英語(US)キーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力する方法!

英語(英字)/USのキーボードで、アンダーバー(アンダースコア)がどこか分からない人も多いでしょう。英語(英字)/USキーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力する方法や、アンダーバー(アンダースコア)を簡単に入力するための方法を説明していきます。

英語(US)キーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力する方法!のイメージ

目次

  1. 1英語(US)キーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力する方法
  2. 英語(英字)/USキーボード配列
  3. 英語(英字)/USキーボードでアンダーバーを入力する方法
  4. 最後に

英語(US)キーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力する方法

メールアドレスなどを入力時「_」(アンダーバー/アンダースコア)の入力方法が分からない人も多いでしょう。

英語(英字)/USキーボード配列

我々日本人が利用するキーボードには、一般的に皆さんがよく知っている日本語キーボードと、英語用のキーボードがあります。

日本語キーボードであれば、「_」(アンダーバー/アンダースコア)は「Shift」キーと「ろ(\と一緒にある)」のキーを押すことで簡単に入力でき、出し方/打ち方を知っている人も多いでしょう。

アンダーバー/アンダースコアのキーがない

しかし、Mac用のキーボードなどの英語のキーボード配列だと、日本語のキーボードとは配列が異なります。

英語キーボードには日本語キーボードの場所にアンダーバー(アンダースコア)を入力するキーがありません。英語キーボードがコンパクトになっていてキーの数が少ないことも1つの要因です。

英語(英字)/USキーボードでアンダーバーを入力する方法

日本語キーボードから英語キーボードでの利用に変えてアンダーバー(アンダースコア)を入力する場合のやり方を説明していきます。

英語(英字)/USキーボードでのアンダーバーの出し方/打ち方

英語キーボードでのアンダーバー(アンダースコア)の出し方/打ち方ですが、Shiftキーと一緒に「0」のキー横の「-」マークのキーを押すことで入力できます。

ただし、この方法でアンダーバー(アンダースコア)の入力をおこなう場合、Windows10の設定で英語配列のキーボード用のものに変更する必要があります。

Windows10の設定から変更すると、英語キーボードでの入力方法に変更され、「Shift」+「-」キーでアンダーバー(アンダースコア)を入力できるようになります。

Windows10の「設定」を開く

まずはWindows10の設定を開きましょう。

「時刻と言語」をクリック

「時刻と言語」をクリックします。

「言語」をクリック

左側のメニューから「言語」を選択してください。

「優先する言語」の部分の「日本語」をクリック

「優先する言語」の部分の「日本語」をクリックします。

「オプション」をクリック

「オプション」を選択してください。

「レイアウトを変更する」をクリック

「ハードウェアキーボードレイアウト」の部分の「レイアウトを変更する」をクリックしましょう。

英語キーボードを選択

「日本語キーボード(106/109 キー)」を「英語キーボード(101/102キー)」に変更してください。

「OK」もしくは「今すぐ再起動する」をクリック

「OK」もしくは「今すぐ再起動する」をクリックしましょう。これで英語配列のキーボードでアンダーバー(アンダースコア)を、前述した出し方/打ち方で出すことができます。

実際に英語配列キーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力して確認してみましょう。

辞書登録して入力する方法

英語キーボードを利用しているけれど、入力設定は日本語用のままにした上で、簡単にアンダーバー(アンダースコア)を入力したい場合、アンダーバー(アンダースコア)を辞書登録して入力するようにします。

アンダーバー(アンダースコア)はこのページからコピペすることで登録できますので、英語キーボードでのアンダーバー(アンダースコア)の出し方/打ち方が分からなくても問題ありません。

今回はMicrosoft IMEでのアンダーバー(アンダースコア)の辞書登録方法を説明します。通知領域の入力モードのボタン(Aやあの部分)をクリックして、「単語の登録」をクリックしましょう。

「単語の登録」をクリック

上記のように言語バーが表示されているのであればツールボックスをクリックして「単語の登録」を選択してください。

「_」をコピーして貼り付け

単語部分に「_」(アンダーバー/アンダースコア)をコピーして貼り付けてください。

任意の読みを入力

アンダーバー(アンダースコア)の読み部分は任意のものにしましょう。「あんだー」「した」などアンダーバー(アンダースコア)だと判断しやすい、かつ入力しやすい短めのものに設定しましょう。

コメント入力は任意

必要に応じてアンダーバー(アンダースコア)入力用など分かりやすいコメントなども入れると辞書などで判断しやすいです。

品詞を選択

アンダーバー(アンダースコア)なので該当するものが分かりづらいと思いますが、品詞は「短縮よみ」などを選択すると良いでしょう。

ここをクリックして登録

「登録」をクリックすればアンダーバー(アンダースコア)の辞書登録が完了します。登録したアンダーバー(アンダースコア)の辞書のよみを入力して、アンダーバー(アンダースコア)が問題なく出てくるかどうか確認してください。

最後に

英語キーボードでアンダーバー(アンダースコア)を入力するためのやり方は説明してきたとおりです。利用しやすいものを使ってみてください

ThumbNumLockの解除方法!キーボード入力がおかしい時の対処法を解説!
パソコンを利用時、NumLockが入ってしまう、逆に解除されてしまうことでキーボードで思った...
Thumb【Windows10】キーボードの設定方法!言語の変更・追加方法も解説!
Windows10キーボードのレイアウトや入力言語の設定変更したいと思われている方は、結構い...
Thumb【Windows】Caps Lock(キャプスロック)を無効化する方法
WindowsにおいてCapsLockキーはあまり必要とはいえません。むしろ弊害を考えれば無...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ