのギャンブルで稼いだ収入は一時所得になりますが、オンラインカジノだけ税金がかかるといわれている理由に「銀行振込や小切手」で支払われることが理由となっているのです。

記録があるため納税しなければ脱税になってしまう

オンラインカジノは「銀行振込や小切手」で賞金が支払われる仕組みとなっていますので、銀行などに記録が残ってしまいます。オンラインカジノで稼いだお金は確実に記録に残ってしまいますので、絶対に確定申告をしなければならないのです。

オンラインカジノで稼いだ収入を確定申告に記載して提出しなければ、脱税となってしまいます。銀行などに取引情報が記録されていますので、絶対にバレます。税務署はあなたの口座の情報をいつでも確認する状態にありますので、すぐに見つかってしまいます。

脱税になってしまうと、追徴課税といわれる、過少申告加算税・無申告加算税・不納付加算税・重加算税の4つの加算税、それに加えて延滞税を支払わなければなりませんので、大きな金額になってしまいます。絶対に確定申告をしておくべきです。

関連記事
LINEで税理士に依頼できる「確定申告サポート」を開始!

【オンラインカジノ】税金の計算方法

つづきましては、ギャンブルである「オンラインカジノ」の税金の計算方法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。はたして「オンラインカジノ」の税金はいくらかかるのか計算をして明確にしていきたいと思います。

「オンラインカジノ」の税金がいくらかかるのか一目瞭然とすることで、あらかじめ所得税を計算することができますので、お金の管理をしやすくなります。

それでは、「オンラインカジノ」の税金の計算方法について一つ一つ紹介をしていきたいと思いますので、参考にして計算方法をとってください。

1年間の間に50万円以上の利益を得た場合

とあるプレイヤーのオンラインカジノプレイによる1年間の収益となっています。「オンラインカジノ」の税金の計算方法などの一例となっていますので、確認をしておくといいでしょう。
 

日付 プレイ内容 利益/損失
1月4日 10万円を賭け、
50万円を獲得
40万円の利益
5月10日 15万円を賭け、
5万円を獲得
10万円の損失
9月5日 5万円を賭け、
40万円を獲得
35万円の利益
10月14日 8万円を賭け、
3万円を獲得
5万円の損失
12月20日 10万円を賭け、
20万円を獲得
10万円の利益
一時所得 = 総収入額 ― 総支出額 ― 特別控除額(最高50万円)

特別控除額は50万円

1年間の間に50万円以上の利益を得た場合の「特別控除額は50万円」となっています。計算方法は、一時所得 = 総収入額 ― 総支出額 ― 特別控除額となっていますので、自身の収入と照らし合わせて計算をしてください。

税金の計算方法する際に気を付けるべきことは、一時所得を計算するときには利益のみで負けは支出にならないので、計算時には注意が必要です。負けを支出に入れていると、税務署から絶対に指摘が入りますので、脱税と疑われてしまう可能性があります。

このように「オンラインカジノ」の税金がいくらかかるのか計算しておいてください。

税金を計算するときの注意点

つづきましては、ギャンブルである「オンラインカジノ」の税金の計算方法を行う場合の「注意点」についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

「オンラインカジノ」の税金の計算する際のルールをしておかなければ、間違った確定申告を提出することになりますので、修正しなければなりせん。

ギャンブルの負けは支出にならない

「オンラインカジノ」の税金の計算の注意点は「ギャンブルの負けは支出にならない」ことがあげられますもしも、ギャンブルの負けは支出に入れているという場合は、今すぐに修正をしておく必要があります。

この場合の税金はいくらかかる?

それでは、「オンラインカジノ」の税金は果たしていくらになるのか注目をしていきたいと思います。「オンラインカジノ」の税金の支払いについてですが、負け分の支出は計上できず勝ち分だけに税金がかかります。

詳細についですが「一時所得×1/2=所得税」となります。いくらになるのか計算することで所得税をあらかじめ知ることができます。

買った時の掛け金のみ支出に加えられる

「オンラインカジノ」の税金ですが「買った時の掛け金のみ支出に加えられる」ますので、買ったときは記録を残しておくとスムーズに確定申告書を作成できます。

関連記事
国税庁が確定申告でチャットボットを試験導入!

【オンラインカジノ】税金発生のタイミングと確定申告

ここからは、オンラインカジノの税金が発生するタイミングと確定申告の時期に関する情報を発信していきたいと思います。

オンラインカジノの税金が発生するタイミングを理解しておけば、税金の支払いを調節することができます。確定申告の時期を知ることで、いつまでに確定申告を提出しておかなければならないのか把握し、早めの時期に提出をすることができます。

それでは、オンラインカジノの税金が発生するタイミングと確定申告時期について一つ一つ紹介をしていきたいと思いますので、時期などしっかりと確認しておいてください。

1年間の収入とは1月1日~12月31日の収入

オンラインカジノの税金が発生するタイミングですが「1月1日~12月31日の収入」となっています。毎年1月1日から12月31日の約1年間に得た収入に対して税金がかかるようになります。

申告は前年度の1年間が対象となっていますので、申告する今年の1月からの収入は計算に入れることがないようにしてください。

確定申告時期は翌年2月16日~3月15日

つづきましては、オンラインカジノの税金を計算した上で、確定申告の時期について紹介をしていきたいと思います。ずばり「確定申告時期は翌年2月16日~3月15日」までとなっています。

令和元年度の確定申告は、新型コロナウイルスの影響があり期限が実質無期限となる例外がありましたが、基本「3月15日」までに提出しないと、無申告加算税や延滞税が課せられる場合がありますので気をつけてください。

関連記事
iPhoneで確定申告が可能に!iOS 13搭載でマイナンバー読み取り対応へ!

【オンラインカジノ】税金の支払いに必要な書類

ここからは、オンラインカジノの税金の支払いに必要な書類等について、くわしく解説をしていきたいと思います。オンラインカジノで稼いだ場合、確定申告と一緒に提出しなければ必要書類がいくつかありますので、確認をしておくべきです。

もしも、確定申告を提出する際に必要な書類がそろっていなければ、作成し直さなければならないので時間を無駄に使ってしまいます。あらかじめオンラインカジノの税金の支払いに必要な書類等を確認しておくと、スムーズに提出することができるはずです。

必要な書類

それでは、オンラインカジノの税金の支払いに必要な書類等を一つ一つ紹介をしていきたいと思います。必要な書類は主に3つほどありますので、確定申告を提出する場合に合わせて用意しておくといいでしょう。

源泉徴収票

一つ目のオンラインカジノの税金の支払いに必要な書類は「源泉徴収票」です。源泉徴収票は、勤務先から年末年始に受け取るものとなっています。

しかし、オンラインカジノで稼いでいるという人は勤務先が無いという人も多いかと思われます。実は、2019年の確定申告から「源泉徴収票」の提出は不要となっています。国税関係手続が簡素化された背景があり「源泉徴収票」は提出する義務はなくなりました。

ですので、源泉徴収票を提出してもいいですし源泉徴収票を提出しない場合もOKです。

支払調書

二つ目のオンラインカジノの税金の支払いに必要な書類としては「支払調書」があります。支払調書は、オンラインカジノに問い合わせて受け取るか収支明細を印刷するか帳簿を用意する必要があります。

支払調書は、オンラインカジノで稼いだ収入はもちろんのこと、デザイン料、印税、不動産の賃料など、所得税法に規定を行っている報酬が、一定額以上になった際に、税務署に対して必要になる提出書類です。

領収書

三つ目のオンラインカジノの税金の支払いに必要な書類は「領収書」があげられます。経費の領収書は取っておく必要があります。しかし所得が300万に満たない場合には「領収書」は必要ないので、ご自身の所得に応じて対応する必要があります。

しかし、税務調査のためオンラインカジノに関わることで購入した物の領収書などはとっておく必要があります。

【オンラインカジノ】税金の支払い方法

つづきましては、オンラインカジノの税金の支払い方法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。オンラインカジノの税金がいくらかかるのか計算して確定申告を作成しましたら、税金を支払わなければなりません。

オンラインカジノの税金の支払い方法はいくつかありますので、自分に合った方法で支払う必要があります。それでは、オンラインカジノの税金の支払い方法や確定申告を提出する、おすすめの時期を紹介していきたいと思います。

支払いの手順

さっそく、オンラインカジノの税金の支払い手順について解説をしていきたいと思います。支払い手順は複数ありますので、スムーズに支払いという人は確認しておくといいでしょう。

確定申告の時期に必要な書類を用意して税務署に向かう

オンラインカジノの税金の支払う場合は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)に必要な書類を用意して税務署に向かっていきます。税務署の受付で、確定申告や必要書類は提出した時に税金の支払い用紙を受け取ることができます。

所得税分の現金を持っていれば、その場で税金を支払うことができます。支払い用紙を受け取って、郵便局やコンビニエンスストアで税金を支払います。

おすすめの時期

つづきましては、確定申告におすすめの時期について注目をしていきたいと思います。確定申告を提出する時期は、とっても大切です。確定申告を提出する時期を間違うと、なかなか提出することは難しくなります。

2月下旬から3月初旬

確定申告におすすめの時期は「2月下旬から3月初旬」となっています。確定申告時期は、税務署の中は混雑していて、行列が発生します。特に2月16日からの最初の週に集中する傾向があります。なるべく人が少ない「2月下旬~3月初旬」が狙いめです。

また、税務署が混む時間帯は午前中となっていますので、できれば3時すぎに足を運ぶこともおすすめします。人が混まない時期も大切ですが、時間帯も気にしておくことでスムーズに提出することができるはずです。

【オンラインカジノ】税金に関する注意点

つづきましては、オンラインカジノの税金に関する情報として「注意点」をいくつか紹介していきたいと思います。これから紹介をする、オンラインカジノの税金に関する「注意点」は、主にオンラインカジノを副業としている人は要注意してください。

それでは、オンラインカジノの税金問題に関する注意事項にフォーカスして説明をしていきたいと思いますので、参考にしてください。

主な注意点

オンラインカジノの税金に関する主な注意点は、一つあります。会社に勤めているという人は副業を禁止しているという場合があります。そういった副業禁止の会社に勤めているという人に向けての注意点を確認していきます。

会社にばれないようにする必要がある

オンラインカジノの税金の注意点は「会社にばれないようにする必要がある」ことです。何も対策をしていないと、副業禁止の会社に勤めている場合は必ずバレてしまいます。そういった会社にバレないようにする対処法を紹介させていただきます。

対処法は、確定申告書の2面にある【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】の欄にある【自分で納付(普通徴収)】にチェックを入れておくことで、勤めている会社に住民税徴収票が届かなくなります。

これで、自宅に住民税徴収票が届くので、安心してオンラインカジノができます。

まとめ

以上が、オンラインカジノの税金は?計算方法/確定申告も解説!の記事でした。オンラインカジノで稼いだ収入は「一時所得」になりますので、必ず確定申告をする必要があります。今回紹介をした方法をとって、確定申告を提出してください。

また、確定申告を提出する時期や税金がかかるタイミングなどを確認して税金がいくらかかるのかをあからじめ計算しておくのもおすすめです。それでは、この記事を参考にして、オンラインカジノの税金問題を理解しておいてください。

合わせて読みたい!副業に関する記事一覧

関連記事
在宅/副業で「テープ起こし」は稼げるのか解説!
関連記事
【メルカリ】副業にならないケースとは?稼げる仕組み/ルールも解説!
関連記事
【ネットショップ】「BASE」を使った副業方法を解説!
関連記事
インスタグラムの副業詐欺が危険?副業で正しく稼ぐ方法を学ぼう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ